こちらもご覧ください♪

« 壽三升景清 観てきました!! @京都南座 | トップページ | 阿原 YUAN @大阪梅田ディアモール »

2014年9月 8日 (月)

鱧しゃぶナイト  @兵庫県尼崎市某所

P1100598


アベノミクスがどうのこうの、なんの恩恵もないわなーと思っていた我が家にも

こんなプレゼントがやってきました。 京都吉兆の鱧しゃぶセット。

調べたら(調べるなって?)お値段 3人前さんまんえーん!!

うはうは儲かってる会社もあるんですね。ちょっと「あるお世話」して差し上げた

だけなのに・・・・・ありがーとさーん!!


P1100605


わりと小振りなお重が2段、上のお重には骨切した鱧が2層に。

3層になってる?と思ったら一番下は保冷剤でした(笑)


口上書には京都吉兆嵐山本店で吟味された自慢の鱧を熟練の調理人が骨切しておりますと書いてありました。


P1100609


下のお重には野菜がびっしり。緑の葉はぜんぶ水菜。普通の水菜(爆)

アホみたいにでかくない小振りのプリッとした椎茸、白ネギ、スダチが5個。

包んであるポリにもKITCHO KITCHO とご丁寧にプリントされてます。


P1100600


驚きは鱧よりもこの濃縮出汁とあわせちり酢でございました。

土鍋で出汁に熱を入れたその瞬間、大げさですが尼崎のマンションの一室が

嵐山吉兆になりました。なんとも料亭~なその香り!!

原材料は醤油、食塩、昆布、鰹節。それだけなのにどうして??

特筆すべきは「あわせちり酢」 清酒の香りが際立ってお味は円やかな中にも力強い素晴らしいちり酢でした。原材料の中に抹茶!!隠し味かしら?ただお野菜をちり酢で頂くとちょっと濃すぎて辛いかな。


P1100614


お出汁にさっとくぐらせてくるっとなったら出来上がり。

今年はもう鱧いらないって思うくらい沢山ありました。

けどね、罰あたりそうだけどねクミョンは淡路の沼島で頂いたときの方が感動大でした。

やっぱ鱧の頭と骨をドバっと入れて淡路の玉葱と一緒に食らう、それが正しい鱧の頂き方ではないでしょうか?

料亭の鱧って気取り過ぎててクミョンのお口には合わないの~

P1100612


鱧のお供は以前グランフロントのイベントで頂いたスペインのスパークリングワイン カバ。なかなか美味しい。少しだけどかなり酔ってしまいました。

ふと今振り返ると土日は夫婦で土踏まず。

今夜は十五夜中秋の名月、それもスーパームーンだそうですね。

みんなでお月様に錦織君の必勝をお願いいたしましょう!!


END














« 壽三升景清 観てきました!! @京都南座 | トップページ | 阿原 YUAN @大阪梅田ディアモール »

コメント

なんて羨ましいソンムルなのでしょうか。
嵐山吉兆に変わったくみょん家の香りだけでも、嗅がせていただきたかったわ(笑)
一昨年(だったかな?)例の芹生さんから、ハモ落としやらアマダイやらが
クール宅急便で届いた時は、狂喜乱舞しました。

ビョン様

多分一生行けない嵐山吉兆、香りだけ嗅がせていただきました。
これ送り主は毎年吉兆のお節頼んでるんやと~、勝手にせい!
沼島だと鱧のお料理の後にたっぷりの鱧鍋。〆の鱧卵雑炊が
また旨い!なーんて誘ってみる

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鱧しゃぶナイト  @兵庫県尼崎市某所:

« 壽三升景清 観てきました!! @京都南座 | トップページ | 阿原 YUAN @大阪梅田ディアモール »