こちらもご覧ください♪

« 梅だより @京都市上京区北野天満宮 | トップページ | from 大阪駅 松葉地下店 to 尼崎のちっちゃいおっさんの家 »

2014年3月17日 (月)

「ゆば長」さんの湯葉で晩御飯

Photo

地下鉄今出川駅から徒歩3分、湯葉のお店 「ゆば長」 さん。

以前テレビで知って以来、一度訪れてみたかったお店です。

Photo_2

持ち帰り専門のお店です。作業着を着た女性が応対してくれます。

百貨店などへの出店はなく、こちらかオンラインショップでの購入となります。

老舗料亭でも使われているこだわりの湯葉屋さんです。

Photo_5

いろいろ使えそうな↑こちらをゲトしてみました。

結構しっかり巻かれていました。半分は切って冷凍室へGo。

図らずもホワイトデーに白い湯葉。

Photo_6

購入日の夜に湯葉のお造りとして頂きました。

美味しいです、他の有名店に比べお値段がかなり割安なので

わざわざ行く価値ありだと思います。

Photo_7

大好きな「東寺湯葉」もゲトしたのでお鍋で菊菜と炊いてみました。

このお店の辺りには室町時代から続くお家も多く残っているそうです。

天皇さんが京都を去られた時の昔に思いを寄せながら

まだ寒さの残る夕べにぬくぬくで頂きました。

END

« 梅だより @京都市上京区北野天満宮 | トップページ | from 大阪駅 松葉地下店 to 尼崎のちっちゃいおっさんの家 »

コメント

ええな、ええなー、菊菜と湯葉の炊いたん。
菊菜は見ません、こっちでは・・・

神の愛様

え(-""-;)菊菜がない、。・。・
それは悲しい、最近は中華料理よりこんな炊いたんの
方がたくさん作ってるかも。
糖分は和食の方が高くなるけどね。
井上陽水の曲の中に「帰れないふたり」ってのがあるんだけど
あれ、忌野清志郎と一行か二行づつ交代で作ったんやて。
あの曲大好きだから驚いた。
なんて、たわいもない話しをしたいわ。

湯葉大好きです。
でも、近所のスーパーでは、ちょびっとでメチャ高いのしか売ってない。
関東で湯葉が有名といえば日光・・・かな?
気軽には買いに行けません(苦笑)

菊菜は、関東でいう春菊ですよね。
関西全部がそうなのか知りませんが、人参の葉っぱ部分とか、
白菜とか、関東ではなかなか手に入りにくい菜っ葉類が京都では
手に入るので、羨ましいです。

ビョン様

やはり関西でも湯葉は値段がはりますね。
でも京都にいったら買っちゃいます。
このお店気に入りました。近所でランチがてら
また買いにいーこおっと\(^-^)/
え、白菜がてに入りにくいの?お鍋の時困るね。

帰れない二人、共作やとは知ってましたが、一、二行ずつ交代でというのは初めて聞きました。
ええね。なんか、楽しそーに作ったんやろうなあ、という雰囲気が。
youtubeとかに、二人が一緒に歌ってる映像あるよ。
陽水は、やっぱりうまい。

元町のワインショップから問い合わせが来たから、いよいよ神戸出張も実現が近いか!!!

あっ、ハクサイじゃなくて、シロナね!

神の愛様

こないだテレビでアルバム「氷の世界」発売から40年に関した
番組があり、興味深い内容でそれまであの二人に
接点があることを知りませんでした。心模様と帰れない二人
どちらをA面にするか制作サイドと陽水達でかなりもめたらしい。

Youtubeで見てみます。なんだか最近こっちより彼岸の向こうの
ほうが楽しいような気もしてきました。

神戸に営業!!やったー♪また来る日がお決まりでしたらお知らせ
くださいね。4月の10~13はおらんねん

ビョン様

あーびっくりしたー、白菜はあるよね。
シロナ、うーん、普通にあるけどあんまり私は使わないわ。

そりゃあ、あっち側には慕わしい人もおられるでしょうが、あとしばらくはこっちで面白いこと見つけてよ。
少なくとも、あと10年ぐらいは、私もへなちょこで、ふんばりの効かへんときもあるかもしれませんから。
そやけど確かに、あっちも悪くなさそうやと思う時もあるなあ。

神の愛様

あれ以来死ぬのが楽しみというと言い過ぎだけれど
怖くなくなったわ。実際そうなると怖いんだろうけど。
もし出てきたら「死ぬのってどんな感じ?」って聞いてみようと
思ってるのだ。だいたいの答えはわかるけどね、きっと
「おまえ一回死んでみ、しんどいぞー」って言うと思う。
そんなこと考えながら明日もご飯を食べて明後日も食べて
連続して生きるのだろうなぁ、多分。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ゆば長」さんの湯葉で晩御飯:

« 梅だより @京都市上京区北野天満宮 | トップページ | from 大阪駅 松葉地下店 to 尼崎のちっちゃいおっさんの家 »