こちらもご覧ください♪

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

어젯밤엔(オヂェパメン) @大阪市生野区桃谷3-9-4

Photo

シロチャンとさらっと鶴橋&桃谷ツアーに行ってきました。ランチに選んだのはこちら 「オジェパメン」 お昼少し前だったのですんなり入店出来ました。しかしその直後、あっと言う間に店内満員。女子率99%。クミョンは去年の2月に続き2回目の訪問です。

Photo_2

後ろ姿でもわかる?かな?スタッフは全員元気な韓国男子。

Photo_3

こちらは問答無用でサムギョプサルのセット一本勝負です。

2000円は夜のお値段、ランチは1300円です。

Photo_4

お肉以外↑はお替り自由です。チャプチェの右上のヤンニョムが美味しいわ。写ってないですが胡麻の葉は言うと持ってきて貰えます。

Photo_5

↑こちらがお肉2人前です。サムギョプサル2枚、とんトロ、モクチャン、ハラミの4種。

お肉の追加は別料金になります。オカズも食べたりするのでこの量でOKでした。

Photo_6

こちらは男子がヤキヤキしてくれる楽ちんシステム。油が下に流れるこのスグレ物の鉄板も3900円で販売しています。上手く油が切れて食後も胃にもたれないです(太るのは太るから注意)。程よく焼けたところで火を止めてくれます。

Photo_7

シロチャーン、逃げてもだめだめ、あなたのエプロンが写したいのさ。ぴちぴち油が跳ねるのでエプロンは必須です。座る椅子の中に持ち物は収納しましょうね。外にも席がありますがこれからの季節はエアコンがそこまで届かないので暑いだろうな・・・・・

Photo_8

豚肉なんか家で食べたらいいやん・・・・って方は1回ここへ来てみてください。サムギョプサルは雰囲気で頂くものとわかるでしょう。葉っぱに包んで食べるので野菜も同時にがっつり頂けます。薬膳でも豚肉は夏に良いとされています。

Photo_9

ミニ冷麺、というか素ーメンは200円とかわいいお値段。〆に良いです。

Photo_10

我々が〆に選んだのは↑焼き飯~ 男子が慣れた手つきで焼き上げてくれます。大量の擦りおろし大蒜が投入されたので後で予定がある方は要注意。真っ赤なヤンニョムもかなり入りましたが見かけほど辛くありません。

Photo_11

焼きめし出来上がりの図↑

わかりますでしょうか?大量の海苔で隠れてしまいましたが下の焼き飯はハート型なんです。結構な量ですが300円、海苔をよく混ぜて頂きます、美味しい!!これ絶対食べて下さいね。最後通告です。太っても知りません。あーおいちかった~お腹いっぱいですぅ。この後はいつものお買い物コースをぶらぶら。

P1090719_2

ドライキムチ・・・・そんな邪道なもん知りません。 今回は湿度も高く激暑、水キムチやお寿司を買ったのでショートコースで帰宅いたしました。月一くらいで来てますが毎回なにか新しい発見があるのが魅力です。

END

2014年6月28日 (土)

ポンテヴェッキオ 北浜 @大阪市中央区北浜1-8-16 大阪証券取引所ビル1F

Photo

クミョンとC・ロナウドの2014FIFAワールドカップはあっという間に寂しく終わってしまいました。こうなったらヤケ食いです。

神戸からお越しのイグラオンマさんとイタリアンの総本山をランチ攻撃いたしました。京阪北浜駅に直結する大阪証券取引所ビルの1階 「ポンテベッキォ」 さん。

こちらは大阪、いえ関西屈指のイタリアンでございます。オープンはクミョンがまだ20代!!の1986年。10年ほど前に証券取引所の改装時にリニューアルされたようです。何年も食べブログを書いていてこちらに伺ったことがなかったとは、ああ恥ずかしや。

Photo_2

ランチの後に撮影してみました。店内の照明はかなり落とされているので暗い画像でごめんなさい。この手のモダンな意匠の店内は近年あまり見かけないですが、返ってそれが斬新にも思えます。素敵な大人の遊び場って雰囲気が漂います。客層はやはり女性が多いですが梅田界隈と違い男性を伴って、という方も多いです。ここは男が勝負する町、北浜ですからね。

Photo_3

久々にテーブルクロスのきっちり敷かれたテーブルでランチです。スタッフの接客もかなり上質、これなら10%のサービス量を加算されても納得だわ。沢山のお料理からセレクト出来るのですがシェフにお任せすると普通3品のところが4品になると聞きそうして頂きました。

Photo_4

前菜は「鮎のオイルコンフィ メロンソルベ添え」

鮎は100度のオイルで3時間ゆっくり温められたもので美味しく頭から全部食べることができました。下にはキュウリとズッキーニ。上には生ハムをジュレ状にしたものが乗せられています。これ、絶品。この日のベスト オブ ベスト なお料理でした。

Photo_5

興奮のあまり画像を撮る前にパクついてしまいました。2品目は 「沼島の鱧にウイキョウ

うすい豆にスダチのタリオリーニ」 隠し味にトマトジャムが使われているそうです。なんとも夏なパスタでしょう。誰だ!カップヌードルの麺と似てるって言うのは・・・・けど似てますね。

そしてここで大失敗というか、またROKAです。次の 「イカ墨のリゾット」 の画像を撮り忘れました。むっちゃ美味しかったのに(涙)上品な味付けのイカ墨リゾットの上に剣先烏賊が散らされておりました。少しトマトソースの味もいたしました。クミョン史上最高のイカ墨料理でございました。

Photo_6

メインは 「鶉とフォアグラのソテー」 美味しい味付けでさらっと頂けました。どのお料理も奇をてらった物ではなく正統派です。お若いシェフのお料理を最近食べてきたので老舗のお味はやはり印象深いものがあります。これもこちらの歴史のなせる技でしょう。

Photo_7

もちろんデザートも抜かり無し。ひなオンマさんのチョイスは 「焼きたてのバニラスフレ たっぷりのイチジクとそのソルベ添え」 黒イチジクをお味見させて頂きましたがものすごくおいすぅいー!!

Photo_8

クミョンは 「パイナップルと宮崎産アップルマンゴ ベルノー風味のグラニテ添え」 これもマンゴが美味しくてほっぺが落ちそうでございました。大きなガラスの器は全体が凍らせてある凝った趣向です。

Photo_9

食後のガトーは生キャラメルとチョコ、最初から最後まで大満足の2時間でございました。頻繁に行けるお店ではありませんがまた再訪できたらいいな、いつの日か。あ、それより証券取引所でばーんと一発株で当てれば毎日でも来られますね。

Photo_10

なぁんて濡れ手に粟な思考でおると・・・・ドツボに嵌まるのが人生です。

皆様お気を付け遊ばせ。

END

2014年6月23日 (月)

漢方に嵌まってます。

Photo

今回はいつになく真面目なお話でまいりたいと思います。

若い頃からの(今も若いのだが)アレルギーの症状が4月頃から酷くなり近くの総合病院へ行くと案の定老人の山。待つこと2時間、治療時間5分。おまけに診てくれたお医者さん、昨日までインターンだったの?というくらい頼りなげ。2回通ったがあげく違う科に行けと。ここあかん。悩んでいたところ大邱を思い出した。

そうだ漢方(ややこいので表記は漢方に統一)という手があったではないか!!

ネットで検索すると歩いて行けそうなところに漢方専門の病院を発見。早速行ってみることに。入口を入るとなんとも漢方な香りがもわーっと。クミョンは大好きだが嫌いな方はその時点で卒倒するかもしれない。完全予約制なので少し待つだけで先生とご対面。

Photo_2

漢方医の方に診て頂くのは初体験、ドラマとかだと寝ている人の片手だけ触るシーンが多いけれど脈は両手を同時に診る。そして診療台に寝かされた!!げ!!まさかお腹を触るとは知らず勝負下着は装着してなくてユニクロだった。因みに悩みの箇所はお腹とは程遠い所。舌をじっくり眺められたり普段の生活習慣とかいろいろな問診のあと採血をされ↑の様な内容の漢方薬を調合され1週間分の大きな袋を渡される。お通じの処方も少し入っている。1枚目の画像は1回分の内容。

Photo_3

600ccの水から最初は強火で、煮立ったら弱火で45分ほど半分の量になるまでコトコト。昔は長時間団扇で仰いで作るので大変だったと思う。今はタイマーがあるので簡単。出来上がったら速やかに薬剤は取り出す方が良いらしい。部屋中良い香りに包まれてそれだけで癒される。猫も大丈夫なようだ。鉄則は土鍋で炊くこと。チゲ用のトゥペギがここで役立つとは思わなかった。

P1090550

出来上がりはこんな色合い。想像していたより飲み易い、韓国のサンファ茶を飲める人なら大丈夫だと思う。薬剤は湿気やすいので冷蔵庫に保管なのだが今2週間分の袋が冷蔵庫の棚をかなり占領。それと飲む前後2時間くらいはコーヒーや緑茶を控えるようにと言われたのが少し困った事。現在2週間が経ったが目立った変化はなし・・・・・先生曰く人によって違うが3週間から2ヶ月はかかると。体質改善だからそんなに急は無理なのだろう。それが漢方の弱点でもあり良い点でもある。この病院の待合室に「人には四百四十の病苦があれど 草根木皮で癒せる幸せ」と書いてある。西洋医学のピンポイン攻撃も重要で不可欠だが人間は自然の産物、ナチュラルなもので改善していけたらと思う。気長に飲んでみよう。

漢方を検索しているとき、薬膳の講座ををみつけ週末から通うことになり初回の講座を受けたけれど詳しい所在などをブログやFBで書くことを禁止している模様。今回は長くなるので講座で得た事はまた折に触れブログで書き込むことに。

余談ですが・・・・・・

Photo_4

シロチャンと行くはずだった、大阪⇔プサンを就航しているフェリーパンスター号の内部見学と艦内で韓国料理のランチを頂ける企画、直前になりキャンセル多数で中止となりました。楽しみにしていたのに!!すると↑の扇子と優待券が送付されてきました。扇子可愛いけど、どこで使うねん?どなたかお時間たっぷりある方、優待券お譲りいたしますよ。

END

2014年6月21日 (土)

リヴィエールキャレ+芸術の館

Photo

ルーシー・Tちゃんと開館直後の静かな 芸術の館 兵庫県立美術館で開催中の 「官展にみる近代美術 長春 台北 ソウル 東京 」を鑑賞いたしました。戦前の官展とは今でいう日展のような展覧会です。植民地化した各地でも開催された官展、当時の審査員はほぼ日本人なので体制範囲内の作品でないと受賞できなかったものと思われます

台北の家々の朱壁は南国の太陽を強く反射し、ソウルの女性のチマは今にも動き出しそうなくらい軽やか。目を伏せ悲しげに折り紙の鶴を持つ女性、背を向けた子供の後ろ姿に画家の奪われた国への哀憐が表現されています。

中でも1995年に解体されたソウルの旧朝鮮総督府内部に掲げられていた大きな壁画が展示されているのは感慨深いものがありました。良かったです、機会がございましたら是非どうぞ。

Photo_2

で、いきなりですがランチは元町へ移動して鯉川筋を上がった所にあるフレンチの 「リヴィエール キャレ」 さんで。Tちゃんは白、クミョンは最近はまっている泡で乾杯。このお店は以前からオキニなお店なのですが最近大人気なようで予約はかなり早めに取りました。もちろんこの日も満席です。

Photo_3

2900円のお任せコースを頂きました。まず登場したのは茄子のムースの上にお花の様に飾られている極薄の鰹のマリネ。きれいな色の紫色の葉はアマランサス。アマランサスはほうれん草の仲間だそうで独得のお味がしました。手の込んだお料理が続きます。

Photo_4

大きなヤングコーンにチーズを乗せて程よく火が入っています。美味しい。赤いレタスにはベーコン風味のチーズの泡がまとわせてあります。見た目も素敵な一品でした。久々にお伺いしたのにマダムがクミョンのこと覚えて下さっていました。感激

Photo_5

かわいい器は四国産完熟トマトのスープwithホワイトバルサミコ。冷製と思ったら熱かったのが驚き。トマトの味がしっかり出ています。

Photo_6

お魚料理はアブラメ、ソフトな焼き上がりです。添えられているのは赤エビのソース。白のはカリフラワーのピュレです。こちらでもアイスプラント登場。

Photo_7

お肉料理はイタリア産ドリュチェポルク、直訳すると甘豚だそうな。生ハム用の豚さん、フォークで食べられるくらいほろっと身が柔らかいです。丸い人参と黒い人参、ピンクのカイワレ添え。上にはシソの入ったパン粉。マダム自家製の野菜や親せきの方からの野菜を使用しているので珍しいお野菜のオンパレードです。

きゃー、もう早夏バテ?それともROKA?最後のルバーブを使ったデザートの画像撮り忘れていますやん。すんません。しかしここ、この内容で2900円とは驚きですよね。お飲物のオーダーを求められますがグラスワインも750円くらいからとお安いので安心です。

ご夫婦お二人の運営、いつまでも頑張って頂きたいお店です。

帰りにすぐ近くのこちらで・・・・・・・↓

P1090612

本当にリヴィエールキャレさんからすぐそこ、先日お茶した韓国コスメ&カフェ 「ハヌルホス」 さんです。今回は薄荷が気持ち良かったクールシャンプーをフルボトルでゲト。ウェルカムティーもサービスで頂いちゃいました。ファンが多いみたいです、次々お客様がいらしてました。

高架下の三宮から元町間に2号店があるようです。そちらにはカフェはないですが繁華街から近いので行きやすいですね。お近くの方はまた覗いてみてください。少しでも自然に寄り添った生き方をしたいと、最近思うようになりました。これも寄る年波のせいかしらん。

END

2014年6月19日 (木)

グランド・ブダペスト・ホテル 観てきました + もずく丼

題名を聞いただけでなんだか見に行きたくなってしまうウェス・アンダーソン監督の作品、以前みた「ダージリン急行」もかなり面白い映画でした。さて今回は?初めての映画館に時間ぎりぎりの到着、落ち着かない間に始まってしまったせいか?その展開のせいか?頭グルグルでついて行くのに必死のままラストへ。後で反芻してやっと筋の面白さがわかりました。
ヨーロッパの架空の国で究極のサービスを提供するブダペストホテル。このホテルがピンクで可愛いのだわ。東ドイツのある町がモデルになってるらしい。観た人だけが楽しめる展開の方法なのでストーリーは書けないわ(逃)
秒速ストーリー展開もですが、真っ赤なエレベーターとかピンクのお菓子などの可愛い色彩も是非楽しんで頂きたいです。すごい俳優さんが数秒だけ出演してたり・・・濃い映画です。頭がすっきりしてる時に「見るぞ!」って気合を入れてから見に行って下さい。
そうそう、映画の前に阪急梅田店で始まった「おいしい かわいい 沖縄展」をちょろっと攻撃してみました。

Photo

イートインへまっしぐら。平日だからか初日なのに列もなくすんなり入場できました。沖縄そばは経験多なので「もずく丼」なるものを挑戦。500円、お安いですね。

Photo_2

甘辛く味付けされたモズクの上にゴーヤの天ぷら(極薄)が数枚。単品で食べても良かったのですがモズクの味付けがかなり濃いので混ぜ混ぜしてピビンパ風にして頂きました。けどモズクが固まっててご飯と混ぜにくい。またそのご飯がばっさばさ。沖縄ってこんなご飯の炊き方するのかな?何もしらない関西モンはそう思ってしまうかもしれません。違うよね?

Photo_3

会場を見回ったあとブルーシールアイスクリーム(画像撮り忘れ)を手にコトコトステージで沖縄民謡のリハーサルをしばし見学。沖縄の音楽って心に染みますねー。

Photo_4

↑この金属棒が並んだ楽器、お名前は存じませんがその奏でる音はまるで沖縄の波の音の様です。びろびろろーーん、って表現むっちゃむつかしいけど。沖縄にも行ってだらーんとする旅もいいなぁ。

P1090581

↑は持ち帰って食べた具志堅商店の黒糖アガラサー、まったりと甘くて美味しかったです。会場でソーキを見たもんで豚バラのコーラ煮を作ろうと買ったコーラはワールドカップ仕様でございました。明日の今頃笑ってるか泣いてるか、正念場ですね。

Photo_5

京都の 「青衣」(あをごろも) さんが期間限定でお店をだしておられました。この生地をつかったお洋服や小物も展開しています。涼しげでいいわぁ。阪急ってやっぱおされ。

気温が昨日と今日で8度も違う関西です。なんだか身体がついていかなくて疲れ気味。でも来週にかけて楽しい予定が盛りだくさん。寝てらんないぞー

END

2014年6月17日 (火)

Mango Tree Osaka 大阪府大阪市北区大深町3−1

Photo

グランフロント主催Umekikiプロジェクトの美味しい企画にシロチャンと参加してみました。今回のお店はランチで利用体験ありのタイ料理 「Mango Tree」 さん。

シェフの教室「タイ料理とワインのマリアージュ」、一番乗りでグランフロント南館8階のお店に伺うとすでにワイングラスがスタンバイ、ほどなく女子でいっぱいになりました。

Fb

シェフからご挨拶、その後協賛のメルシャンの社員さんやマネージャーさんのお話が続く・・・・中途半端な3時からのスタート、お昼ご飯抜きでお腹がグー。

Photo_3

まず 「Yum Woon Sen」 春雨と魚介のスパイシーサラダ

プリッキーヌがぴりりと効いた春雨サラダはタイ料理の代表格。

このお料理に合わせたのは

Photo_4

スペインのカバ、危ない爽やかさです。すーっと飲めちゃいました。スペイン王室次期王様の結婚式にも登場したお酒だそうです。これのミニボトル、お土産に頂きました。お高いフランスのシャンパンも素敵だけれどお手頃なカバのファンになりそう。

Photo_6

お次は 「Gai Yang」 鶏肉ハーブグリル ドライチリソース

これ美味しかったです 秘密のレシピだというソースはライムの香り。

Photo_7

3品目は 「Talay Phad Phong Ka Ree」 魚介のカレー炒めバンコクスタイル。

美味しいわ 倭人向けに少しマイルド過ぎるかな。今回でワインとタイ料理って結構OKなのを知りました。メルシャンの方がまたぎょーさん注いで下さるし・・・・・・

Photo_8

最後の赤↑なんてどばーっとな!!あまり強くないシロチャンとクミョンはかなり昼ベロになりました。夜8時に帰宅した♂にバレタ(汗)どこぞのレストランもこの入れ方、見習って頂きたいと思います。

Photo_9

かわいいUmekikiスタッフの中村さん、司会進行お疲れ様でした。

今回はグラスワイン3杯とお料理3品+ミニボトル+次回来店20%オフチケットで3000円とかなりお得な内容だったと思います。他の企画にも応募しちゃいました。詳しくはUmekikiのFBやHPでチェックしてみて・・・・・いや、したらあかん!!最近応募が増えて抽選になることもあるんだとか。困る

楽しかったです。また楽しい企画よろしくおねがいします。

END

3時まで起きて観戦したのにC・ロナウドの雄叫びを聞くこともなく、ポルトガルあっさり負けちまいました。勝負パンツAがあかんかったのか?次回23日のアメリカ戦は勝負パンツBで観戦だ!!


2014年6月13日 (金)

ビストロ ヴァリエ @大阪市北区梅田3-1-3 JR大阪三越伊勢丹10F

Photo

神戸からOZW真理ちゃんが大阪にお越しになりました。まさかの初グランフロントだそうです。おっとその前に三越伊勢丹10Fのフレンチ 「ビストロ ヴァリエ」 さんでK女史もご一緒に3人でランチいっときました。

何も言わなくても最初からお水が出てくるのは珍しい。けど水飲みマダムはお恥ずかしいのでグラスワインで。ワインは・・・・あまりに普通。最初から不吉な風がテーブル上をよぎって行きました。

Photo_2

↑K女史の前菜 「香ばしく焼いたまぐろのサラダ仕立て」

このお皿を使用しているレストランが多いですね。奥のカーテンで半分仕切った半個室のテーブルなので落ち着いてお食事できました。平日の12時を回りましたが半分位席は空いていました。

Photo_3

真理ちゃんとクミョンの 「鴨のテリーヌ」

フルーツ使用のソースは面白い味でしたがテリーヌは普通。全体的に普通。って何回普通がでてくるのだ今回だって普通なんだもん。こちらの本店は中之島ダイビルにあるグランメゾン形式の立派なレストランです。こちらは駅上のビストロだからこんなもんかしらん。

Photo_4

「グリーンピースのスープ、ミント風味 新玉葱のアイスと」 

今回これが一番印象に残りました。

Photo_5

K女史のメイン 「日吉豚のロティ」 お味見させて頂くと柔らかくて美味しいお肉でしたが盛り付けに雑な感じを受けます。

Photo_6

真理ちゃんとクミョンのメインは鯛使用の魚料理 これ+324円のお料理とは思えませんでした。付け合わせの蕪?らしきもの・・・硬いし。くぼんだお皿が食べにくい。

Photo_7

デザートはヴァニラの香るプリン、テーブルでソースやエスプーマをかけて仕上げる演出でしたが・・・・普通におもしろい撮影の為に手の位置を変えて下さってありがとうございました。飲み物のカップがなんの変哲もない白くて重かったのも??

神戸からわざわざだったのに・・・・・やはり駅近の百貨店上はどこも微妙ですね。この後グランフロントを散策して初心者コースをご案内させて頂きました。デカ過ぎるので一日で全部の把握は無理です。またお越しくださいませ。

P1090473

お口直しは北館B1Fの世界のビール博物館で、お二人はベルギー、クミョンはアメリカのビールで2回目の乾杯。ビールもいろんなお味があるもんですね。けど1杯850円ってちーとお高くないですか?

Photo_8

スタッフも日本チームのユニフォームを着ていたり、どこもかしこもワールドカップで満載。(余談だけどワールトカップを略してWCと書きにくいのが不便)グランフロント北館4Fナレッジシアターで日本の初戦をNHKが8Kスーパーハイビジョンで放映する予定とこの時知ったのですが後の祭りで募集は終了しておりました。残念です。来週からのテレビ観戦、中途半場な時間です。仕事を取るかサッカーを取るか、難しい問題ですね。

END

2014年6月10日 (火)

POMPEII 観てきました + インディア

公開ほやほやのPOMPEII観てきました。紀元62年、ヴェスヴィオ火山大噴火により永遠の眠りについたポンペイ。この噴火の3年ほど前から大きな地震が続いていたようです。何千年経っても人間は自然に抗うことは出来ません。

あれ?グラディエイター見に来たの私?と思いながら見ていたら行き成り噴火です。日本人には心苦しい場面もあり・・・・。CGとはしりつつも、怖い。大きな地震の後はそれで終わらないという事、再確認させてくれる映画でした。

この二人の運命やいかに?それを言っちゃーお終いなんでやめとくわ。24のジャック・バウアーが悪者のローマ人役で出演しています。地震を思い出したい人は是非どうぞ 

Photo

少し前こてさんから新店発見の情報を頂いていたので映画の後に攻撃してみました。インド料理インディア、なんてわかりやすいんでしょう。塚口駅近くにある「パンのフランス人」にも絶句しましたがここの「インディア」も直球ですねー。なにわともあれ不毛地帯AMAに新店オープンは大ニュースです。

Img_20140609_133654

しかし店内に入り驚きました。3人の生インドさん達の運営です。大阪や神戸では珍しくもなんでもないですがAMAでこの光景は貴重です。店内に流れるインドPOPに踊らされ思わず昼Bしちゃいました。

Photo_2

カレーが2種類楽しめるCセット(1050円)を頂きました。巨大ナンを全部フレームに入れるにはこのくらい下がらないと収まりませんでした。ナンはお替り自由だそうです 辛さは5段階くらいから選べます。お味は期待以上の美味しさでした。ここ良いですよ。ご近所の方は足を運んでみてくださいね。

Photo_3

アラカルトのメニューを見るとナンの種類がすごく多い。夜のディナー使いも良さそうです。中華♂も本格カレーは好きなので再訪ありです。けどね、この日は2時頃だったのでお客はクミョンともう1人のみ、仕事が一段落すると3人の生インドさん達がカウンターの中から食べてるクミョンをじーーーーっと見つめてて そんなに珍しいのか日本人が?

ランチタイムは結構賑わっているらしいです。セットには食後の飲み物も含まれています、奥ゆかしいのかメニューにそれは記載されていません。たっぷりの量のラッシーを頂きました。

Photo_4

お化粧室も普通にきれいです。尼崎えびすとネパールのご神仏が並んでます。

JR尼崎駅北側、少し東に歩いたところにあります。無休で頑張ってるみたい ランチは3時まで。この調子で生ベトナム、生ブラジルの方もAMAに新店をオープンして欲しいな。この1年半で人口が2000人以上急激に増えたJR尼崎北エリア、求む美味しいお店。

END

 

2014年6月 9日 (月)

中国料理 かなめ @大阪市西淀川区御幣島5-9-13

Photo

まず今回はこの画像でびびって頂きたい・・・・・

御幣島(みてじま)、AMAに引っ越さなれければ一生来ることはななかったと思われるこの地域、JR東西線でAMAから2駅と近い。それだけにこの海抜マイナス1.1mは微妙だ。今回はここから北へ徒歩10分ほどのお店へ。こてさん、たまちゃん、クミョンのAMA3人娘でランチです。

Photo_2

殺風景な国道沿いに突如現れるオサレ系中華 「KANAME」 さん。12時頃はお客さんがこの前でたむろっていました。ランチセットはは950円から、60分の時間制限あり。クミョン達はコースで予約しておいたので2階でゆっくり頂きました。

Photo_3

まず前菜、なんだかフレンチみたいなスタートです。美味しいわ 

Photo_4

4000円のコースを頂きました。前菜と一緒に出てきた「胡桃の飴炊き」はメニューの一つの様に記載がありましたが、3人でこれ1つ・・・・わざわざ別記する必要はないと思うけど。

Photo_5

蟹の身スープ、マイルドで美味しい味でした。ここのシェフは神戸の某ホテル内の中国料理店でお仕事されていたそうです。このお味はホテル中華の味ですね。

Photo

2階は5テーブルほどあります。お昼の客層はご近所のリーマンさんかな?昼Bで宴会状態なのは我々のみ。ごめんなさい、こんなクミョンですが大昔は9か月間休み無しとか月2回休み1日12時間労働なんてしてた時代があったの。許してね。

Photo_7

点心2種、手前のコーンが入ったのが美味しかった。

2つじゃ物足りない3人。

Photo_8

海鮮野菜炒めと海老チリ、この内容はメニューにプリントされていたので毎回同じなのでしょうか?美味しかったけど驚きはないです。ランチの担々麺が美味しいと評判なのでてっきり神戸の同源みたいなお料理が出てくるかと思っていました。普通ですね。

Photo_9

追加はビンで、もうすぐワールドカップですね。さてさてサムライさん達はどこまでいけるでしょうか クミョンのカレンダーにはポルトガルの日程がすでに書き込まれています。初戦から死闘が予想されるドイツ戦は17日のAM1:00開始です。勝負パンツはいて観戦するぞ

Photo_6

牛肉細切りクレープ包み。牛肉はテンジャン味噌の濃ゆいお味です。白ネギと香菜はもうちょっと量が欲しいところですね。クレープは既製品だそうです。確かにビールは進君なお料理でした。

Photo_10

たまちゃんがクレープ人形を制作して下さいました。ありがとうさん。一人2枚づつ。どのお料理も日本人向けの無難なお味でした。神戸でいろんな中華に慣れた舌にはちょっと物足りない感あり

Photo_2

〆の餡かけ炒飯が美味しかったです。炒め方がめっちゃプロでしたわ。お腹いっぱいですが「さらえちゃん」がいたのでお皿はどれもすってんてんになりました帰り道「さらえちゃん」が「あれもう一回最初から食べれるわ」と言った時は正直怖かったです。

Photo_3

デザート3種。う・・・・ん、この感じは神戸ならいっぱいあるかな。大阪でもてんこ盛りあるでしょう。近くならランチセットを食べに再訪ありですが電車使いは?

Photo_4

最後まで食べていたので帰り際誰もいない一階を撮影させて頂きました。奥にシェフがいらっしゃるようでしたがご挨拶はありませんでした。この辺り本当になーんもないです。お二人はハルカス美術館へ、クミョンはそのままAMAに直帰いたしました。

天気予報は曇りマークが続いている関西ですが今日も晴れで真夏の様な日差しです。夏の3種の神器、「扇子に日傘にサングラス」をお忘れなく。水分補給は大事ですが人前で仁王立ちになってペットボトルの水を飲むのは止めましょう。

END

続きを読む "中国料理 かなめ @大阪市西淀川区御幣島5-9-13" »

2014年6月 7日 (土)

ラストベガス観てきました。

幼なじみで70越えの4人↑が繰り広げる男の最終段階、1人が孫ほどの女性と結婚することになりラスベガスに集結。わかっていたけどハッピーエンド。普通に楽しめる映画でした。この往年の大スター4人、完全に爺さんですね。

消費税のアップに伴ってレディースデーが1000円から1100円に値上がりしたのはどうしても解せん。この100円はデカイですよ。一割も上がるっておかしくないですか?ガソリンは目玉が飛び出るほど上がってるし、お金の値打ちがどんどん下がってく・・・・・

映画の前に頂いたランチは、先日のリベンジで梅田阪急へ。

Photo_3

「四国瀬戸内元気物産展」 前回食べ損ねた鯛めしのお店へ。平日11時半頃でしたがかなりの列ができていました。余談ですが地下のGrandCalbeeのポテトチップスは未だに3~4時間待ちだそうです。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

どれだけ美味しいのだろう。誰か並んで買って来てくださいな。

Photo

愛媛県宇和島 「ほづみ亭」 さんの鯛めし。良く混ぜて頂きます。宇和島の人気店だそうです。待ってる人の視線が背中に痛く、そそくさと食べて15分ほどで退店。

Photo_2

藤原純友も食べたと書いてあります。考えたら玉子かけご飯に鯛のお刺身ですやん、この組み合わせで美味しくないはずはありませんよね。

宇和島市の位置

宇和島の皆さんごめんなさい。どこに位置されるのか存じませんでした。愛媛県なれどかなり高知県よりの所ですね。

Photo_5

松山城で販売されている 「伊予柑ソフトクリーム」 すっきりとした甘味が美味しい。AMAのキューズモール内のシネマが新しいポイントカードを始めたので即入会しました。これからちょっと映画が続きそうな予感。

END

2014年6月 5日 (木)

祇園にしかわ @京都市東山区下河原通八坂鳥居前

Photo

先月のお話で恐縮ですが・・・、誕生月なので京都のちょっと良いお店で和食を。この頃はまだ暑さはほどほどで爽やかな日でした。近くの高台寺の緑を鑑賞した後で向かったのは名店の並ぶ下河原通 「祇園にしかわ」 さん。

Photo_2

1人だったのでカウンターに座るとカメラ撮影がしにくいかとテーブルを選びました。20人くらいはお食事可能なテーブルエリア、4組のお客様はかなり年齢層の高い女子ばかり。本格的な和室天井が見事です。2009年オープン、2012年に隣接する場所を買い取られこちらを増設されたようです。ミシュラン☆☆のお店です。

Photo_3

お出迎えのお酒は滋賀県の「笑四季(えみしき)」。飲み物は生ビール(小)をお願いしました。錫の器で飲む冷えたビールは美味しい。

Photo_4

もずくに白アスパラ、甘いフルーツトマトにたたきオクラの先付。本来の和食の枠を超えたお料理ですね。涼しげで美味しかったです。でもスプーンが添えられておらず、この容器に口をつけて??としばし迷いましたが美味しいお汁、吸った(爆)

Photo_5

椀物はアマダイとヨモギ豆腐、きりっとした男前のお椀で京都料理の神髄を頂く。旨い。アマダイは火入れしてから?椀だねとしては今までで最高に美味しいものでした。

Photo_6

目の覚めるような演出のお造り登場です。イサキ、のどくろ、シマアジの唐墨和え、かつおの白焼き、鯛。中心にホタテ。ああ、日本酒が呑めたら最高なのですが。下戸に生まれたことが残念です

Photo_7

季節の演出が楽しい八寸です。お隣のテーブルをみるとそれぞれ兜の色がちがいました。すぐ持って行かれそうになるのに待ったをかけて撮影させて頂きました。お着物の女子スタッフ、沢山のお客さまの対応で大変そうでした。

Photo_8

兜の下は鯖寿司、サーモンと玉葱で作ったさくらんぼ、鱸の香草焼き、そら豆、鰻。季節を食する、これがユネスコ文化遺産に選ばれた「和食」の真骨頂ですね。これほどまで表現できるお料理は地球広しと言えど和食に勝るものは無いと思います。

Photo_10

炊き合わせは新玉葱、白茄子、わらびのしんじょう?だったかな。ここに新玉葱を持ってくるところに独創性を感じます。シックな土物の器と良く合っていますね。

Photo_11

かなり満腹状態でラストに現れた天ぷら。せり、こごみ、わらび、しいたけ、たけのこ。お塩で頂きました。美味しかったですが最後にこれはちと重いかな。

Photo_12

ご飯になにか一技くるか?と思いましたが素直に新生姜のご飯が登場。お味噌汁が普通のお味だったのがちょっと意外。

Photo_13

水菓子は造り立ての暖かいわらび餅、フルーツの白ワインジェル、抹茶と黄粉のシャーベット。

Photo_14

〆はなんと金平糖でした。面白いですね。次回があればカウンターで西川氏のお仕事を拝見しながらにいたしましょう。だってね・・・・・今回めっちゃ残念だったのはお隣のご高齢の4人様がうるさい、特にお一人が「あんたは恐竜か?」と言いたいくらい声がでかい。はた迷惑甚だしく。お店のスタッフは途中も帰り際もクミョンを気遣い誤っておられました。あそこまで長い間人間をしていて周りを気遣えないのは悲しい限りです。やっぱ恐竜なのかもしれません。その方の娘さんの立派なご職業、年齢、お家の場所、一日何回ご不浄に行くか、個人情報垂れ流しでした。

Photo_15

たっぷり2時間半お食事を楽しんだ後、近くのこちらが気になったので入ってみました。

Photo_16

胡麻の専門店でした。「いりごま」をゲトしてみました。改めて記すことはないですが胡麻は健康食品の代表格。次の誕生日まで健康で年を重ねることが出来ますように。食べ過ぎに注意してまいりましょう。

END

2014年6月 3日 (火)

木津卸売市場 @大阪市浪速区敷津東2-2-8

Photo

難波駅からも歩いて行けるような街中にその卸売市場はありました。「木津卸売市場」 毎月第2と最終土曜に朝市が開催されます。K女史と二人で初攻撃してみました、一番近い駅の御堂筋線大黒町駅から向かいました。最近改装されたようで予想外にきれいな入口。

Photo_2

市場は一から七までの通りに分かれています。冷房完備で楽ちん。この日到着は10時半くらいでした、一般人向けの朝市は9時から開催しています。野菜、果物、豆腐類、魚、肉、ほぼ市場と聞いて連想するものは全て揃っています。

Photo_3

くわがたも売っています。お値段は納得価格のものもあればJA産直の方がお安い物もありで二人で思考しながらまずは一巡いたしました。

Photo_4

ランチは予定していたこちら「川上のうなぎ」さんで。残念ながら店内は撮影不許可でした 三河から直送された養殖鰻らしいですがタレが甘目の関西人好みで美味しかったです。一匹乗ってる特上まむしでも2600円。今回は一番小さなまむし丼1600円を頂きました。うな玉丼とやらが気になる、再訪ありです。持ち帰りも一匹2300円ほどとお安いです。

Photo_5

市場を再攻撃です。もう少し早く来るべきでした。今回は軽く視察です。お肉やさんお勧めのg@600円のロース美味しかったです。ぶっといアスパラ一本110円もゲト。

Photo_6

スーパーでは見かけないお魚もいらっしゃいました。美味しいのでしょうか?クミョンに言われたくないでしょうが不細工ですね。

Photo_7

すぐ近くの中華学校のお母さん達が焼きビーフンなどを販売。また近くの有名な和菓子屋さんも朝市の日はこちらで販売しているようです。

Photo_8

事前申し込みが必要ですが「せりツアー」も行われていました。定員になりしだい締切ですので興味のある方は市場のHPをチェックしてみてください。6月は14日と28日ですね。9時から先着100名様に粗品の配布もあるみたい。次はもっと早く行~こうっと

Photo_9

観光客?と思ったら違うかった 餃子屋さんのお婿さん(左)だそうで、チラシ配り中でした。イケメンだったけど惜しい、巨人のユニフォームじゃなきゃヤダ

Photo_10

市場の前にODAという和製コストコ風の大きなスーパーがありました。業務スーパーに似た品揃えと価格です。

Photo_11

一袋4kgのマカロニ・・・・。市場の裏手に新しくできた飲食店エリアがあるのを帰り際に発見、早朝から夜まで楽しめそうです。木津市場再訪必須でございます。

Photo_12

一息入れて次の攻撃目標に移動です。市場内の喫茶店「カイノコーヒー」さん、1日中モーニングしてはります 人気のサンドイッチモーニングセット600円、お値段以上の丁寧に作られた美味しいサンドイッチでした。トーストモーニングは350円。コーヒー単品は250円という昭和なお値段。

Photo_13

梅田阪急で開催中だった四国瀬戸内元気物産展で愛媛のお店の太刀魚巻焼をゲト。四国は美味しい物が沢山あるみたい。この日はものすごい人出で諦めたお店有り。後日再攻撃いたしました。

Photo_14

〆は富国生命ビル地下2Fの居酒屋「やまと」さん。いつも長蛇の列が出来ているお店ですが偶然10人くらいしか並んでおらずラッキー。梅田駅から約5分、フランス人建築家ドミニク・ペロー氏設計の素敵なビルで居酒屋気分を十分楽しめる貴重なお店です。

Photo_15

活八町をカツハッチョウと読んでしまいました。K女史静かに「ハマチよ・・・」。お客は年齢性別いろいろ、お昼の12時から梅田でべろべろになりましょう。6時間の大阪ツアーは焼酎ハイボールでお開きとなりました。大阪は本当にいろんな顔がありますね。

END

2014年6月 2日 (月)

アンジョリーノ 金曜ワイン会 @神戸市灘区烏帽子町2丁目3-15

Photo

シロちゃんにお誘い頂き六甲のチーズショップ「アンジョリーノ」さん主催

金曜ワイン会に初参加いたしました。20名限定、図らずも女子ばかり

お父様とお母様、シェフは息子さん、お嬢様のご家族4人で運営されています。

前回ランチは大満足でした。さてさてワイン会がスタート、お料理も楽しみです。

Photo_2

ワインに合う軽めのお料理で編成されていました。

最初のお料理↑はパルミジャーノレジャーノがたっぷり降り注がれて

いるので見えにくいですが、水蛸のカルパッチョが潜んでいます。

奈良の有機野菜はお味噌とマスカルポーネチーズを混ぜたディップで。

真夏日の神戸、涼しげなお料理でスタート、白ワインもするっとな

Photo_3

店内は入って左が販売エリア、右にある大きな机がお食事エリアです。

相席になった豪快な女子4人組と意気投合し、めっちゃ盛り上がるという

楽しいハプニングもありました。美味しいお酒とお料理に恋してしまってる

女子達はイタリア料理教室繋がりのお友達だそうです。

Photo_5

さすがに関西最多の品揃えのお店だけありますね。

こんな機会がないとこれだけのチーズは味わえません。

イタリアの新鮮なモッツァレラチーズから左へ、スペインを代表する羊乳

チーズハード系のマンチェゴ、フランスの12か月熟成コンテエクストラ、

ドイツのブルーチーズ、ノルウェイのキャラメルホエーチーズ。

美味しい 敬遠することも多いですが、こんなに美味しいならチーズラブ。

添えられているのがまた泣かせる旨さ、種も食べられるスペインの干し葡萄、

同じくスペインのアプリコットアーモンド、イタリアのスモーク生ハム。

Photo_6

グラス4杯付くっちゅーのに「泡いっときましょうか!」と豪快4人組。

スペインのカヴァ、一口頂きました。危険においすぃーわ

けど私ら二人は倒れるのが怖いから遠慮しとく。

皆さん美味しいレストランの情報をよくご存じです、メモメモ・・・・

Photo_7

酔い始めてピントが合ってません、パンチェッタのたっぷりかかった

トマトソースのパスタ。太めの麺がおいしーのだ。

和食から料理界に入ったというシェフですが、相当な腕前ですよ。

Photo_8

最後は昭和ビーフにペッコリーノロマーノをたっぷりと。

昭和ビーフって初めてでした、伺うと昭和の時代、普通に食卓で食べていた

脂質にたよらない赤身本来の美味しさを楽しめるお肉、だそうな。出産を経験

したメス牛を飼い直しした牛のお肉だそうです。熟女肉、美味しいはずです

Photo_9

フランスから製造工程途中に冷凍された物を空輸したパン。

元町のBecさんもこの様なパンでしたね。

美味しいワインも堪能、チーズのお勉強もできる楽しい会でした。

Photo_10

+300円でジェラートも頂きました。

数種ある中から米粒の食感が楽しいお米のジェラートです。

最後にコーヒーが付いてたら最高にうれしかったが・・・・

Photo_11

太っ腹なシロちゃんケーキを3つ別オーダー

皆でご馳走になりました、ありがとう

Photo_12

同席した豪快4人組(掲載許可済)から代表でお二人いっときます

9時でお開きの予定が10時を軽く回っていました。

かなり出来上がってましたが皆さんご無事でお家に御着きだったでしょうか?

毎月開催?グラスワイン4杯とお料理で5500円、お得だと思います。

ランチもお勧めです、その時の様子はこちら

END

2014年6月 1日 (日)

第12回タイフェスティバル大阪 攻撃してみました。

Photo

1週間前のお話で恐縮ですが・・・・・。

久々のタイフェス攻撃です、大阪城公園で2日間開催されました。

遠くて遠い今またクーデターなどもあり旅行もままならない大好きなタイランド。

タイフェスで我慢するしかないですね・・・・ふらぁり1人で出かけてみました。

Photo_2

お菓子作りの実演があったり

Photo_3

フルーツカーヴィングを見学したり

Photo_5

ムエタイやってたり

けどやはり、クミョンが狙っていたのはこっち・・・・・・

Photo_6

大好きなタイフードのお店がずらーりと並んでおりました。

・・・・・・・だけどね・・・・・・・

Photo_7

むちゃくちゃ人が多い 以前はこんなに人が多くなかったような

どのお店も長蛇の列で一か所に的を絞るしかありませんでした。

Photo_8

30分くらい並んでようやく到着、「バーン・コラート」 さん。

大阪のお店が多かったです、敢えて東京のお店を選んでみました。

今回単独攻撃して正解、無理やり♂を連れ出していたら人ごみに

怒って帰ってしまったと思います。

Photo_9

明るいお兄さんが出迎えてくれました。

会場はどこも砂埃がもうもう、夕食用に持ち帰ることにいたしました。

Photo_10

名前・・・・忘れました。ピリッと辛い鶏の炒め物がタイ米に合う。

新之助は一瞬匂いを嗅ぎに近寄りピョンと飛び跳ねて立ち去りました。

Photo_11

「カオマンガイ」 チキンスープでご飯を炊くのが本式だと思うけど

違うかった・・・・お味は普通

Photo_12

「バッタイ」 全部一品500円でした。

う・・・・ん、改めてタイ料理屋さんに食べに行きたくなりました。

Photo_13

プーケットビールとやらをゲト。

ラガーでした、爽やかで美味しいわ。薄いけど

(左の壁に見えるビニール状のものは猫の爪防止フィルムです。

部屋中の壁全部に張り巡らせてあります)

Photo_14

ドライ竜眼、甘さが凝縮された感じ、美味しいです。

今回これが一番のお買い物でした。

調べたら竜眼も漢方薬として用いられるようです。動機、不眠、健忘に用いる

とありました、カスピ海ヨーグルトと一緒に毎朝食べることにしましょう。

タイフェス・・・・ここまですごい人出とは、来年の再訪はちーと無いかな

END

続きを読む "第12回タイフェスティバル大阪 攻撃してみました。" »

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »