こちらもご覧ください♪

« 穴子飯 うえの @広島県廿日市市宮島口1-5-11 | トップページ | 戦艦大和に会いにいってみた。 »

2014年2月17日 (月)

宮島にて 神社鹿牡蠣etc

Photo_2

穴子飯を堪能した後、宮島口から小型フェリーで宮島へ、

あっという間に上陸です。

Photo_3

厳島神社までの道には魅惑的なお店がいっぱいありますが

まずお参りをいたしましょう。けど最近はやりのパワースポット

的な事は全く信じない人なんで、簡単に見学するのみ。

Photo_4

すぐさま魅惑的なお店の方に戻ります。行列のできていた「はやし」さん。

焼き牡蠣が美味しそうですが4個からなので見送る。

Photo_5

モダンな雰囲気の「牡蠣屋」さん。 TVでもよく紹介される有名店。

牡蠣が駄目なシロチャンにごめんして1人で突入しました。

Photo_6

このヒゲの方、テレビでみたことあるわ。

男子スタッフがカッコええやん・・あ、牡蠣食べに入ったんだった。

Photo_7

観光地だし、たいしたことなかんべーって期待薄で臨みましたが

めっさ旨い、焼き牡蠣でこんなに感動したの初めてでした。

1個250円。この店を堪能する為にまた行きたいかも。

Photo_8

クミョン餡子が駄目なんで普通のもみじ饅頭には興味無し。

餡子含有無しの「揚げもみじ」なるものをトライしてみました。

ところがこれがサクサクとして予想外の美味しさでした。

行ったら騙されたと思って食ってみるべし。

Photo_9

シロチャンは「揚げもみアイス」 わかりにくいけど二つに切った

揚げもみじが挿し込まれています。

お店の奥がイートインスペースになっていてサービスのお茶も有り。

Photo_10

奥に出ると・・・・・これぞパワースポットか!!

御神体が鍋ってか。

Photo_11

要は食べた後の串を集めてるだけと思われ・・・・・

「平のあげ串」 清盛さんが怒って出てきそうな神社でした。

Photo_12

宮島としゃもじの関係が今一つわかりません。

もみじもどこだってあるじゃないか?と思うのですが

もみじ饅頭に始まり、もみじ銀行まであるのですから驚きです。

Photo_13

干上がって鳥居まで歩いていけるには残り30分ほどでしたが

次の予定も有り、靴もドロドロになるでしょうからパス。

Photo_14

鹿さんもちらほらいらっしゃいました。

食べ物を持っていないと近寄っても素知らぬ顔です。

穴子飯→宮島、なんだか広島に来てるぞーって感じがひしひし。

さて次の攻撃目標に向かってまた船に乗り、JRで移動します。

END

広島ミニぐるりんパス3900円、JRに広電に船に入場料にと使えて

とっても便利でございました。

« 穴子飯 うえの @広島県廿日市市宮島口1-5-11 | トップページ | 戦艦大和に会いにいってみた。 »

コメント

PC復活したんですね。オメデトー。
広島は未踏の土地でして、干潮時に宮島の鳥居まで歩いて行けることも
初めて知りました。
それだけやりに行きたいくらい(笑)
揚げもみじ神社にはワロた!
確かに宮島としゃもじには、どんな関係があるんでしょうね?
相変わらずの爆食ぶり、感心いたします。

ビョン様

いや、PCまだ駄目なんですよ~、で苦肉の策。
画像だけブログに入れて、その後タブレットで文字を打ち込んで
挙げてみました、めっちゃめんどくさい
PCはまだ新しいですよね。もうちょっとジタバタしてみます。

ビョンさん、韓国でも干潟に突進してましたよね
ここを訪れる人の中にはわざわざ潮の満ち干を事前に調べて
くる人が多いみたいです。お泊りして満潮時の水の中の神社も
両方体験するのも良いみたいです。
広島周辺は日本酒の酒処もあったり・・・・・訪れる価値ありですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮島にて 神社鹿牡蠣etc:

« 穴子飯 うえの @広島県廿日市市宮島口1-5-11 | トップページ | 戦艦大和に会いにいってみた。 »