こちらもご覧ください♪

« グランド・ブダペスト・ホテル 観てきました + もずく丼 | トップページ | 漢方に嵌まってます。 »

2014年6月21日 (土)

リヴィエールキャレ+芸術の館

Photo

ルーシー・Tちゃんと開館直後の静かな 芸術の館 兵庫県立美術館で開催中の 「官展にみる近代美術 長春 台北 ソウル 東京 」を鑑賞いたしました。戦前の官展とは今でいう日展のような展覧会です。植民地化した各地でも開催された官展、当時の審査員はほぼ日本人なので体制範囲内の作品でないと受賞できなかったものと思われます

台北の家々の朱壁は南国の太陽を強く反射し、ソウルの女性のチマは今にも動き出しそうなくらい軽やか。目を伏せ悲しげに折り紙の鶴を持つ女性、背を向けた子供の後ろ姿に画家の奪われた国への哀憐が表現されています。

中でも1995年に解体されたソウルの旧朝鮮総督府内部に掲げられていた大きな壁画が展示されているのは感慨深いものがありました。良かったです、機会がございましたら是非どうぞ。

Photo_2

で、いきなりですがランチは元町へ移動して鯉川筋を上がった所にあるフレンチの 「リヴィエール キャレ」 さんで。Tちゃんは白、クミョンは最近はまっている泡で乾杯。このお店は以前からオキニなお店なのですが最近大人気なようで予約はかなり早めに取りました。もちろんこの日も満席です。

Photo_3

2900円のお任せコースを頂きました。まず登場したのは茄子のムースの上にお花の様に飾られている極薄の鰹のマリネ。きれいな色の紫色の葉はアマランサス。アマランサスはほうれん草の仲間だそうで独得のお味がしました。手の込んだお料理が続きます。

Photo_4

大きなヤングコーンにチーズを乗せて程よく火が入っています。美味しい。赤いレタスにはベーコン風味のチーズの泡がまとわせてあります。見た目も素敵な一品でした。久々にお伺いしたのにマダムがクミョンのこと覚えて下さっていました。感激

Photo_5

かわいい器は四国産完熟トマトのスープwithホワイトバルサミコ。冷製と思ったら熱かったのが驚き。トマトの味がしっかり出ています。

Photo_6

お魚料理はアブラメ、ソフトな焼き上がりです。添えられているのは赤エビのソース。白のはカリフラワーのピュレです。こちらでもアイスプラント登場。

Photo_7

お肉料理はイタリア産ドリュチェポルク、直訳すると甘豚だそうな。生ハム用の豚さん、フォークで食べられるくらいほろっと身が柔らかいです。丸い人参と黒い人参、ピンクのカイワレ添え。上にはシソの入ったパン粉。マダム自家製の野菜や親せきの方からの野菜を使用しているので珍しいお野菜のオンパレードです。

きゃー、もう早夏バテ?それともROKA?最後のルバーブを使ったデザートの画像撮り忘れていますやん。すんません。しかしここ、この内容で2900円とは驚きですよね。お飲物のオーダーを求められますがグラスワインも750円くらいからとお安いので安心です。

ご夫婦お二人の運営、いつまでも頑張って頂きたいお店です。

帰りにすぐ近くのこちらで・・・・・・・↓

P1090612

本当にリヴィエールキャレさんからすぐそこ、先日お茶した韓国コスメ&カフェ 「ハヌルホス」 さんです。今回は薄荷が気持ち良かったクールシャンプーをフルボトルでゲト。ウェルカムティーもサービスで頂いちゃいました。ファンが多いみたいです、次々お客様がいらしてました。

高架下の三宮から元町間に2号店があるようです。そちらにはカフェはないですが繁華街から近いので行きやすいですね。お近くの方はまた覗いてみてください。少しでも自然に寄り添った生き方をしたいと、最近思うようになりました。これも寄る年波のせいかしらん。

END

« グランド・ブダペスト・ホテル 観てきました + もずく丼 | トップページ | 漢方に嵌まってます。 »

コメント

ギャ~!!
今回もなんてオサレなお料理のオンパレード♪
その茄子のムース、食べたいっ!
最近やたらお野菜のムースが気になっております。
もちろん作るのではなく食べるの専門で(笑)
先日のソウル旅で一緒だったオンニが野菜ソムリエの資格をお持ち&お料理上手さんで、これまたムースに凝っておられるそうな。
珍しいお野菜ばかりで見た目も楽しいですね^^
器も何だか、変わってません??
なんかやっぱり神戸、洒落てます。

あっちゃん
こちらのシェフは料理のデザイナーと言っても過言は
ないかもしれません。思い付かない組み合わせを楽しめる
お店です。AMAに越して遠くなってしまいざんねん。
ご一緒のオンニ、選んでおられた服いい感じでした。
野菜ソムリエですか、すごー。私は食べるのでせい
いっぱいでおます(/_;)/~~

本当にどのお皿もおいしそう。
奇をてらい過ぎていないところがいいな。
ほら、やたらと凝り過ぎてるお店も多いでしょ?
こういうオサレなお店にはトント縁がないので、裏山ですわ。
昨日もまた寿司清で思いっきり食べた後、札幌味噌ラーメンを食べちまって
反省中(泣)
北海シマ海老、アイナメ、ホウボウ美味しかったわ。

ビョン様

寡黙なご主人が熱心にお料理に向かい接客上手な興さまがフロアを
しっかりキープ。応援したくなるお店です。最近ドヤ顔してる店
も多いなか爽やかな印象のお店です。
週末がっつりお鮨だったのね。いいなあ、夫婦で外食!
うちは暑いの雨だの言って出ようとしません。つまんね~(/--)/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リヴィエールキャレ+芸術の館:

« グランド・ブダペスト・ホテル 観てきました + もずく丼 | トップページ | 漢方に嵌まってます。 »