こちらもご覧ください♪

« 2014春の大邱⑮ 笑談亭で蓮根料理 | トップページ | 石和川 @大阪市北区曾根崎新地1-2-9 »

2014年5月11日 (日)

2014春の大邱⑯ ディープな夜の七星市場

Photo_13

上品な蓮根料理で大人しくモーテルに帰る面々ではありませんでした。

最終打ち上げはこちら七星市場の「ハムナムプルコギ食堂」さんで。

地元密着型の超ディープな市場の中、閉店間際で炭火も落としかけて

いましたがギリギリセーフで頂くことが出来ました。

Photo_14

店の外で炭火でファイアー 狭い路地が火事になっても知らんでファイアー

このお店はすべて年齢高めな女子で構成されておりました。

クミョンもバイト可能だ。迫力のママさんの画像がないのが残念です。

Photo_15

6人無事で最終日を迎えられて良かった、乾杯

2人は次の日帰国、4人はこれからも旅が続きます(元気すぎ~)

Photo

Hiteにリッチなエクストラなんかがあるの知らなんだ

豚の炭火プルコギが焼きあがったようです。

Photo_2

どーんと来たもんね これ晩御飯から1時間経ってない内に食べる

夜食です。。。。この2日よく歩いたので神様も多めに見て下さるでしょう。

Photo_3

お味噌やアミの塩辛、好きなものを葉っぱに包んでパクッとな

こりゃ~ビール友でございます。さすがに沢山は食べられませんでしたが

雰囲気は十分楽しむことかできました。

Photo_4

ビョンさんが以前ここに来た時の様子をブログにアップしていて

それに写るご自分をご覧になりご満悦のスタッフ女子。

数百人、もしくは数千人の日本人が見てますよ~

Photo_5

我々は6人だったので2階に通されましたが1階はこんなおじ様が集う

楽しいお店でした。「シャジンOK?イントネッOK?」と承認済みのはず

大邱って本当にこうした普通の交流がごく自然にできてしまう町でした。

食と共にこれもソウルなど観光客に対してスレてしまった町とは大きく

違う大邱の素敵なポイントだと思います。

短い間でしたが少しでも日本人の事を身近に親しく感じて頂きたいと

韓国に来た時は心の隅で思いながら過ごすことにしています。

国と国はなんやかやあるらしいけれど、同じお米を食べるアジア人同士

理解できると信じています。

END

« 2014春の大邱⑮ 笑談亭で蓮根料理 | トップページ | 石和川 @大阪市北区曾根崎新地1-2-9 »

コメント

わぉ アジュシ、ポーズ最高だわん(笑) 私は数回しか渡韓経験ありませんが、嫌な思いをしたことがありません。もちろん数日滞在、観光客として、、なのでそんなもんかもしれませんが、、むしろアジュマたちの押し付け気味な優しさ(笑)が嬉しかったです くみょんさま、ぜひバイトしてきてください〜 コッテリ炭火焼きのお店で「焼酎ラッパ飲みショー見せます」がいいと思うっ(爆) ギャハハ
。。ビヤネ〜

センセェ様

アジュシ、良い笑顔ですよね。私本来は写真的に基本人物にモザイク
入れるの好きではないんです。入れると写真の良さが半分以下に
なっちゃうし、それもあって友好のシンボルとして載せさせて頂きました。
ま、住むとねいろいろ問題や軋轢もあるみたいなんですが・・・・・
一人でも少しでも韓国人の気持ちをこっちに傾けられたらと思うのです。
それにはここでバイトが一番かもしれませんね食べに来てね

いつの間にアジョッシのこんな素敵サジンを??
アジョッシ、カワイイ~!

まさかまさかとは思うてましたが・・・
改めて見るとやっぱりテグは食べ過ぎでしたねヽ(*≧ε≦*)φ

スタッフ女子の「マシヌン チャム」(焼酎)の黒いエプロン、ちょっと欲しくなりました(笑)

あっちゃん

ええ味だしてはりますよね、アジュシ
尼崎で歩いていてもまったく違和感ない感じでしょ。
同じ顔で同じようなご飯食べてるアジア人同士、
仲良くなれらいはずはないと思います。
そうね、このエプロン言われてみたら良いわね。
これつけてあっちゃんと並んでお肉焼きたいわ

あ、あのアジュンマだ!!
パーマ屋さんに行ったな~?(笑)

レンコンのフルコースの後に豚プルコギ・・・・
あーたたち、いったいどんな胃袋してんの~!?(笑)

Yucky様

アジュマはパーマがゆるむと気合いが入らんのと
違うかしらん?
このオジ様はご存知ないですか?
今振り返るとすごい食べてますね(/_;)/~~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014春の大邱⑯ ディープな夜の七星市場:

« 2014春の大邱⑮ 笑談亭で蓮根料理 | トップページ | 石和川 @大阪市北区曾根崎新地1-2-9 »