こちらもご覧ください♪

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

2014 春の大邱⑩ @不老洞古墳群→なまず

Photo

韓服のコスプレ大会終了後、バスで不老洞古墳群へ向かいました。

入口案内所のお姉さんが地図を指しながら説明、丸山さんが

訳してくださいました。(でないと何言ってるか全くわからんし

Photo_2

ポコポコとそこかしこにある土饅頭・・・・・・

3~5世紀の郷士の墓もあれば、かなり最近の墓もあるそうです。

K

柵とかはないので自由に散策したり登ったりできちゃいます。

ご満悦で手を振るナウリ。それを写す特撮班2人。

Photo_3

古墳の上でお食事を始めちゃってる人々もいたり・・・・・

罰が当たらなければいいですが。

Photo_4

この辺りは桃を栽培している畑が多かったです。

満開の時期で見事な景観でした。

P1070866

数日後にあの悲惨な船の事故が起こるとは。

この時は思いもよらず韓国を旅していました。

Photo_5

古墳見学後、ディナーに向かったお店で人生初体験。

Photo_6

ナマズ食っちまいました 

ですが想像していた様なグロさはありません、泥臭くもなく

鱸みたいな食感。あっさりしています。

濃い一日はこれで終わりません、最後の〆へもう一軒。

大邱市の観光案内はこちらのサイトへ

END

2014年4月29日 (火)

ザ・トイズキッチン・リブリエ 9周年記念パーティー

Photo_6

江坂のカジュアルビストロ 「リブリエ」 さん9周年だそうです。

シロちゃん、こてさん、たまちゃん、クミョン、7周年の時と同じ

メンバーで突入させて頂きました

Photo_2

食べ放題で3000円を入口でお支払。

グラスと取り皿を受け取ります。

Photo_3

6時開始、この時はまだ整然としていた店内・・・・・

Photo_4

グラスには各人名前を付けてキープ、美味しいワインを

シロちゃんがたくさん持参してくれました、ご馳走様。

どうもありがとうね

Photo_7

どんどん中央のテーブルに運ばれるお料理達。

Photo_8

外でBBQした肉系もありましたが、画像がないわ

Photo_12

最後のスダチうどんまできっちり食べて帰りました。

Photo_9

黒板にあるメニューが全部登場 食べたり飲んだりに忙しく

画像があまり残っていません

加古川出身の方が厨房にいらっしゃるので・・・・

Photo_10

↑加古川鍋。何が加古川なのかはわからず。

Photo_11

↑ 加古川名物 カツメシコロッケ。

こてさん&クミョン 「普通のカツメシを食べたいわね

Photo_13

ワインが進むにつれ盛り上がる隣席の陽気な人々

出演許可ありがとうございました

Photo_15

シロちゃん、このワインが美味しかったです。

たまちゃん、阪神で売ってないかしらね?

あれ?たまちゃんはどこに?

Photo_16

新しいお料理が登場したようです。たまちゃんいつの間にか

がっつり取ってくれています、ありがとう

Photo_17

すごく決まってる女の子がいました。

かわいいから持って帰ろうかと思ったけど親がいたので諦める。

そんなこんなでラストの11時まで粘って元とりました。

ランチも美味しいらしいですよ、お近くの方は是非どうぞ

END

2014年4月28日 (月)

コウハク→たか鳥→さかえ寿司

Photo_21   

大邱レポ、ちょっと休憩で脳を大阪に切り替えヨロピコ

女子3人で梅田界隈を4時間3軒ハシゴで爆走いたしました。

メンバーはK女史、ルーシー・Tちゃん、クミョンの3人。

開始時間は4時半まず一軒目は多くの方から高評価を得ている

「ルージュ エ ブラン コウハク」 さん。

掲載許可を頂いたので一枚目は「さわやか男子」いっときまぁす

Photo_22

場所は地下街ホワイティ、え?こんな場所に?

このお店流行ってますね~なんて生易しいものではありません。

店内厨房も客席も火の玉となってファイアーってくらい超満員

で大盛り上がり。平日の4時半にワイン飲んでる人間がこんなに

いるなんて、我を忘れて茫然としてしまいました。

え!3月だとオーパスワンがグラス千円台で飲めたんだ

Photo_23

ここのお勧め洋風おでんから「大根のポルチーニ茸ソース」

かわいいお値段も人気の理由でしょう、グラスワインと数品なら

千円以内で楽しめます。そしてかなり美味しいのです。

Photo_24

Photo_25

Photo_26

エビのフレンチ天ぷら、フレンチはんぺんクネル、茶わん蒸し。

どれも美味しかったです。グラスワインはお値段相応でした。

決して落ち着けるお店ではないですがお腹にお財布に合わせて

楽しめる良いお店だと思います。運よく座れるならまた来たい

難点はいつも混んでいることでしょう、お昼の12時から飲めます。

Photo_27

お次は堂山町の方まで歩いて京地鶏の 「たか鳥」 さんへ。

備長炭使用、焼き加減が良く美味しいつくねでした。

Photo_28

ささみわさび、この界隈で9年続いているのは流行ってる証拠。

こちらもジューシーで美味しいささみ。

Photo_29

このから揚げが特にお勧めです。

何気に決めたお店でしたが正解でした。

Photo_30

回転寿司にしては美味しいと聞き3軒目は 阪急東通り商店街の

「さかえ」さんへ。午前11時~翌朝5時までって回り過ぎ

おまけに全皿130円・・・・ちょっと不安が漂う入口。

抜粋して何点かを。

Photo_31

白魚

Photo_32

中トロ

Photo_33

えんがわ

Photo_34

とびこ

Photo_35

大阪らしい ばってらも回ってきました。

と、画像で見るとなんだか美味しそうですが

う。。。。ん、やっぱ130円 さっきまで冷凍されてましたと

主張しているネタが多かった。化粧室も爆裂にばばちいし

夜明け前にどうしてもお寿司が食べたくなった方はどうぞ。

駆け足でしたが今回のプチ飲み会、楽しかったです。

また集まりましょうね

END

オバマ君、次郎のお寿司半分残したってマジ?

2014年4月27日 (日)

2014 春の大邱⑨ 屯山洞オッゴルマウル

Photo_2

時代劇でお馴染みのイ・サンの頃に王様を補佐する役職を務めた

両班(貴族)一族の宗家を中心とした村、オッゴルマウルにやって

参りました。1600年代に建造された大邱市域では最も古い家屋

だそうな。6人揃ってこちらで韓服&茶道を体験しました。

Photo_3

韓国は何十回と来ている皆さんもこの時ばかりははしゃぐはしゃぐ。

コスプレ大会の始まりです。髪飾りもセットして頂けます。

Photo_11

ソウルの街中でも体験できますが、本物の両班のお屋敷で装うと

たちまち朝鮮時代にタイムスリップしたような気分になります。

クミョンも実は韓服を着るのは今回が初めてなのですが怖いほど

似合わんかったわ もう二度と着ることはないでしょう。

Photo_4

黒一点のO氏、とってもお似合いです。

この時からナウリ(両班の旦那様)とお呼びすることになりました。

Photo_5

ナウリとチュンジャ、美しいツーショットでございます。

チマチョゴリもやはり背の高いスレンダーな方が似合います。

Photo_10

ドラマの一場面のようでしょ?

モデル代はビール3本でお願いします。

Photo_12

韓国式のお点前体験もありました。

Photo_13

日頃とは違うお淑やかな雰囲気の中、お茶を頂きました。

Photo_14

お菓子には近くに咲く桃の花が添えられていました。

山里に残る両班のお宅を満喫し次の目的地に向かいました。

大邱市の観光案内はこちらのサイトへ

END

2014年4月26日 (土)

2014 春の大邱⑧ 八公山トゥランチェでランチ

Photo

カッパウィ様とご対面の後は近くの薬膳山菜料理 「トゥランチェ」 へ。

大邱市観光文化財課のビン係長さんがいらっしゃいました。

丸ちゃんと日韓大邱市応援チームで記念撮影

八公山麓に囲まれた山小屋風のほっこりするお店でした。

Photo_4

5部屋あり80名収容、登山の後に訪れる人が多いと思います。

お部屋は土壁が雰囲気のある田舎民家風。

薬酒の瓶に圧倒されました。

Photo_3

いろいろな薬草で煮込まれた滋養満点の鶏鍋と丁寧にお料理された

おかずがたくさん、テーブルに乗り切れないほど並びます。

チャングッチャン(納豆汁)も美味しかったです。

Photo_5

この鶏鍋のスープが抜群に美味しかった。

何と何を入れているのか?は企業秘密でしょうね。

食後は身体がほかほかしてきました。

2

Photo_6

こんなお店が近くにあれば月一で通っちゃうわ。

見た目も素敵でお味もおいしい、辛いお料理もありますが

マイルドで普通の日本人でもOKだと思います。

食べるのに夢中であまり画像がありません

Photo_7

そしてこちらの一押し、蓮の葉ご飯。

良い香りです。お腹いっぱいになりました。

鶏鍋なしだと「蓮の葉ご飯定食」で13000w 

今回の旅で頂いたお料理の中でクミョンはここが一番でした。

Photo_8

日韓対抗の爆弾酒(韓国焼酎とビールを混ぜて作るお酒)

の一気飲み大会も行われました。

韓国代表ビン係長がグビっとな その後日本女子2人が参戦。

クミョンはただただ茫然と眺めるのみ。皆さん恐ろしくお強い。

美味しかったわ~ 登山の疲れもだいぶ癒されました。

八公山トゥランチェ

大邱広域市東区百安洞197
℡:053-986-0549
営業時間:10時〜23時

大邱市の観光案内はこちらのサイトへ

END 

2014年4月25日 (金)

2014 春の大邱⑦  八公山道立公園へGO

Photo

朝食を頂いたハニル食堂までお迎えに来てくださいました。

大邱広域市役所 観光文化財課内 通訳 丸山雅子さん

韓国フェチな方の間では有名な方です。左はバスの運転手さん。

今回ビョンさん&Yuckyさん繋がりで二日目のツアーに同行して

頂くことになりました。頼もしい助っ人です

Photo_2

貸し切りのマイクロバスでゆったり移動できました。

しかし内装派手だねぇ、これでもまだ地味な方だそうです。

丸山さんのお話を聞きながらあっという間に到着いたしました。

Photo_3

大邱市近郊の八公山(パルゴンサン)道立公園にやってきました。

あれ?ビョンさんの事前のお話によると30分程度の登り坂と

ありましたが回りは登山ルックの人ばかり。

なんとなく不吉な予感が・・・・

Photo_4

ひえ~かなりな急こう配 そしてこの後には延々と続く階段が

やばい、途中離脱してしまいそう が、そんな時ドンピシャな

タイミングで杖を売っているお店が 買いましたよ、10000w。

生まれて初めて杖をついて歩きました。とほほほほ・・・・・

Photo_7

この山麓は野草や薬草の宝庫らしいです。

次の日帰国だったら買って帰りたかったわ

Photo_5

きゃー、ついに到着って思ったらまだ途中でした。

こんな高所に道を造り寺院を建造した人達のことを思うと

弱音は吐けません。あと少しです、頑張ろう。

Photo

思わず「yahoo」と叫びたくなる八公山連邦のナイスビュー

もうそろそろ如来様にお会いできるかしら。

Photo_8

お店でマッコリをすくう杓子も赤、寺院で手を濯ぐ杓子も赤。

そうそう、大邱市のキャッチフレーズは「カラフル大邱」です。

けどここは厳密に言うと大邱市のお隣の市だそうです。

Photo_9

そして遂に 冠峰石造如来座像 カッパウィ様とご対面です。

想像したよりちょっと小さ目でした。高さ4m、統一新羅時代の

石仏です。この峰を冠峰といいその韓国語の発音がカッパウィ

という説と、カッ(笠)パウィ(薄い岩)でカッパウィという説がある

らしいです。どちらにしても岩を仏様の頭に乗せるのは何故?

Photo_10

像の前にはお祈りをする場所が設けられており、皆さん熱心に

拝んでいらっしゃいました。立ったり座ったりする韓国式です。

真心を込めてお祈りすると一つだけ願いを叶えてくれるそうな。

クミョンは「食べても食べても太らないナイスバディを下さい」と

お願いしました。いつ叶うのでしょうか?

Photo_11

岩肌にコインを埋め込むと何か良いことが起こるのかな?

受験シーズンになると我が子の合格を祈念するお母様方で

ここは立錐の余地もないほど混みあうそうです。

Photo_13

下ってマイクロバスまで戻るのがまたきつかった

次の日から数日間足がガクガク、クミョン山ガール無理っす

だいぶ北に位置していたので今年最後の桜を楽しめました。

さ、登山は終わった。ランチの場所へ移動いたしましょう。

大邱市の観光案内はこちらのサイトへ

END

2014年4月24日 (木)

2014 春の大邱⑥ 朝食は大邱の名物

Photo_14 

大邱で初めての朝食は大邱10大食膳の一つ「タロクッパ」

地下鉄1号線中央駅まで移動して 「ハニル食堂」 さんへ。

釜山で名物だというテジクッパを頂きましたが???だったので

今回も半信半疑で参りました。

Photo_15

メニューは潔く、タロとスユッ(ゆで豚)とカルククス(麺)のみ。

タロクッパはご飯とお汁が別で出てきます。

この方がクミョンは好きだな。

Photo_16

オカズもいろいろ並びます。この朝から最後のメンバーCさんも

加わりました。ニラの右横の梅が美味しかったです。

ニラをがばっと投入してカクテキ(大根のキムチ)のお汁を入れて

食べたらあなたも立派な韓国人の仲間入り。

Photo_17

はぁい、これ↑はなんでしょね?血血血・・・・血の塊でさぁ

実はこれ臭みも全くなく、レバーなんかよりずっと食べやすかったです。

当日のスケジュールは超ハードだったので朝からガツンと血塊一発。

お店の方が事前に「ソンジはどうする?」と聞いてくるので、駄目

そうな人は首を振りましょう。

Photo_18

朝からソンジもタロも受け付けなーいって人にはククスもあります。

Photo_19

冷蔵庫から出てきたソンジ。のどかな風景の厨房です。

Photo_20

店内はきれいに整えられています。右はお座敷でしょうか?

きっとお昼時は込み合うのだろうな。

さ、本格的なツアーに出発です。

大邱市の観光案内はこちらのサイトへ

END

2014年4月22日 (火)

アニエルドール @大阪府大阪市西区西本町2-4-4

Photo

韓国ちゃいますよー、大阪ですよー。

先日シロチャンと 「アニエルドール」 さんでランチいたしました。

四つ橋線の本町駅から7,8分。靱公園の近くにあります。

Photo_2

シェフはヨーロッパで4年間腕を磨いてこられたそうです。

満を持して去年8月にこちらをオープンされました。

狭からず広からず、ほどよい空間ですね。

厨房との境がここまで無いお店も珍しいと思います。

Photo_3

2000円(税別)のコースを頂きました。

まずアミューズは生ハムを薄い生地で巻いた軽い一品。

シェフとフロアの男子、お二人で運営されているようです。

Photo_4

昼ワインでまずは乾杯。韓国から無事戻ったご報告などなど。

ガラス窓は内からも外からも丸見え・・あまり気にはなりませんが。

お隣の席とは結構近いかな、この後席は全部うまりました。

Photo_5

シロチャンの前菜 「小鳩のバロティーヌ、バターナッツ、ミモレット」

なんと素敵なお料理でしょう、画像では十分お伝えできなくて残念。

このお料理を見て今日の勝利を確信する2人。

Photo_6

クミョンの前菜は「ホタルイカ、温泉たまご、アスパラ」

グリーンの鮮やかな物はアイスクリーム状態のアスパラです。

斬新でありながらお味はしっかり、シェフの経験が生きるお料理。

Photo_7

隠れていた温玉をくずして頂くと・・・・美味しいわん!!

添えられたパンと共に頂きました。

Photo_8

シロチャンのメイン「イベリコ豚肩ロース、烏賊スミとフォンドヴォー」

豚さんに烏賊スミを合わせるという斬新さに脱帽。

お肉も柔らかく量もたっぷりだったそうです。

お料理の盛り付けがなんとも美しい。

Photo_9

クミョンはメインにお魚を選びました。

 「黒鯛、十穀米と浅利のリゾット、シードルのソース」

リゾットの部分は大変美味しかったですが魚の味付けが少し

ぼやけた感じで残念でした。 

Photo_10

デザートは2種あったのでわけっこしました。

↑「ラベンダーのパンナコッタ、赤ワイインの葛、ブルベリーのソルベ」

Photo_11

「イチゴ、レモンバーナベのガトー、ヨーグルトアイス」

デザートも完全手抜きなし、目にも鮮やかで美味。

Photo_12

小さなお菓子と飲み物で〆です。

この内容で2000円は驚愕のコスパだと思います。

近所のママ友さん達は気軽に自転車でお越しでございます。

必ず予約をなさってからお越し下さいね。

Photo_13

近所の靱公園は緑が深い素敵な公園。

この付近は雑貨店やカフェも散在しています。

お散歩にも良いですね。

END

2014年4月21日 (月)

2014 春の大邱⑤ 怪しくないよ、AVAモーテル

Photo_2

今回の大邱旅、宿泊はビョンさんお勧めの AVAモーテル さんで。

夜はかなり怪しい姿ですが韓国では旅行者も普通にモーテルを

使用します。もちろん本来の目的でも使われるので・・・・・・

昼間は一旦チェックアウトしてお部屋を明け渡す必要がありました。

(釜山ではそんなことなかったですが、大邱ではこの方式みたい)

Photo_3

何が面白いって各部屋の内装です。

大邱の熱い夜、二人はLVに包まれて・・・・・

(我々は各人一人一室ですよ)

御本家はこんな使用方法を知っているのかいないのか?

Photo_4

シャワールームへの入口もこの通り。結構ゆとりのある空間に

シャワー、浴槽、トイレ、が仕切りなしで配置されておりました。

新装されて間が無いのできれいです。

Photo_5

あやしく光るバブルバスも楽しめます。おおお、おされー。

青から緑へと変色、ぼごぼごぼご・・・・落ち着かないので

途中でOFFにしました。デラックス(普通)とプレミアム(上級)の

お部屋の違いはこの泡バス装置があるかないかだけの様です。

お値段は45000w~55000w 週末は料金が高くなります。

Photo_6

普通にかわいいデザインのお部屋↑もありました。

3泊目、夜部屋に入ったら「今さっき終わりました」な空気が

もわーーーっと漂っていました。軽く掃除はなされていましたが

トイレはびしょ濡れ、サイドテーブルにはジュースがこぼれ

その飛沫がベッドに?!ということは戦いの後、シーツ替えなし?

そんなことも有ろうかと持参した布とタオルを敷いて寝ました(汗)

Photo_7

ま、そんなこと気にしないわ。寝られたらOKってツワモノには

お勧めいたします。普通のホテルには無いようなアメニティも充実。

お水はフロントの冷蔵庫か各部屋の冷蔵庫に(無料)あります。

タオルは小さめですが4枚用意されていました。

そうそう、廊下に音が筒抜けですのでご注意くださいね。

Photo_8

シャネル部屋もあったわよーーーー!!

空港バスが停まるバスターミナルから徒歩5分くらい、大きな道路に

面しているので夜も安全。KTXの東大邱駅にも8分くらいと交通便利。

次の日出発が早い時などに便利なモーテルだと思います。

こんな特殊なお部屋に一度泊まってみたいなって方は

下記のビョンさんのブログをご覧ください。

詳しい情報が載っています。

「全州にひとめぼれ!」2~韓国の地方を尋ねて

END

2014年4月20日 (日)

2014春の大邱④ 初日3軒目 〆はうどん

Photo_31   

豚足とハタハタの後、3軒目は汁物が欲しいよねーってことで

宿泊するモーテル近くまで戻りこちらで最終宴会に突入。

Photo_32

店名わからんけど、雰囲気あるわー♪ この砂利床。

Photo_37

韓国のビールは飲みやすい、というか薄い。

Photo_33

お!ビョン吉の嫁出演のドラマが放映中でした。

11時頃でしたが結構なお客様で賑わっていました。

Photo_34

呑んだ後にうれしいあっさりとしたお味です。

このお鍋欲しいな。うどん4000w

Photo_35

入口横では女性2人がせっせとお肉を焼いてらっしゃいます。

これを見て食わないわけにはいきません。

Photo_36

なんてことない豚焼きですが、これがまた旨い。

初日からなんて濃い内容なんだ、大邱おそるべし。

この夜のお店の詳しい情報、大邱への行き方は

ビョンさんのブログ

「全州にひとめぼれ!」2~韓国の地方を訪ねて

をご覧下さい。

END

2014年4月19日 (土)

2014 春の大邱③ 初日2軒目マッコリとハタハタ

Photo_22

豚足をたらふく頂いた後、向かったのはシックなお店

「トルムッチ」 焼ハタハタをつまみにマッコリ、なお店です。

Photo_23

Photo_24

閉店間際だったのですでにハタハタは調理済み?でした。

ちょっとしょぼい画像ですね・・・・・・

Photo_25

↑こんな感じで男前なマッコリを楽しむわけでございます。

オーナーの女性も物腰やさしくて良い感じ。

なんと会計時にびっくり5人合計で10000%w、安!!

Photo_26

このマッコリ冷蔵庫、家に欲しいです。

洗濯機と間違えそうで怖いけど。

Photo_28

こちらで飲んだのは↑こんなマッコリでした。

ドラマで見た顔のお兄さんがラベルに載ってました。

Photo_29

あっちゃん・・・・焼酎ラッパしてはります。

こんな人クミョン大好き(爆)

これでお開きと思ったら、もう一軒へGOでした。

次回に続く長い夜でございます。

END

Photo_30

哀愁漂うトイレ、懐かしい形式です。

大邱では何回かお目にかかりました。

2014年4月18日 (金)

2014 春の大邱② 野菜チョッパルのディナー

Photo_14

今回の大邱ツアーはビョンさんが観光から食事まですべて

プラニングして下さいました。いつもの旅と違いとっても楽させて

頂き感謝感謝です。さて初日の夜はというと・・・・

↑「ファングムチンチョク」 野菜チョッパル(豚足)のお店です。

2

チョッパル=オッサン、という図式はもう韓国では崩れています。

このお店も落ち着いた渋いインテリアでええ感じ。

男子スタッフが可愛かった・・・・・えへへ

Photo_15

じゃーん、お料理が揃いました。この迫力!!

来たかいがあったっちゅーもんでおま!!

遅れて釜山から到着の「あっちゃん」もここから参加です。

Photo_16

何はともあれ乾杯です。

明日から本格ツアーの始まりに胸わく!!

Photo_19

オーダーしたのは↑のスペシャルセットだったと・・・・

皆さん韓国語がお上手なので苦手なクミョンはわからない内に

事が進んでいることが多かった今回の旅(汗)

Photo_17

豚足というと日本では足先のところを想像しますが韓国では

その上の肉厚な部分を指します。野菜で巻いてもそのままでも

めっちゃ美味しい本場のチョッパルです。

Photo_18

たっぷりな野菜の下にもチョッパルが隠れていました。

日本にいるより野菜を豊富に食べる機会が多い韓国。

トマト味ということでしたが・・・・・???少し漂う程度のトマト味。

けど美味しかったわ。余は満足じゃ!!

Photo_20

今回のメンツは大酒のみ・・・・いや、お酒をかなり飲まれる方が

多くて毎回大宴会となりました。ソウルとは違う焼酎 「チャム」

普通はこれで「さ、明日も早いから帰りましょう」となりますが・・・・

この後2軒いきました(大汗)初日から飛ぶ飛ぶ、ぶっ飛びです。

そうそう大邱には地下鉄が2ラインありました。今年末?に

もう一本増えるそうです。

Photo_21

地下鉄駅で購入するのはトークンと言われる↑リサイクル式のコイン。

どこにいくのも1200wなので購入は簡単です。カードだと割安に

なります。ソウルで使うT-moneyカードも使えますがチャージは

できません。出来るようになって欲しいな、スイカやICOCAみたく。

今回空港で換金しましたがめっちゃレートが悪くて閉口しました。

10000円=95500w 円安嫌い アベノミクス嫌い 

野菜チョッパルが食べたくて夢に出てきた、明日にでも大邱に

行って食ってみたいというそこのあなた、下記のビョンさんの

ブログをご覧ください。詳細な情報があります。

「全州にひとめぼれ!」2~韓国の地方を尋ねて

END

2014年4月17日 (木)

2014春の大邱① 三徳商会でご対面

P1070712  

皆様よく御存じの「全州にひとめぼれ」ブログ主催者ビョンさんに

お誘い頂いて春の大邱を満喫する3泊4日の旅に行って参りました。

大邱、世界陸上開催地として初めてその名を聞いた方が多いと

思いますがソウル、仁川、釜山に次ぐ韓国4番目の大都市です。

ちょっと説明タレさせて頂くと、大邱広域市は慶尚北道の道庁所在地

人口約250万人、日本統治下(1910年~1945年)多くの日本人が在住。

朝鮮戦争時、北朝鮮が最も南下し南北の壮絶な戦闘が繰り広げられ

軍事境界線となった洛東江は大邱のすぐ北に位置します。

と説明してもわかりにくいかな?

簡単に言うと釜山の金海空港から直通バスに乗ると1時間ちょっとで

東大邱ターミナル着、想像以上に簡単に行くことが出来ます。

仁川空港からソウル市内に行くのとほぼ同じ感覚なわけです。

Photo

・・・・・で、地下鉄に乗り目指す待ち合わせのカフェ「三徳商会」へ。

それが簡単に行けると思ったのが大間違いで地図と住所を見せて

何人もの人に聞いてもらちが明かずビョンさんにカカオで連絡し

韓国語で説明して頂きタクシーで行くとこんな風景の所↑に

到着いたしました。工具屋道りと言うのだそうな。

Photo_2

こんなお店がずらーっと並びんでいます。カフェなんかあるんかいな?

タクシーの運転手さんも「本当にここかいな?」と半信半疑でクミョンを

降ろしました。回りをきょろきょろすると向かい側に・・・・

Photo_3

あった・・・・・回りの景色にあまりにも溶け込んでてわからなかった(汗)

向かって左半分がカフェ、右は建築デザイン事務所。

大邱の街に多く残る戦前の日本家屋を改造して使用しています。

Photo_12

Photo_4

「三徳商会」 内部はかわいくオサレーにリニューアル。

ほどなく道の向こうからビョンさん達が現われほっといたしました。

Photo_5

Photo_6

1階はテーブル席、2階にはテーブル席と当時を彷彿とさせる

畳の間があり、そちらで頂くことになりました。

現地の若い人たちにも人気のお店のようです。

Photo_7

今回の旅でご一緒した皆様をご紹介させて頂きましょう。

ビョンさん、先日天王寺の昼Bで盛り上がったヘンリーちゃん、

始めてお会いする3人様は黒一点の0氏(後にナウリと改名)、

イカ釣りが趣味のあっちゃん(爆)、Cさんの計6名です。

皆さん韓国旅は超ベテランの方々ばかりです。

Photo_8

カフェの近くは旧日本、中国韓国的に書くと日帝の建築物が多く

残るエリアなようです。各建物の俊工時期が知りたかったですね、

これは大正期のアールデコ風?

Photo_9

解放から70年近く経ち日本人の旅行者がこうして足跡を

たどったりカメラで撮ったりしているのが何とも不思議。

少し後ろめたさなども感じながら街歩きは続きます。

Photo_10

ドラマや映画に出てきそうな路地を入って行くと・・・・・

Photo_11

もろ日本家屋な質屋さんが現われました。

この朽ちた感じがなんとも時間の流れを感じさせてくれます。

Photo_13

工具博物館↑なんかもあったり。

しかし満足にご飯を食べていなかったもので意識は次の

夕食にすっかり行ってしまっていました。

大邱は10大食膳があるくらい食レベルの高い土地だそうです。

韓国料理が大好きなクミョンの目的はその美味しいご飯です。

次回は初日の夕食をご案内です。

大邱への行きかたや詳しい内容はビョンさんのブログ

「全州にひとめぼれ!2~韓国の地方を尋ねて」

をご覧ください。

END

2014年4月13日 (日)

暴飲暴食の旅、終了しました。

Img_20140411_210747


三泊はあっと言うまでした。
今晩は帰りますが多分筋肉痛で数日休憩。
だって、生まれて初めて杖買った(^_^;)))

詳しくは来週半ばからのアップでご笑覧ください

END

2014年4月11日 (金)

テグ市観光課の皆さんとランチ

Img_20140411_124719

お昼から大宴会(* ̄∇ ̄*)

END


2014年4月 9日 (水)

京都でお花見弁当ランチ ②

Photo_16

御所を出発して岡崎疎水辺りまでテクテクやってきました。

これではわかりませんが周囲は外国からの観光客だらけ。

桜の時期、京都は別物と考えないといけませんね。

Photo_17

円山公園なんて阿鼻叫喚の世界、名物の枝垂れ桜もなんだか

お疲れなご様子。この下はブルーシートの海、屋台の匂い満載。

あの瓢亭の真ん前にはラブホテルが建っています、四条通りに

面して新しくパチンコ屋さんができました。

京都市、いったい何を考えているのか?

Photo_18

八坂神社境内の二軒茶屋さん、蔵を改装したカフェがオープン。

中の設えはふーむ・・ですが公園とは別世界、静かな空間でした。

Photo_19

よく歩いたのでがっつり抹茶パフェをいっときました。

Photo_20

すべてオリジナル、京都メイドのお土産エリアも隣接していました。

上海の義姉へのお土産に財布をゲト、気に入って貰えるかしら?

Photo_21

海老様、こんなに近くまで来たのに会えなくてごめんね。

もうそろそろ年末の顔見世に出演して欲しいなぁ。

Photo_23

出発点の高島屋に戻り、夜の手抜き用に取り置きしておいた

お弁当第2弾をゲトいたしました。

ミシュラン☆☆☆「なかむら」さんのお花見弁当です。

高島屋地下でも常時販売はしていないそうです。

Photo_25

♂と仲良くわけわけ、今日2回目のお弁当タイムだったせいか、

AMAの家の中という環境のせいかあまり興奮は無く。

また来年まで桜とは会えませんが静かな姿を取り戻した

新緑の京都にまた近々、是非

END

京都でお花見弁当ランチ ①

Photo_2

京都最後の桜を楽しもうとシロちゃんと月曜日に行って参りました。

今回はお花見弁当ランチです。高島屋で予約したのをゲトしてから

ウォーキングスタートでございます。画像が多いので2回にわけて

ご覧くださいませね。

Photo_3

高瀬川沿いは1kmほど桜並木が続きます。

もうそろそろ散り初め、川面を流れる花びらがなんとも京都。

Photo_4

東向こうの鴨川沿いの桜も見事です。

暑くなく寒くなく、絶好の御日和で2人ルンルンと北上。

Photo_6

歩くこと30分弱・・・・御所までやってきました。ここまで来ると

市中の喧騒はどこへやら、気持ちの良い空間が広がります。

大きな桜の近くで、さて待望のお弁当開封タイム。

Photo_7

シロちゃんは豪勢な辻留さんのお花見弁当(5400円)。

器からして凝ってますね、包み紙には昔の京都が描かれてます。

Photo_8

びっしりと春が詰まって美しい、これはもうアートですね。

花びら型の生姜の下は桜の葉で包まれたお寿司。

お味もなんとも美味だったそうでございます。

Photo_14

お布巾も添えられていました。

お高いけどそれなりの趣向ありな辻留さんの花見弁当。

Photo_9

お箸の包み、この意味が分かった方は相当の日本料理通です。

廬山人大先生の筆だそうでございます。

Photo_10

↑クミョンは吉兆松花堂店さんのお花見松花堂弁当。

お値段と中身では少し負けましたが大きさだけは勝ちました。

お上品な優しいお味、この日この時日本にいて良かった~

食べるのに神経を降り注ぎ御所の桜は撮影ど忘れ。

Photo_12

私たちが入り込まないかびくびくしました。

きっと修正時に雑物はさっぱりとカットされるのでしょう。

初々しいお二人、人生春もあれば冬もある、きばれよ

Photo_13

この後腹ごなしのウォーキングで東山界隈をぐるっと散策。

途中名店「瓢亭」さんに出くわす。今回は横目で睨んで通るのみ。

織田信長や豊臣秀吉もここで「ちょっとお茶しょーかー」と休憩

したかもしれないほど歴史の古いお店です。

②に続く・・・・・

END

2014年4月 7日 (月)

祝1周年 「やさしい風」さん @尼崎市潮江2-1-1

Photo

去年クミョン達の引っ越しと時を同じくしてオープンした

ご近所のパン屋さん 「やさしい風」 が5日で1周年を

迎えられました。おめでとうございます。

Photo_2

去年の夏、人気だったアイスパンを限定で販売されていたので

ゲトしました。その名のとおり、パンの中にアイスクリームです。

ジャージー牛乳アイスと北海道マスカルポーネクッキーアイスの

2種類。 1周年記念で北イタリアのジャムを頂いちゃいました

来週12日神戸で開催の「神戸パンの日」に参加されるそうです。

Photo_3

この週末JR尼崎駅前キューズモールでご当地フェスみたいな

かなりしょぼい・・・・ものが開催されておりました。

阪急塚口の「ポノボノ食堂」さんが出店されていました。

このお弁当お店同様体に良さそうですが不思議なお味でした。

AMA 旧来のイメージ払拭にいろいろ挑戦してますがまだまだ

良いお店が足りてません。

Photo_4

日曜だと言うのにユニクロも静かです。

こうやって見るとやっぱ8%って嫌ですねぇ

END

2014年4月 5日 (土)

天文館むじゃき 白くまアイス @大阪市北区梅田阪神百貨店

Photo

人気No.1の天文館むじゃきが関西に初到来と聞いて阪神百貨店

催し会場に行ってみました。ここもいつもよりお客が少なく寂しい。

スーパーで売ってる白クマもどきは食べたことがありますが、この

スタイルは鹿児島に行かないとゲトできません。

大、がお勧めらしいのですが小食なので普通のにしました。

お味はご想像どおりです、昭和チックな外見にしばし見とれました。

Photo_2

ネーミングの由来は諸説あるらしいですが、こちらでは↑らしい。

ミルク味のアイス、桜島を眺めながら是非夏に頂いてみたいものです。

すると突然会場奥からけたたましい騒音が

Photo_3

出た くまモン 別にファンじゃないんだけど、回りに釣られて

写しちゃった。退場する間際だったのでこれがギリ。

こうなったらふなっしーも狙ってみようかな・・・・・

Photo_4

大阪駅北側に一本聳える大きな桜はもう早葉っぱが見え隠れ。

年々桜の満開時期が早まってるような。

Photo_5

Photo_6

そうそう、白くまアイスの前にペコなお腹を抱えてグランフロントへ。

思考回路がうまく働かず過去に失敗経験ありな鶴橋の「白雲台」に

何気に入ってしまいました。「1600円で冷麺と焼肉か、お得やね」

と思った私がパボでした。小さな肉片4枚、中1枚は油のみ。

冷麺は手打ちだから早くお召し上がりくださいと言われました、

そしたら入口横の機械、あれは何?

END

Photo_7

Yes I nyan 

4月からECCジュニアに通い始め・・・・たかったけど

猫は駄目だってさ 水洗トイレ使えないから駄目だってさ

2014年4月 4日 (金)

矢場とん @大阪市北区梅田阪急百貨店

Photo

シロちゃんと梅田のど真ん中でピクニックいたしました。

阪急百貨店で開催中「日本の真ん中物産展」で名古屋名物「矢場とん」の

味噌カツ丼をゲト、13階の屋上庭園で春の日差しを楽しみながらのランチです。

最近の矢場とんは↑アートしてますね。Tシャツも人気だそうです。

Photo_5

久々に頂きました、以前名古屋駅で頂いた時の感動はさすがにありませんが

なかなか美味しい。名古屋以外は東京周辺と福岡しか店舗がない

催し会場以外では頂くことができません。

Photo_4

ソースのみの販売もあり、増税後初の梅田でしたが百貨店の中は3%どころが

30%以上お客様が減っている様子です。当分こんな状態は続くでしょう。

催し会場もすかーっとしていました。今が狙い目ですね

Photo_6

ありゃりゃ・・・・・攻撃前に消えてしまったわい、永らく?

改装オープン時はあれだけ賑わった阪急のレストラン街もかなり様変わり。

京都の老舗名店も当初と比べるとかなり低価なメニューで悪戦苦闘中。

これからは売る側も買う側も大変な時期に突入しました。

満開の桜も週末の雨で散ってしまいそう、今年は多難な春の予感。

END

2014年4月 2日 (水)

寿司料理 まるも @神戸市兵庫区中之島1-1-4中央卸売市場

Photo_3

日本経済はクミョンに任せとけ!そんな決意のもと4月1日ですが寿司食いました。

神戸の台所 中央卸売市場食堂街にある 「まるも」 さん。

美味しいお店は増税なんかなんのその、昼過ぎでしたが満席でございました。

Photo_4

美しいトロさんにイカウニさんに赤貝さんに・・・・・

こんな至極の時は世知辛い世の中のことは忘れて精神集中。

Photo_5

〆に登場の穴子と巻き、この穴子がめっちゃ旨い。

蒸し穴を炙ってあるわけだね。ここの若大将は威勢があってエエ感じ。

あ、若大将と思っていたけど・・・・彼も私もだいぶ変化したなぁ。

Photo_6

お値段据え置きなので海老の頭はなくなったのか?と思っていたら

デザートと同時に登場・・・・もう少し早くやってきておくれ。

Photo_7

この日は思うことがあり、兵庫の大仏様とご対面いたしました。

「どうか円高になってウォンとのレートが良くなりますように」

雑念を捨てて一身にお祈りすると一つだけ願いが叶うそうです。

Photo_9

腹ごなしのウォーキング、東山市場まで歩きました。

湊川公園の桜も満開で騎馬上の楠公さんも心もち楽しそう。

Photo_10

AMAに戻る前に 「コージーコーヒー」 さんで休憩。

ここのラテ極上です。お近くの方は一度お試しあれ

市場の買い物はいいですね、ホタルイカが一匹減ってるかも

しれませんが昭和式会計で「200円」「150円」ですから気持ち良い。

Photo_11

この季節だけお目見えするわさびの花を市場でゲトしました。

可愛いいのでしばし鑑賞。夜に下処理、今晩おひたしで頂きます。

スーパーよりも季節を感じる市場でのお買い物は楽しいです。

END

ちょっと叫んでいいですか・・・・・・

クジラ食うたことないのに、がたがた言うなぼけ!!

Oh・・・・・エクスキューズマイマウス。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »