こちらもご覧ください♪

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月30日 (水)

薬膳料理教室を体験してみました。

Photo

薬膳料理教室の体験レッスンを受講してみました。なんとお題は・・・・

「夏枯れ防止 爽やか美人の薬膳」 夏枯れって恐ろしい言葉ですね。お食事で夏に失われがちな水分を補給して秋には美人になろうって魂胆のようです。

Photo_2

まず講師の方のお話を伺いながらお茶を頂きました。赤いお茶はハイビスカスとミント、黄色いお茶はレモンバーベナとドクダミとミント。それぞれ薬効があるので書いておきますね。

ハイビスカス  赤い色は血を補う作用あり、鉄分の補強 貧血に効果あり。
ミント       これは誰でもわかる 夏の火照りを覚ましすっきりさせてくれます。
レモンバーベナ 精神を落ち着かせてくれる作用があるそうな
ドクダミ     熱を冷ます 夏にドクダミ茶はお勧めだそう・・・・けどまじゅい

Photo_3

今回使用したハイビスカスは台湾のオーガニックのもの。


Photo_4

教室として使用した「キッチンタウン クリナップ大阪」見晴らし抜群。大阪城や遠くには阿倍野ハルカスまで望めました。高いとこ好きのクミョン、この景色を見ているだけで癒されます。あーやっぱ高層マンションにすりゃ良かったなぁ。


Photo_5


塩豚って作り置きできるし便利ですと推奨されておられました。豚は水畜と言われるほど、ビタミンも多く含む夏に一番のお肉です。
豚のかたまり肉400gに天然塩小さじ2程を豚の全面によく擦り込みディップがでるのでキッチンペーパーで包んで袋にいれて冷蔵庫で保存。3日目~10日くらいが食べごろとか。キッチンペーパーを毎日代えるのをお忘れなく。今回はサラダに添えて。


Photo_6

「滋養夏ご飯」

トウモロコシは横に寝かせて切ると一粒づつが壊れなく切れます。白米と水につけておいたハト麦で炊き込みご飯を作ります。素材の味を楽しむためお塩は控えめに。


Photo_7


圧力釜がシューと泣いてから3分。ふっくら仕上がりました。これで特筆すべきはトウモロコシの柔らかいヒゲも短く切って混ぜ込んだこと。ヒゲの部分に栄養がたっぷり!!茶色いヒゲはお馴染み韓国茶の「トウモロコシのヒゲ茶」に使用されています。南蛮毛と言わえれる立派な漢方薬剤です。利尿作用があるのでむくみ解消によいようです。でも冷たくして飲んでは駄目駄目で、少なくとも室温か体温くらいで飲むのがよろしいとか。


Photo_8

「安神の麦サラダ」

クスクスをお湯で戻しトマト、キュウリ、玉葱は小さ目のさいの目にカット。ミントの葉を細かく刻んで混ぜ込みます。ミントをたっぷり入れることでモロッコのタブーリサラダ風に。安神とは神経を安らげるという意味だそうです。寒涼性のトマトとキュウリで冷えすぎないよう温熱性の玉葱も加えます。ここではクスクスですが夏に麦は必須のようです。体の中の内熱を和らげる効果があります。けど小麦は小麦でも冷たい素麺ばかり噛まないで飲み込んでいると秋にはブスが誕生と講師の方はおっしゃいました・・・・。


Photo_9

「冬瓜入りの夏のミネストローネ」 「夏の葛饅頭」 とで完成です~。

冬瓜は実は捨ててしまう皮や種に利尿作用など栄養が一番あるとか。今回は塩豚の茹で汁を使いましたがスープ作る時冬瓜の皮も入れて知に栄養を含ませ取り除くと良いとか。めんどくさいけどそのひと手間が美人を生むと思って頑張るべし。

トウモロコシのヒゲは食べてもどこにあるかわからないくらいです。
これからは捨てないで食べちゃいましょう!!


Photo_10

葛饅頭の餡は緑豆を炊いたものでした。クミョン苦手だけど我慢して食べました。緑豆は熱を取るだけでなく食中毒の予防に効果があるとか。緑豆は普通の鍋で炊く場合水は1.5倍で。富沢商店などで売っています。


Photo_11

レモンをたっぷり絞って、この安神の麦サラダと塩豚美味しかったです。簡単にできちゃうので皆さまにもお勧め。講師の方いわく、スーパーで買い物する時点から薬膳は始まっていると。夏は揚げ物を買って帰る人が多いということですが、果たして使われている油はどんな油でしょう?そのチキンはどこから来たチキンでしょう?


Photo_12

講座終了後はクリナップのショールームへ。6タイプほどの展示がありました。↑は「ギャルママ」のキッチンだそうな。冗談じゃないよ、マジでそんな名前でした。

Photo_13

こちらは「サーファーのキッチン」だそうな・・・・クミョンはリフォームするとしても10年後くらいだからギャルもサーファーもまず関係ありませんね。

薬効もお勉強できる楽しい講座でした。冷たいものについつい手が出る夏ですが気持ちが良いのは喉まで、胃や腸は悲鳴を上げているかもしれません。標語「その一気飲みがブスを呼ぶ」 とか言いながら昼Bに手が出そうな今日この頃の暑さです。

END




2014年7月29日 (火)

暑中お見舞い 鰻 申し上げます

P1100112


本日は鰻の受難日 「土用の丑の日」 でございます。

今年は梅田阪急地下の鰻萬さんにてゲト。幸いにも中華夫は好きではないのでクミョン1人で頂きました。幸せ~。鰻はふんわりと関東風、たれも甘すぎず美味しいです。ここはレストラン街にお店もあるのでまた行ってみましょう。

先日テレビで20年近い研究の末、日本鰻の産卵場所がわかりつつあると言っていました。マリアナ海峡近くにある海底火山の海水温が変わるライン上だそうです。卵から人工飼育が成功したら絶滅危惧種からは外れるでしょう。頑張って長生きしていたら毎日鰻が食べられるようになるかもしれません。

皆様、暑さに負けないように夏を楽しみましょう。
本日はご挨拶まで。

END

2014年7月27日 (日)

Ristorante QUINTOCANTO @大阪府大阪市北区中之島3丁目6

Photo

ヘンリーちゃんと久々にご対面、美味しいランチにいたしましょうと中之島ダイビルのイタリアン 「クイントカント」 さんへ。この日の大阪は最高気温37度、ビルも白く浮き上がって見えるほど。ランチは5000円の一本勝負。かなり納得のいかない事があったのですが順次書いて参ります。画像がかなり多いです、妊娠中の方、気分のすぐれない方はご注意ください。

Photo_2

オープンして1年、本店は横浜の中華街!にあるそうで東京に他に3店舗、ここちらは5店舗目で関西初進出。店名のクイントカントは5番目の方角という意味だそうです。12時に入店後しばらくすると8割ほど席は埋まりました。

Photo_3


まず登場はこちら、びっくりしたぁ。岩の様な物の中に黒いシューが二つあるのがご覧いただけますか?イカ墨のシューの間はフォアグラを含んだクリーム。指でつまんで一口で。面白いスタートでした。

Photo_4


お飲物はアルコールですか?ノンアルコールですか?と聞かれヘンリーちゃんはシャンパン、クミョンは白ワインとお答えしました。この時点ではまだこの先何が起こるか全く予想をしていませんでした。

後の事を思うとここで店側から説明があってしかるべきでした。

Photo_5


「半分ずつ注ぎます・・・・もごもご」とか言いながらほんの少しだけグラスに注がれました。どうしてかしら?と思いましたがそれ以上なんの説明も無し。

Photo_7


ここから本格的にお料理が始まります。カトラリーも美しくインテリアもええ感じ。関東から大阪に乗り込んできた意気込みを感じます。


Photo_6


最初の前菜、鰹にニンニクとアーモンドのピュレ。オレンジ、ペコリス、上にはピーススプラウト。少し甘さが口に残ります。次のお料理と同系色のソースでした。

Photo_8


そうしていると新しいグラスが置かれ(もちろん無言)違う白ワインが注がれました。ワインの説明はしっかりと、撮影もしやすいようにポージングまでしてくれました。一杯目が半分だったので2種類飲めるのねとか呑気に考えてしまいました。

Photo_9


お次は徳島のコチを低温調理したお料理。ひよこ豆のクリームソースが美味しい。豚の背脂の生ハムなどが添えられていました。お皿も美しくディルの緑が夏らしい。
そしてここでもまた新たにワインがやってきました。

Photo_10


ここらでこれはちょっとやばいかもって思う二人・・・・・・・
けど店側はなんの不思議もなさそうです。

Photo_11


人参ピューレのリゾット。 グリルされたホタテにはライムの皮、バジル添え。
美味しいです。もう少し食べたかったですってポーション。

Photo_12


大き目のスプーンで登場。ビーツ、蝦夷鹿、セージ、ジュニパーベリー、凍った赤すぐり、リコッタチーズのクリーム。これを一口でもぐもぐ。不思議な味が広がります。少し口の中に残っている間にワインを、とまた違うワインが登場(大汗)

Photo_13


ワイン攻めだったため順不同になったかも?赤が始まりました。白ワインって言っただけなのにどうして赤が来る?嵌められたか!と微妙に感じましたがここで「これどうなってるの」と言える空気ではありませんでした。折角楽しくお食事してるのにお店と揉めるのは嫌でした。

Photo_14


パスタはリボン型のファルファッレ、ウサギのラグーにパプリカのピュレ。上にはリコッタチーズというイタリアンらしい一品。お料理はお値段以上と感じました。もちろんここでも別の赤ワインが登場。

Photo_16


ビオワイン?自然派のワインにこだわっているのか軽めのが多かったような。後で検索すると2000円台のワインも多くて、ちょっとPCの前で腰が抜けました。

Photo

ひつこいけど、一杯はこのくらいの量。試飲か?なのでお味がわからない内に終了してしまいます。で、不思議なことに全く酔わない。普通クミョンはグラスワイン2杯くらいで回ってくるのですが全然です。

Photo_15


子羊のストゥファート(蒸し料理) 12時間かけて調理されてあるそう。
噛むほどに味わいがある美味しいお料理でした。

Photo_20


添えられたピゼッリという小粒のグリーンピースが甘くて可愛い。下はインゲンとジャガイモのピュレだったと。お皿はヘンリーちゃんのと毎回違う形でした。



Photo_18


そして最後のお料理は スパゲッティ サルサ ポモドーロ。これは直球なパスタでした。マイルドなソース。リストランテらしいお上品なお味です。

Photo_19


で、最後のワインは・・・・ここはもう笑うしかありませんでした。
なんとあの島之内醸造所の白が来ました。

Photo_21



デザートはレモンリキュールを注いだスポンジにレモンのソースでしょっぱー。ライムの泡にハチミツのソルベ。

Photo_2


お飲物は小さなお菓子と共に、ヘーゼルナッツのプラリネ。空気のようにふわっとしていました。器はどれもスタイリッシュ。イタリアンの今を感じるとっても整ったコースでした。

Photo_3



シェフの弓削氏は若干28歳、関東のお店からこちらを任されたすご腕のシェフとお見受けいたします。ご挨拶もお食事の前後にあって大変好感を持てる方でした。


ここ、値段設定間違ってるのかも。この内容のコースなのだから7000円くらいにして普通のドリンク料金にすべきではないでしょうか?今回受けたドリンクのサーブ方法は「ハーフポーションでマッチング」というらしいですが、その店が良いワインを出すと知った上でお願いするものではないでしょうか?初めてのお店で、しかもランチでは今まで何店も行ってますがこんなの初めてでした。


この件をHPに記載しているでも無し、事前に説明も無し、お料理と税サービス合計の倍がドリンク料理として加算されておりました。今でも全く納得できていません。

もしこのお店をランチでご利用の場合はクミョンの苦い経験を生かしてお楽しみ頂けたらと思います。最後になりましたがヘンリーちゃんにも申し訳なくて、これに懲りずこれからもどうぞよろしくお願いします。


END

後日お店にお電話して今回の納得いかなかった件をお伝えしました。
お店側の説明不足であったことなど丁寧に謝罪して下さいました。
ドリンクをオーダーする時にハーフポーションでなく一杯だけ、とか予算に
応じたオーダーも可能であること確認いたしました。けれどこの場合にも

希少ワインが多いためワングラス2000円くらいはすることご了承ください。

お料理はとても美味しくランチの設定価格はお得だと思います。

また利用することをお伝えし今回の件は落着いたしましたこと追記しておきます。


































 

 





2014年7月24日 (木)

こーとれっと知留久 @大阪市北区小松原町2-4

Photo

曾根崎の老舗串カツ店「知留久」の新展開なお店 「こーとれっと知留久」 梅田富国生命ビルB2Fへシロチャンとランチで攻撃をしてみました。老舗の方は神戸時代から狙いをつけていたのですが今回はおしゃれ系だというこちらで。

Photo_2


落ち着いた雰囲気の店内、この日の大阪は33度超え昼Bいっときました。薬膳によるとすきっ腹に冷えたビールなどもってのほかですが、欲望には耐えられず。ソースは5種類あり、サラダにご飯とお味噌汁付き。

7本(1800円)では物足りねー、9本セット(2500円)にしてみました。

Photo_3


揚げたてはやっぱ美味しいわ。少し手を加えた串です。あーぼん系よりはざくっとした串かつです。このビルは阪急百貨店からすぐ、地下もホワイティから繋がってるのですがちょっと穴場的でそんなに人も多くありません。

Photo_4


イクラの乗ったのはサーモンだったり、豚の角煮が串カツになってるのなんて初めて食べました。どれも美味しいわ。夜もそんなにお値段高くない設定です。女子お一人様もOKな雰囲気。軽めの1200円、野菜串の900円ほどのランチもありました。

Photo_5


前にこんなお店がオープンしてました。「立い食いフレンチ ミッテランⅡ」とっても失礼ですがむっちゃ臭いネーミングやなぁと思ってたら・・・・武庫之荘駅前の「パンのフランス人」と同じ系列でした。深く納得した。

P1090960


〆はウメハン地下でオヤツタイム 「カスピ海ヨーグルト」 さんのマンゴミックスソフト。シロチャンはジェラート3色盛り。梅田は夏休みに入りごった返しております。カートを引きながらスマホを見て歩いてる人、危ないですから止めてね!!

実はこの日ランチ前にクミョンだけ映画を見にいきましたとさ。

Img_20140723_123020


韓国映画 「怪しい彼女」 はっきり言います。めっちゃお勧めします。

前半爆笑に次ぐ爆笑、そして泣かせてくれます。泣かないクミョンもかなり滝涙でした。韓国の俳優さんの名演と脚本の良さ。韓国もんはどうも・・・・という方もどうぞです。残念ながら神戸では上演館がないですね。西宮ガーデンズでしています。レディースデーだったからか満席でした。

END

2014年7月21日 (月)

薬膳のお話 ①

Img_20140720_141120

第1回の講座のお話をする前に第2回が先日行われました。2回目は陰陽五行説のお話でかなり難しくまだクミョンも消化できていないので今回は第1回目の講座内容から少し垂れ流して書きたいと思います。めんどくせー、と思った方は薬膳のお話の時はスルーしてくださいね。

薬膳教室というから薬膳料理を作って毎回食べているとお考えの方、残念でした。そうではなく2時間薬膳の基礎を講師の方が初心者にも良く分かるように噛み砕いて話して下さる講義教室です。毎回途中でオヤツタイムがあり↑は今回の緑豆を柔らかく炊きハチミツを少し加え、葛を溶いて上からかけてあります。クコの実も添えられています。

画像なしで書いていくと寂しいので我が家の貧飯と共に。

Photo

「大根と豚バラの炒め物」

コストコの豚バラ肉は分厚くて美味しく冷凍庫の常備品になっています。色が変わるまで炒めて取り出しておきます。今回大根は煮ることはせず薄めの半月に切って胡麻油で歯ごたえがしっかり残るくらいまで直接フライパンで焼きました。豚バラを戻しいれてからオイスターソース、酒、塩、はちみつに水溶き片栗粉、で味付けます。分量?テケトー。みじん切りのニンニクと葱を忘れずに。


まず薬膳とはなんぞや?から始まりました。中華料理にタツノオトシゴや朝鮮人参などの漢方食材を入れた豪華料理、そう思っていらっしゃる方もおおいかと。クミョンもそのくちでした。もちろん漢方と薬膳は密接な関係ではあるのですが、薬膳=漢方ではないということ。


薬膳はそれを食べる人の体質体調をよく知り、食材が持つ効能を知り不調を改善して心身のバランスを整えて自然治癒力を高めるという考え方のことです。そして第一条件は美味しくなくてはならないということだそうです。よく言う「薬食同源」の考えです。


そして全ての自然界からの食べ物は正しいということ。その食べ方に起因する問題が多くみられることを忘れてはならないと。季節により食べるべきもの、体調により避けるべきものの知識を得ることが大事なのです。そしてこの2つの大事なキーワード。


「天人合一」

人は自然界の一部であり、自然の変化法則の制約を受けそれに順応することで健康を保つことが出来る。


「身土不二」

人の体は生まれた土地の自然環境とは切り離せない。その土地で暮らしその土地の作物を食し、自然の摂理に逆らうことなく生活をする。


やれフランス料理だイタリア料理だと飛び回り食べ散らかしている自分が恐ろしい。クミョンを作っているものはこの口に入れているもの、これからは反省の元に・・・・食べ歩きたいと思います。悪行は続きますからご心配なく。

Photo_2


「海老ちり+トマト」

ひよこ食堂さんのレシピから。このサイトのお料理は冷蔵庫にある食材で今晩にも作れそうなものが多いのでよく活用しています。海老チリにトマトを入れただけでいつもの海老チリが夏バージョンに変化しました。トマトは火を通し過ぎないように最後にさっと混ぜて出来上り。


食物にはそれぞれ食性があるというお話は特に興味深かったです。


身体を温める性質の温熱性食物、どちらでもない平性といわれる食物、身体を冷やす性質の寒涼性食物。少し両性の物もあるようですがこの3つのどれかにあてはまるそうです。


茄子や胡瓜、トマトに苦瓜は身体を冷やす食物というのはなんとなくわかりますよね。逆に玉葱、ニンニク、にら、生姜などは身体を温めます。それらは加熱しても性質は変わりません。蓮根と大根は特別で生だと寒涼性ですが加熱すると平性に変わります。雰囲気でだいたい分かりますが???と思うものも多いです。


穀類の中でインゲン豆と納豆は温熱性、でも栗や小麦、大麦、はと麦、緑豆は寒涼性です。夏のデザートとしてオヤツに今回頂いた緑豆は外気で火照った体を覚ます為だったのですね。暑いからと冷たい飲み物をガブ飲みするのではなく食物で身体をコントロールするのが薬膳の考え方です。冷たくて美味しいからと小麦からできる素麺ばかり食べていると身体を冷やし過ぎて肌荒れの原因になるということでした。冬の体は夏作られるとも言いますよね。


何が不思議って鶏肉牛肉は温熱性、豚肉は平性、合鴨、馬肉、は寒涼性。卵黄は平性で卵白は寒涼性。海老は温熱性だけれど蟹は寒涼性。冬に蟹を食べ過ぎたら駄目なのかしら?とか黒砂糖、酢、酒、味噌は温熱性、白砂糖、食塩、醤油は寒涼性にわけられるそうです。


旬の物をできるだけ取り入れながらこれらの分類を考え献立を組み立てていくのが最終目的です。それまでに薬膳の基礎の基礎になる講座もこれから控えています。第2回を受けて薬膳の奥の深さが少しづつわかり、興味の度合いが増してきました。また機会がありましたら薬膳の話➁を続けていきたいと思います。


END










 

2014年7月19日 (土)

牛たん炭火焼吉次 心斎橋店 @大阪市中央区心斎橋筋2-1-3

Photo

久々に♂と夜の心斎橋です。周防町の脇道を入ったところに目指す 「牛たん炭火焼 吉次」 さんはありました。狭くて怪しい路地裏に数件お店が並んでいます。けれど前にはあの有名な和食の「もめん」さんがあるではないですか!その立地条件にまず驚きながら入店。

Photo_2

まず東北といえば「だし」 山形のだしのせ冷奴。

お店は小さ目、1階は炭火焼の厨房を囲んだカウンターのみ、2階もあるようです。予約していって良かった、早い時間でしたが満席で何人も断られていました。

Photo_3

でました真打ち炭火焼き牛たん。普通に関西で目にする牛たんの数倍の厚みがあります。口に入れると柔らかくてジューシー、これは美味しいです。仙台までこれを食べに行く人がいるのもうなずけます。

こちらのご主人は仙台で食べた牛たん焼に魅せられ、当地で修行の後独立されたようです。ここの他に鰻谷にもあるそうです。メニューにある牛たん定食の大盛り(1.5人前)を一人前注文してわけわけしました。

Photo_4


定食に付くテールスープ、まったりと美味しいお味でした。

Photo_5


これが美味しいと情報をゲトしていたので食べてみました。「テール焼き」う・・・・・む。食べるとこが少なく、骨から外れない。クミョン的には言わんでもいい一品でした。お隣の女子がかぶりついていた牛たんソーセージが美味しそうでした。

Photo_6


まだお腹7分目だったので温麺をお願いしました。600円くらいでしたか?けれど二口食べたら終了なくらい少量。以上でお会計約6000円超え・・・・大食い夫婦には向かないお店でした。

確かに炭火焼牛たんは美味しかったです。
ここは一軒目に攻撃し定食(1890円)を頼むのがベストでしょう。

Photo_7


深夜2時まで開いているそうです。心斎橋商店街に戻ると人人人・・・・ですが我々より年齢が高い人間は皆無といってもいいくらい。あれだけ楽しかった夜のミナミが今はもう避けたい町になってしまいました。

END


ABEちゃんに質問コーナー

あの飛行機に日本人が100人くらい乗ってたら集団的自衛権とかを発令して
自衛隊はロシアと戦争するんですか?

 












2014年7月17日 (木)

ハワイアンフェア2014 @うめだ阪急9F祝祭広場

Photo

ウメハンで始まったハワイアンフェア2014、長いこと行けてないけどハワイ大好きなクミョン初日攻撃してきました。ん?・・・・会場は祝祭広場だけ?なんかショボイ。お客さんも少なくて拍子抜け。けど電車乗って来たんだからぐるっと回ってみました。

Photo_2

ハッピーケーキ、試食させて頂くと・・・・甘い。スィーツ系に弱いクミョンには拷問です。そう言えば大昔おみやげに頂いて食べられずに捨てた覚えが。

Photo_3


ワークショップもあったんですが、人形造りとか石鹸にハワイ柄貼り付けたりとか、全く興味なしで完全スルー。アクセサリーのお店に少し人だかりがありました。
有名なマツモトシェイブアイスが出店していましたが、やっぱハワイで食べたいよねって思ってこれまたスルー。

Photo_4

けど記念に何か買いましょう 「Mango Days」 のマンゴクロワッサンドーナツを一個だけゲトして持ち帰りオヤツに頂きました。ほほお・・・なかなか美味しいです。でも美味しくなかったら怒ります。だってこれ一個で400円するんですもん。

このお店のマンゴカフェは人気だそうでアラモアナショッピングセンターから徒歩10分くらいなとこにあるらしい、って当分行けないからどーでもいいけどね!と拗ねてみる。

Photo_5


先日体重が目標値にかなり近づきほっと気を許してハワイアンフェアの後、第3ビルB2の「ぶどう亭」さんで↑こんなもんがっつり食ってしまいました。

ハンバーグとエビフライのセット1010円也。スープとご飯お替りOK。隣の男子はご飯3杯食べてました。美味しかったのですが敷いてあるモヤしから水分が出てデミグラソースが薄まってしまいハンバーグの味を駄目にしていました。エビフライはぶっといのが2本で満足。

食った食った・・・・と体重計に乗ると・・・・・

岩盤浴も何もかもが一夜の夢となっていました。
皆さん、熱いからと油断めさるな、夏も太るのです。


END


2014年7月16日 (水)

悪あがきは続いています・・・・

Img_20140605_165959

あら、踊って痩せられるならうれしいじゃん。3ヶ月くらい前に本屋さんでゲトした↑のDVD。何回使ったかな~・・・・・最初のウォーミングアップすらついていけず。本編なんてもう命がけでないと出来ない、アラカンにはハード過ぎました。どなたか体験してみたい方、お譲りしますよ。

計るだけダイエットもある程度までは貢献してくれましたが、なかなか目標値までは到達できません。で、やっぱここは岩盤浴でしょ。ということになりました。

神戸から離れてしまいオキニだった三宮のレディースサウナや垂水の太平の湯も遠くなってしまいました。AMAでどこかないかいな?と検索していたら去年オープンした施設があるではないですか!


設計した会社から画像をお借りいたしました。車で15分で到着 「蓬川温泉 みずきの湯」。尼崎センタープールの前ってのが少しネックでしたが平日だったので影響は無さそうです。

オープンしてまだ1年、館内とってもきれいです。100円で会員になり会員料金入浴料700円岩盤浴750円で利用できます。レディースデーだったので岩盤浴が200円引きでお得でした。お会計は後払い。駐車場は入浴だけなら3時間、岩盤浴を利用すると8時間無料なので安心です。

浴場エリアは普通に種類も多いですがあまり広くないかな。テレビでもお馴染みですがここは何が売りって 「ロウリュウアトラクション」 岩盤浴の中で石にアロマの香りが付いた水をどばっとかけて水蒸気を大量に発生させて急激に発汗を促す!!もちろん体験してみました。

和太鼓のBGMとともにスタッフ3人がわっしょいわっしょいと掛け声をかけながら大きな団扇で水蒸気を循環させます。初体験なのでその掛け声がこっぱずかしく若干微妙。けどこれマジ熱い。で、この日のアロマがなんとパイナップル!!??鼻から口から甘ーいパイナップルが~!正確に言うとパイナップルの香りなんだけど、ガンガンに入ってきます。これ苦手。熱さとパイナップルで恥ずかしながら途中退場。

うううう・・・・・負けた。悔しい。次回は最後まで残ってやる。

発汗効果は抜群なように思います、普通の岩盤浴で1時間くらい寝ていないと出ない汗が10分くらいで出ました。岩盤浴の種類は今ままで行った施設の中で一番多いかも。大汗房と呼ばれる部屋はまるで韓国の汗蒸幕。平日ですが結構なお客さんの数でした。

浴室の中のサウナでも2時間に1回団扇で空気を循環するアトラクションがあり、各アトラクションの前に館内放送で知らせてくれます。あかすりや各種マッサージも有り。また試してみましょう。

快眠房という温度低めでくつろげる部屋があったのですがティラノザウルス並みの鼾をかくオッサンが寝ており全く快眠できず。刺青はいいから鼾の酷い人の入館を禁止して欲しいものです。

ここで気になったのは無料でお水を飲めるところが浴場に1か所しかないってとこ。岩盤浴のところでは買ってくださいってシステム。ちょっとセコクね?ペットボトルを冷やしておける鍵付きのボックスがあるのは良いですね。

初回はさらっと3時間ほど体験して終了。ふむ、ここなかなか面白いわ。で、減量できたかって?なんとなんと帰って計ると600g減っておりました!!通うぞこれは。暑い夏こそ岩盤浴。AMAでも良いところがあって良かった。

END

蓬川

 

2014年7月14日 (月)

京都妙心寺退蔵院 蓮見の会

Photo

こてさん、たまちゃん、クミョンの3人で楽しみにしていた京都妙心寺の蓮見の会に参加してきました。生憎のお天気でしたが蓮にはこれくらいの曇り空が似合います。残念ながら会場の退蔵院さんの蓮は今年成長不良とかでまだ咲いておりませんでした。上の蓮は後で訪問した蓮の寺として人気の法金剛院さんの蓮の花です。

今回かなり長いくなると思います、お時間のない方は2回3回にわけてご覧ください

Photo_2

京都駅で嵯峨野線に乗り換え花園駅から北へ5分ほど。妙心寺さんは初めての訪問でした。普通に一つのお寺が境内にある・・・・そう想像していたのですが全く誓いました。臨済宗大本山妙心寺というのが正式なお名前。なんと敷地は10万坪、甲子園球場8個分の広さだそうです。南門から北門へ縦断するだけで10分はかかります。

Photo_3

その広い敷地の中に塔頭と言われるお寺さんが46もあるのです。1300年代禅宗に深く影響を受けた花園法皇がご自分の居所を禅寺に改められたそうです。

Photo_4

1つ1つのお寺の大きいこと、そして美しい。内部を見学できるのはその中で3か所だけというのが寂しいですね。8月には精霊のお迎えお見送りが行われます。説明の方に先導された見学もあるようです。次回はお寺をゆっくり見て回りたいですね。

Photo_5

その塔頭の一つ 「退蔵院」 さんで今回の蓮見の会は開催されました。11時45分の集合、お集まりは30人ほどでしょうか。こちらの退蔵院も建立は600年前というから歴史のあるお寺さんです。今回は普段入ることのできない方丈(本堂)でお坊様からお話も伺うことが出来ました。

Photo_6

方丈の前に広がる「元信の庭」室町時代に活躍した狩野元信が作庭。画家が庭を造るのは目面しいということ。石の色で自然を現し1年中変わらぬ「不変の美」を現しています。江戸時代宮本武蔵もここに滞在して自問を繰り返したということです。

Photo_7

ちょっと分かり難いのですが、この絵があるのでナマズ寺としても有名だそうで。漁師がひょうたんを手にナマズを獲ろうとしている図です。こちらにあるのは模写で本体は博物館所蔵・・・だったらガラスはつけないでって思いました。この図は禅問答「この小さいひょうたんでどうやってナマズを捕るか」からきています。

Photo_8

絵には高僧31人の回答が書いてありますが、解読不可。最近は使いませんが何を考えているかわからない人のことを「ひょうたんなまず」と言ったりしたとか、皆さんならどうやってひょうたんでなまずを獲りますか?クミョンはナマズを餌でおびき出し水面に来た時を狙ってひょうたんで一撃を食らわします。これ反則?

Photo_9

神妙にお話を聞くこてさん&たまちゃん。けれどこの時3人のお腹はgugu~ないておりナマズどころではございませんでした。そうです、クミョンが食べ物なしで京都まで来るわけはありません。

Photo_10

「蓮見の会」我々のメインイベントは妙心寺の前にある有名な精進料理のお店 「阿じろ」 さんの蓮づくしのお料理です。このお店前から行きたいリストに入っていたので今回は濡れ手に泡泡~でございました。

ごま豆腐、ほおずきの中は蓮根とコーンのかき揚げ、蒲焼に似せた焼き湯葉などなど。

Photo_11

食前酒は蓮の茎で頂きます。少しお酒が青~いお味になります。

最後まで吸おうとすると呼吸困難になるのでご注意。

Photo_12

頂いたのは広いお座敷、赤いお膳が並ぶ景色は圧巻です。

阿じろの会長さんのご挨拶もありました。皆さん静かにご会食。

Photo_13

お吸い物 大原木湯葉、じゅんさい、蛇の目瓜、柚子。

この精進料理の赤い器、ぽってりして重みも程よく素敵ですね。

Photo_14

丸茄子田楽 我慢ならない3人、ここらでビールをお願いいたしました。

ああああ!!お凌ぎの素麺を撮るの忘れたじゃーーーん!!

Photo_15

蓮の花びらが器になっておりました。

Photo_18

お茶、というものは用意されておらず最後の方に焼きおにぎりを入れて焦げの風味を付けたお湯が出現。お寺でお坊様が食後、器にお湯を入れてたくあんで拭う所作からきているということ。3人は焼きおにぎりの行方が気になりました。

Photo_16

〆は蓮の葉包み 汁物は赤だしに蓮餅

Photo_17

中には可愛らしい蓮根ごはん。調度よい量です。

水物は西瓜でした。ミシュラン☆の精進料理、ご馳走さまでした。

Photo_19

店名の「阿じろ」はこの編み笠のことを示すそうです。

退蔵院の入口にかけてありました。実際托鉢の時に使用されているのかも。

Photo_21

最初に書きましたがこちらでは蓮を鑑賞できず睡蓮と蛙さんの声を楽しみ、歩いて10分の法金剛院さんへ案内されました。こちらも蓮で有名な御寺だそうです。

Photo_20

このお寺の歴史はなんと平安時代から、鳥羽上皇の中宮であった美貌の待賢門院様が平安時代の末期に復興。彼女を慕った西行が叶わぬ恋を歌った歌が残されているというロマンチックなお寺です。

Photo_23

水滴をみて宝石の様と思うクミョンはまだ得の積み方が足りない様です。

Photo_22

蓮の花が開くと中心に現れるこれが蜂の巣に似ていることから最初は「はちす」と呼ばれていたのがだんだん「はす」と呼ばれる様になったとか。泥の中から咲き美しい花を咲かせるこの花を仏教では尊い花としています。

蓮は来月初めまで楽しめるようです。

END

1か月続いたワールドカップが終わりました。決勝も生で観戦、ただいま放心状態でございます。ドイツ万歳、ポルトガルから4点とったあなたはやはり強かった。交代する36歳のクローゼに思わず涙が出ました。ワールドカップで彼を見ることはもうないでしょう。そして彼の替わりにピッチに入った22歳のゲッツェが延長後半で決勝のゴール。魔法の様な朝でした。

2014年7月12日 (土)

韓国料理 あんじゅ @神戸市長田区松野通り1-2-1 地下鉄ビル B1F

Photo

神戸在住の頃お世話になった韓国料理&韓国語の講師 李玉順(イ・オクスン)先生が妹さんとお店をオープンされたと伺い、イグラオンマさんと攻撃してみました。

JR新長田駅北、りそな銀行の地下「れんが横丁」にあります。地下鉄新長田駅からそのまま行けるようです。駅から1分なのですがこんなエリアがあるのは知りませんでした。コリアンな入口がかわいい、ポジャギなどのインテリアに使われているものは全て韓国で揃えられたそうです。

Photo_2

テーブル席が7,8席、厨房を囲んだカウンター席も多く1人で来てもOKなお店です。調理は先生の妹さんが担当。お昼のランチを頂いてみましょう。

Photo_3

ランチタイムはアラカルトの注文は不可だそうです。

この他に冷麺、ホルモン小鍋の提供もありました。結構種類が多いですね。

Photo_4

クミョンはテンジャンスープ定食850円にしてみました。おかず4品付き。スープは韓国のお味噌と日本のお味噌が混じったような風味。全体的に倭人向けのマイルドなお味です。クミョンはもう少し辛味があった方が良かったかな。

Photo_5

イグラオンマさんはホルモンスープ定食950円。

ぐつぐつ煮えたぎっております。

Photo_6

ホルモンはハチノス1種、たっぷり入っておりました。3種類くらいのホルモンを混ぜて頂きたかったですね。基本は塩味なのでタデギを入れて辛さは調節できました。ご飯のお替わり自由、食後のコーヒーは100円。夜のメニューはとっても豊富です。店名の「あんじゅ」はおつまみの意味だそうです。居酒屋使いもできそうなので次回は夜に伺ってみたいです。

Photo_8

李玉順先生に初めてお会いしたのはかれこれ10年前、今も先生はこのお店の運営や各教室の講師と飛び回っておられます。お忙し過ぎて少しお疲れ?合間を見て日韓の事などいろいろお話しいたしました。韓流ブーム以前の在日の方々が経験された様々な事象は今の日本人も知るべきことが多いと思います。

この後イグラオンマさんのお車に乗っけて頂き懐かしの東山商店街へ。

Photo_9

こんな風景や・・・・・・・・・・

Photo_10

こんなものまで・・・・・・

クミョンが神戸を離れても変わらずにあることが嬉しかったです。

けど最近この辺りにもある変化が、前をどう見てもこの辺りの人間ではない白人の若い4,5人が歩いています。大きなカメラでワイワイ言いながら撮影していたのは・・・・

Photo_11

お盆仕様のお飾りでした。ヨーロッパのお言葉で話されていた彼らには大変ファンタスティックだったことでしょう。お店の方は叱ることもなくニコニコと様子を見ておられました。東山商店街もワールドワイドなプレイスにチェンジでございます。

ちょっと長文になりますがこの日AMAへもどる新快速の中での出来事を記したいと思います。台風一過で30度を超える中,JR三宮駅のプラットホームで待っていると前にもう明日にでも生まれそうなお腹を抱えた妊婦さんが並んでおりました。

入ってきた新快速はかなり席が埋まっており妊婦さんが車内に入る頃には席がなくなっておりました。優待席は30代くらいのサラリーマンが陣取り他の席には若い方も多く見られましたがだーれも、だーれも妊婦さんに席を譲ろうとしません。

彼女の横で立つことになったので厚顔を誇るクミョン、周りに聞こえるような声で「大変でしょ、席ないわね・・・」と言ってみたけど誰も、だーれも席を立とうとしません。芦屋に着いた時も空いた席にはすっと他の方が座られ、クミョンもう怒髪天を指し爆発寸前で前に座るイヤホンを耳にして見て観ぬふりを続ける女子の髪をわしづかみにし立たせようとしたその寸前・・・・・

少し前に座っていたアジア系の婦人がこちらに移動して来られあっちに座りなさいと。なんと言うことでしょう。日本人がこれだけ乗っているのに席を譲ってくれたのは外国の方でした。どうなってるんだ日本?ワールドカップ会場のゴミは拾うけどこんな基本的な譲り合いができんとは。

席を譲ってくれた方は台湾からお越しの観光客でした。仲良し友達3人でピーチに乗って来られたとか。AMAに着くまで楽しくお話しいたしました。なんだか急に台湾に行ってみたくなりました。皆さん世界は日本を見ています。誇れる様な国にするにはどうしたらいいのか?もう一回よーく考えたほうが良さそうなこの頃です。

END

2014年7月 9日 (水)

マレフィセント 観てきました

Mare

ディズニー物はあまり見ないのですがアンジェリーナ・ジョリーが主演とならば話しは別、チャリで5分の映画館で見てまいりました。あの有名な「眠れる森の美女」にはこんな裏があったのかも?まさか?そんな映画です。

予告を見た方も多いでしょうがそれを大きくはみ出し、最初から最後まで楽しませてくれました。アンジーがはまり役です。彼女じゃないとここまで完成度が高くなかったかも。森の奥にある平和な国に住む純粋な妖精マレフィセント。人間の男子と巡り合い恋に落ちます。その男が悪い奴ちゃねん・・・・あ、これ以上は言わないでおくわ。

Girl_2

↑オーロラ姫役のこの子が本当に食べてしまいたいくらい可愛い。吹き替えは上戸彩ちゃんですね。昔のオーロラ姫とフィリップ王子はもっと大人っぽかったけど、今は「可愛い」が主流ですからこうなるのでしょう。

「女の恨みは超怖い」な映画です。そうそう台風だって女性の名前が付けられますもんね。今回の8号は巨大です。進路にお住まいの方は充分ご注意くださいませ。

予想をはるかに超える良い映画でした。今回のレディースデーを見逃しちゃったわって言う方、次は是非どうぞ、あら?私はいつでも1100円よってそこのあなた、今日にでもご覧ください。16歳のあの頃に戻ってOnce upon a dream を歌いましょ。

今回は食べ物が出てこないのかって?

FBで紹介しましたがしていない方からどんなんか見たいってご意見がありましたので。

写真: 今日の晩御飯はコストコの「手抜き寿司」
新発売、期間限定。
松前漬け&ホタテ&醤油漬けイクラがたっぷり!

コストコの松前ちらし寿司(正式名称かな?)松前漬け、でかいホタテ、いくらの醤油漬けがたっぷりのって900g1800円ほど。大食いな二人でも十分な量でした。大好きなものが3種盛りで幸せいっぱいなお寿司。期間限定のようです。昨日のぞくとまだありました。他に鯵のお寿司10貫で800円ほどのも美味しそうでした。

END

2014年7月 7日 (月)

リベルタス  @大阪市北区中崎1-4-21 タカヤマ北ビル 1F

Photo

ランチで大感激だった中崎町の 「リベルタス」 さん。今回1周年を迎えられ特別なアニバーサリーディナーのメニューが用意されていると聞き攻撃してみました。ご一緒したのはこてさん、たまちゃん、シロチャン、クミョンの4人。6時半戦闘開始です。

まず最初は 「枝豆とビールのパフェ仕立て」 ビールの泡に隠れているのは枝豆のムースとズワイガニでした。爽やかなスタートです。

Photo_2

2品目 「リベルタスに咲く季節の華」 緑と赤の華はレタスとトマトから作られているそうです。赤ピーマンのソースに鱧の煮凝り。1周年を祝って紅白ビーツが添えられています。

Photo_3

3品目 「海の幸のヴァロヴァン」 ヴァロヴァンはこのパイの形だそうです。上のお野菜を取ると・・・・

Photo_4

海の幸がコロコロと沢山盛られていました。クリーミーです。

Photo_5

4品目は 「SHOURONPOU」 中華出身のシェフこだわりの逸品です。お皿の上の小さな四角はクスクスとチーズでできた物。かなりお味の濃いソースが添えられていました。同じ様なお味が次に続くので澄んだスープ仕立てでも良かったかと。

Photo_8

久々に出ました心霊写真・・・・店内がかなり暗くて今回ぶれぶれ画像ばかりになりました。ワイン王たまちゃん選定の美味しい赤をボトルで頂きました。

Photo_6

5品目 「世界の三大珍味の共演」 名前の通りフォアグラ、トリュフ、キャビアが贅沢に使われた一品。拡大画像も記念に添えて置きます↓

Photo_7

この3品を一皿にしてしまうって冒険ですよね。けどこちらも塩気が強く・・・・もう少しやさしいお味の方が珍味を楽しめたかも。

Photo_9

6品目 「鮮魚といろいろハーブのマリアージュ」 キンキ鯛のオーブン焼きにハーブが爽やかな一品でした。キンキ鯛はぷりぷりした食感が面白いお魚です。

Photo_10

7品目 「十勝ハーブ牛のステーキ」 ランプ肉はお肉の味がしっかり。白チーズのソースが添えられこちらも濃厚なお味のお料理。品数は多かったのですが味がどれも我々は濃く感じました。アニバーサリーでがんばっちゃって煮詰まったのかも(笑)

Img_20140705_213219

〆は 「アニバーサリーデゼール」 桃のコンポート

実は今回シロチャンのバースデーディナーも兼ねていたのですが、私たちの会話を聞いておられたスタッフからの粋なサービスでシロチャンのデザートにはキャンドルが。ラブリー

中崎町は新しいお店がどんどん出現して楽しくなりました、けど昭和の香りが残る貴重な雰囲気は壊さないようにお願いしたいです。攻撃してみたいお店もみっけ。梅田から歩くと20分、ウォーキング+ランチでまた来てみましょう。

END

2014年7月 3日 (木)

ビストロ デ シュナパン @大阪市西区京町掘2-14-1

P1090754

シロチャンとJR東西線→地下鉄千日前線と乗り継いで靭公園近くの 「ビストロ デ シュナパン」 さんでランチいたしました。2階のテーブル席で、窓から靭公演のテニスコートを垣間見ることが出来ます。

900円のビジネスランチもありますが折角電車に乗ってきたので2150円のランチを頂きました。まずガスパッチョからスタートです、中央市場で人気のパン屋さんのバケットも美味しい。

P1090749

黒板メニューに夜のアラカルトが書いてありました。ワインもお手頃なお値段みたいです。店内の雰囲気は町の食堂。気取らずお食事できますね。ギャルソン風のスタッフが丁寧にお料理の説明をしてくださいます。

P1090759

お次は前菜の盛り合わせ、水ナスのピクルス、カリフラワーのムース、豚肉と鴨?のパテ。前菜からがっつりのビルトロ料理です。3種ともすごく美味しい。ムースをパンにつけて、これはワインが進むくん。ここ、正解だわと確信。

P1090753

グラスワインは赤白共に2種類から選べました。700円~。

タコシャンもありますよ。前菜などのテイクアウトも事前予約でOKみたいです。

P1090763

シロチャンのメインはヴァベットステーキ、オージービーフだそうですが柔らかく焼き入れされています。紫玉葱が美味しそう・・・・あ、お肉が見えませんよね。

P1090764

↑ジューシーなお肉です。添えられているのはミルフィーユ状のポテト。

P1090760

クミョンのメイン、塩漬け豚ばら肉のシュークルート。

画像で伝わり難いですがかなりボリューミーです。

P1090766

後ろ姿の方がその太さがよくわかるのはお料理も同じですね。自家製のソーセージだけで300gほどありそう(汗)とっても美味しかったのですが少しだけ残してしまいました。ここのランチ、男子でもお腹いっぱいになると思いますよ。

この2種の他、その日の魚料理のメインもチョイスできました。

P1090768

デゼールも3種。ハチミツのブランマンジェ、バニラアイスとワッフル、オーストリアのお菓子アプフェルシュトゥルーデン。クミョンお腹いっぱい~ひえ~と食べていると・・・・

P1090770

シロチャン黒板メニューから白桃のコンポートを追加でオーダー!!彼女の胃はどうなってるのでしょう?いつか解剖して見てみたいと思いました。カヌレはサービスです♪今回は2階で頂きましたが夜に1階のカウンターでワインとアラカルトなんて使い方もよさそうです。

少し気になったのは2階への急な階段と雑然とした飾り物などなど。

ビストロっぽくという趣向なのかな?

P1090772

了承を頂いたのでバーンと登場して頂きます。向かって右が笑顔が素敵なシェフ、堺筋本町の有名ビルトロ「ル・ヌー・パピオン」から独立された方です。左のスタッフから美味しいお店の情報も頂きました。良心的なお値段で美味いお料理、ご馳走様でした。これからも頑張ってくださいませね。

P1090775

近くの楠永神社のご利益がありそうな楠。靭公園の「うつぼ」を魚のウツボと関連してしまいそうになりますが「靭」は武士が矢を入れて背負う入れ物のことだそう。古くからある界隈ならではの地名ですね。大阪の地名は面白いです、行ったところは調べてみようと思います。

END

2014年7月 2日 (水)

焼き鳥 ひなどり @神戸市中央区三宮町1丁目8−1

Photo_4

久々に、なんと7ヶ月ぶりにお会いした北野の帝王の妻まーりんさんとのランチは渋~い 「焼き鳥 ひなどり」 。まーりんさんご贔屓のこちらは三ノ宮駅から5分ほどサンプラザ地下1階にある老舗の炭火焼き鳥のお店です。

Photo_6

昭和の空気がまだ漂っているような店内、年季の入った木のカウンター席7,8席のみの小さなお店です。寡黙な大将と優しそうな奥様二人で運営されています。昔からの常連さんで昼も夜も賑わっているそうな。

Photo_7

お昼は定食スタイルで頂けます。

まずその日の大将チョイスの串4本。香ばしい香りに誘われて・・・・・・

Photo_8

もちろんむろんで昼Bいっときました。だって暑いもん。連日太陽ギラギラ!!関西変です。梅雨がどっかいっちゃいました。蓮の花が水枯れであまり咲かないらしいです。蓮の咲かない夏は災害が多いとか、なんか怖い。キャベツと玉葱のサラダが良い箸休めになります。

Photo_9

明太子の入った手羽元が美味しい、プチトマトのベーコン巻もええお味。

この4本にご飯と鶏がらから作った美味しいスープが付いて・・・・

Photo_10

800円 追加でもうちょっと焼いて頂きました。

近くにあったらうれしいお店ですね。育った神戸はやはり居心地が良い。

Photo_11

いろいろ貯まったお話をしながら、まーりんさんもお元気そうでなにより

お互いまた1つ大人になっちゃったけど、これからもよろしくです~!!

Photo_12

帰り際にこれに目が!!数十年使い続けていらっしゃる手動のミンチチョッパー。昔の神戸人なら知っている元町の菊秀でお買い求めとか。これまた年季入ってます。これで作ったつくねが頂きたかったのですが夜のみのメニューだそうな。

Photo_13

カフェタイムはがらっと趣向を変えてクレフィ内のHARBSさんで。ティーソーダとフルーツたっぷりのミルクレープを半分こ。ここのケーキでっかいですねー。大阪にも数店舗あるぞ、美味しかったのでまたがっつり頂いてみましょう。

神戸は数十年ぶりに降水量の少ない梅雨だそうです。これからも真夏の様な日が続きそう。皆さん体調管理怠りなく、クミョンはこんな時期でも食べ過ぎに注意が必要なようです。

END

こっちの方が若いし鞍替えしようかと模索中・・・・

コロンビアの新星 ハメス・ロドリゲス 22歳

目の中に入れてもいい程かわいいわ。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »