こちらもご覧ください♪

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月30日 (金)

但馬牛焼肉 扇矢 @神戸市灘区六甲町1丁目4-15

Photo

誕生日の前夜祭は♂と一緒に六甲道へ。クミョンが大好きなお肉屋さん

(その割に買いに行けてないが) 「扇矢」 さん直営の焼肉屋さんです。

1階のカウンター席で頂きました。オトナな焼肉のスタートです。

Photo_2

まず生からいっときました。保健所の許可済で提供のユッケ様

旨ぁ~ これ毎日食べてもいいくらい旨ぁ~

肉は敵みたいな言い方をする♂ですが一口食べて顔色が変わりました。

Photo_4

ホルモン系の代表選手、てっちゃんてっちゃんカネてっちゃん。

写す前に一部が網の上に乗っちゃいました。

なんて美人なてっちゃんなんだ ホルモンが駄目な人もOKだと思う。

今まで食ってきたてっちゃんはいったい何だったんだ?

そして真打登場・・・・・

Photo_5

前回は女子5人だったので5種盛だったと思うけど、今回は3種盛。

イチボさん、ヒレさん、マルシンさん、お久しぶりです。

美味しいかって?美味しいに決まってますやん

♂がどうして5種盛にしなかったと文句タレタレ、あんた肉嫌いちゃうんかい

Photo_6

泡醤油なるものが添えられていました。

焼いたお肉にそっと乗せて口の中へ・・・絶品でございました。

特にヒレ、美味しかったです。1人で全~部食べたかった

Photo_7

もう少しいっときました。赤身で肩ロース?だったかな。

これも美味しかったわ、今回はこれくらいにと思ったら♂が・・・・

Photo_8

生タン食べるって・・・・焼いた後に生食べるか普通?

塩だけで十分美味しい、ここのお肉って食べても全く胃にもたれないのです。

良いお肉を使用している証拠ですね。

Photo_9

〆にクッパ

韓国料理系もいろいろ挑戦されておられます。

カレーとか冷やしうどんなどサイドメニューも豊富です。

Photo_10

「韓国風卵かけご飯」

美味しいヤンニョム?をかけて頂きます。

扇矢さん初体験の♂は一発で落ちました、帰ってからも「次また行こう」と

普段にない気に入り様が不気味です。また夫婦でお邪魔します、よろしく

END

2014年5月29日 (木)

韓方コスメ&韓方カフェ ハヌルホス @神戸市中央区下山手通4-7-12

Photo

大邱で観光課の丸山さんからお土産にパックを頂いて使ってみてから

その韓方~な香りに魅せられちゃった 「ハヌルホス」 さん。

日本でただ一つの公式代理店が神戸にあるんです

場所は元町駅から北へ鯉川筋を上がって最初の信号を左へ曲がった辺り。

ハヌルは空 ホスは湖 添加物を一切排除した自然志向の会社です。

女性の韓方研究家(現社長)が自らの体験を基に開発した商品を扱っています。

H

化粧品はほぼ全ライン揃っているようです。

お茶の販売も力をいれていらっしゃいます。

じっくり拝見させて頂きました、わからない所はスタッフが丁寧に

教えてくださいました。人気のクレンジングパウダーもありましたよ。

Photo_3

カフェのスペースで葛根茶を頂きました。器もいいですね。

小さなお菓子付き。窓の外を眺めながらしばしまったり。

大邱に行ってから薬膳とか韓方にかなり惹かれています。

Photo_4

スタッフの女性と大邱話しで盛り上がりました。

葛根を見せて頂く。

Photo_5

パックは顔用と小さなのがもう一枚同封されています。首用だそうです。

韓方の香りが駄目な方はあかんかも、クミョンは大好きなのでりピしました。

香りに癒されるし、翌日の肌の調子が良くなる(個人の感想)と思います。

Photo_6

旅行用にもなる小さい器のシャンプーをお試しに購入してみました。

中に韓方の材料がそのまま入っています。これも韓方の良い香り。

このシャンプー、今までに無くすごく爽快と思ったら薄荷が入っています。

少しで泡立つし洗い上がりもさっぱり。これからの季節にバッチグかも

次は普通の大きさのを買う予定です。

通販でもゲトできます、神戸の方は是非直営店に足を運んでみてね

ハヌルホスHP

そうそう、先日 「ブルージャスミン」 観てきました。

ケイト・ブランシェットの演技が光る良い映画でした。

けど、見終わった後の空気はかなり重かった

人生前向きにって言うけど、それってそんなに簡単じゃないのよね。

END

2014年5月27日 (火)

ヘンリーちゃんと天神橋筋商店街を練り歩く

Photo

ダイエット中とか言いながら↑こんなことしてしまいました。

韓国の大邱でさよならして以来のヘンリーちゃんと天神橋筋商店街で

お会いしました。まずはご挨拶にお寿司をいっときました

アップが遅くなりごめんなさいね

Photo_2

奴寿司さん(店名忘れてヘンリーさんに助けて貰いました) 注文を書いて渡すシステム、接客のモ~っとした中国人女子が

ええ味だしとりました。↑初公開 ヘンリーちゃんの字ぃ~

Photo

お寿司屋さんがなぜか密集している天六あたりです。

有名な春駒さんがお休みだったのでその並びのお店を攻撃です。

小ぶりなのでパクパクいけちゃいます。お値段もパクパク価格だわ

ネタも新鮮でシマアジがめっちゃ美味しかったわ

Photo_2

鮑に

Photo_3

鰻に

Photo_4

いたや貝に

Photo_5

蒸穴に

良いお店でした、満足じゃ満足じゃ。天六来たら再訪ありかも。

いろいろ食べて腹8分目、2回戦もあるからこれくらいにしとったるわ

Photo_6

商店街の裏通りも散策しました、ディープなお店が多い

天然記念物並みのお菓子屋さん、奥でオバちゃん寝てはるし。

Photo_7

表通りも負けずにコテコテです。

540円・・・・参りました。東大門より安いやん。

Photo_8

2回戦はガラッと趣向を変えて同じく天六のイタリアン「れもんや」さんへ。

Photo_9

お寿司を食べた後ですがランチセットいっときました。

Photo_10

パスタ、普通。限りなく普通。

Photo_14

パン・・・・乾いてたよ・・・・

Photo_12

メインのお魚、もうちょっと頑張ろうね。

Photo_13

けど全て許せちゃうくらい↑男子スタッフの応対が光ってました。

天六はいろんな形態のお店が目白押し、夜の食べ呑みにもよさげ。

Photo_15

大阪の特産品を販売 「天満天神MAIDO屋」さん。

4月にオープンしたそうです。提灯の大阪弁どれだけわかりますか?

Photo_16

2階で寄席を開いている甘党屋さんで休憩がてらの〆はわらび餅。

この日は日本一長い天神橋筋商店街のほぼ端から端まで歩き

裏のコルモクツアー(路地裏)もしたのでかなりの距離を歩きました。

ヘンリーさんと起点の駅でお別れです、またまた来月韓国に行かれるとか。

楽しい旅のレポ、待ってますからね~

END

2014年5月26日 (月)

丹波伝統工芸公園 陶の里 @兵庫県篠山市今田町上立杭3

Photo

五月晴れの週末、爺さんと婆さんはガソリンの消耗を抑える べくそろそろと

車を走らせて丹波篠山市にある 「立杭 陶の郷」 まで出向きました。

とうのさと、ちゃいまっせ。すえのさと、でございます。

Photo_2

里山に囲まれた気持ちの良い公園形式の施設です。

すぐ近くには兵庫陶芸美術館もありますが今回はパスいたしました。

AMAから1時間で別世界ですね

Photo_3

敷地内の階段は陶器片が埋め込まれていました。

週末ですが見学者はまばらです、ここ無料と思ったら入場料いるのよね。

Photo_4

お土産物の横にお食事処もありましたが・・・・今回はパス。

だって最近めっちゃ太っちゃって切実なダイエット中なのだわ。

Photo_7

夕暮れから灯がともるそうです。幻想的でいいでしょうね。

けど・・・・・この山里にそんな時間まで誰が居残るだろうか?

Photo_5

登り窯も見学できます。

思い出作りに陶芸体験などしてみました。

Photo_6

出来ました。 作品No104 「地球の裏側」

は、嘘です。↑は体験始まりの図です。

2か月後に出来上がりますが、作品の一般公開はいたしません。

Photo_8

窯元さんの作品が販売されている棟もありました。

自分で作るより買ったほうが絶対いいですよ(きっぱり)

Photo_9

そうそう、大邱の西門市場でゲトしたリュックはこれでーす

これを持ちたくて今日は山の近くに来てみたのさ

Photo_10

陶の里からほど近く、車がたくさん停まっているので入ってみました。

人気店のようです。覗くだけのつもりがドバっと買っちゃったわ

Photo_11

店内は大勢のお客さんで熱気むんむんでした。

紙に買う内容を書いて提出し順番を待つという初めてのシステムに戸惑う。

シャブ肉は普通でしたがお勧めのすき焼肉g800円がかなりいけました。

お手軽価格で正真正銘の三田牛が買えるお肉屋さんでしたよ。

三田マルセ牛

HPよりお借りしました。

これでステーキ何人分あるかな・・・・

END

2014年5月23日 (金)

わりゅう @ 尼崎市下坂部1丁目28

Photo

穴場的なお店をコテサンが発掘 タマちゃんとクミョンの3人で

お昼に攻撃してみました。JR尼崎駅から北へ、交通手段は徒歩か

チャリしかないという和食のお店 「わりゅう」 さん。

↓こんな普通~の住宅地の中にありました。

Photo_2

昼も夜も完全予約制だそうです。

お昼は3000円のお任せコースのみ。夜は5000円~とか。

Photo_3

玄関から一歩入ると外の住宅地とはがらっと世界が一変、

和風な個室に通されてました。他に3,4室あるようです。

Photo_4

お造り、煮物。普通に美味しかったです。

そして昼Bで乾杯 これ、大事ね。

Photo_5

焼き物に卵焼き・・・・・・

器が普段使いすぎる・・・・・

徐々に首を傾け始める三人

Photo_6

器に詰め込まれた一品、思えば今年の初鱧でした

全部一度に出そうとなさるので天ぷらまで時間を置いて頂きました。

○マダム様の方が数倍プロ的なお料理だわ

Photo_7

う・・・・・・ん、40年他でお仕事されてきた方が住居の一階で

営業されているみたいですが・・・・・驚きのないお料理ばかりでした。

AMAに何か、を求めたらあかんのかもしれん。

Photo_8

デザートなんてイチゴ切っただけ、はイカンやろ

個室でこのお値段で頂けるのはうれしいですが・・・・再訪は無いかな。

で、お口直しにってことで食後はイキナリですがこんな所に。。

Photo_9

陸上自衛隊第三師団 伊丹千僧駐屯地

創立53周年記念イベントを攻撃してみました。

戦車から地対空砲などなど沢山実物を見てしまいました

Photo_10

ここに来ることは食事中唐突に決まりました。

お隣の伊丹に自衛隊の駐屯地があるとはクミョン知りませんでした。

家族連れで結構賑わっておりました。

Photo_11

終了まで1時間ほどだったので駆け足で回りました。

置いてある物は物騒ですが見学者は子供さんが多くのどかな雰囲気です。

Photo_12

↑わぁ~い、みんなで戦争に行こう の図。

残念ながら戦車の乗車体験はすでに締め切られておりました。

毎年この時期に土日、2日間開催されているらしいです。

Photo_13

日章旗ではなく赤い獅子?自衛隊に入ったら戦争したくなるだろうな・・・・

最近の戦車はエアコン装備らしいので中に入ってみたいけど、それは駄目でした。

Photo_14

ベトコン(死語)もビックリなこてさんとタマちゃん。

これでグランフロント歩いて欲しかったわ。意外と軽いのだそうです。

Photo_15

資料館には旧日本軍関係の物がいろいろ展示されておりました。

自衛隊と旧日本軍を自分らで結びつけてどうする?軍隊違うのよね?

ドイツなんかだとナチスに関連するものは全てアウトです。日本って不思議。

Photo_16

↑自衛隊グッズ販売コーナーにて。

こんなお茶目なことしている内はまだ平和なのかもね。

Photo_17

伊丹のゆるキャラ 「たみまる」 と戯れる自衛隊員。

今回見たものが演習以外で使われることの無いように祈ります。

和食から自衛隊、とっても変化に飛んだ休日でした。

END

2014年5月22日 (木)

すしぎん @大阪市生野区鶴橋2丁目3-8

Photo

初回、目から鱗級の美味しさだった鶴橋商店街の 「すしぎん」 さん。

クミョンにぴったりの大衆寿司屋さんです。お値段もリーズナボー

Photo_2

↑シマアジの炙り ポン酢で頂きました。

どうして鶴橋で赤い料理じゃないの?って方は一回ここで食べてみてみ

K女史と、前回ご一緒したイグラオンマさんの3人で攻撃いたしました。

げげげ 11時半頃に到着したら8組ほど待ちが、1時間くらい待ちました。

Photo_3

↑サヨリ 光ってるやおまへんか

Photo_4

↑サヨリは焼きの入った皮つき

3人で一本なのが残念だったけど、旨~

Photo_5

↑赤貝もヒモが巻いてあって、海の香りが旨ぁ~

ここはシャリは小さいのでいくらでも食べられそうで怖い。

注文は2貫つづになります。1人で行くのはちと辛いよね。

Photo_13

↑白えび

大将は一見寡黙な男、に見えるけど今回実際は話だしたら止まらない

めっちゃ楽しい人と判明。夜はネタは少なくなってるかも、だけど大将を

ネタに夕方食べるのも楽しいかもよ

Photo_7

↑カニみそキュウリ巻

箸休めに巻きが美味しいねん。

今回長待ちしてしまった、開店(11時)少し前orネタが少しなくなってるかも

ですが1時以降に攻撃が良いかも。3時から5時まで一旦閉めるみたいです。

Photo_8

↑ 松前 

この他にゲソやホタテも頂き、ほぼ満腹。滞在時間30分弱。

今回も美味しく頂きました、また絶対来るもんね

(赤だしが前回と違い薄くて・・・・駄目でした)

で、第2部は10分ほどテクテク歩いて生野コリアンタウンへ。

P1080979

前回気になった「ギャルソン カフェ」さんで豚キムチサンドを攻撃

食べたいと思ったら絶対食べるので痩せない

御幸森商店街(コリアンタウン)の端の方に位置しています。

Photo_9

喫煙可のお店が多い界隈ですがここは辛うじて分煙だし

ご夫婦お二人で運営されておりました。店内は普通の喫茶店風。

最近その普通の喫茶店を見つけるのが至難の業ですよね。

Photo_10

↑じゃぁ~ん 出た。これが豚キムチサンドなり~

飲み物とセットで800円、かなりの量がありました。

想像以上に美味しいです、鶴橋の有名喫茶店のよりクミョンは好き

Photo_12

パッピンズもフルーツたっぷりでシェア可能。680円は納得のお値段。

ここ、新しい休憩場所としてクミョン認定させて頂きました。

Photo_11

ただ・・・・イグラオンマさんの漢方ジュースみたいなん(800円)は

朝鮮人参臭ぁ~ってことで・・・・(逃)

今回も美味しいお寿司といろいろお買い物も、たっぷり楽しめました。

END

ASKA容疑者は容疑を否認しているようです。

Say Yes ~

2014年5月21日 (水)

PIZZERIA BAR NAPOLI  @神戸市中央区元町通2丁目7-4

Photo

神戸の元町商店街にオープンしたピサのお店 「NAPOLI」 さん。

ナチュラルハウスの東地下入口の横に↑の階段が見えるはず。

東京 吉祥寺の人気店だそうな、関東では沢山チェーン展開していますね。

センセェ、OZW真理ちゃん、ルーシー・Tちゃん、クミョンの4人で

ランチタイム攻撃です。ここ、お手軽にピザが頂けるそうな

Photo_2

あっさりした店内、女子3人で運営していました。

朝の4時まで営業しているらしいですよ。

12時になると満席になりました。

Photo_4

こちらの売りはなんといってもこれでしょう。

平日ランチタイム(11時~3時)8種類のピザが1枚500円

薄手の生地が美味しくてかなりいけるじゃん

↑は生ハムとモッツァレラチーズが華麗に絡むプロシュート。

Photo_3

サラダと飲み物を付けてもプラス200円です。リーズナボー

↑本日のピザは700円 モルタデッラ

置いてあった唐辛子を付け込んだオイル、辛味がもう少し欲しいですね。

Photo_5

以外と合うんだよね、トマトソースとしらすが

皆さん快調に食べ進んでおられます。

Photo_7

最後のクアトロフォルマッジで大満足~

お腹空いてたら一人で一枚も可能?な軽めのピザです。

6月末に三宮にもオープンするみたいです。

Photo_8

南京町を歩いていたらこんな物体にでくわす~

クミョン何より鳥が嫌い フクロウカフェができてました。

絶対いかへん、入ったら100万円やるって言われても入らへん

元町もいろいろ変化がありますね、皆さんまた神戸で遊んでね。

END


2014年5月19日 (月)

宮崎 塚田農場 @大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス 14F

Photo_29

2年ぶりに従妹のCちゃんとお会いいたしました。

場所は二人のほぼ中間地点、阿倍野ハルカスです。

田舎風で楽しそうな 「塚田農場」 さんに決定。宮崎と言えば鶏料理ね。

平日でしたが12時には超満席でした。

Photo_30

お昼の定食にモレナク付いてくる4品。

明太子山芋&キャベツ&きゅうりの漬物(これ旨)&生卵

Photo_31

「地頭鶏炭焼き御膳」2550円。

人気のお料理が少しづつ味わえる内容になっていました。

から揚げ、南蛮漬け、たたき、などなど。普通に美味しいです。

Photo_33

キャベツに付けるお味噌が美味しかったです。

2年ぶりで溜まったお話をしていたらあっという間に時間は過ぎました。

Photo_32

けどね・・・・メインの「じとっこ炭火焼き」が・・・・固いし・・・・・残した

これ看板料理なんだからもうちょっと美味しくお造り下さいませね。

そうそう、卵かけご飯用の生卵が濃くて美味しい卵でした。

Photo_34

〆の美味しい抹茶アイス。

Photo_35

夜は居酒屋感覚で利用できるようです。

展望台がオープンしてからハルカスはまた来場者が増えているような。

ここも昼過ぎには待ちが出来ていました。

11時半位までの早め攻撃がよろしいかと思います。

ハルカス美術館の開館記念特別展 「東大寺」 に参りましょう。

Photo_36

美術館へは一旦百貨店棟から出て、エレベーターで16階へ向かいます。

NYのツインタワーみたいな(もうないけど)無機質なエレベーター。

Photo_37

お花まつり(釈迦生日)の像はかわいい赤ちゃんのお姿です。

お迦様ってお母様の右わき腹から出てきたって・・・・子宮外妊娠?

かどうかは置いといて。

Photo_38

甘茶をかけてお祈りいたします。

「飲まないで下さい」と書いてありました。誰が飲むねん

展覧会は奈良の美術館などで拝見したものもありましたが天平の頃からの

歴史的に貴重な出展を多数楽しめました。展望台は今回はパスいたしました。

Photo_39

気持ちの良い16階の庭園で、十分大阪市内は見渡せます。

美術館とペアでチケットを買うと展望台へ少しお安く登れるらしいです。

Photo_40

〆は北海道展の美味しいジェラート

今度は2年後と言わずまた天王寺で会いましょうね。

関東の皆様もお元気で、よろしゅうに

END

 

 

2014年5月17日 (土)

島之内ワイン醸造所 @大阪市中央区島之内1-1-14

Photo_26

島之内フジマル醸造所2階 「ワイン食堂」 

こてさん、たまちゃん、シロちゃん、クミョンの4人で松屋町駅から向かいました。

予約で満席の店内、1階の醸造所が見える席で いざ参戦

ものすごく食べました、画像が多いので心臓疾患のある方妊娠中の方は

ご注意ください。

Photo_27

ここから車で30分位の柏原市にあるブドウ畑を自社管理、大阪のど真ん中で

ワインを醸造するという日本でも数少ない都市型ワイナリーです。

あの道頓堀から走って来られるとこでワイン作ってるわけっす

Photo_28

まずは大阪名物 タコシャン で乾杯 これはカタシモワイナリーの商品です。

気軽にシャンパンを楽しもうということで栓は王冠、750mlのボトルです。

クミョン以外はがんがんお仕事なさっているリッチ女子達でございます。

さてお料理がスタートです、いろいろ食べたいので全部4人でシェア

Photo_29

「ベーコンとえんどう豆のキッシュ」

春らしい美味しいキッシュでした。このお店はスタッフもエエ感じの人が多い。

Photo_30

「緑野菜のテリーヌ 黄色いソース」

これまた爽やかな一品です。ズッキーニやアスパラやいろいろ。

取り分け名人のたまちゃん、ありがとうございました。

P1080826

「ツブ貝といろいろなキノコの入ったアヒージョ」

オイルが美味しくてバケットもお替わりして頂きました。

メニュー内容は単なる醸造所にひっついてる食堂という概念を超える内容です。

Photo_32

もちろんワインは進む君、できたて樽生ワインが今頂けますよ

国内外のワインが多数揃っていました。

Photo_31

「皮目を焼いた桜マスとウイキョウの温玉添え、サラダ仕立て」

シロちゃんとクミョンは2回目ですが前回同様お料理のレベルの高さに驚きました。

Photo_33

「・・・・・」お料理の名前失念、ぶっといソーセージがガツンときましたね。

今回たまちゃんが初めて「私お腹いっぱい」と言うのを聞きました。

Photo_34

「河内鴨のラグーと季節野菜のタリアテッレ(手打ち)」

少し野菜が少ないかな?でしたがお味はぐーでございました。

Photo_35

「ゴルゴンゾーラとトレビスのクリームソース ペンネ」

チーズが旨ぁ~。幸せなパスタ2品でございました。

お昼からオープンしてますが不思議と午後1時からとお昼休みの

時間は外しての営業です。水曜定休なり。

Photo_36

「大和ポーク肩ロースののカツレツ チェリートマトと生姜マスタードソース」

最後に来たこのお料理、美味しくて4人大満足。マジでこれもう一回食べたい。

こちらのフジマルさん、東京の浅草橋に4月23日にオープンされました

WINESHOP & DINER FUJIMARU 浅草橋店

で、ここはこれくらいにして・・・・・・・

Photo_37

次の日にフラの発表会があるシロちゃんは帰宅。

3人で阪急梅田駅近くの「花様」さんに移動いたしました。

果実酒で2回目の乾杯、こちらは滋賀県守山市にある自家栽培

ファームの直営店だそうです。ランチも人気のお店です。

Photo_38

始めにこんなのが登場・・・・課金されるのかしら?きらい。

葉っぱが浮かんだ一品。固形燃料の無駄つかい

Photo_39

豆腐サラダ、ここでアイスプラントと初対面いたしました。

美味しくて後日SAの販売所でゲト。

Photo_40

ホルモンの小鍋で〆ました。

はぁぁ、食った食った。体重?増えたに決まってるやん

楽しい夜でした。また4人で集まりましょうね。

END

2014年5月16日 (金)

2014 大邱の春⑱ 西門市場独り歩き後編

Photo_12

泣いても笑っても2014春の大邱、最終投稿となりました。

大邱は韓国で一番小麦粉の消費量が多い街だそうです。

それだけ麺類を食べる人が多いってことですね、西門市場内にも

沢山の麺屋台を見かけることが出来ました。皆さんお昼前からがっつり

今回Yuckyさんのブログで紹介されていたククス屋さんに行くべく

歩き回りましたが、どーしても見つからず・・・・・・

Photo_14

通りすがりのおじ様にお尋ねすると、「知ってる知ってる、ついていらっしゃい」

と、どんどん歩いて行かれました。待ってえ~

Photo_15

すると・・・・・がぁん 見つからんはずじゃわ お休みでした。

シャッターの中に股を広げて座るという椅子が積み上げられておりました。

銀行(銀杏?)食堂、次は絶対責めるぜ

Photo_16

「ククスを食べたいなら他の店に連れてってあげる」とこちらを紹介して

下さいました。小さな路地をはいっていったとこの「ソンア食堂さん」。

Photo_17

このおじ様とはこちらでお別れ、ご親切にありがとうございました。

小さなお店ですね、お昼少し前だったのでお客はクミョン一人でした。

Photo_18

どうして小さなお店なのにアジュマが4人もいるのだろう?と思っていたら?

次々かかってくる電話、配達に大わらわ、出前の方が多いのです。

Photo_19

麺は入口でこねこね、完全手打ち麺ですね

しばしお点前拝見させて頂きました。

Photo_20

このキムチが旨かった 何気に置かれたロールペーパーが渋い。

さすがに青唐辛子を齧る勇気はありませんでした。

Photo_22

じゃーん、待つことしばしでカルククス登場。

あっさりとしたスープと麺が良くあいます。薬味が馴染んでいくと

終盤にかなり辛くなってきました。麺がたっぷりでお腹いっぱいになります。

Photo_23

倭国で求められるコシというものは期待できませんが、美味しいです。

しかし食べても食べても減らず・・・・少し残しました。ごめんなさい。

これで3500wは驚きのお値段ですね。

Photo_24

どなたかのサインが貼ってありましたが、誰でしょね?

Photo_25

それと↑これって何に使うものですか?

そんなこんなで東大邱駅から金海空港直行のバスに乗る時間が

迫ってまいりました。一度行くとはまります、大邱

まだまだ食べきれなかった物がどっちゃり、再訪ありですね

そして最後になりましたが大邱支庁観光課の丸山さん&皆様、

今回のリア友ツアーを組んでくださったビョン様、素敵な笑顔を沢山

下さった大邱の皆様、どうもありがとうございました。

END

大邱に興味を持たれた方は↓をご覧下さい。

大邱市の観光案内はこちらのサイトへ

2014年5月15日 (木)

2014 大邱の春⑰  西門市場独り歩き前編

Photo

もうちょっと引きずりますよ、大邱。最終日金海空港に戻る前の数時間

韓国でも有数の巨大市場 「西門市場」 を単独で探検してみることにいたしました。

でかい、想像していたより数倍でかい。

生きていく上の何から何まで揃いそうです。↑は韓国の国民服 登山ルックを売ってる店。

Photo_2

登山ルックを見ていたらリュックが欲しくなりこの社長さんのお店でゲト。

しきりに真っピンクで派手派手なのを勧められましたが地味目なのを選びました。

「なんでや?この方がかわいいのに・・・・」と、社長不服そうでした。ごめんね。

Photo_3

すごく明るいこちらの社長さん、漢方いや韓方製品のお店でした。

参鶏湯のセットをゲト。大邱ってなんてみんな笑顔なんだろう

写真を写すと皆さん驚くほど良いお顔で写るのです。

Photo_4

鶴橋で見かける山下バッグも吊り下がっておりました。

ま、これは止めときましょ

Photo_5

いったいどこを歩いているか検討つかないほど広い。今回3時間ほど

回りましたが多分半分も回れていないと思います。

歩き疲れました、小さなカフェをビル内の地下で見つけたので休憩。

Photo_6

物腰のソフトな男子が運営されておりました。ここはチェーン店でしょうか?

ラテ、とっても美味しかったです。

Photo_7

もしかして全州で食べた美味しいトウモロコシ?って色めき立ちましたが

バター(マーガリン?)をべちょーって付けているようなのでパス。

Photo_8

おお、ここでもアナ雪は人気のようですね。

Photo_9

イチゴの季節到来です。時間があればカフェでイチゴメニューを

食べたかったなぁ。甘い香りが漂っておりました。

Photo_10

晩御飯用にこのお店でキムパをゲト。

立派な冷蔵庫ですね、トッポキも美味しそうでした。

Photo_11

本当に何から何まで揃います。↑はお葬式用の靴や服。

この隣でお菓子売ってたり、その混在ぶりが魅力なんです。

広い広い西門市場での帰国前、最後のお食事を次回に。

END

2014年5月13日 (火)

ヨンイネ @大阪市東成区鶴橋商店街内

Photo_15

あ、注意注意、韓国レポ違いますよ 

大阪のソウル、鶴橋桃谷をルーシー・Tちゃんと散策です。

ラッキョウのキムチが美味しいのだ

おっとその前に、鶴橋到着してすぐ商店街でランチを頂きました。

Photo_16

このお店最近出現? 冒険心で攻撃してみました。

「ヨンイネ」は経営者?のお名前だそうです。

Photo_17

アットホームな雰囲気の小さな店内。1階に3席、2階もありました。

オンニがお二人で頑張ってらっしゃいました。

Photo_18

Tちゃんはユッケジャン定食(1000円) 大きな器にぐつぐつと

難なく召し上がっておられました、そんなに辛くなかったみたい。

Photo_19

クミョンはおとなしく豆腐チゲ定食(1000円)

こちらも辛さは倭人向きでございました。美味しかったです。

けどどうして鍋の大きさがこうも違うんだろう?

Photo_20

パンチャン(オカズ)も4種。キムチも美味しい。

ここ、なかなかいけますやん トッポギは別に注文いたしました。

Photo_21

オール300円でサイドメニューが選べるうれしいシステム

トッポギとチャプチェをお願いしました。

Photo_22

チャプチェも美味しかったです、2品別に頼んで定食も華やかに

あれ?横の黄色い液体はなんでしょね?

Photo_23

チゲの最後、この様に斜めに置くと最後までスープをすくい易いよね。

駅近で便利に使えそうなお店です。場所は・・・・複雑な地形ゆえ説明不可。

Photo_24

桃谷に移動して晩御飯のオカズやキムチをゲト。

日差しの強い日でした。レモネードが旨い

ソウルの仁寺洞でおなじみの「トンパン(ウ○コ)パン」まで出現。

どんどん韓国化が進むこの界隈。

来月からパスポートが必要となります・・・・・・は、嘘です。

Photo_25

またキムチサンドかよ?とか言いながら豚キムチサンドが

微妙に気になっております。また近いうちに食べてみましょう。

Photo_26

〆はやっぱり鶴橋の「茶母さん」に舞い戻ってお茶タイム。

Tちゃんは韓国風ぜんざい。餡子が駄目なクミョンは見つめるのみ。

Photo_27

クミョンはまたしてもミニじゃない「ミニ餅パフェ」

たっぷりお餅が入って旨いんだわこれ・・・・・

Tちゃん、また年末にタッパーもって行こうね(謎)

そういえば冷蔵庫のキムチが切れました、近々行かねば

END

2014年5月12日 (月)

石和川 @大阪市北区曾根崎新地1-2-9

Photo

シロチャンと北新地で天ぷらランチ、2回目の攻撃 「石和川」 さん。

前回の煮魚定食(1000円)もむっちゃ美味しかったのでりピもありだったの

ですが、今回は天ぷら定食(1500円)を頂きました。

可愛い鮎が登場。今回も予約して伺いました。お昼はほぼ満席です。

Photo_5


カウンターの中は元気なスタッフが・・・・声でかい

お昼は若手スタッフの修行の場となっているようです、夜はかなりのお値段の

お店ですがリーズナブルなランチ、客側はそれも承知でございます。

Photo_3

春の山菜、プロが揚げるとぱりっと揚がりますね。

どんなコツがあるのでしょう?

黒いのはイカスミの・・・・・中身失念

Photo_7

揚げたての天ぷら15品を頂けて1500円、リーズナボーでございました。

人気の煮魚定食と餡かけ定食は1時前に売り切れていました。

Photo_8

勿論ご飯とお味噌汁、最初に小さな一品、食後のデザートもついてます。

お母様とご一緒でも楽しめるお店ですよ、お勧めです~

Photo_9

食後は阪神百貨店で開催中だったワイン試飲会へ。

東欧からのワインを売り込み中の素敵な女子をパチリ。

Photo_10

会場を埋め尽くしたワイン、少しづつですが永遠に試飲できます。

グルグルグルグル回り回って・・・・何杯頂いたかしら。

お値段は抑え目のワインが多いので「これっ」っというのはなく。

Photo_11

おおお、島之内フジマルワイン醸造所のお兄さんみっけ

彼は畑から醸造からレストランにと毎日飛び回っておられます。

出来立ての白を樽から頂きました。こちらは有料でたっぷりとね

Photo_12

ついさっきランチを終えたような気がしますが、ゴルゴンゾーラトースト。

旨~ こんなの目にして食べないのは罰があたるというもんです

Photo_13 

調子に乗ってこっちもいっとこか 三元豚のローストとパテドカンパーニュ。

デパートの催しとは思えない美味しさでございました。ワインと合う

Photo_14

お腹いっぱいね、とか言いながら地下まで降りたらまた誘惑が・・・・・

「つるとんたん」」さんの和デザートで〆ました。

3時間くらいで一日分食べました。

夜に体重計に乗るのが怖い、そんな日でした。

END

2014年5月11日 (日)

2014春の大邱⑯ ディープな夜の七星市場

Photo_13

上品な蓮根料理で大人しくモーテルに帰る面々ではありませんでした。

最終打ち上げはこちら七星市場の「ハムナムプルコギ食堂」さんで。

地元密着型の超ディープな市場の中、閉店間際で炭火も落としかけて

いましたがギリギリセーフで頂くことが出来ました。

Photo_14

店の外で炭火でファイアー 狭い路地が火事になっても知らんでファイアー

このお店はすべて年齢高めな女子で構成されておりました。

クミョンもバイト可能だ。迫力のママさんの画像がないのが残念です。

Photo_15

6人無事で最終日を迎えられて良かった、乾杯

2人は次の日帰国、4人はこれからも旅が続きます(元気すぎ~)

Photo

Hiteにリッチなエクストラなんかがあるの知らなんだ

豚の炭火プルコギが焼きあがったようです。

Photo_2

どーんと来たもんね これ晩御飯から1時間経ってない内に食べる

夜食です。。。。この2日よく歩いたので神様も多めに見て下さるでしょう。

Photo_3

お味噌やアミの塩辛、好きなものを葉っぱに包んでパクッとな

こりゃ~ビール友でございます。さすがに沢山は食べられませんでしたが

雰囲気は十分楽しむことかできました。

Photo_4

ビョンさんが以前ここに来た時の様子をブログにアップしていて

それに写るご自分をご覧になりご満悦のスタッフ女子。

数百人、もしくは数千人の日本人が見てますよ~

Photo_5

我々は6人だったので2階に通されましたが1階はこんなおじ様が集う

楽しいお店でした。「シャジンOK?イントネッOK?」と承認済みのはず

大邱って本当にこうした普通の交流がごく自然にできてしまう町でした。

食と共にこれもソウルなど観光客に対してスレてしまった町とは大きく

違う大邱の素敵なポイントだと思います。

短い間でしたが少しでも日本人の事を身近に親しく感じて頂きたいと

韓国に来た時は心の隅で思いながら過ごすことにしています。

国と国はなんやかやあるらしいけれど、同じお米を食べるアジア人同士

理解できると信じています。

END

2014年5月10日 (土)

2014春の大邱⑮ 笑談亭で蓮根料理

Photo

ビョンさん主催のカラフル大邱ツアーもとうとう最後の夜となりました。

大邱支庁の観光税課にお勤めの丸山さんのお勧めで大邱の名産品

蓮根のコースが堪能できるという 「笑談亭」 にやって参りました。

街の中心地からタクシーで20分くらい、閑静な住宅街にありました。

Photo_2

入ると香辛料(薬材?)の棚が 圧倒される数でございました。

こちらの社長さんは韓国伝統料理研究家だそうな。

人工的なものは一切使用せず、ウェルビーンなお料理が楽しめるお店です。

健康志向なお店は倭国より韓国の方が絶対多いです(きっぱり)

Photo_3

おおお 最後の晩餐に相応しい素敵なお部屋です。

けど基本的に韓国って掘りごたつ席はないのよね。

立膝OKな文化だから座はくずせますけど。

 

Photo_4

丸ちゃんがお願いして下さってランチのコース15000wを夜に特別に

オーダーできました。蓮根をいろいろ工夫して調理したお料理が並びます。

日本の精進料理にも通じたところがあります。

Photo_5 

盛り付けは上品でお味も体によさげな薄味の物が多かったです。

こちらでも特別辛いものは出てきません。

Photo_6

蓮根の水分で漬けたという白菜のキムチが美味でした。

これお土産にして持って帰りたかったです。

Photo_7

普通はドングリの粉で作りますがこれは蓮根のムッでした。

分けるトンクが薄紫のプラスティック製なのがちーと残念。

Photo_8

柿?と蓮根のドレッシングが美味しかったサラダ。

こんなお料理を毎日頂けたら体重も減るだろうな・・・・・

Photo_9

デザート系のお味でした。自然な甘みがうれしいです。

お酒も進む君でお腹もいっぱい・・・・けどまだ〆のお料理がありました。

Photo_10

ご飯用のオカズが新しく並びました。

これもどれも美味しいよー、タッパーあったらなぁ

Photo_11

蓮の葉ご飯が登場です。

勿体無いけど完食ならず 添えられたチャングッチャン(納豆汁)が

また美味 韓国は焼肉とピビンパって思ってる方、目から鱗ですよ

これで15000wはコスパ良すぎ、夜も25000wくらいからコースが

あるようです。大邱に来たらタクシー飛ばしてGOしてみてね。

Photo_12

スタッフ女子のかわいいユニフォーム、きれいなお嬢さんでした。

大邱の食って奥が深いです。初めて訪れたにも関わらずこれだけ

堪能できたのはビョンさんのリサーチのおかげです。

食べ専にはうれしい旅でした。本当にありがとうございました

そして大邱支庁観光税課のみなさん、丸ちゃんどうもありがとうございました。

大邱ファンになりました、まだまだ食べてみたいお料理がたくさん

是非またお邪魔させて頂きたいです。

大邱市の観光案内はこちらのサイトへ

END

2014年5月 9日 (金)

2014春の大邱⑭ 清道のワイントンネル

Photo

東大邱駅からまったりと走るムグンファ号に乗って大邱から南東にある

「清道」というところに降り立ちました。ここは柿の名産地らしい。

Photo_2

ほらね、バス停も柿だし。休日だったので観光客が多いです。

お目当ては皆さん同じ・・・・・

Photo_4

おお、何やらトンネルの入り口らしきものが見えてきました。

Photo_3

戦前作られた古いトンネルが地元特産の柿から作ったワインの

貯蔵場所になっていました。年間を通じて温度と湿度が一定だから

適しているのだそうです。

Photo_5

かなりじめーっとした空気が漂います。

カップルが目立ちます、デートに何か都合がいい点があるのでしょうか?

Photo_7

天井までワインで覆いつくせれたトンネル内。

ここを一躍人気スポットにしたのは2008年韓国で放映されたドラマ

「テロワール」、このトンネルが撮影に使われたらしいです。

日本でも放送されてましたがクミョン途中退場したわ

今も韓国のワインブームは続いているのでしょうか?

Photo_8

おおお!!グラスで柿ワインが楽しめるようです。

ここらでクミョンお疲れさん、関取、いや席取り係りを申し出てどっかり

座りこんで皆さんをお待ちいたしました。

Photo_9

それにしてもカップルが多い、まだ言うか・・・・

プサン方面からも車で来てるのかな?家族連れも多いです。

皆さん飲んだ後運転しちゃだめよー

Photo_10

待望のお味みタイムでございます。う~ん、色が柿色できれいね。

飲みやすいですね、少し甘目かな。トンネルの中ってなぜかロマンチック。

カップルで来たいわ、まだ言うか・・・・・

Photo_11

この半生の柿が妙に美味しかったのです。

買って帰れば良かったと激しく後悔いたしました。

秋には柿狩りも楽しめるらしいです。その頃訪問された方は是非ゲトしてね。

Photo_12

清道駅からはタクシーでの往復だったのですが・・・・・

この迫力の女性ドライバー、飛ばす飛ばす

普通の公道を時速120~140は出してましたね、それも片手運転。

かなり手に汗握る経験でした。生きて帰れたよかった

(とっても気さくなお姉さんでございましたよ)

また再びムグンファ号で東大邱駅に向かいます。

ビョンさんの大邱ツアー最後の晩餐へ。

ワイントンネルを紹介したきれいなページがありました→こちら

大邱市の観光案内はこちらのサイトへ

END

2014年5月 8日 (木)

2014 大邱の春⑬ ランチは漢方しゃぶしゃぶ

Photo_7

晩御飯じゃないですよ~お昼ご飯ですよ~

今回のビョンさんリア友の面々は良く食べ良く呑み、豪快でした

慶大病院向かいの菊花庭園さんで漢方きのこしゃぶしゃぶ定食です。

これでなんと一人15000w むっちゃコスパよろしいやん

キノコ×キノコのマジックで美味しさ倍増です。胡麻の葉も入ってるわ。

Photo_8

夜は相当のお値段のお店らしいです。エントランスも内装もおされー。

↑お昼から大宴会が繰り広げられた現場です。

Photo_9

さすがに韓牛ではありませんでしたが1人120gのシャブ肉

肉系のクミョンうれしすぎて食べ過ぎたかも・・同鍋の方、ごめんなさい。

Photo_10

ドングリの粉からつくるムッ、本国で頂くと美味しいです。

これってダイエット食になりますね。けど他にいっぱい食べたら

案の定太りますね、今回体重が2kgほど増えて帰国いたしました。

Photo_11

お餅の入った巾着も美味しかったわ、昼Bも進む君です。

けど大邱ってお料理が赤くない、辛さも程よくて日本人にはぴったんこ。

ビョンさんのお店の選択チェゴー

Photo_12

ポップンチャ(木苺のお酒)もゴクリと、甘いこれは甘すぎるわ

ソーダ割りとかにしたら良いかも。

Photo_13

鍋にお決まりの麺投入 お腹いっぱいでもするっと食べちゃいました。

漢方のスープが良い味、大邱は漢方の町だと再確認するランチでした。

Photo_14

〆は「もう食べられへんわー」と言いながらも完食したおじや。

出来たら1時間くらいお昼寝したいくらいでしたが・・・・・

ダメダメ、これからの予定が差し迫っておりました。

ムグンファ号に乗って清道というところまで移動します。

END

2014年5月 7日 (水)

2014 大邱の春⑫ 日本語文化解説士さんとコルモクツアー

Photo

三日目の朝ごはんはモーテル近くの「名家ガーデン」さんで、

ビョンさんがお願いして早めにお店を開けて下さいました。

日本の韓国料理店でもお仕事されていたシェフのチゲ、美味しかった。

どれも5000w、朝から赤い料理で元気を頂きました。

Photo_2

この日は生憎の雨模様、地下鉄で慶大病院駅まで移動し日本語文化解説士の

イ・ウォンソプ女史と合流。ここからじっくり4時間コルモク(路地)や大邱に残る

文化遺産見学のツアーに出発です。まずは三徳洞あたり、ここは日本統治下の

日本人家屋がまだ多く残る所。

この壁の装飾は近年なされた物と思われます。

Photo_3

韓国は壁画が好きだなぁ。この辺りはほぼ全域日本家屋だった様ですが

近年取り壊しが盛んに行われているようです。日本人が引き上げてから

70年近く老朽化も進んでいるのでしょう。

お断りしておきますがクミョンのブログでクミョンが書くことは個人の見解である

事をご了承の上お読みくださいませ。

Photo_5

↑この家屋も永らく使用されず朽ちてしまっています。

解説士の方は独学らしいですが驚くほど完璧に日本語をマスターしておられます。

今回彼女のお話で統治下の韓国がどの様であったか、実際の姿に迫ることが

できました。皆さんは当時日本人がどのくらい半島に移住していたと

想像されるでしょうか?この大邱だけでも驚きの数字なのです。

当時大邱の人口は3万数千人、その三分の一が日本人だったそうです。

まだ茅葺屋根が多かった町に自分たちが住み良い様にインフラを改良。

Photo_6

朝鮮王朝時代に街を囲んでいた外壁を全部取り除き市街部を拡張、

町名はすべて日本式に変え裁判所や刑務所、師範学校に始まり医科大学、

民間は銀行、百貨店、旅館、カフェ、日本文化?をすべて導入。

↑の様な立派な病院も建設。

煉瓦造りの重厚な建物です、内部を見学させて頂くことができました。

Photo_7 

1928年創立というから昭和3年ですね。大正のモダニズムを感じさせる

素敵な館内です。当時この階段を上り下りした人々の姿が見えるようです。

Photo_8

階段を上った奥は近年作られた病棟に繋がっていました。

「日本人がいろいろ建設して近代化に貢献したのでは?」という人が

いますがこちらの方はそう思うでしょうか?

Photo_9

病院の前に建つ立派な国立慶北大学医学部、こちらも当時の建物です。

すばらしいデザインに目をみはりました。上海にも似たような建築物が

多く残っています。こちらの建物の案内板には「日本により建設された」

とは明記されておりませんでした。

上海でも同様の気持ちになるのですが、占領した者には占領された

者の気持ちを理解することは出来ない、実際直面した世代ではないの

ですがそう思わざるを得ないところはあります。理解したところで通り過ぎた

歴史は変わりようがないのです。

我々に出来ることは二度と過ちを犯さないようにすることだけです。

Photo_11

韓国には仏教寺院も多くありますが、教会も同等くらい多く見かけることが

できます。大邱にも大きな教会がありました。

Photo_12

現在窮地に立っておられるパク・クネ大統領のご両親が結婚式を挙げた

桂山聖堂、親子3人で住んでおられた跡地(現在はパン屋さん)もありました。

日本統治下、お父上は大邱の師範学校を卒業されておられる秀才です。

第二次世界大戦時大邱には歩兵80連隊が編成され現地から多くの若者が

招集され(日本人として)激戦地であるニューギニア方面に送られました。

数千人の内、故郷に戻ることが出来たのは百人ほどだったそうです。

Photo

教会内部のステンドグラスには韓服を着た牧師さんのお姿が。

初期の布教に貢献した人々、キリスト教弾圧で殉教した方々だそうです。

韓国はその立地により太古の昔から他国との争いにさらされて今日に

至っています。朝鮮戦争から数十年、今日も南北の問題は残ります。

Photo_3

百年以上前布教の目的で韓国に移り住んだ宣教師達の家が残るエリアにも

行きました。医療の先進技術を携え布教に励んだようです。当時虐げられた

生活を余儀なくされていた庶民たちはその教えに感動し入信していったとか。

Photo_4

百年前の子供たち

この年代の方々が一番ご苦労されているのではないでしょうか?

李氏朝鮮王朝崩壊→日本による併合→終戦による解放→直後の朝鮮戦争

その後も韓国経済は永らく低迷し過酷な人生を歩まれたことと思います。

解説士のイ女史は50代の方でしたが小学校の頃一番嫌だったのは朝

学校へ行く前に水汲みの仕事をさせられたこと、だそうです。

日本は敗戦国であるのにアメリカのアジア政策の配下でエコノミックアニマルと

揶揄されながらも高度成長を遂げました。

そのことをイ女史に言うと静かに 「みなそれぞれの運命ですがら」とおっしゃいました。

今回の旅で一番心に残る言葉となりました。

Photo_5

1919年ソウルで始まった独立運動は南部の大邱まで広がりました。

独立を叫び民衆が駆け降りたこの階段は3.1独立階段と呼ばれています。

しかしこの運動が日本の半島支配政策をより強化にする引き金ともなりました。

ここで素朴な疑問が頭をよぎりませんか?明治時代韓国と日本は直接

戦争をしていないのにどうして併合まで至ったか?

そんな方はネットで少し検索してみては如何でしょう?

そこから今日までを考えると中国や韓国が今の日本政府の行動に過敏に

なるのも少し理解できるかもです。

・・・・・・・と今回はお堅い内容になってしまいまたが次回からはまた普通の

内容に戻りたいと思います。ご精読ありがとうございました。

大邱はシティーバスツアーもあるようです→こちら

END

 

2014年5月 5日 (月)

南座の舞台に上がりました。 @京都市東山区四条大橋東詰

Photo

遂にクミョン歌舞伎界にデビューいたしました、は大嘘ですが・・・・・

実際に京都南座の舞台に立つという人生最初で最後の体験をしてきました。

「京都南座 春の特別舞台体験」 にランチの後4人で参加してみました。

劇場内の案内は30分、料金も1000円とお手軽なのであまり期待せずに

行ったのですが、予想外に楽しい時間となりました

Photo_2

早めの到着で前の回の人たちの様子を客席から見学させて頂きました。

客席全部が解放されているのでなかなか座る事の出来ない席からの眺めも

確認出来ました。古い劇場なので客席は小さく狭く居心地は悪いのですが

創立当時のデザインを残す桃山風の意匠は荘厳で豪華、見とれてしまいます。

Photo_3

回り舞台に立ち一周回ります。

装置が動くときかなり音がしますがお囃子などで消す工夫をするそうです。

Photo_4

ロビーには歌舞伎資料などがあり自由に見学できました。

↑去年年末に上がった顔見世のまねき。

Photo_5

↑手動 激しい雨音発生装置

Photo_6

↑手動 波の音発生装置

Photo_7

↑真理ちゃんお馬さんに乗ってご満悦。(動きません)

Photo_8

↑船頭さんになりきってるTちゃん。モザイクなしでお届けしたかった。

これらは全部今も実際に舞台で使用している装置だそうです。

Photo_10

我々の体験の時間になりました。花道のつきあたり「鳥屋」と言われる

小部屋から花道を通って舞台に向かいます。

揚幕には切れ目が入っており鳥屋の中から舞台や客席が覗けます。

Photo_11

勧進帳の弁慶になりきっては六方を踏みながら進んで・・・・

は参加人数が多いので無理でした。踏みならされた舞台はかなり荒れあれ。

Photo_17

南座の職員さんが丁寧に楽しく説明してくださいました。

Photo_12

舞台からの眺め。

ここでスポットライトを一度でも浴びたら人生変わっちゃうんだろうな。

宙吊りってかなり度胸がいるだろな、などと妄想にふけるクミョン。

Photo_13

驚いたことに舞台から客席はしっかりと良く見えるのです。

贔屓の役者さんを見に行く時はこちらも念入りにお化粧せねば。

Photo_14

3組にわかれてせり上がりも体験できました。

Photo_15

せり上がりの上から奈落の底の人たちを見下ろすとこんな感じ。

Photo_16

せりを上ったところから見るとまた雰囲気が違います。

2階席が正面になる高さでした。

海老蔵君もこの景色を眺めているのかと思うと、感激

Photo_18

決して普段見ることはない幕の裏側、プリントアウトして台所などに貼ると

よいそうです。このあと「チョンパ」と呼ばれる暗転も経験してお開きになりました。

(真っ暗になった劇場内がチョンとなる拍子木の合図で灯りがパっとつくこと)

4月24日から29日の6日間のみでした。

例年行われているようです。 松竹のHP から予約できます。

9月の海老蔵君、楽しみだワン 

Photo_19

帰宅前、オープンして間もないカフェ「野菜のうつわ」さんで休憩。

四条通りに面したビルの2階にあるお店です。

最近この辺りも新しいお店がどんどん増えています。

伝統的なお店が消えてしまわないかと心配です。

河原町の駅を起点に500m内を行ったり来たりのみの京都訪問

でしたが楽しくすごせました。皆さんまたよろしゅうに

END

2014年5月 4日 (日)

一心居 @京都市東山区祇園町八坂神社南隣545

Photo

京都でのイベント前、以前から訪れてみたかったこちらでランチを頂きました。

八坂神社のすぐ横、「柚子屋旅館」さん内のお食事処 「一心居」

京都のおばんざい15種と柚子雑炊が楽しめるお店です。

Photo_2

本当に八坂神社の真横、左に赤く見えるところはもう神社です。

入口を入ると大和大路の喧騒とは別世界な空間が広がります。

Photo_3

集まったのは久々のOZW真理ちゃん、K女史、ルーシーTちゃん、クミョンの

4人でございます。真理ちゃんは変わらずお元気そう、お会いしたかったわん

建物の入口は2階からになります。

Photo_4

玄関横には竈さんが鎮座しております。

実際に使われているものではないようです。

ランチは11時半からの受付です。ほどなく満席になりました。

Photo_5

お庭の景色も美しいこちらのエリアで頂きました。

他に蔵風の個室もあり、収容人数はかなり多そうです。

Photo_6

新緑の季節、春の日差しが気持ちいいです。

柚子のお酒で女子4人のランチスタート

Photo_7

どーんと来ました、おばんざい15種(↑は4人分)

撮影大会が終わったところで一品づつゆっくり頂きました。

どれも(何回も書くけど)おばんざい的でお味に関する驚きはないですが

見た目がなんとも女子受けしますよね

Photo_8

そしてこの季節の代表選手、筍登場です

炭火で焼筍は贅沢です。 これは旨かった

伺うと筍は京都産ではなく福岡産ということでした。

Photo_9

女子スタッフが取り分け、目の前で木の芽をパンって打ち付けてから筍の上に。

・・・・・・けどね・・・・・・ぶー垂れていいですか?

この女子、まったく笑みなし。仏頂面とはこのことか?ってくらいお愛想なし。

これはあきまへん、あっち行けって思ったくらいでした

Photo_10

待望の柚子雑炊登場です 黄色い柚子は初夏から青い柚子に変わるそうです。

一個丸ごと入っています。テーブル全体に柚子の良い香りが漂います。

Photo_11

我々の怨念が通じたのでしょうか?雑炊の時からスタッフが男子に変わりました。

この京美男、とっても笑顔が素敵で好印象でした。

柚子をぎゅーっと押して雑炊の中に絞り出し、卵を溶いて分けてくれました。

Photo_12

鯛がたっぷり入っていました。美味しいです。

いくらでも頂けます。暑くなる前に来ることができて良かったです。

Photo_13

〆のデザート。 この内容で3800円(お酒別税別)でした。

かなり観光客向きではありますが美味しく頂きました。

さ、この日のメインイベントに向かいましょう。

画像が多くなるので次回にご紹介させて頂きます。

END

2014年5月 2日 (金)

イザイ @大阪市北区西天満4-2-12

Photo

JR東西線北新地駅から徒歩約10分、今回も少し迷いつつ到着いたしました。

フレンチの「イザイ」さん、瀟洒なマンションの1階にあります。

イグラオンマさんとランチ攻撃、クミョンは昨年11月に続き2回目です。

Photo_2

前回そのコスパの良さに魅力を感じましたが、ブルータスお前もか?

消費税アップに伴ってかこちらも少々値上がりしていらっしゃいました。

お手軽なコースが1500円から1800円へ、スープとメインが1つ増える

コースが3000円から3500円となっておりました

今回はダイエット中ということもあり、1800円のコースをお願いしました。

↑前菜 桜マスと焼きナスとアボガドのタルタル、ホタテのソテー添え」

黒いのはキャビアかぁって思いましたがトビウオの卵さんですね。

Photo_3

前回もパンが美味しかった、こちらのバゲットは良いお味です。

予約で満席ですね、見渡すと全部女子。そしてほとんどが1800円の

コースの様です。

Photo_4

前菜もメインも美味しくお料理されておりました。

値上がりはありましたけれど1800円なら十分許容範囲内です。 

けどメインの盛り付けとかは前回とほぼ同じ。毎日満員になるランチ

に対応するだけで次の展開まで及ばないのかもしれません。

Photo_5

飲み物と小さなお菓子も付いてきます。+500円でデザートも頂けます。

とまあ、お料理に関しては大変満足なのですが・・・・・・・・・

フロアの男子があまりにも未熟です。「グラスワインをお願いします」と言うと

「え?一つ?二つ?」 ここは居酒屋か 立ち居振る舞いも飲食店向き

とは言えません。この接客状態をシェフはご存知なのでしょうか?

良いお店なのに・・・・・そこんとこがとっても残念でした。

Photo_6

帰りは大阪駅まで歩いて向かいました。

お初ちゃん、下から見たら鼻の孔でかい。

END

2014年5月 1日 (木)

2014 春の大邱⑪ 韓屋でマッコリ「パボジュマク」

Photo_7

この日の充実した予定を無事終了し打ち上げはこちら

「パボジュマク」でマッコリを楽しみました。

Photo_8

韓屋造りの店舗。雰囲気良いですね。

中はほぼ満席状態で大変盛り上がっておりました。

Photo_9

タロクッパ~八公山~古墳群~コスプレ~ナマズと

盛り沢山な一日でした。明日も楽しむぜ マッコリで乾杯

Photo_10

マッコリも本場に行くといろんな種類に遭遇いたします。

どれも「生」マッコリなので爽やかな飲み口です。

日本で飲んで「甘ったるいから嫌い~」って人もこちらで

飲むとファンになる事が多いのです。

Photo_11

このお店はセルフで薬缶に注ぎます。

この薬缶と器で飲むとあ~韓国に来たな~って感じます。

皆さんマッコリには詳しくていろいろ勉強になりました。

Photo_12

生マッコリの賞味期限はたったの2週間なんですよ

ずーっと店先に置いてある様なマッコリは生じゃないので注意

Photo_13

「薬缶に入れる前はこうして良く混ぜてね~

お店の女子がボトルを持ってブルンブルン振り回してくれました。

Photo_15

マッコリといえばやっぱジョンでしょう。

お野菜のジョン、揚げたてで美味しかったです

マッコリは3000w~4000wとお安いですがこの手の

お店はお料理が若干お高くなります。

Photo_16

これも韓国の飲みシーンには欠かせないケランマリ(卵焼き)

ビョンさんが前回こちらのクーポンをゲトされていたので

お得に利用できちゃいました。

何から何までありがとうさんです~

Photo_17

お店の理事さんがお見送りしてくださいました。

ゆっくり落ち着いて飲める良いお店でした。

梅田に支店を出してください、絶対行きます

大邱市の観光案内はこちらのサイトへ

END

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »