こちらもご覧ください♪

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月29日 (土)

Ciccia @神戸市中央区加納町3-11‐2

Photo

JR三宮駅から北へ、加納町の交差点付近のかわいいイタリアン

「Ciccia」 さん、K女史 しろちゃん クミョンの3人で夜間攻撃です。

カウンター10人?+テーブル1席の店名の様な「ちっちゃ」いお店です。

Photo_2

テーブルの席に案内されました。6時を回ると満席状態、早めに予約して

良かったです。テーブルには珍しいパスタが始めから置いてありました。

これは見本なのでお手々で触ってもOKなようです。

Photo_3

少し暗い店内でした。お料理が出てくるまでにとお任せで3品。

人数に合わせて予め取り分けてサーブして頂きます。

週に1度空輸されるというモッツァレラチーズが超美味

これもっとがつんと食べたかったわ

Photo_4

この自家製パンが美味しかった、早々となくなりましたが御替わりは

なさそうでした。フロアの女子もやさしい応対でええ感じでした。

Photo_5

人気メニューだとか「地野菜のバーニャカウダー」

むふふふふ・・・・美味しいです。お酒が進む君イタリアン版ですね

クミョンはもうちょっとアンチョビ控えて欲しかったような。

Photo_6

このパスタが秀品でございました。見本の中にあった白ワインを練りこんだ

ショートパスタ「シャラティエッリ」を使用、いろんな貝類と。

取り分けると極少量だったのが残念

・・・・・・と、ここまでは「美味しいね美味しいね」で大満足だったのですが。

Photo_7

メインに選んだ鴨さんが切れない 筋が邪魔してナイフでこしこししても

全く切れない。お味も普通、3分の1ほど残してしまいました。勿体ねぇー

良いお店だったので帰り際にこの旨お伝えするべきだったと今思います。

以上でお酒1杯とで@4300円ほど、お店の規模も考えるとメインで少しコケタ

のでコスパはあまり良く感じませんでした。

ここは2人くらいで前菜とパスタ、みたいな利用の仕方が良いかもです。

しかしながらご近所の「はなたに」さんの強力なライバル出現だわね

で、一件で帰るのはさみしいのでがらっと趣を変えて・・・・

1396021199919

数十年ぶりに東門筋の「大関」さんへ。昔懐かし~炉辺焼きじゃーん

ずーっと正座で座り続けるお姉さんのサーカス的パフォーマンスに

初めてのシロちゃん大興奮、イタリアンよりこっちの方が記憶に残りそう。

P1070408

あれだけ食べた直後ですが、ホッケ、アスパラベーコン、おにぎり、焼きナス

どんどんいっちゃいまして、画像はこれしかありましぇん。

ここは灘の酒造大関の直営店、クミョンが若かりしころから存在するお店です。

隣の女子たちの青い竹筒もどきは2合入りです。

増税前最後の花金、神戸の夜もたくさんの人で賑わっていました。

END

Cicciaさん、現在はランチ営業はしていません。

ランチは「はなたに」さんへどうぞ

2014年3月27日 (木)

久々に名無しでお届け・・・・@大阪市西区某所

Photo

尼崎一お忙しいマダム、「こてさん」と数か月ぶりのランチだったのに

やっちまいました・・・・・大阪某所のフレンチ、外しちまいました。

狙うお店が数件あったのですがどこも満席

去年発刊のミシュランからビブグルマンとかいう☆には届かないけど

お勧めなお店が紹介されているのでそれを基に選んでみたのですが・・・・・

そういや先日の鉄板焼きのお店もそうですね。

前菜はまずまず、いろいろ楽しそうですね。けどこの形式って今では

どこのお店でも取り入れているので、驚きは無し。

Photo_2

ホタルイカの目玉は取り除いてありました。

狭い店内にテーブルを詰め込んだ風な店内。

フロアスタッフは男子一人女子一人。

Photo_3

このスープから一気に気分急降下でございました。

いろいろな野菜を煮込んで・・・と説明がありましたが牛乳を

飲んでるみたいな印象でした。

フロア男子の説明がもすごく早口、聞き取り難いしその話し方で

店の印象を軽いものにしてしまっています。

Photo_4

鱸のお料理 春キャベツのソースは美味しかったです。

野菜の説明がまた早すぎてまったく聞き取れず、もう一度聞くと

面倒くさそうに言われたので呆れた。

Photo_5

シロちゃんの蝦夷鹿。 えー美味しそうやん!って思われるかもですが

確かにお料理は可もなく不可もなくな程度なのですが・・・・・

如何せん店の中に漂うムードがどうも「きっちゃてん」なんですよね。

Photo_6

こてさんとクミョンの鴨も普通に美味しかったです。

フロア女子、もう少し明るい表情はできませんかね?

毎日押し寄せる女性客にうんざり・・・・って顔に出ています。

Photo_7   Photo_8

Photo_10

お料理は普通ですがどうも店内に漂うムードがよくありません。

極め付けはお化粧室でした、そこを見てこのお店の姿勢がわかっちゃい

ました。ガラス窓に目隠しでしょうか?古ぼけたハンカチがぶら下がっていました。

う。。。ん、行かないと旨く伝わらないかな。けど行かない方がいいかも

で、あまりにフラストレーションが溜まったのでこんなとこ寄っときました。

Photo_11

阪急側の松葉は広くて誰でもOKな雰囲気です。

けど前回行った階段下の別店の様なワイルド感は薄れますね。

Img_20140326_154159_3

別腹に名残の牡蠣と前回頂けなかった鶏をいっときました。

ソースの海になっていますが、揚げたての鶏が熱くてソースの

中に落としてしまい・・・・慌てて指でつまんで引上げ・・・・

横に立ってる「こてさん」とかいう人はあっさり5本食ってるし。

反省は多いけれど最終的に満足な締めくくりができました。

ここで吐露できたので少し楽になりました。

END

2014年3月25日 (火)

第86回選抜高校野球 @西宮市甲子園球場

Photo

増税前に高校野球行っときました、目的は昼Bという腹黒いクミョンです。

大会4日目第三試合、智弁和歌山vs高知明徳義塾

高校野球が飯より好きなTちゃんに連れてきてもらいました。

選抜は凍えるくらい寒い日もありますがこの日は初夏の様なお天気でした。

外野席は無料なんですよ これほどお得な無料はありません(断言)

Photo_2

さあ、試合開始です クミョンのコンデジではこれが最大の望遠画像。

テレビ持ってこなきゃ選手の顔は全くみえません

近畿と四国の対戦なので満員なくらいの観客です。

Photo_3

テレビでよく見るこの応援に興奮してもーたわ

わざわざ行くか~って方、野球は実際に見るとまったく迫力違います。

特に甲子園は一種独特な雰囲気があり、Tちゃんが魅せられるのもわかります。

Photo_5

花見弁当ならぬ球見弁当。

太陽の下で食べるランチは最高ざます。

Photo_12

梅田阪神でゲトしたレバカツ、これがビールにめっちゃ合うんです

Photo_6

Tちゃんが待っていた黒ビールの売り子さん

可愛い女の子が多いですね、この子達とのやり取りも楽しいです。

膝にはサポーター、重い装置を付けての階段の上がり下り、

オバハンには到底真似できません、え?するなって?

Photo_7

待ちに待った黒ビールでTちゃんご満悦。

スーツ姿のリーマンさんも見かけました、休憩時間に野球観戦?

けどビールは一杯650円もしくさるんです・・・・レストラン並みです

Photo_9

明徳義塾は伝統的な応援ですね。

結果は再試合目前の延長15回、ピッチャーの暴投で終わるという

なんとも言えない試合でございました。

(クミョンは時間切れで12回で退場いたしました

Photo_10

今年は高校野球が始まって90周年。 

この歴史館もまたゆっくり拝見してみたいです。

なんかまた・・・・お弁当食べに来てしまいそうな予感が。

Photo_11

そしてこのプリプリのお尻・・・・生き血を吸いたくなりません?

END

2014年3月24日 (月)

第2回青空pizzeria @尼崎市次屋2丁目

Photo

ご近所のパン屋さん「やさしい風」さんとアンティーク煉瓦のお店「やまぼうし」

さんがコラボして開催の青空Pizzeriaに「コテさん」と行って参りました。

溶鉱炉などで使われた煉瓦は高温にも耐えた良い風合いです。

お庭などのアレンジに最近人気だそうです。

Photo_2

オフィス棟、かわいいです~。ここが尼崎だということを忘れそうです

Photo_3

トイレも煉瓦で作るとこんな風です。

マンションのベランダには設置不可です

Photo_4

いろんな形の煉瓦から解けたガラスの塊?はどうやって使うのでしょう?

運搬用のトラックも駐車している想像以上に広いスペースでした。

Photo_5

おおお!!昼前に到着ですがピザ待ちの長い列が出来ておりました。

右の煉瓦を積んだのがテーブルとして使われました。

とうとう春が来たーーーって感じのあっ晴れな青空の下でランチです。

Photo_7

この煉瓦造りのピザ窯を使用です。

この窯はキッド販売されてました。これまたベランダへの設置は不可です

Photo_8

わーい、どれにしようかな

二人だけど2と3と4、3枚いっときました。

Photo_9

これから投入の図↑

Photo_10

奥で一心不乱で生地を制作中の「やさしい風」のオーナーさん。

限定150枚は2時頃に完売いたしました

お疲れ様、またパン買いに行かせてもらいます

Photo_11

まずは何はともあれ、ビールで乾杯です。

コテさんとは本当に久しぶり、ふと周りを見渡すとこんなことしてる

女子は私らだけ・・・かまへんかまへん、青空の下で昼Bは最高です

Photo_13

やってくるまでに1時間は待ちましたかなぁ・・・・来たあ

Photo_14

ふわふわした美味しいピザでございました。

第3回は夏ごろ開催? チャリで来られる方のみご参加くださいませ。

いろんなお店がぼちぼち増えて、もっともっと楽しい尼崎になるといいな

お引越しして早いもので1年が経とうとしております。

END

2014年3月21日 (金)

リベルタス @大阪市北区中崎1-4-21

Photo

昭和と平成が混在する不思議な町、中崎町でシロちゃんとランチです。

フレンチの 「リベルタス」 さん。 店名はラテン語で自由という意味だとか。

2940円のリベルタスというランチコースを今回頂きました。

前菜 ムースに炙ったカツオ。

野菜の種類が豊富です、綺麗で美味しいスタートなり。

Photo_3

カリフラワーのスープ  クリームのお味と旬のカリフラワーの風味が重なって

なんとも美味しい一品でございました。

全般的に上品なお味で軽めの印象を受けました。

Photo_4

ワインはハーフグラスという提供もあって、少しづつ色々楽しみたい人に

うれしいです、と思ってハーフグラスで白と赤を頂いたのですが・・・・・・

やっぱハーフだとちょっと物足りねー、が二人一致の感想でした。

Photo_5

お魚は鱸のポワレ 白ワインと春菊のソース添え。

これも野菜が美味しい、ここ食材の選別が良いですね。

5組くらいで満席な小さめのお店です。このエリアまで足を

伸ばして来るのは食べるのが本当に好きなお客様が多い感じ。

Photo_6

お肉のメインは鹿児島茶美豚 ジューシーに焼きあがっております。

ぼっちでお越しのお客様もちらほら、予約は必須だと思います。

地下鉄谷町線中崎町駅1番出口から3分。

Photo_7

何気に添えられた野菜も一つ一つ主張があって面白いです。

こちらはジャンルに囚われない唯一無二のお料理を目指しておられるとか。

おもしろいお店をまた発見してしまった、わーいわーい

Photo_8

レモンの泡を乗っけたデザートで〆。 以上でこのお値段はかなりうれしい

設定と思われます。メインが魚か肉を選ぶ1890円のコースもあるようです。

Photo_9

許可を得たので大きく載せちゃうもんね、シェフの竹内氏。

中華料理からスタート、そしてフレンチの名店を巡られ去年7月独立。

ディナーは今までの経験を生かした面白いお料理を展開されているとか、

次は夜に訪れたいと思います。

こちらのパンが美味しかったので仕入先を伺うとすぐ近く・・・・

Photo_10

Photo_11

リベルタスから歩いてもすぐ、Boulanger S.KAGAWA さん。

素敵なパン屋さんだわ 次々とお客さんがやってくる人気店のようです。

毎回新しい発見のある中崎町、ここ梅田より好きかも。

END

野暮用で近くの民団付属の施設「韓国文化院」というところに寄りました。

そこの受付の女子、滅茶苦茶愛想悪し!!

ここは日本における韓国の顔でもあるところ、あれじゃーあかんわ

彼女、嫌日流だったのかしら?

2014年3月20日 (木)

吉向 @神戸市中央区中山手通3-2-2

Photo_13

トーアロードから西へ、レゾナンスさんの並びにある鉄板焼きのお店でランチです。

K女史、Tちゃん、クミョンの三人で初攻撃いたしました。

カウンター10席と奥にテーブル1席。予約の方々で満席でございました。

まず「佐賀牛のお造りと鯛の昆布じめ」 ご夫婦と娘さん?で運営のようです。

Photo_2

新玉葱のスープ。 温かくないのが残念、スプーンも小さすぎで飲みずらい。

娘さん?の手首にはシュシュが、衣服も整っておらず??

お食事の間それがずーっと気になってしまいました。

Photo_3

鉄板で全員のお料理を一斉に焼き上げていきます。

カウンターの中が丸見え、なんとか1部だけでも隠せないものでしょうか?

Photo_6

鉄板で焼いた後またバーナーで焦げ目を付けていましたが、演出かな?

必要ないように思いました。サーモンは火が入り過ぎています。

Photo_7

塩昆布がアクセントのサラダ、普通に美味しかったです。

Photo_8

鹿児島産のヒレ肉と言われました。見る限り不安でしたが・・・・

Photo_9

柔らかく美味しいお肉でした。ま、これだけレアだと柔らかいのは当たり前かな?

(焼く前に問答無用な感じで「ミディアムレアでよろしいですか?」と聞いてこられ

ました。レアに近い焼き上がりなので駄目な方は申し出られた方が無難でしょう)

Photo_10

ご飯とお味噌汁、そしてデザート↑で終了。

この内容で2100円はものすごくコスパはよろしいかと思います。

コスパ重視の方にはめっちゃお勧めです。けどクミョンみたいに

文句が多い方は覚悟してお越しください。

900円の手軽なランチもあるようです。

Photo_14

Photo_11

食後はユニクロの向かいに新しくできたお姫様チックなお店でパンケーキ。

元はBIGBOY、お好み焼き屋さんだったところで食べるパンケーキは

なんだかソースの味がしそうで・・・しませんでした。

神戸の春一番はまだのようですね。次来るときはもう少し暖かくなってよね。

END

2014年3月18日 (火)

from 大阪駅 松葉地下店 to 尼崎のちっちゃいおっさんの家

Photo_5

延期になっていたミッションを追行してきました。串カツ 「松葉」 さん初攻撃。

イグラオンマさんとクミョン、この時午前10時半。どうぞと言わんばかりに

二人分のスペースが空いていました。突入あるのみです

Photo_6

「温めるから好きな串言うてねー」と、カウンターの中は優しいおじ様と女子二人。

さすが午前中はお客様もまばらでダーク立ちする必要はありませんでした。

指を拭くために吊るされているタオル、細かい気配りが泣かせます。

Photo_7

予想外になかなか美味しい串カツでした。 美味しい牡蠣は3月末までです。

串カツのお値段は100円~150円、ワンコインでさらっと楽しめるお店です。

次に生まれる時は3本足でこんなお店で臆面なく楽しみたいものです。

Photo_8

お次は打って変わってオサレーなエリア南堀江に移動。

ASOKOは来るたびに新しい商品が少し増えていますね。

Photo_9

ソックスと思ったら、限りなくストッキングに近い材質でした。

4月からはこれも108円になっちまうわけね・・・・・・

Photo_10

雑貨のお店に併設されたカフェでフレッシュな女子達に混じって

バーガーランチ(880円)。飲み物+オニオンリング+フライドポテト+スープ

この後イグラオンマさんはお友達と合流、クミョンは帰路へ。

・・・・・・・・・・とそこで、ものすごい発見をしてしまいました。

Photo_11

尼崎キューズモール3Fに 「尼崎のちっちゃいおっさんの家」 が出来ていました。

実はクミョン、おっさんの隠れファンなんです。ツタヤのサイン会行きたかったな。

Photo_12

おっさんグッズがいろいろ、お店に入ると「お帰りなさい」出ると「いって

らっしゃい」と店員さんに言われます。なんだか照れちゃいます。

Photo_13

ちっちゃいおっさんのお茶の間が 脱ぎ散らかした靴下まで

15日のオープンにはご本人もいらしたそうです、お会いできず残念。

関東にも出張なさっています。え?それ何やねん?という方はこちらをご覧ください。

http://co3.tv/story.html

END

あんな長いつけマツゲを付けてよー顕微鏡覗けるなぁと関心しておりましたのに。

2014年3月17日 (月)

「ゆば長」さんの湯葉で晩御飯

Photo

地下鉄今出川駅から徒歩3分、湯葉のお店 「ゆば長」 さん。

以前テレビで知って以来、一度訪れてみたかったお店です。

Photo_2

持ち帰り専門のお店です。作業着を着た女性が応対してくれます。

百貨店などへの出店はなく、こちらかオンラインショップでの購入となります。

老舗料亭でも使われているこだわりの湯葉屋さんです。

Photo_5

いろいろ使えそうな↑こちらをゲトしてみました。

結構しっかり巻かれていました。半分は切って冷凍室へGo。

図らずもホワイトデーに白い湯葉。

Photo_6

購入日の夜に湯葉のお造りとして頂きました。

美味しいです、他の有名店に比べお値段がかなり割安なので

わざわざ行く価値ありだと思います。

Photo_7

大好きな「東寺湯葉」もゲトしたのでお鍋で菊菜と炊いてみました。

このお店の辺りには室町時代から続くお家も多く残っているそうです。

天皇さんが京都を去られた時の昔に思いを寄せながら

まだ寒さの残る夕べにぬくぬくで頂きました。

END

2014年3月15日 (土)

梅だより @京都市上京区北野天満宮

Photo_11

北野天満宮の梅が満開を迎えたようで、てこてこ行ってまいりました。

青空に梅が映えますなぁ、実際は真冬の様に寒く小雪も混じる天気でございました。

だからか?梅もちじこまったと見えて香りはあまり感じられず残念。

Photo_12

平日でしたが大勢な人で境内おお賑わい。

牛さんも面喰って固まってしまっています。

この週末と次の3連休は梅より人間を見に行く羽目になるでしょう。

Photo_13

お参りしようにも長蛇の列、不信人女のクミョン、スルーパス。

お賽銭の替わりに600円お支払して隣接する梅園に入場してみました。

Photo_14

少し人工的すぎな整え方ですが、本数は多いです。

この辺りは豊臣秀吉が築いた京都を取り囲む堤があったところらしいです。

その頃からの古い大木がたくさんあるので紅葉も見応えありと思います。

Photo_15

ホワイトデーのこの日、一人で歩いている熟女はクミョンくらいですね。

ええねん、一人でも二人分以上に楽しむから(逃)

Photo_16

そろそろ梅にも飽きてきましたよね?

入場料にはお茶席(野外)での梅茶とお菓子が含まれていました。

Photo_17

このお菓子美味しかったです。ちゃっかり販売もされておりました。

梅を愛でながらしばしまったりといたしました。

Photo_18

この日は梅が主役でしたので軽めのランチを頂きました。

神社横にある「桜井屋」さんで湯葉あんかけ丼(1200円)

Photo_19

揚げたての天ぷらと小さなお鉢が2つ付いて、リーズナボーです。

観光客相手にしてはお味も良く、スタッフの対応も良かったですよ。

この後四条に向かうバスはどれも超満員、地下鉄今出川駅まで延々と

ウォーキングをして腹ごなし 錦市場へ向かいました。

Photo_20

いつも横目で見るだけだった牡蠣のお店に初めて入ってみました。

三重の牡蠣です、広島の時に比べたらだいぶ小ぶりで普通・・・・

ああ、宮島の牡蠣をもう一回食いたいものよ。

とか思いながらワインを飲んでいたら時間が ガブ飲みして駅へ。

「阪急シンデレラ」は4時までに乗らないとカボチャになってしまうのです。

ワインのおかげで目が覚めたら梅田です。京都滞在5時間の旅でした。

END

2014年3月12日 (水)

A/z ビーフン東 @大阪市北区西天満4-4-8B1F

Photo_3

西天満の「A/zビーフン東」 さん。 半端ない方向音痴のクミョン、アホで有名な

グーグル先生を片手に悪戦苦闘しつつやっと到達したと思ったら前にランチした

お店のすぐ近くでした

一階横の姉妹店、シノワズリーなフレンチChiFuさんも気になる存在。

Photo

地下なので小さなスペースを想像していましたがテーブル席10席以上は

あるゆとりの空間が広がっていました。厨房も丸見えのスタイル。

1時過ぎでしたが他のお客さんが数組座っていたので店内の様子は撮影

不可でございました。カジュアルなフレンチのお店と言ってもおかしくない

雰囲気です。

Photo_2

ランチはビーフン(汁or焼き)、担々麺、+中華ちまき の組み合わせ。

担々麺とちまき(小)のセットにしてみました。担々麺はすり胡麻たっぷりの

スープがピリ辛。普通に美味しい。ちまきは最初から服を脱いで登場です。

Photo_3

このちまきが美味しかった。次回は王道を歩んで焼きビーフンと

ちまき(大)でいってみよう。けどこの内容で1100円はちーと

高いと思われますが。。。。。   昼間は「ビーフン東」、夜になると

「ビストロ A/z(アズー)」、二つの顔を持つお店だそうです。

夜のメニューを見ると「黒豚のリエット」「フォアグラのクロケット」の隣に

「北京ダック」「大海老のチリソース」。ワインも多数揃っていそうです。

Photo_4

食後は東洋陶磁美術館で開催中の 「定窯・優雅なる広の世界」 を拝見。

千年前の窯跡から発掘された乳白色の器たち、中国の原野で長い間野放し

状態であった物を日中の研究家が年月をかけて現世に呼び戻したそうな。

かなり渋い内容でした。宋の時代に興味のある方はどうぞ。

Photo_5

公会堂から川を挟んだ向かいに見慣れない建物が・・・・・・

Love Nakanoshima レストランと結婚式場?

Photo_6

カフェで休息タイム、オレンジなんとか?を頂きました。

上の高速道路からの騒音を消すためか?BGMが大音量でうざい。

横からウェディング流れの団体さんがどどど・・・・と入店してきて

20分で退場させていただきました。南無~、休息でけんかった。

空が青い、あの日の空はどんな色だったのか。

こうして普通に生きている事の大事を思いつつ駅にむかいました。

END

2014年3月10日 (月)

コム シェ ミッシェル @京都市中京区柳馬場通御池下ル柳八幡町80-1

Photo

少し前の寒~い日、以前から行きたかったお店を攻撃いたしました。

京都は柳馬場通のビストロ 「コム シェ ミッシェル」 さん。

シェフの大川さんが修行をされたフランスのお店そっくりの内装だとか。

コムは同じって意味ですよね。お料理も現地の味で、が基本。

Photo_2

最初の一口サイズのお料理↑を口に含んだ瞬間悟りました。

ここ、正解です。きっと。

Photo_3

前菜、メイン、デザートはセレクトできるシステムです。

美味しそうなメニューが多く迷いに迷いました。

「北海道産帆立と蟹のマリネ カリフラワージュレとピュレ」

Photo_5

ジュレを崩していくと、出るがな出るがな帆立に蟹が~!!

美味しいです。白ワインが進む君で困りました。

Photo_6

スープは根セロリのポタージュ。

身体に染み入る美味しさです。厨房ではシェフがお1人でお料理?

お忙しそうですが時々客席も見てお料理の進み具合などをチェック

されておられます。ホールは2名、2階もあるのでちょっと大変そうです。

Photo_7

メインは+300で「国産牛ばら肉の赤ワイン煮込み」

煮込み料理が美味しいビストロは何を食べても美味しいと

言いますがその通りな一品でした。見た感じより軽くてジューシな

仕上がり、ぺろっと完食させて頂きました。

Photo_8

「モカのパルフェとフランス産ミックスべりーのコンポート」

味よし見た目よしのデザート、最後まで納得のお料理でした。

以上の内容で2940円。お値段もかなりご努力されていると思います。

優しい面持のシェフですがお料理にはびしっと一本通っている

物がありますね。近くなら通いたいお店です。

Photo_9

外観は京都に合わせて町屋風ですがお料理は変に和素材を

合わせたりせず、本格的なビストロ料理が楽しめます。

また季節を変えて是非伺いたいお店でした。

END

2014年3月 9日 (日)

阪神の四国味めぐり @大阪市北区梅田一番地

Photo  

♂は撮影にお出かけ、ぼっちで梅田の阪神百貨店へ向かいました。

あの有名な香川「日の出製麺所」のおうどんがイートインで頂けるとかで

四国味めぐり会場へ。昼過ぎ、限定200食の海老玉天ぶっかけは完売!

↑「えびすり身天ぶっかけ」にいたしましたが、この揚げたてのすり身天が旨い。

うどんの量がちょっと少ないかな。うどん自体には驚きはありませんでした。

Photo_2

こんなポスターを見ながら頂きました。亜門君と香川ってできてるの?

検索してみると香川県のCMに出演、そして香川は興味深いアートの世界が

点在しているとわかりました。今更ながらうどんとコラボさせて行ってみよかな。

この辺りはコテサンがお詳しいと思うのでまたおせーてもらおっと。

Photo_3

消費税アップに向けて最後のお買いものかな?各階物凄い人でした。

みなさん買ってはりますねー、勢いに押されて無駄なもの買ってしまいそうです。

こんな時は何も買わずジェラートでも舐めているのが一番賢明かもです。

これも香川県のでした。ピスタチオ+ミルクイチゴ

Photo_4

そこへイキナリ阿波踊りの面々が会場に乱入!!

人でいっぱいの狭い通路を踊るあほうに見るあほうでございます。

会場が一瞬で四国に変身、上手な演出さすが阪神なり!!

地下の食品売り場では魚売り場の売り子さんが叫んでいました。

「阿倍野に日本一どでかいビルがでけたらしいなぁ、阪神は建物古いし

小さいけど一番おもろいし安いで~!!」

その通りだと思いましたが阪神も建て替え予定有りですよね。

END

2014年3月 7日 (金)

喫茶室 きっさこ @神戸市中央区栄町通4-3-12 協立会館 3F

2

昭和の乙女達との待ち合わせまで少し時間があったので元町商店街南の

「喫茶室 きっさこ」 さんへ伺いました。日本茶カフェだそうです。

浜屋の交差点を下へ、ちょっと入口が分かり難いビルの3階。

Photo

栄町通りに面した窓に向かってソファが並んだ店内。雑誌が豊富です。

12時開店、HPなどを見て勝手に想像していたオーナー像とはかなり違って

いました、良い意味で(笑) 3月4日からスタートのお茶を頂きました。

Photo_3

21種類の穀物をミックスし煎じたお茶だそうな。

穏やかなお味でございました。横の春らしいお菓子、気になりますよね。

Photo_4

可愛らしい和菓子が選べるセットメニュー。血迷っちゃう~!!

餡子と抹茶が苦手なクミョンですがかなりハイテンションな景色です。

Photo_8

お茶受けに登場したお菓子、お腹に福とあるのが可愛くて乙女達への

お土産に帰りゲトいたしました。

この辺り、趣向をこらしたカフェが多々ありますが時にはこんな和カフェで

一人ぼわーっとするのもよろしいかと。落ち着ける場所みっけです。

この後は乙女達の延々と続くおしゃべりにおつきあい・・・・・

Photo_7

三ツ輪の肉鍋は相変わらず美味しいなぁ。

クミョンのタブレットに興味しんしんの乙女一人、今にも買いそうな

勢いですが買った後、使いこなせなくって飾りになっても知らんで~。

END

2014年3月 6日 (木)

宇治竹林のお弁当

Photo

お雛様の頃に頂いた 「宇治 竹林」 さんのお弁当。

宇治と言えば源氏物語の宇治十帖、そして平等院ですね。

今年は平等院のお色直しも完了するのでは?

小学校の遠足以来ですが拝見しに行きたいと思います。

Photo_2

2段のお弁当でした。菱餅に蕨、菜の花に筍。

春満載な彩も華やかでお味も美味しい。

宇治に行ったらこのお店でランチも有りですね。

Photo_3

別の段には手毬寿司。かわゆい。

1人で熱燗をお供に頂きましたが幸せな気分に包まれました。

もうすぐ春ですね。遅れていた梅の便りもちらほらと。

マスク必須は切ないけれど、お花見に行きたいわ。

END

2014年3月 4日 (火)

ヘンリーさんと天王寺で「二人飲み会」開催しました。

Photo_4

ビョン様つながりのヘンリーさんと初めてお会いいたしました。

あらま!長身の美人さんだこと!

横を歩くのが恥ずかしいくらいでございました。

今盛り上がっているハルカスへ、「東京鰻料理 江戸川」 さん。

お重の蓋を開けたらウナギがぺろっと一枚・・・・・

しょぼい!しょぼすぎるぜ!お味は極普通。

これはたっぷりテナント料が料金に盛り込まれていますね。

で、場所を移動して近くのキューズモールに、AMAにもあるけど

ここのは規模が数倍でかいです。元この場所にあった老舗が並ぶエリアへ。

Photo_5

風格ある看板に引き寄せられて暖簾をくぐる女二人・・・・・

この看板も店内の机も、傾いた椅子も、元のお店の物を使用しているそうな。

なんとも味のあるその店内・・・・超残念なことに撮影不可でございました。

カキフライに添えられたタルタル?にかまぼこの刻んだのが入ってる、そう書いた

だけで???とそそられませんか??真意を知りたい方は是非お足をお運び

ください。こんな素敵な場所を男子だけに占領させておく手はありません。

それにしても・・・・・2時間半飲み続け周りのお客全部変わってたし(汗)

Photo_6

同じところにある「マルヨシ」さんも有名な洋食屋さんだそうです。

ここも攻撃してみたいなー。この界隈もいろいろな体験が待っていそうです。

今回は画像3枚ですがむちゃくちゃ濃密なランチタイムでした。

ヘンリーさん、お会いできてよかった。初対面とは思えない明治屋での時間。

次は韓国でお会いいたしましょうね♪

END

ハルカス平日であの混み様です、土日は当分パニックやと思います。

2014年3月 3日 (月)

アンジョリーノ @神戸市灘区烏帽子町2-3-15

Photo_4

新しいノーパソで初めての投稿は関西1チーズの品揃えが豊富なお店

六甲にある 「アンジョリーノ」 さん。

2回目のシロチャンに連れて行ってもらいました。

Photo_5

オープンして5年だそうです、素敵な店内ですね。

左側販売スペースの冷蔵庫にはチーズがいっぱい、より取り見取り。

お食事は右のエリアでテーブル席が数席。

Photo_6

ご家族で運営されています、丁寧な応対のおじ様が父上、厨房は息子さん、

販売は娘さんが担当です。生ハムをカットする赤いイタリア製の機械がカッコいい。

Photo_7

ランチメニューは2500円のコースだけのようです。

まずは本日のサラダ、雪山みたいにふわふわのチーズ!!

Photo_8

奈良県産の有機野菜に味噌マスカルポーネディップ。

削りたてのパルマ産生ハム、お勧めチーズ2種。

野菜はそのままでもすごく美味しい! 生ハムとドライイチジクがうまうまです。

Photo_9

グラスチャームがかわいい、パーティーの時など自分のグラスがわかるので

便利ですね。販売もしていましたよ。

Photo_10

本日のパスタ これまたチーズがたっぷり乗っかったカルボナーラ。

濃厚です、見ただけでお腹いっぱいになってきました。

Photo_11

パスタの中はベーコンやほうれん草がどっさり。

美味しいのですが胃が許容範囲を超えシロチャンに助けてもらいました。

Photo_12

ジェラートは数種類の中から一つ選びます。

美味しかったです、ゴルゴンゾーラやマスカルポーネ入りもありました。

近くならカフェ使いもできるのに・・・・・ちょっと遠い。

Photo_13

食後はおじ様のレクチャーを受けながら何種類も味見させて頂きました。

聞いたこともない様なチーズがいっぱい、ヨーロッパの各地から140種類くらい

揃えてあるそうです。

Photo_14

アルプスの少女ハイジ御用達のラクレットチーズ、奥はアイリッシュビールの

混入したチェダーチーズ。チーズ博物館の様です。

Photo_15

「カマンベール」という名称はどこでも見かけますが、この「Camembert de Normandie」という名称はこの元祖カマンベールで昔の製法で作られた物にしか使用が認めらえていないそうです。

Photo_16

チーズといえばハムということで沢山用意されております見るもの全部欲しくなります。

シロチャンは屋久島のお友達へのギフトを大人買い。

Photo_17

バルサミコ酢、40年物は30000円。

クミョンなら50000円以上はしますね。

Photo_18

食材やはちみつなどもいろいろ、ゆっくりしていたら3時間滞在していました。

訪れる価値ありなお店です。次回は夜にチーズ&生ハム三昧なディナーを

楽しいみたいと思います。夜はアラカルトでもOKです。

久々の六甲道、帰りは丸徳寿司さん&扇矢さんでお買い物をして帰りました。

丸徳寿司のお婆ちゃんは大正5年生まれ、御年98歳だそうです!

扇矢さんご夫婦、いつも元気で明るくて。

拙いブログをご覧頂きありがとうございます。

また焼肉のお店も伺いたいです!!

END

2014年3月 1日 (土)

韓国文化研究会集結

Photo

およそ1年ぶりに韓国文化研究会のメンバーが集結しました。

ユイチャン、宋ちゃん、イグラオンマちゃん、クミョン。そして

特別ゲストでK女史の5人。去年と同じ神戸生田神社近くの

「韓辛デリ」さんでランチです。

Photo_2

サムギョプサル1980円食べ放題・・・・・なんですが・・・・

こちらはスタッフが責任をもって焼いてくれるシステムなので

お任せしてしまったのが間違いだったのか?

丸焦げになるまで放置され分厚い方のお肉は食べられてものでは

ありませんでした。薄い方を追加しましたが・・・・・

う。。。。。。ん、ここってもっと楽しくなかったか?

どうりで昼時なのにお客さんはちらほらしかなく。

Photo_3

ブッフェも寂しい内容だなぁ。ご飯系やスープ系がないので物足りない。

お料理も韓食に関してはツワモノな我々が満足できるものではなく。

Photo_4

「サムギョプサルの美味しい食べ方はご存じですか?」

って聞かれて、「いいえ」って言うと詳しく説明してくれました(汗)

Photo_5

なんで今更・・・・と思いながら聞きました。

サムジャンもなんだか既製品ぽい味なんですが、違うかな?

お店の選定間違えました、ごめんちゃい。

Photo_6

真横にある目新しいカフェに入室。

「CAFE LILLE」 さん。去年の春にオープンだそう。

入口が奥まってるから気づきませんでした。

Photo_7

これを見てあれっと思った方が多いかも。

かの有名なデンマークチーズケーキでんがな!!

懐かしい、数十年ぶりに食べました。

ここは元町の「観音屋」さんの系列店だそうです。

店内のどこにも観音屋とは書いてありません。

あの骨董臭いイメージからの脱却を図ったか?

ランチはコケましたが久々に皆さんと盛り上がることが出来た

楽しい時間でした。またご一緒いたしましょうね。

END

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »