こちらもご覧ください♪

« こーとれっと知留久 @大阪市北区小松原町2-4 | トップページ | 暑中お見舞い 鰻 申し上げます »

2014年7月27日 (日)

Ristorante QUINTOCANTO @大阪府大阪市北区中之島3丁目6

Photo

ヘンリーちゃんと久々にご対面、美味しいランチにいたしましょうと中之島ダイビルのイタリアン 「クイントカント」 さんへ。この日の大阪は最高気温37度、ビルも白く浮き上がって見えるほど。ランチは5000円の一本勝負。かなり納得のいかない事があったのですが順次書いて参ります。画像がかなり多いです、妊娠中の方、気分のすぐれない方はご注意ください。

Photo_2

オープンして1年、本店は横浜の中華街!にあるそうで東京に他に3店舗、ここちらは5店舗目で関西初進出。店名のクイントカントは5番目の方角という意味だそうです。12時に入店後しばらくすると8割ほど席は埋まりました。

Photo_3


まず登場はこちら、びっくりしたぁ。岩の様な物の中に黒いシューが二つあるのがご覧いただけますか?イカ墨のシューの間はフォアグラを含んだクリーム。指でつまんで一口で。面白いスタートでした。

Photo_4


お飲物はアルコールですか?ノンアルコールですか?と聞かれヘンリーちゃんはシャンパン、クミョンは白ワインとお答えしました。この時点ではまだこの先何が起こるか全く予想をしていませんでした。

後の事を思うとここで店側から説明があってしかるべきでした。

Photo_5


「半分ずつ注ぎます・・・・もごもご」とか言いながらほんの少しだけグラスに注がれました。どうしてかしら?と思いましたがそれ以上なんの説明も無し。

Photo_7


ここから本格的にお料理が始まります。カトラリーも美しくインテリアもええ感じ。関東から大阪に乗り込んできた意気込みを感じます。


Photo_6


最初の前菜、鰹にニンニクとアーモンドのピュレ。オレンジ、ペコリス、上にはピーススプラウト。少し甘さが口に残ります。次のお料理と同系色のソースでした。

Photo_8


そうしていると新しいグラスが置かれ(もちろん無言)違う白ワインが注がれました。ワインの説明はしっかりと、撮影もしやすいようにポージングまでしてくれました。一杯目が半分だったので2種類飲めるのねとか呑気に考えてしまいました。

Photo_9


お次は徳島のコチを低温調理したお料理。ひよこ豆のクリームソースが美味しい。豚の背脂の生ハムなどが添えられていました。お皿も美しくディルの緑が夏らしい。
そしてここでもまた新たにワインがやってきました。

Photo_10


ここらでこれはちょっとやばいかもって思う二人・・・・・・・
けど店側はなんの不思議もなさそうです。

Photo_11


人参ピューレのリゾット。 グリルされたホタテにはライムの皮、バジル添え。
美味しいです。もう少し食べたかったですってポーション。

Photo_12


大き目のスプーンで登場。ビーツ、蝦夷鹿、セージ、ジュニパーベリー、凍った赤すぐり、リコッタチーズのクリーム。これを一口でもぐもぐ。不思議な味が広がります。少し口の中に残っている間にワインを、とまた違うワインが登場(大汗)

Photo_13


ワイン攻めだったため順不同になったかも?赤が始まりました。白ワインって言っただけなのにどうして赤が来る?嵌められたか!と微妙に感じましたがここで「これどうなってるの」と言える空気ではありませんでした。折角楽しくお食事してるのにお店と揉めるのは嫌でした。

Photo_14


パスタはリボン型のファルファッレ、ウサギのラグーにパプリカのピュレ。上にはリコッタチーズというイタリアンらしい一品。お料理はお値段以上と感じました。もちろんここでも別の赤ワインが登場。

Photo_16


ビオワイン?自然派のワインにこだわっているのか軽めのが多かったような。後で検索すると2000円台のワインも多くて、ちょっとPCの前で腰が抜けました。

Photo

ひつこいけど、一杯はこのくらいの量。試飲か?なのでお味がわからない内に終了してしまいます。で、不思議なことに全く酔わない。普通クミョンはグラスワイン2杯くらいで回ってくるのですが全然です。

Photo_15


子羊のストゥファート(蒸し料理) 12時間かけて調理されてあるそう。
噛むほどに味わいがある美味しいお料理でした。

Photo_20


添えられたピゼッリという小粒のグリーンピースが甘くて可愛い。下はインゲンとジャガイモのピュレだったと。お皿はヘンリーちゃんのと毎回違う形でした。



Photo_18


そして最後のお料理は スパゲッティ サルサ ポモドーロ。これは直球なパスタでした。マイルドなソース。リストランテらしいお上品なお味です。

Photo_19


で、最後のワインは・・・・ここはもう笑うしかありませんでした。
なんとあの島之内醸造所の白が来ました。

Photo_21



デザートはレモンリキュールを注いだスポンジにレモンのソースでしょっぱー。ライムの泡にハチミツのソルベ。

Photo_2


お飲物は小さなお菓子と共に、ヘーゼルナッツのプラリネ。空気のようにふわっとしていました。器はどれもスタイリッシュ。イタリアンの今を感じるとっても整ったコースでした。

Photo_3



シェフの弓削氏は若干28歳、関東のお店からこちらを任されたすご腕のシェフとお見受けいたします。ご挨拶もお食事の前後にあって大変好感を持てる方でした。


ここ、値段設定間違ってるのかも。この内容のコースなのだから7000円くらいにして普通のドリンク料金にすべきではないでしょうか?今回受けたドリンクのサーブ方法は「ハーフポーションでマッチング」というらしいですが、その店が良いワインを出すと知った上でお願いするものではないでしょうか?初めてのお店で、しかもランチでは今まで何店も行ってますがこんなの初めてでした。


この件をHPに記載しているでも無し、事前に説明も無し、お料理と税サービス合計の倍がドリンク料理として加算されておりました。今でも全く納得できていません。

もしこのお店をランチでご利用の場合はクミョンの苦い経験を生かしてお楽しみ頂けたらと思います。最後になりましたがヘンリーちゃんにも申し訳なくて、これに懲りずこれからもどうぞよろしくお願いします。


END

後日お店にお電話して今回の納得いかなかった件をお伝えしました。
お店側の説明不足であったことなど丁寧に謝罪して下さいました。
ドリンクをオーダーする時にハーフポーションでなく一杯だけ、とか予算に
応じたオーダーも可能であること確認いたしました。けれどこの場合にも

希少ワインが多いためワングラス2000円くらいはすることご了承ください。

お料理はとても美味しくランチの設定価格はお得だと思います。

また利用することをお伝えし今回の件は落着いたしましたこと追記しておきます。


































 

 





« こーとれっと知留久 @大阪市北区小松原町2-4 | トップページ | 暑中お見舞い 鰻 申し上げます »

コメント

こんな恐ろしいシステムの店、絶対行けないわ!
各お料理に合ったワインをお出しします・・・とホームページに書いてありましたが、
こんなちょっぴりじゃ味もわからないでしょうに。
お料理がどれもおいしそうなだけに、残念でしたね。
食べログに、そのあたり書き込まなきゃね。

ビョン様

HPにそんなこと書いてありましたか?もう一度見てみたけど
VINIのとこにも何もかいてないけど。書いていたとしても了承を
得るのは当たり前ですよね?
そうなのよ、誰も食べログにそのことを書いてない。
「お任せしました」とだけ書く人が多いけどディナーでの利用。
これって東京価格なわけ?難波じゃ通用しませんで

http://daibiru-tsushin.com/honkan/quintocanto.html
↑の「おすすめのワインは?」ってところに、以下の記載が。

・おすすめのワインは?
 それぞれの料理を食べるためにベストなワインを選んでおります。ボトル1本をお出しするのではなく、様々な種類のワインをグラスで合わせることにより、コース料理16皿が2倍にも3倍にも味わい深いものになります。夜にはワインと共にさらに深まる料理を提供し、昼にはワインをお召し上がりにならないお客様も楽しめるように味付けを変えております。

ビョン様

これはクイントカントのHPではなくダイビルの店舗紹介ですよ。
メニュにはなんの記載もありません。ある人はこれは
商取引違反にもなると言いました。
暑い時になんだかんだ店に言うのも消耗しそう。
ただヘンリーちゃんにまで被害が及んだ事に
とっても申し訳なくて。

不満が残るのであれば、直接店に文書で抗議してはどうでしょうか。
(特定記録郵便で、店長または会社組織ならば代表取締役宛に送付)
事前の合意なしに勝手にワインを、しかもかなりの高額で
提供しているとすれば、法律上契約不成立と言えるかもしれません。
ただし、飲んだワインの代金は支払う必要があるでしょうから、減額交渉して
みるとよいと思いますよ。
あまり期間を置いてしまうと不利になるので、行動を起こすとすれば即座に・・・を
お勧めします。

オモナ( ̄O ̄;)
各お料理ごとにワインが出てきたんですね。予想外でした。
知り合いのホテルレストランは そのような仕組みで、ディナーだからか ワインの量も もう少し多くて、後半はフラフラになってました。デザートにも ワインが出てきて(´Д` )

でも、知り合いだからかもですが、飲み物代も含めた金額設定でした。
今回のような別設定なら、説明も表記もないなんて、おかしいと思います。
食べログの口コミ、全部じゃないですが、読んでみましたが、そのことについて書いてあるのがありませんね…やっぱり説明忘れ、されたのかもですね。

美味しいお料理の様子は、よ〜くわかりました!( ̄▽ ̄)!
羨ましいです…が、腑に落ちない点が本当に残念でした。

今更言うのも、暑いし、って、あると思いますが、言ってほしい〜と思ってます。
あちらの釈明、聞いてみたいです。頑張ってください( ´ ▽ ` )ノ

ビョン様

ご丁寧なご指示ありがとうございます。
先ほどお店に℡して丁寧に冷静に思っていることを
お話させてもらいました。折り返し有名な(爆)マネージャー
さんからお電話があり、先にでた女子同様丁寧に店側の説明
不足であったことの謝罪がありました。
返金を求めていたわけではないので、この件はこれにて
一件落着といたしたいと思います。

コン様

有名なソムリエさんがいるお店で馴染みになっている方が
お願いしたりすることは多々ありますよね。
また全然酔いがやってこなかったのも??だったのです。
けどお料理は美味しかった!!5000円であの内容はすごいです。
ビョンさんへの返答にも書きましたが先ほどお店に℡してこちらの意思を
お伝えしました。説明不足であったこと丁寧に謝罪されたので
落ち着きました。またお伺いしますとお伝えしました。

さすがくみょんさん!
お料理サーブ時にちゃんとメモメモされてただけあって、
お料理の内容がよくわかります~。
こちらのお料理とても美味しかったですよね~!
ほど良い量で最後まで美味しく頂けました。
ただワインがね~。
こんなに高額なんだったら量をもっと多くして頂戴!笑
ワインサービス前の説明が不十分でしたが、
あれこれ合うワインを考える手間が省けて、ワタシは満足でしたよ~。
またご飯食べに行きましょうね!

お疲れ様でした(´o`;
電話されたんですね!勇気と気力がいったと思います。
くみょんさんの気持ちが晴れたのなら、良しということで。
私的には、あちらからお詫びの招待でも あってほしかったですが。

勉強になりました。おかしいと思ったら、場の様子関係なしに確認した方がいいですね(>_<)
ごねて払わないかも、なんて事態にならないようにしないと。
まぁ、こんなご立派なお店は縁遠い昨今なので心配ないですが。
とりあえず、一件落着おめでとうございます。お疲れ様でした。

ヘンリーちゃん

今回はとんだ夏の大散財になってしまい、申し訳ありませんでした。
でもあれ事前にちゃんと説明があれば丸だったですよね?
ハーフじゃないお値段としたら安くはないですがあのお店ならこれくらい
のお値段でしょうね。最後の島之内だけ超安い(爆)
こちらも面白い大阪のおばちゃん風に電話しましたが女子もマネージャーさんも
電話の応対はすごくよくて、もーええっかって思い落着しました。
これに懲りずまたご一緒してくださいね

コン様

なにもしないとずるずる心の中で引きずりそうだったので
電話しちまいました。あちらも説明不足を謙虚に認めて謝罪
してくださったのでOKとしました。マネージャーさんは次は
今回の埋め合わせをって言ってくれましたが、再訪はかなり先に
なるだろうし、覆面で行くと思います
いろんなお店がありますわ、この件でここは永遠に記憶に残る
お店となりそうです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ristorante QUINTOCANTO @大阪府大阪市北区中之島3丁目6:

« こーとれっと知留久 @大阪市北区小松原町2-4 | トップページ | 暑中お見舞い 鰻 申し上げます »