こちらもご覧ください♪

« 暴飲暴食の旅、終了しました。 | トップページ | 2014 春の大邱② 野菜チョッパルのディナー »

2014年4月17日 (木)

2014春の大邱① 三徳商会でご対面

P1070712  

皆様よく御存じの「全州にひとめぼれ」ブログ主催者ビョンさんに

お誘い頂いて春の大邱を満喫する3泊4日の旅に行って参りました。

大邱、世界陸上開催地として初めてその名を聞いた方が多いと

思いますがソウル、仁川、釜山に次ぐ韓国4番目の大都市です。

ちょっと説明タレさせて頂くと、大邱広域市は慶尚北道の道庁所在地

人口約250万人、日本統治下(1910年~1945年)多くの日本人が在住。

朝鮮戦争時、北朝鮮が最も南下し南北の壮絶な戦闘が繰り広げられ

軍事境界線となった洛東江は大邱のすぐ北に位置します。

と説明してもわかりにくいかな?

簡単に言うと釜山の金海空港から直通バスに乗ると1時間ちょっとで

東大邱ターミナル着、想像以上に簡単に行くことが出来ます。

仁川空港からソウル市内に行くのとほぼ同じ感覚なわけです。

Photo

・・・・・で、地下鉄に乗り目指す待ち合わせのカフェ「三徳商会」へ。

それが簡単に行けると思ったのが大間違いで地図と住所を見せて

何人もの人に聞いてもらちが明かずビョンさんにカカオで連絡し

韓国語で説明して頂きタクシーで行くとこんな風景の所↑に

到着いたしました。工具屋道りと言うのだそうな。

Photo_2

こんなお店がずらーっと並びんでいます。カフェなんかあるんかいな?

タクシーの運転手さんも「本当にここかいな?」と半信半疑でクミョンを

降ろしました。回りをきょろきょろすると向かい側に・・・・

Photo_3

あった・・・・・回りの景色にあまりにも溶け込んでてわからなかった(汗)

向かって左半分がカフェ、右は建築デザイン事務所。

大邱の街に多く残る戦前の日本家屋を改造して使用しています。

Photo_12

Photo_4

「三徳商会」 内部はかわいくオサレーにリニューアル。

ほどなく道の向こうからビョンさん達が現われほっといたしました。

Photo_5

Photo_6

1階はテーブル席、2階にはテーブル席と当時を彷彿とさせる

畳の間があり、そちらで頂くことになりました。

現地の若い人たちにも人気のお店のようです。

Photo_7

今回の旅でご一緒した皆様をご紹介させて頂きましょう。

ビョンさん、先日天王寺の昼Bで盛り上がったヘンリーちゃん、

始めてお会いする3人様は黒一点の0氏(後にナウリと改名)、

イカ釣りが趣味のあっちゃん(爆)、Cさんの計6名です。

皆さん韓国旅は超ベテランの方々ばかりです。

Photo_8

カフェの近くは旧日本、中国韓国的に書くと日帝の建築物が多く

残るエリアなようです。各建物の俊工時期が知りたかったですね、

これは大正期のアールデコ風?

Photo_9

解放から70年近く経ち日本人の旅行者がこうして足跡を

たどったりカメラで撮ったりしているのが何とも不思議。

少し後ろめたさなども感じながら街歩きは続きます。

Photo_10

ドラマや映画に出てきそうな路地を入って行くと・・・・・

Photo_11

もろ日本家屋な質屋さんが現われました。

この朽ちた感じがなんとも時間の流れを感じさせてくれます。

Photo_13

工具博物館↑なんかもあったり。

しかし満足にご飯を食べていなかったもので意識は次の

夕食にすっかり行ってしまっていました。

大邱は10大食膳があるくらい食レベルの高い土地だそうです。

韓国料理が大好きなクミョンの目的はその美味しいご飯です。

次回は初日の夕食をご案内です。

大邱への行きかたや詳しい内容はビョンさんのブログ

「全州にひとめぼれ!2~韓国の地方を尋ねて」

をご覧ください。

END

« 暴飲暴食の旅、終了しました。 | トップページ | 2014 春の大邱② 野菜チョッパルのディナー »

コメント

早速、UPされてますね〜早いです(^。^)
初日の大邱には参加しなかったので、こんな感じだったんだ〜と、マジマジ見させていただきました。

三徳商会のワッフル?お茶タイム、とっても美味しそうです。
この日も、結構歩いたんでしょうか…?

ご飯編も楽しみです♪

コン様

コン様は次の日から参加でしたね、この日の夜も御馳走でしたよ。
明日も見に来てくださいね!!他の3人様はお昼に豪華なお食事と
ビールをたっぷり頂かれたようで珈琲だけ、クミョンは朝からパンだけ
だったのでこちらでワッフルを頂きました。結構美味しかったですよ。
昔と比べると珈琲やケーキ類が格段と良くなったと思います。

この度は、大邱ツアーに参加いただき、ありがとうございます。
そして、早々のブログアップも感謝感謝。
多くのグルメなお友達に、大邱の魅力を存分にお伝えいただければと思います。

確かに夕食に意識が言っていたのでしょう。
最後の建物は、「工具」博物館でございます(苦笑)

ビョン様

今回は何から何までお世話になりっぱなしでありがとう
ございました。お蔭さまで貴重な体験を山盛りすることが
できました。チョンマルコマッスミダ!!

大邱大好きになりました。環境(汗)が許すなら
来月にでも行きたいくらいですわ。まだまだ食べ足りない!!

全州でもお会いしたいわ、また時を経てお誘いくださいね。
ははは・・・工具でした。訂正させて頂きました


ほんとにドラマとかに出てきそうな路地ですね! 残った建造物が街の歴史を語ってるわけですね。。日本とのつながりを再度感じずにはいられません。
お夕食、さぞ美味しかったんでしょう〜〜〜
楽しみにしてまーす

センセェ様

こんなに日本がそのまま半島に浸食したとは、想像以上な
ものでございました。簡単に「併合」と教科書で読むだけでは
わからない歴史を目の当たりにしました。
適度に都会で、ソウルのように尖がっていない大邱、気に入り
ました。また行っちゃうかもよーーん♪ご一緒できたらいいのに!!

こんばんは~! (いきなり過去記事に失礼します)

待ち合わせが三徳カフェだったんですね。
ハードル高いな~!(笑)
ダダダ~っと読ませていただいたんですが、
さっすがビョンちゃんのツアー、マニアックなところ満載ですね。
続きも楽しみにしてますね~ん♪

Yucky様

大邱に降り立ったのは始めてだったので三徳商会はかなりハードルが
高かったです。さすがに迷ってビョンさんに電話して助けて頂きました。
その時周りには7人ものおじ様が集まって迷い子の日本のアホアジュマを
囲んで助けてくださいました。大邱の人って本当に親切!!
7人のおじ様も運転手さんも三徳カフェ知らなかったわ(汗)
大邱、良い感じに都会でソウルみたいに尖がってなくて、好き♪
大邱に初めて興味をもったのはYuckyさんのブログを見てからです。
今回もたくさん情報を頂きました、ありがとうございました。
AVAモテル、爆体験がありました。⑤を読んでくださいませね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014春の大邱① 三徳商会でご対面:

« 暴飲暴食の旅、終了しました。 | トップページ | 2014 春の大邱② 野菜チョッパルのディナー »