こちらもご覧ください♪

« 2014春の大邱⑭ 清道のワイントンネル | トップページ | 2014春の大邱⑯ ディープな夜の七星市場 »

2014年5月10日 (土)

2014春の大邱⑮ 笑談亭で蓮根料理

Photo

ビョンさん主催のカラフル大邱ツアーもとうとう最後の夜となりました。

大邱支庁の観光税課にお勤めの丸山さんのお勧めで大邱の名産品

蓮根のコースが堪能できるという 「笑談亭」 にやって参りました。

街の中心地からタクシーで20分くらい、閑静な住宅街にありました。

Photo_2

入ると香辛料(薬材?)の棚が 圧倒される数でございました。

こちらの社長さんは韓国伝統料理研究家だそうな。

人工的なものは一切使用せず、ウェルビーンなお料理が楽しめるお店です。

健康志向なお店は倭国より韓国の方が絶対多いです(きっぱり)

Photo_3

おおお 最後の晩餐に相応しい素敵なお部屋です。

けど基本的に韓国って掘りごたつ席はないのよね。

立膝OKな文化だから座はくずせますけど。

 

Photo_4

丸ちゃんがお願いして下さってランチのコース15000wを夜に特別に

オーダーできました。蓮根をいろいろ工夫して調理したお料理が並びます。

日本の精進料理にも通じたところがあります。

Photo_5 

盛り付けは上品でお味も体によさげな薄味の物が多かったです。

こちらでも特別辛いものは出てきません。

Photo_6

蓮根の水分で漬けたという白菜のキムチが美味でした。

これお土産にして持って帰りたかったです。

Photo_7

普通はドングリの粉で作りますがこれは蓮根のムッでした。

分けるトンクが薄紫のプラスティック製なのがちーと残念。

Photo_8

柿?と蓮根のドレッシングが美味しかったサラダ。

こんなお料理を毎日頂けたら体重も減るだろうな・・・・・

Photo_9

デザート系のお味でした。自然な甘みがうれしいです。

お酒も進む君でお腹もいっぱい・・・・けどまだ〆のお料理がありました。

Photo_10

ご飯用のオカズが新しく並びました。

これもどれも美味しいよー、タッパーあったらなぁ

Photo_11

蓮の葉ご飯が登場です。

勿体無いけど完食ならず 添えられたチャングッチャン(納豆汁)が

また美味 韓国は焼肉とピビンパって思ってる方、目から鱗ですよ

これで15000wはコスパ良すぎ、夜も25000wくらいからコースが

あるようです。大邱に来たらタクシー飛ばしてGOしてみてね。

Photo_12

スタッフ女子のかわいいユニフォーム、きれいなお嬢さんでした。

大邱の食って奥が深いです。初めて訪れたにも関わらずこれだけ

堪能できたのはビョンさんのリサーチのおかげです。

食べ専にはうれしい旅でした。本当にありがとうございました

そして大邱支庁観光税課のみなさん、丸ちゃんどうもありがとうございました。

大邱ファンになりました、まだまだ食べてみたいお料理がたくさん

是非またお邪魔させて頂きたいです。

大邱市の観光案内はこちらのサイトへ

END

« 2014春の大邱⑭ 清道のワイントンネル | トップページ | 2014春の大邱⑯ ディープな夜の七星市場 »

コメント

紫トングにチェックが入るあたり、さすが最高尚宮サマ!
ここのお料理は見た目も美しく食べても美味でございましたね。
このお値段でこれだけの内容はやはりテグならでは、という気がします。
それに自分では行けないようなお店に行けるのもビョンさんツアーならではですよね。

干からびた人参入りグクスとこのお料理とのギャップがスゴすぎる件・・・(泣)

あっちゃん

どこかにケチ入れるのが最高尚官の役目です
ほんとに、これをソウルで頂いたら50000wくらいしちゃうかも
しれませんね。大邱の食、マンセー
あの乾燥人参・・・・滋養と味を出すためにわざと干したとか?
はないか・・・・・・・。
その頃私も西門市場でうろうろ右も左もわからず彷徨っていました。
ちょっと日本の食を入れてからまた大邱編に戻りますね。

これを15000Wで いただけたのは本当にありがたかったです(≧∇≦)

とっても美味しかったです。
美味しいものばかりで、マヒしてたかもしれなくて、
たくさんありすぎて全部食べてないのもあって…残念なことをしてしまいました。

2日間、完璧なコースでしたよね〜。

くみょんさんも、ツアー記、終わってしまいましたね…
先月の今頃、初めてお会いして、タロクッパ屋にいた時間ですね〜。
私は まだ大邱…始めてないうちに1ヶ月経っちゃいました。

大邱の続き!番外編楽しみにしてます♪

わはは 最高尚宮さま〜
大邸は蓮根産地なんですね 和久傳に西胡(湖?)という蓮根デンプン冷菓がありますが、、蓮根ムッはあんなかな? と想像してます 美味しそうだわ〜
ウェルビーイング店、韓国の場合は百貨店行ったときにすごく感じました。気概の違いを感じました 粉ドリンク?コーナーとか。

コン様

あらあら・・・・ビョンさんとのツアーはこの回にが終了ですが
次の日の独り歩き編がまだ続くざます
気が付けばそろそろ一か月が経とうとしているのですね。
先月の今頃は・・えええっと、パボジュマクでマッコリでしたか?
すごい内容の濃い旅行でした、思い出満載です

センセェ様

ついに私も最高尚宮の地位に就くことができました・・・・
ってちゃうちゃう、単に一番年食ってたってだけですわ
西湖は蓮根でしたね、大好き~餡子入ってないから
ムッはモチモチした食感ではなく寒天ですね。
けどね、いくらウェルビーンだって叫んでも人工甘味料がどっちゃり
入ったマッコリや焼酎がぶ飲みしてたらいかんよね・・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014春の大邱⑮ 笑談亭で蓮根料理:

« 2014春の大邱⑭ 清道のワイントンネル | トップページ | 2014春の大邱⑯ ディープな夜の七星市場 »