こちらもご覧ください♪

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月25日 (月)

第43回 いたみ花火大会 + SANTAnoSHIPPO

Hanabi1_1



こてさん、たまちゃん、シロチャン、クミョンの4人で関西の夏最後の花火 「いたみ花火大会 夢色華絵巻」 を攻撃してきました。

しかーし!!クミョンのデジカメ画像はダメ駄目でご覧いただけるような画像がなく、別地点で撮影した♂の画像を・・・・と思いましたが、三脚なしの花火撮影は難しいです。

↑手前に見える猪名川神津大橋の上にクミョン達はいました。



Hanabi1_2


淀川や数か所で関西は雨のため開催が中止になりました。そのうっ憤を晴らすためか例年にないほど観客が押し寄せたようです。JR伊丹駅は大混雑で電車は到着できず車内で20分ほど缶詰になりました。

3500発、神戸に比べたら小さいですが結構な迫力でございました。陣取った橋の目の前が発射台、1時間ずっと上を向いていたので首が痛くなりました。でもひゅるるる・・・・と鳴りながら回転して上がる花火の玉が見えそうなくらい近くて壮大でした。


最後は伊丹名物 「黄金しだれ柳の重ね咲き」 満員で押せ押せの観客はじっとその瞬間を待っていました。そこでアナウンス「只今打ち上げ場所からトラブル発生と連絡がありました。しばらくお待ちください」。。。。その間にアナウンスが聞こえない♂は終わったと思い移動し始めてしまったようです。10分強の中休みの後見事に黄金しだれ柳は咲きました。ものすごく迫力ありました!!見る価値ありです。そんな苦笑な花火も終了、飲み会場所に向かいました。

P1100481

え・・・・・葬儀屋さん運営?選定者のこてさんも一瞬凍りつく外観・・・・・

JR伊丹と阪急伊丹の中間地点にある 「SANTAnoSHIPPO」 無国籍料理とな。

そのネーミングに震える足を気遣いながら2階へ。

P1100463


おおおおお!!不安は瞬時に払拭されました。アジアーンなインテリアの店内。

花火帰りのお客さんでこの後ほぼ満席。

P1100460


無国籍といえば何故だか生春巻きが定番。チリソースにつけて。

P1100468


ヤムウンセン、無国籍だけどきつねうどんとかはありませんでした。

店内照明が暗くきちゃない画像でごめんあそばせ。

P1100473


オムレツがグラタンに隠れています。

外を歩いていると涼しく感じるような夜だったのでうれしい1品でした。

P1100475


麺いってみよか!でバッタイ。美味しかったわ。

P1100478

もう一発麺いこか!で渡り蟹のトマトクリームスパゲッティ。

なかなか美味しい。西宮の今津にも支店があるそうです。

P1100477


なぜだかこんなビールも飲んでみた。500円、高~!!

韓国で飲んでも日本で飲んでも・・・・・薄いのぉ。

楽しい飲み会でした。JR伊丹までの模造城下町を通って電車のあるうちに帰宅しました。

あんね・・・・・花火鑑賞のときね・・・・・・

P1100423


子供を肩車するバカ親がおるねん・・・・・・・・・むっちゃ邪魔やねん・・・・・・

P1100440


2人の子供を次々肩車・・・・・後ろに人がおるのわからんかのぉ。

肩車して見せたい気持ちはわかるけど「迷惑になるからできないよ」と諭して子供にマナーを教える機会にして欲しいものです。

雨の多い今年の夏休みもそろそろ終焉を迎えそう。

9月から大人の夏が始まります。


END





 








2014年8月21日 (木)

めぐり逢わせのお弁当 観てきました。+カレーランチ

53c7647a23e2c783ff3e50024f3a747b_2


夏のインド映画祭、「めぐり逢わせのお弁当」これまた悲しいほど臭い邦題がついちゃってるインド映画。原題は「The LUNCHBOX」この映画を見終わった方はこちらの方がしっくりいくのがわかるはずです。

まずお断りは歌って踊ってのインド映画では全くありません。主人公イラ役の女優さんの控えめな美しさとムンバイの雨、ダッバーワーラーと言われるお弁当配達人たちの歌、始まってすぐ叙情的なこの映画の流れに心が自然に寄り添います。

ムンバイの町では毎日5千人のダッパーワーラーが20万個のお弁当を家庭からオフィスに届けるそうです。なんとハーバード大学が分析したところ誤配率はたったの600万分の1。クミョンはバイク便みたいに家庭から2,30分の所に運ぶのだと思っていたらお弁当は列車に乗り遠いオフィスにまで運ばれていました!!

旦那を送り出したあとすぐお弁当を作らねばいけないムンバイの主婦は大変だ。

後は見てのお楽しみ、この映画お勧めです。
レディースデーだったこともあり立ち見もでる盛況ぶりでございました。
神戸は元町映画館で8月30日から、もうしばらくお待ちくださいね。

P1100420

映画では美味しそうなインド料理がいっぱい出てきてお腹グー、K女史と合流後こちら 「PUJA」 さんでカトゥマンドゥカレーを頂きました。高槻が本店、関西に6店舗展開されておるそうな。グランフロントからもすぐ、PUJAとは「祈り」という意味ですって。

P1100395


一階の奥にあるカウンターで厨房の中を拝見しながら頂きました。本場ネパール人の方が4人ほどいらっしゃいました。フロアは明るい倭人女子で運営。この日も大阪は灼熱地獄、昼Bで冷ましましょう。

P1100400


ハートランドを仲良くわけわけ、豆で作ったおつまみ登場。ピリ辛で美味しい。

P1100403


焼きたて、バターの香りいっぱいの巨大ナン!!お替り自由、ハーフでも可能。

この画像で真実の大きさがお伝えできたかどうか不安ですがマジ大きい。




P1100406


カレーが2種選べるランチセット(1000円)にしました。クミョンは左野菜ごろごろのネパールカレーと右ほうれん草とチーズ+豚のパラックカレー。

P1100405

K女史はパラックとチキンのカトマンドゥカレー。どのカレーもめっちゃ美味しいです。

こちらのスタンダートの中辛を選びましたが思ったよりマイルドだったのでもう一段辛いのを選ぶといいかも。そしてカレーは冷めると急変するので必ず熱いうちに食らうべし。

お昼からビール飲んでカレーを美味しそうに食べる熟女二人の色香に惑わされたのか・・・・

P1100414


厨房からお値段高めのチーズナンがサービスで登場。これもとっても美味しい。でもカロリー高そう。今回はダイエットのことを考えずにおきましょう。

P1100404


ランチにはスープも、これも美味しかった。PUJA ええやん!!
六甲にもあるようですよ。

P1100417


〆にラッシー小(100円)もいっときました。ランチはなんと5時半まで。

今年の夏は不気味に暑く各地で甚大な被害をもたらす大雨も連れてきました。

この日JRから見た淀川はいつもの様子とかなり違いました。川幅はかなり増し泥のように茶色くなっていました。上流にあたる地域はどのくらい雨が降ったのでしょう。

不安な前線はまだ列島付近に滞在しそうです。


END






2014年8月19日 (火)

炙家 嘉莎 @神戸市中央区中山手通1丁目15-7

P1100344

夜の女子会、メンバーはK女史+ルーシー・Tちゃん+クミョンの3人です。

人気と聞いてこちらを攻撃してみました。 「炙屋 嘉莎」 さん。三宮駅から北へ少し歩いたところにあります。脇道にあるので少しわかりにくいかもしれません。

中はお客さん満員、かなり男子率の高いお店とお見受けいたしました。


P1100348


3人揃うのは久しぶりですね、まず 「本日のよっしゃサラダ」

普通に美味しいです、トマトにアボガドもおりました。鰹節がぱらぱらと。


P1100358

こちらのメイン焼き鳥いっときます。お任せでいろいろ。

淡路産の百日地鶏らしいです。たれが甘すぎず美味しい。


P1100352

お造りの盛り合わせ 普通に新鮮でした(爆)

このお店禁煙じゃないし、炙りの煙は換気が悪くて途中からごほごほしてきました。


P1100356


「トリパン」 バゲットにリエット風 皆さんこれをオーダーされている様子。


P1100366

ささみポン酢・・・・でしたっけ?味の記憶もあまりなく。

P1100367

クミョンは最後に食べた↑つくねがふわっとソフトで一番ヒットでした。

フロアはまだ頼りなげな女子お一人だったので思う時に注文も叶わず。ここも人で不足なのかしら?クミョンお手伝いいたしましょうか?雰囲気壊すけど。

P1100363


ハイボールなどを頂く・・・・薄い・・・・

お隣の男子が食べごろだったので少しお話ししてエキスを吸い取る。


P1100370


「おばはんが何やっとんですか?」と言いたげに鳩が鳴いたのでそろそろお店を変えましょう。お次は北野坂を上がった信号のすぐ近く。小さなビルの7階にあるBarへ。


P1100383


北野の帝王の妻まーりんさんご贔屓の 「so-bar月」 さん。素敵ないで立ちの女子お一人で運営のため暗証番号を知らないと入店不可なお店です。クミョンかなり前に経験ありの2回目です。


P1100374


ジュエラーでもあるまーりんさん作の箸置き。素敵です。
こちらのロゴ 「月」


P1100376


ブルーハワイという紫色の日本酒(リキュール?)を頂きました。こちらの突き出しはオーナーのお母様手作り。トコロテンに美味しい佃煮やお漬物がうれしい。


P1100385


クミョンは昼族ゆえこんな新兵器、初めてみました。赤ワインを通すだけでデキャンタできてしまうというものです。へーーー!!酔いが少しさめました。


P1100393

途中からお近くに住むまーりんさんが登場、店名soーbarはなぜって〆に打ち立ての美味しいお蕎麦が頂けるからなんです。美味しいです。蕎麦湯を足したつけ汁がまた最高!!


P1100386


○○○の初盆だよね、とか話してたらなんだかこんな感じになってきました。

AMAまで帰れるかしら、なんとか駅まで歩き琵琶湖まで行ってしまうといけないので普通電車に乗って爆睡。はっと目が覚めたらAMAのひと駅手前でした。天才じゃん!!

帰ると猫が怒っていました。クミョンの短いお盆休みは終了です。


END

2014年8月17日 (日)

P Greco @大阪市北区西天満4-1-20 リープラザ1F

P1100282_2


お盆のメインイベントは西天満のイタリアン 「ピ グレコ」 さんで。まだハワイの残り香が漂うこてさん&たまちゃんと3人でディナーを頂きました。

切込み隊長のこてさん、いざ!と握りしめるお絞りにも力が入ります。

この日はお盆の特別コースでございました。まず登場は Primo Antipasto 「玉葱のアメで包んだ飛騨バターとアンチョビ」・・・・・・・は、いったいどこに?


P1100286


流木のオブジェに配置されておりました。遅めのスタートだったので店内は先客がおられ撮影不可でした。シンプルなインテリア、席はスペースを贅沢に取っているのでゆったりとお食事できました。

斬新なスタートです。こちらのシェフはイタリアで7年間修業を積み、その後日本の某有名イタリアンにおられた方だそうです。去年満を持してこの地でご自分のお店をオープンされました。


P1100292

Second Antipasto 「グァンチャーレをまとった伝助穴子のフリット、菜園風」

フリットですが軽い口当たりでサクッと美味しい。


P1100295


お二人の無茶で爆食なハワイ話を伺いながらまずはビールで乾杯、その後クミョンはこちらの白を頂きました。ロゼ?と見まがうほど薄いオレンジ色です。おいすーい!フロア担当の女子は笑顔がとても素敵、対応も上級でした。


P1100297


Terzo Antipasto 「北海道真ツブ貝と越中バイ貝、焼きナスのジェラートキャビア添え」

うひゃーおされーな演出の3番目の前菜!焼きナスのジェラートなんて生まれて初めて。久々にご対面の本当のキャビアさんもこんなに美味しいものだったとは!海辺で食べているような演出。下の小石(今みると貝だ!)が食べらないと知るとたまちゃん残念そうでした。


P1100301


1つ目のパン、こちらはパンも凝っておりました。
トマトと一緒に一口で。

P1100305


Quanto Antipasto 「フランスフォアグラの茶わん蒸し、峠下牛ホホ肉のアニョロッティー、コンソメスープ仕立て、サマートリュフの香り」

P1100306


例えが中華ですみませんがアニョロッティーは小さな餃子みたい。

時間をかけたコンソメとすべての素材がハーモニー。

P1100307


Quinto Antipasto 「霧島山麓きじとポルチーニ茸のソテー、カチョエペペ仕立て」

このお店は全般に上品な薄味で構成されていました。だからか?クミョンこのソフトな火の通りだったきじさん、ちょっと苦手でした。ソースの部分はすごく美味しい。

P1100313

きじさんのソースはこの2個目のパンできっちり吸い取りました。

乳化したオリーブオイルとバターが添えられています。

P1100316

Primo Piatto 「青森中トロ 高知徳谷フルーツトマトの冷製カッペリーニ」

前菜5品の後にパスタ登場、クミョンこのお料理に惹かれてここに参りました。徳谷のフルーツトマト、噂以上にめちゃくちゃ美味しい。こんな甘いトマト、トマトじゃない!!

P1100318

中トロもごろごろ入っておりました。大きな口サイズ、ごっつぁんです!!

P1100321

ここで口直し、「蜜蘭茶」 中国茶であっさりとリフレッシュ。

けどこの後登場する物体にかなり引いてしまった3人・・・・・・・


P1100328

Secondo Piatto 「熊本桜肉フィレのビステッカ」

ほぼ生じゃーん、お馬さんじゃーん、お供えの様に上にのる人参?がお盆です。お肉自体は癖もあまりなくあっさりでした。こんな厚切りのお馬さん!!満腹感もあり少し残しちゃった。南無~。

でも帰り道に話したんだけど、馬を食べる時どうして可愛そうになるんでしょう?牛や豚は可愛そうじゃないの?感謝して美味しく頂くことが人間に出来るただ1つの供養です。

P1100325

お馬さんのお皿に乗っている白いのは生アーモンド。↑こんな大きな実の中にちょろっと入っているわけです。アーモンドのお値段が高いのもうなずけました。


P1100330


Dolce 「奈良桃白鳳と岡山3種ハーブのヴァリエーション」

これまたおされーなグラスで登場。最後まで驚きが続きました。

P1100338

Caffe 日本人が栽培しているという台湾の紅茶 「日月タン(譚はこれのさんずい)」

台湾の有名な湖の名をとったこのお茶、なんとも美味しいお茶でした。
3時間、たっぷり楽しめました。スタッフの方、遅くまでありがとうございました。

P1100342

西天満、老松通り東の端に位置する 「P Greco」 さん。

お名前の意味は円周率だそうです。特別な場面にぴったりな良いお店でした。贅沢な食材の数々、行かずして世界を、国内を旅できたような。この夏の思い出に残る素敵なお店でした。

END






















2014年8月15日 (金)

輪(3回目)@神戸市中央区下山手通3-12-1

P1100250

北野の帝王の妻まーりんさんと真夏の熟女ランチ

久々に和食の 「輪」 さんへ、きんととの箸置きがお出迎え。

P1100244

午前中に健康診断を受けた直後でした。

3日間節制した生活を過ごしたお蔭で昼Bの美味しいこと。

P1100248

なんとまぁ、美しく涼しげな八寸でございましょう。

どれも手が込んでいて美味しい、毎回お点が高くなるお店です。

P1100251

椀物は海老のしんじょうと冬瓜。

すっきりと鰹のきいた美味しいお出汁でした。

P1100258

お造りは3種 剣先烏賊のみみ、鯛、鱧

鱧は目の前で骨切り、湯がきたての温かいところを頂きました。

P1100255

お料理が美味しいとお酒も進みます。

日本酒もいろいろ美味しそうなのが揃っています。

P1100260

まーりんさんは宮城の「萩の鶴」をチョイス。

ラベルの猫さんが可愛かったのですが隠れてます~。

そしてこのお酒、危険に美味しかった。

P1100265

焼き物は鯛 美味しいズイキが添えられていました。

こちらの器、斬新です。前回の冬とはがらっと違います。

P1100267

こんもりとした器、料理が登場する演出も考えられています。

P1100271

蓋を開けると昨今は珍しいハゼの揚げ出し。

クミョンの小さい頃はよく見かけた魚ですが今はあまりみかけませんね。


P1100273


P1100276

銅のお釜でたかれた鶏のネックと茗荷の炊き込みご飯。

残ったご飯は包んでくださいます。

P1100279

〆も美味しい、紫蘇つくしの冷たいデザート。

こちら本当におすすめ、この内容で3500円(税込)!!

個室的なスペースもあるので4人くらいのお集まりにも良いですよ。

あー、こんなお店が近くにあれば!!引っ越しを少し悔やんでしまいました。

END













2014年8月12日 (火)

薬膳のお話➁

Img_20140729_165143

健康診断直前のデトックス期間、ランチを控えているので薬膳のお話いっときます。今回はクミョンもまだ輪郭程度しか把握できていない陰陽五行の少々込み入ったお話なので画像を交えながらぼちぼちと。

↑は産直のお店でゲトした「オクラの花」です。12,3cmほどの大きな花です。さっと湯がいてポン酢で頂きました。オクラ同様とろっとした粘りが出て不思議な食感。お花を食べるってなんだか美人になるような気がしません?

ではでは陰陽五行のお話を。この思想が始まったのは紀元前700年から400年頃の中国春秋時代ってーからめっちゃ大昔ですね。キリストさんなんかまだ生まれてないし。別にこっちが賢いって言ってるわけではないですが東洋ではそんな昔から「世界はこの陰陽五行で全て成り立っている」って言いきっちゃってるわけです。確かにそうだなーと2014年の夏に生きるクミョンも納得の内容です。何もかも万能の様に言われるネットの世界もこれにはかないません。

まず取っつきやすい「陰陽説」から、この世に存在するものは全て「陰」と「陽」に分けられるという考え。陰陽の順に書くと女と男、夜と昼、下と上、月と太陽、水と火・・・・・・それらはお互い対立しながらも依存しあっている関係なので一方だけでは成立しない。

Photo_2



↑がよく目にする「陰陽太極図」です。この様に陰と陽がバランスよく保たれた状態を「陰平陽秘」といい、五臓六腑もこれに分けられるので人間に当てはめるとこの状態を保っているのは健康だと言えます。

ではここで質問です、人間の背と腹どちらが陰でどちらが陽でしょう?
人間はもともと四足で生きていた生物なので太陽が当たる背が「陽」で日陰になる腹側が「陰」と区分するそうです。そして上半身は陽で下半身は陰。

なんだか宗教じみてる・・・・って思うかもしれませんが、これはあくまでも思想であり宗教ではありません(ごめんなさい、クミョン宗教駄目)太極拳や少林寺、道教などはこの思想から派出したものです。日本だとひところ人気が出た陰陽師の阿倍清明かな。

もう早頭痛がしてきた人の為に休憩タイム。

Img_20140803_144142


前回の薬膳教室でのオヤツです。
オーガニックの棗、クコの実、竜眼を黒砂糖で炊いたものです。

Img_20140803_144256

作る前の材料、立派な特大の棗でした。「大棗」と言われ胃腸虚弱、血液浄化、精神安定に良いそうです。竜眼は「龍眼肉」と言われ神経性の疲労回復、心臓の強化、血を増やすなど。クコの実は「枸杞子」肺炎の咳防止、精力増強、視力回復。

ちょっと休憩したところで、「五行理論」に入ります。森羅万象を性質や特徴に合わせて「木、火、土、金、水」の五つに分類する考え方です。この5つはお互い相生関係にあります。木が燃えて火が生まれ、火が燃え尽きて土に帰り、土の中から金(金属)が生まれ、金の周囲には水滴が溜まり、水は木を育てる。

しかしこれらはお互いに制御する相克の関係でもあります。木は根を張り土から養分を奪い、土は堤となり水を堰き止め、水は火を消し、火は金属を溶かし、金属は形を変え斧となって木を倒す。


うーむ、なるほどって思いません?季節も5つに分けられ、人体の臓腑もその性質によりそれに当てはめるらしいです、らしいってまだまだクミョンはよくわかんないから。この時の臓腑は西洋医学の臓器とイコールではないようです。例えば「脾」ってのが出てきますがこれは脾臓のことではないようです。「臓」と「腑」はそれぞれ相互に表裏の関係に連帯している(経路)ので全く関係ないように見えるものが繋がっていたりします。

五臓 肝、心 脾、肺、腎

五腑 胆、小腸、胃、大腸、膀胱

五主 筋、脈、肌肉、皮毛、骨

五官 目、舌、口、鼻、耳

例えば肺と大腸、心臓と小腸は経路でつながっているのでそれを鑑みながら治療していくのです。「耳」は「腎」と繋がり「鼻」のトラブルは「肺」や「大腸」に関連する・・・・・・

これからまだ「五味」「五欲」「五過」とあるのですが、これを全部書いていくと明日までかかりそうなくらいなのでまた折をみて、小出しにいたしましょう。

あーしんど、お疲れ様でした。良い復習になりました。
次回はもっと概念的な「気・血・津液」のお話です(汗)

Img_20140812_101219


講師の方が毎回「はと麦」を薦められるので富沢商店でゲトしてみました。180gで500円くらいでした。お安くはないですね。水でよく洗って3時間以上つけてから白米と普通に炊きます。ぷにっとした食感でクミョンは好きです。

Img_20140729_190308

オクラの花の中にこんな可愛い物↑が存在していました。これがあのオクラになるのでしょうか?横の物体は皮を剥いたヘチマです。これは本当に内熱を取ってくれる美味しいスープになるので見つけたら必ずゲトします。湯がき過ぎ注意です。

立秋は過ぎましたが旧暦では本日8月12日は7月17日なのでまだまだ暑さ真っ盛りが続くわけですね。因みに9月23日秋分の日でようやく8月30日です。で、頭こんがらがりそうですが今年は閏で10月に9月が2回あります。昔の人は閏をどうして過ごしていたのでしょう?お誕生日が2回来る人もいるわけで、不思議です。

暑い夏の日に長々とお読みいただきありがとうございました。

END

 

2014年8月 9日 (土)

Neo Thai @大阪市福島区福島1-4-39

P1100223

台風の影響で朝から曇り空、こんな日はウォーキングにぴったり。大阪に出かけてみました。そうだ 「あれ」 を食べに行こう!!

東西線新福島駅から5分弱、タイ料理 「Neo Thai」 さん。この幅がお店の幅です。とっても素敵なHPから想像すると全く違うお店に見えてしまった(ごめん)。一階は厨房とカウンター4,5席のみ。まるで横の歩道と境界線がなさそうな席だったので2階で食べることに。

P1100214

ここから入っていいの?みたいな入口から急な階段で2階へ。
もしかしてこれは以前カフェだったとこを丸ごと居ぬきですかな。

P1100215

窓際にひっそりとメニューが。そうさ、これよ。世界一美味しいとアメリカのフードコラムが認定した 「マッサマンカレー」 お化粧室はもろ東南アジア並み。ちょっと不安に体を震わせながら待つことしばし。

P1100217

来たあ!!マッサマンカレー!!

ご飯はジャスミンライス、揚げ春巻きとヤムウンセン、スープも付いて800円。

P1100220

ん。。。。。。全く辛くなく、どちらかというと甘味が強い。いろいろ炊き込まれた味はするがかなり普通。ジャガイモが大きな顔をして沢山入っています。あとは人参と肉片少々。刺激ゼロ、お子ちゃまでも食べられそうなお味です。横のヤムウンセンを不用意に食べたらめっちゃ辛かったけどね。

検索すると「マッサン」とは「イスラム教の」という意味で、タイ南部のイスラム教の信者が食べられない豚肉の替わりに鶏肉を使用し普通タイではあまり使われないスパイスを使って作るカレーの様です。

P1100218

スープがお口直しになり美味しかったです。マッサマンカレー初体験、世界一美味しいか?ときかれたら「道頓堀の今井のうどんの方がなんぼか美味しい」と答えたいです。しかしこのお店だけで判断は下せないのでまた機会があればマッサマンカレーに挑戦してみましょう。

P1100237

この日は福島エリアから梅田まで大邱リュックを背たろうてウロウロ。歩くと大阪の地図がなんとなく頭に入りました。堂島川沿いに建つリバーフォーラムのカフェへ。

P1100232

本拠地はハワイの 「ボガーツカフェ」 さん、日本初上陸だそうな。川沿いにはテラス席もあり天気が良ければもっとハワイだったのかも。この頃から外は大雨になりました。

P1100228

気づくとタイカレーから20分も経っていないのにパンケーキ食ってます私。
辛いジンジャエールをお願いしたのに甘い方が来た。ま、えっか。

P1100230

ココナッツ風味のハウピアソースをトッピングに追加しました。
う・・・・ん、エッグスシングスや遠い昔淀屋橋で食べた方が口に合ったわ。ここはお食事系のパンケーキやエッグベネディクトなどが豊富に揃っているので次はランチに来てみましょう。

奥のくつろげそうなソファ席やテラス席は予約しないと座れないシステム。
雨の合間をみて梅田まで20分ほど歩きました。四国のよさこい、淀川の花火大会、その他もろもろのイベントが集中るすこの週末、いじわるな台風が関西を直撃しそうです。

そうそうハワイと言えば今22年ぶりに2つのハリケーンに襲われています。「イゼル」はもう通り過ぎたでしょうか?次は「フリオ」が来るとか。滞在中のこてさん&たまちゃん、今日帰国の御予定でしたが・・・・・飛行機は飛んだのでしょうか?ご無事を祈ります。


END

 












2014年8月 7日 (木)

貴陽 @芦屋市東芦屋町2-14

P1100204

AMAは暑くて暑くて、セレブーな町芦屋は少しは涼しかろうと来て見ましたが同じように暑かった。そんな日の中華ランチは一か月ぶりにお会いするK女史と。

以前利用したフレンチの「北じま」さんと同じビル、JR芦屋駅から北西に5分ほど歩いた閑静な住宅街の中にあるエクセレント芦屋の2階に今年の3月オープンされたそうです。実はこちらの中国貴州出身のマダムもクミョンがお勉強している薬膳教室の生徒さんだったとか。そんなご縁で来てみました。

P1100182


シェフのおすすめランチ(2500円)を頂きました。 まず前菜登場。

蒸し鶏、冷製クラゲ、手前の人参は飾りもの?かぶりついたけど味が無い。ちょっと古式ゆかしい前菜ですね。厨房内はシェフお一人できりもり。御影の蘇州園に以前おられた方だそうです。

P1100184


点心3品。手前左は小龍包でした。どれも丁寧に作られており美味しいです。

蘇州園というから江南料理のシェフかと思いましたが香港料理と書いてありました。点心を頂くとき日本人は醤油やお酢に最初からつけてしまう人が多いですが何も付けなくても美味しい時が多々あるのです。ここの様に黒酢を用意しているお店ではほんの少しだけ付けたりしますがクミョンは普通つけない派です。

P1100188


海鮮スープ 海老や野菜が賽の目に細かく切られ、お味はとてもお上品。

お見えのお客様も近所の老夫婦やご婦人のお集まり、そうそうここは芦屋でした。なんだか空気が薄く感じるのは気のせいでしょうか?

P1100190


揚げ物2品。 

海老と春巻き、春巻きは自家製と説明がありました。

P1100192


シェフのおすすめの一品

柔らかい牛肉、パプリカ、パイナップル 酢豚?いや酢牛。

美味しい一品でした。

P1100196


香港麺の焼きそば

これまで上品な薄味のお料理が続きましたがこれは行き成りしっかりとしたお味でした。お料理は以上6品。ランチとしては充分な内容でした。

P1100199


デザートは杏仁豆腐

芦屋の住宅街で頂くお上品中華、あまり驚きのある内容ではありませんでしたがゆったりとお食事できました。ただシェフお一人なのでお料理の間がかなり空くことがあります。短気な方はご注意くださいね。

外に出るとまた猛暑に襲われ10分も歩けない熟女二人・・・・・・

駅前のミスドで休憩。

P1100207


今年の一押し、コットンスノーキャンディ561円。
氷と思ったら駄目ですよ、な半端な甘い物体でした。

カルピスとのコラボドーナツ151円、これもドド甘い。
ミスドに来たら毎度「高っ!」と思ってしまうのは私だけでしょうか?


この日は広島に原爆を落とされた日でした。尊い犠牲の上に
日本はこの70年近く戦争をせずに平和に過ごしてきました。
それは素晴らしいことです。 これを続けましょうよ。
皆さんの孫の孫の代まで。

END








 

 

2014年8月 4日 (月)

みなとこうべ海上花火大会 @モザイク The Oyster Bar

P1100163


北野の帝王の妻まーりんさんのご提案で神戸の花火を楽しく鑑賞いたしました。

今回は花火撮影に集中せず雰囲気を満喫~の為、花火の画像はこの程度で。
やっぱ花火は直接見るのが一番です。


P1100117

モザイクに今年春オープンの 「The Oyster Bar」 6時に受け付け開始、着席した時はまだ↑のように明るい状態。けど・・・・JR尼崎から5時頃新快速に乗った時点で車内満員。神戸駅からここまでがまたものすごい人人人で、普段なら10分もあれば到着するのに改札口からお店まで1時間くらいかかりました。


P1100120


あまり期待はしていなかったのですが、ビュッフェスタイルのお食事もまぁまぁ美味しい。夏なので牡蠣のお料理が少なかったのがちと残念。

P1100119


ラザニア、パスタ、牡蠣フライ、などなど。

花火が始まるまでの1時間ほど・・・・・食べなきゃ!!


P1100122


かなり飲んじまいました。けど飲み過ぎ注意、店外にしかない化粧室は浴衣女子が長くかかるので満員、しかも暑くてパニック状態。


P1100129


↑こんな感じでゆったりと花火の始まりを待ちました。 

回りを見渡すとほとんどがカップル・・・・アラカンのオバハン2人は我々のみ。
それがどうした!!なんか文句あっか?


P1100138


とは言うものの若いということは美しいということ。

近頃の浴衣は・・・・とか文句を言うのは年をとった証拠ですね


P1100144


花火が始まると皆さん大歓声、ゆっくりお食事しながら目の前に広がる大きな花火。ここを選んでくれたまーりんさんに感謝です。この日は雨模様だったのですが始まる頃には止みました。バルコニーも涼しく海からの風が気持ちいい。


P1100168


下を見るとものすごい人、クミョンあの状態はもう無理。


P1100173


花火の終わり頃デザートも登場、撮影したりしてたら長蛇の列が・・・・
食べ損ねました。


諭吉一枚でしたが大満足!!お値打ちありだと思います。
来年は皆さんとここで集結いたしましょうか?

楽しい夜でした。また来年も元気で花火を見られますように。

END







2014年8月 1日 (金)

マダム・イン・ニューヨーク 観てきました

Img_20140801_122808

映画鑑賞は英会話のお勉強のつもりなんですが、おっとどっこい今回はうっかりしてました。半分以上ヒンドゥー語でございます。インド映画なんだから当たり前なんですけどー。インド映画の事をボリウッド映画っていうらしい、映画の中心地ムンバイの旧名がボンベイでその頭文字をとってボリウッド映画、知らんかったわ。

英語が話せなくて夫や中学生くらいの娘にまで馬鹿にされる中流?家庭の主婦シャシ、姪の結婚式に参列する為NYへ嫌々行くのですがそこで彼女は一念発起、内緒で英会話教室に通います。そこを通じて彼女の人生に今までとは違う風が・・・・・


Priyaanandatenglishvinglishmoviepre

主人公の方もめちゃくちゃ美人さんですが姪っ子役の↑彼女とっても素敵。インドの女性はサリーを身に付けると数倍美しくなりますね。どうしてあんなに目がでかい?黒目だけでクミョンの目と同じくらいの大きさだわ。

この映画の監督さんは女性だそうな。インドの専業主婦って辛そう、未だに相当女性蔑視なのね?明るい映画ですがそんな事を思わせる内容でした。

原題は「English Vinglish」 Vinglishって何んのこと?

最後はお決まり、はいはいはいはい 踊るわ歌うわやっぱマハラジャでした。


Images

映画の中で度々登場するラドゥってお菓子が重要な役目を果たしていました。食べたことがないので調べてみるとヒヨコ豆、澄ましバター、砂糖で作るインドを代表するお菓子だそうな。主人公はこれを作る名人、だけど夫からは「私の妻はこれを作るために生まれてきた」と嫌味を言われます。

Img_20140801_122817

梅田のシネリーブルでは協賛?のエアインディアのマハラジャ君が入口でご挨拶。エアインディアが日本に就航を始めたのは1955年だそう。客室乗務員の制服はサリー、機内食のカレーがとっても美味しいそうな。インドに行くなら利用してみたい、けどインドいつ行く?


Img_20140801_154442


鑑賞後、カレーでも食べようかとグランフロントに入ると何やら↑でがやがや。ものすごい太っ腹な試食会を開催中でした。ヴィシソワーズにヴイヤベース、冷製パスタにワイン。ご馳走様、楽しいオヤツタイムでした。ここの瓶詰めのトマトピューレは美味しいですよ、とお返しに宣伝しときます。


Img_20140801_174020

グランフロント1階のお店で、あら?ヤチムンが・・・・と入ってみると六甲のフクギドウさんとのコラボを開催中でした。ヨーグルト用のヤチムンまた増えちゃった。八重岳ベーカリーさんのクッキーをゲトしてみました。素朴なお味です。本部町の山間にあるお店だそうな。お盆までの土日はパンの販売もあるようです。

インドも沖縄も当分行けそうにないなー、お盆の旅行ラッシュは9日辺りからもう始まるようですね。皆さんお気をつけて楽しいご旅行を。

END


 

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »