こちらもご覧ください♪

« 戦艦大和に会いにいってみた。 | トップページ | さけやしろ @神戸市中央区下山手通1丁目 »

2014年2月20日 (木)

広島で広島焼き食ってみる。

Photo

P1060806_2

JR呉駅構内でゲトした「巴屋」さんのアイスもなか。

これ絶品でした。さくさくとした皮に優しく懐かしい味のアイス。

アイスもなかと同系色の電車で呉から広島に戻ります。

呉駅の電車接近メロディーは宇宙戦艦ヤーマートー♪

Photo_2

ホテルは繁華街のど真ん中、近場でシロチャンが探してくれた

お店へGO。「いぶしぎん」さん、日本酒と地元食材を使った

お店です。広島ミシュラン2013ビブグルマンに掲載されたそうな。

Photo_3

お店のお勧めで呉市内のお酒 「白鴻」 を頂きました。

広島県は美味しい日本酒の産地が沢山あるらしいです。

爽やかな甘目の美味しいお酒,です、危ない危ない呑み過ぎ注意。

Photo_4

お料理は和食一辺倒ではなくオムレツやらお肉料理などなど。

ネギと味噌のピザ、美味しかったです。他にも沢山頂きました。

小さなお店ですが地元の日本酒党が愛するお店のようです。

そして広島といえばこれでしょ・・・・・・

Photo_5

広島出身の方が一押しという 「八晶」 さんで広島焼きを頂きました。

コの字型の鉄板を囲んで満員のお客さんが大盛り上がり。

スタッフの男子により次々と焼かれる広島焼き。神戸や大阪のとは

全く手法が違います。閉店間際なのでそんなに待ちませんでしたが

普通は一時間待ちはザラな人気店だそうな。

Photo_6

ソースはオタフクを使用。この容器は土産物屋さんで売ってました。

何が驚いたって言うと、このお店で使用の玉子はすべて二つ黄身

なんです!!どうやって生ませるの??

目の前で繰り広げられる「焼き焼きショー」に圧倒されてその玉子の

撮影を忘れるという大失態。

Photo_7

来たぁ!!青海苔は容赦なくドバかけ(クミョン普通はかけないのだ)

その下に例の二つ黄身の玉子、一度湯がいた特製のソバ、大量の

キャベツ、下に極薄い生地。

かなりの大きさです。薄い生地がパリパリでコテで切るのに力がいる。

とろみが残った玉子と十分蒸されたキャベツのハーモニーが良い。

けれど渾然一体となった関西のお好みと違い、そばとキャベツが分離

した状態なので味が感じられない部分があり・・・・ソースを足しながら

頂きました。美味しくなくはなくなくない、別物と考慮してもクミョンは

やはり関西のお好み焼の方が好きかなぁ。

Photo_8

念願だった広島での広島焼き体験。無事終了いたしました。

次の日も早朝から分刻みのスケジュールです。大人しく早めに

ホテルへ戻り備えました。

END

現在夜中の2時ですがご近所のマンションを眺めると沢山灯りが

点いています。皆さんフィギアを鑑賞中ですね。そろそろキム・ヨナだ!!

« 戦艦大和に会いにいってみた。 | トップページ | さけやしろ @神戸市中央区下山手通1丁目 »

コメント

先日テレビで見たんですが、大阪のお好み焼きは、ガスの火が鉄板全体にいきわたる配置になっていて、1つのお好み焼きを焼く時は、一定の場所で焼き続けるんだと。
広島焼きの場合は、丸型のガスで、最初の卵は鉄板の端で焼き、キャベツを載せて水分を飛ばす段階で火の中央に移動させて焼くんだそうです。
双子の卵、不思議ねぇ~。

ビョン様

関西でも、また今回の広島でも食べるのに必死てガスの
火がどうなってるかは?店によって違うかもね。
それと関西のソースとオタフクを代表とする広島の
ソースの味が違うので広島焼きは別物だわ。
何が一番しっくりしないかってブルドックソース
を使用の関東のそば焼き(^_^;)あれはごめんです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島で広島焼き食ってみる。:

« 戦艦大和に会いにいってみた。 | トップページ | さけやしろ @神戸市中央区下山手通1丁目 »