こちらもご覧ください♪

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

儀式 大阪駅にて

P1110617

11時過ぎ、大阪駅にコックコートの人達が集合しています。

時刻表にはトワイライトエクスプレス 札幌行き 11時50分発。

P1110616

近づいてみました、横のカートは食材でしょうか?

ユニフォームの点検なども行われていました。11時50分発で最初のお食事は1時からのランチ、1時間しかないので発車する前から臨戦態勢ですね。現在トワイライトエクスプレスでランチを頂けるのは大阪発だけだそうです。

P1110618

整列して列車がホームに入るのを待機。

今年で25周年を迎えた列車は外観などだいぶ年季が入っております。

P1110620

おおお!日本式おもてなしの前屈姿勢、いわゆるお辞儀。

もうちょっと年齢を重ねたら列車の旅もいいかな。


END

2014年10月30日 (木)

グレース・オヴ・モナコ 観てきました

Photo

ニコール・キッドマン主演の 「グレーズ・オヴ・モナコ」 鑑賞してきました。

↑どっちが本物?化粧方法も60年代でとてもよく似ていました、キッドマン女史も美しいですがやはり本物のほうが格上ですね。デコルテに光るジュエリー、ティアラにため息。モナコ王室の許可を得て当時受注したカルティエが正確に復刻させたレプリカだそうな。

公妃のトレードマークであるスカーフとバッグは勿論エルメスから、60年代の上品なファッションがとっても素敵。出てくる人物がまたすごい、ヒッチ・コックにマリア・カラス、オナシスにドゴール。

映画は世紀の結婚後10年近く経った1967年から始まります、子供を授かりながらもまだモナコ王室になじめない孤独なアメリカ人グレース、この映画を見るまで彼女は大女優の座を投げ出したけれどレーニエ大公の愛に包まれて何の苦労もなく幸せに王室で過ごしていた・・・・と思っていました。でもそれは彼女が人生をかけて演じたドラマだったのですね。

公妃が突然逝ってしまった年齢をとうに追い越したクミョン、宝石もケリーバッグもないけれど誰にも鑑賞されない時間は持っています。寒くなってきたし彼女が愛した有馬温泉に入ってまったりしますかな。

それより、見てよ!!このイケメン↓

Pierredop1a

グレース公妃のお孫さんだそうな、なんと美味しそうな!!

こんな映画を見た後はフレンチでも、けどここはAMA、そんな店は皆無。

Img_20141028_125235

いきなり現実感ありありの画像ですみません。

この日のランチは「この辺りでは」美味しいと有名な天ぷらの大川さんで。

Img_20141028_124625

でもうな丼もあるぜよ・・・それも800円。

上天丼900円を頂きました。

Img_20141028_125143

胡麻油で揚げてるのか?色黒。関東系かと思いましたが濃い味ではなく見た目よりあっさりしていました。サラダと小鉢に薄いお味噌汁がついてます。普通に美味しかったです。この辺りはこれ以上は求められない世界でも目面しい不毛地域です。

END



 

2014年10月29日 (水)

大阪くらしの今昔館 @大阪市北区天神橋6丁目4-20

P1110576

天神橋筋6丁目の駅からすぐ 大阪くらしの今昔館 を見学してみました。

住まいの情報センターの8階入り口で600円の入場料をお支払。

展望階からは9階の江戸時代の町を泥棒目線で眺めることができます。

P1110572

火の見櫓などもほぼ実物大に造られていています。

人間国宝米朝師匠の音声ガイドを聞きながら下の「なにわの町」をぶらり歩き。

江戸では板張り屋根の家も多かった時代、大阪はほぼ瓦だったそうです。

P1110570

100円、けれど9階部分のみ数か所だけの説明で少し物足りなかったです。

P1110569

あ! ここもセルカ棒の使用禁止ですね・・・・一脚って書いてある。

でもここって・・・・

P1110582

この人たちも・・・・・

P1110580

この人たちも・・・・みーんな外国人。

着物体験が200円で出来ると有名なスポットになっているそうな。

P1110593

この子達はきっと日本人だろう・・・と思って安心したら・・・

お姉ちゃんが弟に「パリワー!」(早くおいで!) 韓国人やった(汗)

P1110592

犬もニセモンやし・・・・ここってミラクルやわ!!

もしかしたら日本人はクミョンと案内のおじ様だけ?

P1110590

貸家の札は大阪では斜めに張ったそうです。

昔の長屋の一部屋は本当に小さい、これこそウサギ小屋だわ。

炊事場やお手洗いは共同、きっとみんな仲良しだったんだろうな。

P1110595

大きな商家のお手水、木製の男子用が珍しい。

P1110605

8階は近代の大阪、いきなり手抜きか?全部模型。

外国人の方は興味なさげでスルーしてる人が多いからガラーンとしてます。

P1110599

600円も払ったのでじっくり見てみる。

↑明治時代の本町筋。

P1110602

大阪新世界ルナパーク、初代通天閣は今と趣が違いますね。絶叫マシーンや温泉プール、サウナもあったそうな。ニューヨークのコニーアイランドにあったルナパークを模して造られたとか。第二次世界大戦中、火災にあったこの通天閣、その機材は軍事利用されたそうです。今から60年近く前1956年今の2代目通天閣が生まれました。

P1110608

空襲の被害が大きかった大阪の町、戦後は住宅事情が悪く使わなくなった木炭バスを利用して今で言う仮設住宅として使用したそうです。中央に炊事場や洗濯場、トイレなどがあり家賃も安いことから昭和26年頃まで使われていたそうです。

昔懐かしい展示もありました。

P1110600

こんな家具調テレビあったなぁ~遠い目。

うちのは扉があって見ない時は閉めていた記憶が、まるで仏壇。がちゃがちゃと回すチャンネルの感覚は今でも覚えています。

ノスタルジーに浸りながら今昔館を後にしました。

外はいきなりコテコテの天神橋筋商店街が広がります。

P1110610

消費税なし、なのに税込で倒産品?よーわからん!!

P1110565

天七でみかけた看板、下品なダシってどんなんやろ?

P1110563

↑裏側。出た!けつねうどん!!

よく歩きました、タイムアップで天満の駅から環状線に乗りAMAへ。

次はどの町を攻撃しようかな。

END

2014年10月28日 (火)

蕎麦たかま @大阪市北区天神橋7-12-14

P1110549

この日はクミョン一人で天神橋筋界隈をウォーキング&ランチ。

天神橋筋商店街は天六でアーケードが切れますが信号を渡りそれより北にまだ5分ほど歩いたところにこの店はあります。 蕎麦「たかま」さん 人が並んでいるのでそれとわかりますが暖簾も品書きも出ていないすきっとしたいで立ちです。

↑は退店時の1時頃ですがお店の中にも3,4人お待ちです。11時45分くらいの到着で運よく店内の待ち椅子に座って待つことができました。店内は大きな10人座れるテーブルが1卓、他に1卓のみある4人席に通され注文してから待つこと25分。

P1110537

「鴨汁そば」 お汁の器は大きな赤い漆器。かなり濃いめのお汁です。蕎麦を盛る笊が素敵ですね。フロアの女性は女将さんでしょうか?満席で忙しい状態ですが「お待たせしてすみません」とお茶のお替りを、気配りがうれしい。

4人席の内訳は前にご夫婦?と見うけられるお二人。お隣は女性お1人。先に他の方のお蕎麦が出来上がりびっくり、皆さん天ざる蕎麦をご注文・・・あれ?ここは天ざる蕎麦が王道なのかしらん?だし巻玉子も普通じゃなく美味しそう、がううう!!でもクミョンのも美味しいもん!!と心の中で負け惜しむ。

P1110539

ごろっと大きな鴨肉が2切れ、つくねが1つ入っておりました。
お決まりの葱も太葱で美味しい。

P1110541

お茶や蕎麦湯の入れ物が素敵、使いこんだ銅が良い色です。

前のご夫婦は常連さんなご様子です、以前は夜の営業もあったようですが現在は昼のみお蕎麦の切れるまで。やはり天ぷらがお値打ちとかです。よし!次来るときは絶対だし巻玉子と天ざるを食べる、決定ある、あるある。

P1110534

蕎麦の種類が選べると聞いていましたが問われる事なく田舎そばでした。細い!美人に細いお蕎麦。好みのタイプ。あまり香りは立っていません。量は普通。やさしい食べ応えなのでもう一枚はいけたかも。

しかし店内満員、追加注文は不可でしょう。入口近くだったせいですぐ近くに待っている人がいるので少し落ち着きません。日本酒とアテで先ず、という設定は難しいかもしれません。

P1110542

ここ、器がすごく良い。蕎麦湯も濃くて美味しい。
こんなに濃い蕎麦湯は久しぶりで頂きました。

P1110546

店内はすでに満席だったので撮影はできませんでした。座った椅子はこんな感じ。全体的に木でまとめられたインテリアです。ここオキニに追加、再訪ありです。

P1110548

お隣はお寿司屋さんでした。お店の前で唐墨を制作中・・・・

蕎麦たかまに並んでいた女子が「あれ何~?きもちわる~」って(笑)

P1110561

天六に戻る途中でケーキ屋さんみっけ。

食後のデザートを頂きました。

P1110558

店内ハロウィンまみれ・・・・いつからハロウィンってこんなに広がった?

とか思いながらもカボチャ色に目が集中してしまう。

P1110554

「カボチャのモンブラン」 日頃ケーキなんて食べないのに・・・食べた。

タブレットでFBに上げたりしながらしばし休憩。

消化も兼ねてその後は前から行ってみたかった場所へ。

END

2014年10月27日 (月)

レストラン スーフル @神戸市中央区 下山手通3-13-19

P1110510

北野の帝王の妻まーりんさんとランチ、多角的方面から「ここ、コスパがすごく良いのよ」とか雑誌にも載ったりしていたので攻撃することにいたしました。あれ?先日陶芸教室の皆さんとランチした名店「鴻華園」の2階じゃありませんか!

あ、国旗が出てる・・・・不吉な予感が走る。

P1110515

12時半に入店、この日は予約で満席の盛況ぶり。

運転予定だったのでノンアルを頼むとストローが(汗)きっちゃてんか?このナプキンリング、この???な見せ皿・・・・すでにまーりんさんのお顔は曇っています。先着のまーりんさんは入口でかなり長い間立って待たされたそうな。

30人近いお客にフロアはスタッフの女子1人、有能な人ならさばける店内。この女子の接客はまた後述させて頂くとして・・・・・

P1110516

入店してからの印象がもひとつだったのでお高い2900円のは回避して1800円のコースにいたしました。前菜登場 「仔牛肉のピカタ ピクルスのソース」

いきなりメインみたいなお料理ですね、噛みごたえありのお肉。

P1110520

カボチャのポタージュ。普通に美味しいです。

P1110522

メインは豚肩肉もチョイスできましたが二人とも 「ノルウェーサーモンのポワレ ジャガイモのピュレ バジル風味」

火入れが程よく美味しい一品でした。こちらのシェフは神戸の有名処でおられた方とか。それらしい技が現れたお料理。

P1110523

デザート3種 この提示方法ってもう過去の物ではないでしょうか?みるとお高いコースにはデザートにワゴンサービスもあるようです。失礼かもしれませんが、この規模で決してゴージャスと言えないお店の店名にまず「レストラン」と付ける、狭い店内のワゴンサービスは陳腐なものに見えました。

女子は白いテーブルクロスにお花柄の器に喜ぶという先入観が漂う店内。

そして特書きしたいのは、フロア女子のなっていないサービスです。まず笑みが無い、毎日満席の対応で疲れ切ってます私って顔。すべて片手で対応、白シャツ着用の場合決して第一ボタンは外してはいけません。この女子の接客でこちらのお店にかなりマイナス印象。どうしてこれで満席になるのか?神戸って?と思ってしまいました。

たしかに1800円でお安いかもしれませんが・・・・もう一段羽ばたきたいのであれば他のお店の対応や店内をご覧になり改良を求めます。辛口なコメントになりましたがクミョン嘘は書けないのでお許しを。

P1110528

ランチの後元町商店街に移動、このパン屋さん大人気らしいです。
中に入ってみると・・・・

P1110530

パンの種類はたくさんあるようですが2時半の時点で全て売り切れ!!

早めに訪問がいいと思います。水曜定休。

神戸、まだ「行く」ではなく「帰ってきた」という感覚。特に昔からのお友達とこうして会うと引っ越ししたのが嘘のように思えます。もう一年半経つのにね。もしかしたら永遠にこの感覚は変わらないのかもしれません。

END

2014年10月25日 (土)

キュウロク @大阪市福島区福島3-8-20

P1110473

♂の居ぬまに女子会、ヘンリーちゃんのブログで美味しそうだった福島の 「キュウロク」 さんで開催してみることにいたしました。メンバーはK女史、シロチャン、ルーシー・Tちゃん、クミョンの4人でございます。

P1110474

カムジャタンを中心にサムギョプサルなど韓国料理を堪能させてくれるお店のようです。長屋をリノベーション?みたいな店舗です。HPを見るとサムギョプサルとカムジャタンのどちらも食べられる2350円「どっちもコース」というのがありました。我々はこれにチジミとトントロなどなどが加わりお得そうな「もっとどっちもコース」2860円にしてみました。

P1110479

キムチの盛り合わせ、マイルドで倭人好みのお味でした。誰やサイダー飲んどるのは!!サイダー見たらあの歌を思い出してしまうねん!「仁川湾がサイダになってもコップがなければ飲めません~」あ、ナムルの盛り合わせも出ました。

Bで乾杯の後、サムギョプサルから始まります。

P1110484

厚切り三段バラ肉、ぶあつ!!

P1110488_2

スタッフの女子がお肉のカット→並べる→焼く、全部してくれるので我々は食べるだけで楽ちん。お野菜も新鮮なの使ってますね。この鉄板で焼くとまた美味しいのだわ。

P1110489_2

Tちゃんが包む様子を提示してくれたのにぶれた、すまん!!

P1110492

ニラチジミ登場、これがパリッとしてて美味しかったわ!!

P1110493

チジミとくるとマッコリよね、雰囲気でいっときました。趣きのある薬缶が登場、これはもう昭和を通り越して戦中みたいな感じですね。マッコリは普通の甘ったる系だったのでクミョンはあまり進まず。

P1110495

来た!!カムジャタン。すでにお腹9分目くらいまで詰まっていましたが弱音は吐けません。どんどん行きましょう。 予め煮てあるジャガイモが投入されております。

P1110498

ぐつぐつ煮えてきました、スタッフのGOを合図にスタート!!背骨肉は1人2つでした。辛さはマイルドで美味しい。もう少しジャガイモは煮えてる方が好きかも。

P1110504

お鍋の最後はラーメン投入、これが美味しいスープを吸ってまた旨い!!

P1110505_2

〆のデザートはアイスクリームと小さなホットク!!

飲み物とで1人3500円くらいでした。予想以上にお腹満タンでこの後カフェに寄る気力もなく4人は帰路に。おそるべし「キュウロク」おそるべし福島エリア。

人気のお店の様です、行く前は予約必須です。メニューは事前にしっかりお勉強して出かけましょう。2階は普通の座敷になるので足の辛い方は一階のテーブル席を指定してね。

カムジャタン専門 キュロク

END

2014年10月24日 (金)

又三郎 @大阪市住吉区長居2-13-13

P1110426

イグラオンマさんが「気になるお肉があるのよ~ん!」ということで、二人ではるばる長居まで足を延ばしてみました。本格熟成肉が頂けると評判の 「又三郎」 さん。

長居は初めて降り立ちました、御堂筋線or阪和線の長居駅からほど近く昭和な住宅街や商店街の近くにある長居パークホテルの1階にありました。周囲の風景にちょっと不安感が漂いましたがこの店構えを見て安心して入店。

P1110416

入ると目立ったところに大きな熟成庫が鎮座しています。

P1110418

只今熟成中!8月30日って1か月半前からお眠りになっとるわけで。熟成肉は英語でいうところのドライエイジング。こちらでは適したお肉を厳選して2~8週間、湿度温度の管理を厳重にして熟成させていくそうです。

表面は乾燥してカビが生え黒く変色するのですがそのカビが芳醇な香りを放ち、肉の内面では酵素がタンパク質を分解して旨みの元であるアミノ産に変えていくとHPに説明がありました。

クミョンもこの中に2ヶ月くらい入っておこうかしら・・・・・

P1110433

お昼の熟成肉コースにいたしました。

まず「肉屋の前菜盛り合わせ」が登場。美味しかったです!!

P1110437

じゃーーん!! 熟成肉の厚切りステーキ登場!!

二人で100g4200円、150g5800円をシェア。

お店は焼き方にとても拘っているそうで・・・・・

P1110428

炭火を使用、数回火から下ろしながらじっくりと焼きあげるそうです。

HPには40分かかるとありましたが実際は20分で完成のようです。

P1110441

拡大図でご覧ください、想像以上にレアな仕上がりです。

噛みごたえありの赤身、じわーっと味わいが広がります。

美味しくなくはなくなくない・・・・・・が、二人とも一致した意見、普通のお肉を焼いた方が好き。残念ながら期待とはちょっと違った感じでした。アメリカの上級レストランでは熟成肉が主流のようですね。噛みごたえが勝負のアメリカではありなのかもしれません。

P1110446

少し歩いた所に↑支店もあります。
こちらの方がカジュアルなお値段で頂けるようです。

帰りはJR阪和線で天王寺に寄ってみました。

P1110449

アジア各国から、日本の地方から、沢山のお上りさんに混じってハルカス300に初登頂。ひょえーっと高速で60階まで駆け上がるエレベーターの中ではこんな仕掛けが↑。これも青色LEDでしょうか?

P1110451

平日なので当日券ですっと登れましたが展望階はかなりの人です。土日は今でもエレベーター待ちがものすごいのかも。晴れていたこの日、天空の温室のようになった60階は西日でめちゃくちゃ暑く長い時間外を見ていたらふらふらに。

P1110459

大阪の街に大きな影を落とすハルカス300と雲の影が幻想的。ここから見るのは良いですがこれの下で暮らしている方々はこの影に少なからず悩まされているのかも。

P1110452

京都タワーまで望めるらしいですが老眼では見えず。

P1110460

小さな通天閣がみえますか?クミョン城も写り込んでいるはずですが見ていてもわかりませんでした。お天気の良し悪しで1500円の値打ちがかなり違うと思います。神戸からお越しのイグラオンマさんと熟成肉のついで?にハルカス登頂ができて良かった良かった。

P1110464

カフェもある59階で遭遇した上海からの大学生、師範大学で日本語学科を専攻されているそうな。正しい日本語をお話しでした。大阪で楽しい思い出をいっぱい作ってね。

END

2014年10月23日 (木)

ちょっと過激な水曜日 @大阪市北区~住之江

Img_20141015_115512

先週の水曜日、シロチャンとまず向かったのは水曜のランチ限定でカレーを提供している北新地の 「榊原」 さん。へんりーちゃんに教えて貰ってから攻撃態勢に入っておりました。

Img_20141015_115444

2階に上がると金庫みたいな入口が。夜の本格営業はステーキハウスです。

店内は小さ目、カウンターとテーブル数席。カウンターで頂きました。

フロアのおじ様がご主人?楽しいトークで上質な接待はベテランの味。

Img_20141015_114008

ビーフカレーか野菜カレーを選べビーフ↑を指定。辛さも選べます。少し辛いのにしましたがマイルドでした。お肉もかなりどっちゃりと入っています。今回はタブレット撮りで粗々画像になりごめんなさい。

Img_20141015_114016

添えられる、というかメインみたいな薬味がこのお店すごいんです!!

塩辛とカレーって生まれて初めて一緒に口に入れました、不思議なハーモニー。カレーは洋食系のやさしくて美味しいカレーです。水曜の北新地ランチに良いですね。でも開店と同時にお客さんが溢れます。並ぶのを覚悟でお越しください。

Img_20141015_155820

そして食後、30分ほど電車で移動して住之江のこちら↑ インドアサバイバルゲームフィールド 「大阪住之江 BB GUN」 へ。2回目のシロちゃんに連れて行ってもらいました。BBは長いこと打ってないなー・・・もちろん実弾も(爆)

Img_20141015_130735

入口で登録を済ませ初めての場合1時間ほどのレクチャーを受けます。休憩室などでは銃のマガジン(弾を入れる物)はガン本体から外す、フルフェイスヘルメットを必ず装着、などなど細かな注意事項がありました。

連射できるGUNもレンタルできます、最初なので簡単な小さなピストルをチョイス。慣れないので何かと手間取り、ゲームを始めるまでに時間がかかっちゃいました。

Img_20141015_130833

平日の昼間なので来客は多くありませんでした、がクミョン達以外は全て自前のお衣裳?もちろんGUNも自前。こういう方々は何オタクって言うのでしょう?見た感じは普通の優しい殿方ばかりでしたが内に秘めた部分は萌え~ってとこでしょうか?

Img_20141015_144806

↑このおじ様なんて総額いくら?ってくらい・・・・。凝る人は凝る世界。フィールドは2部屋に分かれており1階はオフィスを模した小さな空間で撃ち合います。2階は本格的に敷地面積全部を使い2層に分かれた暗い倉庫みたいな雰囲気の上級者向け。シロチャンとクミョンは可愛く1階でタイマンの激戦を繰り広げました。というか、ちょろちょろ撃ってる女子は男子たちに避けられたようで他の方は2階で遊んでいらっしゃいました。

Img_20141015_144538

BBの玉は馬鹿にできません、当たるとかなり痛いんです。薄着の場合は迷彩服の上下を無料でレンタルできます。シロチャンに上だけ着てモデルさんしてもらいました。友達たくさんで来てグループで楽しむのが一番楽しいかも。初回はストレス発散とまではいかずドキドキ体験だけで終わっちゃいました。

Img_20141015_140824

こんなとこ来てるからってある種の人って思わないでね(爆)

でもBBはやっぱりオモチャですね。アメリカで自衛用にと本物のGUNと実弾を寝室の引き出しに入れていた時がありました。使うことはなかったけど(あったら怖い)あの重く冷たい触感とは全く違います。

この平和な国には徴兵制度というものがありません。スマホは扱えても銃を手にしたことの無い男子がきっと90%以上?そう思うと何かあった時にどうなるのか不安です。まずその何かが起こらない様に猫のくせに虎の真似はしないことですね。

けど・・・・中には、本当に中には、BBから発展して実弾をぶっ放したいって思う輩も出ないとは限らないと思います。そういう人がイスラム国とかに・・・とか思うとちょっと怖い所でもあります。

勇猛果敢な女子は行ってみるべし。料金体系はHPで↓

「サバイバルゲームフィールド 大阪住之江 BB GUN」

END

2014年10月21日 (火)

酒中花 空心 @大阪市西区新町1-21-2 1F

P1110402_2

この日はルーシー・Tちゃんと南堀江を散策、ランチは四ツ橋駅から5分くらいの中華料理 「酒中花 空心」 さんへGO。この図↑は退店時ですが到着した11時半の開店時は10人以上がすでに並んでおりました。

入口が左右に分かれております、向かって右は2階の同系列店 「時ノ葉」 さんの入口。そちらは中国茶でカフェ使いもできるお店のようです。

P1110393_2

ランチは900円、日替わり2種類から選べます。内容は毎週替わるようです。
Tちゃんの選んだメインは海老チリ、プリプリの海老がたっぷりで美味しい!!写ってませんが小さな冬瓜入りのスープも付いてました。

P1110392_2

クミョンのメインは鶏肉の広東ロースト。これもなかなかいけました!!

ランチは火水木金のみだそうです。ジャンルを問わない創作中華、ここ良さげ。人数揃えば夜もいいかもです~!!この新町辺りも楽しそうなお店が点在しとります。再訪ありです。

P1110399_2

↑2階のランチは激辛そう・・・・・

Img_20141014_114135

↑お化粧室の中も賑やかで寂しくありませんでした。

えらいあっさりしたランチですねってか?私たちここに来る前に・・・・

Img_20141014_105633_2

神戸からお越しのTちゃんと待ち合わせは松葉前と決まっております。

で、この辺り阪神百貨店の改装に伴い工事に入るのでこのお店退去勧告を受けいつ閉店しちゃうかわかりません。女子二人でしたが攻撃しときました。

Img_20141014_105838_2

この時11時、午前Bいっときました。

ここの鶏がカレー風味でめっちゃ旨い!ここの閉店断固反対です!!

P1110412

南堀江のブティックを一通り舐めまわした後、心斎橋商店街のこちらへ。

日本初上陸、あの!食べた後きーんとしないカキ氷が食べられる 「雪のはな」 さん。ZARAの隣のビル、奥の方に入口があります。お店は熟女が一歩引いてしまうほどかわいいです~!!2階にも席がありました。近くにもう1店舗できたみたいですよ。

P1110410

「きなこ雪」を二人でシェアしました。韓国のソルビンにマジそっくりです!!ただ大きさは3分の2くらいかな。系列店ではないですが韓国のソルビンで研修?を受けた方がオープンしたみたいです。

この溶けにくいサラサラの氷はどうしたら出来るのでしょう?スタッフに聞くと水だけでなく何か?を一緒に凍らせるらしいです。サイトによると練乳や砂糖を少し加えると溶けにくい氷ができると出てきますがここの氷だけを食べてみても甘さは感じない、謎。

P1110405

メニュー内容も韓国と同じです。ただ、何回も書きますが大きさは同じではありません。1人でも食べられちゃいそうな大きさです。お値段は700円~、韓国は9000wくらいからなので日本の方がお安く試せます。私たちは飲み物もオーダーしましたが韓国風に氷1つをシェアでもOKみたいです。

P1110403

よく韓国のかき氷は混ぜる、とありますがこちらのお店は本国でも「混ぜないで」!と注意書きがありますので混ぜないでどうぞ。

Tちゃんとの楽しい大阪巡りでした。またお越しやすー!

END

2014年10月20日 (月)

2014 9月 ソウル旅最終章

P1110198

9月のソウル旅から早いものでもう1か月・・・とうとう最終章でございます。

え?まだあったんかって?誰も終わったとは言うとらん。

どばっと登場は大人気ソルビン(雪氷)のインジョルミ(きな粉餅)ソルビン。
ランチの後に仁寺洞のソルビンへ、ヘンリーちゃんとご一緒に伺いました。

P1110200

ソルビンは釜山発祥のカキ氷のお店です。日本の製菓学校を卒業した女性が始めた小さなお店が現在大ブレーク、今は韓国中にお店が出来ています。この細かい氷、不思議です。溶け難くてやさしい冷たさ、食べた後も頭が痛くなったり全くしません。きっと暖房の中なら冬でも美味しく頂けそうです。

2泊3日のソウル旅で2回行っちゃうほどファンになってしまいました。

P1110019

持ち帰り用の袋も販売されていましたが・・・日本までは無理よね?
実はね・・・同じものが日本でも食べられるんですよ、その内容は後日。

この後ヘンリーちゃんとお別れして帰国の途に・・・・・でも今回またもやクミョン微妙な一発をやらかしちゃいました。最後に失敗談をお届けして最終章を閉じたいと思います。

P1110117

ランチのお約束時間まで少しあったので仁寺洞入口で開催中の伝統工芸フェスを一回りしてみました。チマチョゴリ姿で伝統菓子をつくる女性たち。

P1110112


あ!蓮の花茶を作っていらっしゃいます。

P1110111

残念ながら開催時間前だったので試飲が叶わず残念です。

きれいですねー、飲んだら美人になれそうです。

P1110104

柿染の体験が出来るブースがあり↑の先生ご指導でしてみることにしました。とっても朗らかな先生でしたよ。

P1110099

白いパンツに飛ばないように気を付けながら、力を入れて生地に柿渋を入れて行きます。モミモミすること5分くらいで出来上がり。

P1110107

染めたものを水洗いして乾かします。左のハングル模様のがクミョンの作品です。乾くのに時間がかかるとかで「ランチの後で取りにきまーす」とヌイジョへ。ご機嫌さんでヘンリーちゃんと美味しいランチ・・・・もうお分かりですよね?はい、クミョンの染めたハンカチはソウルの風に揺られたまま放置されました、ソウル駅で空港までの列車に乗る時に思い出しましたが時すでに遅し。

3000wだったので被害は少ないですが、ちーと寂しい思い出になりました。


P1110124

皆さん、帰国日は何かと気が抜けますので忘れ物にご注意くださいね。

今回は2泊と短い期間でしたがいっぱい楽しめました、韓国って行くとまた行きたいとこが増えちゃうのが困りもの。エンドレス状態、ほとんど病気。

ランチを頂いたヌイジョの向かいがあの有名店チリサンでした。
番犬?にしてはヌモーとしたワンコにもさようなら。

へんりーちゃん、あっちゃん、ご一緒くださりありがとうございました!!
そしてYuiさん、これからもギャラリーでのご活躍を楽しみにしています!!

2014 9月のソウル旅、最後までお読み頂きありがとうございました。

END

2014年10月18日 (土)

ラ・ルッチョラ @大阪市福島区福島 6-9-17

P1110374

六甲での女子会で話題に上がったイタリアンをシロチャンと攻撃してみました。福島の「ラ・ルッチョラ」さん。大阪駅からも歩ける距離でしたが新福島駅から歩きました。この辺りもイタリアン激戦区ですが古参の部類に入るお店だそうです。

イケメンシェフとイケメンスタッフのいるお店とかで有名・・・・・

決してそれを確かめにいったわけではありません、悪しからず。

P1110353_2

予想より小さ目のお店でした。12時頃には満席です、やはり人気のお店のようです。厨房はシェフお1人、フロアの男子がお1人。お二人とも体格がよく「昔野球やってましてん・・・」みたいな(違うと思うけど)雰囲気です。

それはさて置き、今回は1500円のランチを選択しました。

P1110355

前菜登場 「モッツアレラチーズと焼ナス」 

ドレッシングも爽やかで美味しい。丁寧に盛り付けてあります。

P1110360

シロチャンがチョイスの鯛と小松菜のパスタ+800円?だっけ、彼女が苦手なあさりは全部クミョンが頂きました。それ以外に何か入っていたような・・・・・かなり前の訪問で失念。シロチャンごめんなさい。

P1110362

クミョンの「塩漬け養老豚のトマトラグースパゲティ」

美味しい!!人気の訳はイケメンだけでなく美味しいからですよ、ここ!!
麺はクミョンの認識するスパゲティより細め、ソースの絡みもいいです。
評価でパスタが固めと書いてありましたが普通でした。

P1110370

デザートのパンナコッタ。横のお二人が2500円くらいのコースをご注文で眺めていたのですが、クミョン達の内容の方がリーズナブルだと思いました。ここ、夜にアラカルトで再攻撃したいです!!いつかまた女子会いたしましょう!!

夜のメニュー貼り付けとくけん!!

P1110372


昔昔大昔、梅田の阪急百貨店で英国展とかが開催されておりました・・・・・

P1110377


美しい方が陶器に細かいペインティングを施しておられました。「何歳くらいなんだろ・・・」とか思いながら何気にネームカードを拝見したらシェークスピア!!そして描いている絵もシェークスピア!!思わず「おたくさん、もしかしてご子孫なのでしょうか?」と質問してしまいました。微笑みながら「うふふふ・・・・全く関係ないんですよ、名前だけ」って。紛らわしいんじゃ!!

別のブースで女性が写真に加工をして不思議な妖精の絵にしている展示がありました。その女性作家の横で暇そうに座っている男性がおられました。クミョンも暇だったので少しお話をしました。旦那さんだそうです。「妖精って本当にいるのかしら?」「僕は小さい頃家の近くのブッシュで見たことがあるんだ」・・・・・・・手のひらに乗るくらい小さくて男の子か女の子かわからなかった、と真剣な眼差しで語られました。これや!これなんや!イングリッシュユーモアって!!なんか楽しいぞイギリス人。

P1110379

皆さんメイドインチャイナやメイドインベトナムのピーターラビットグッズなどをを買い求めるのに列をなしておられました。あほくさ・・・・・・

イギリス女性が能勢で創立したNPO、飼い主のいない猫さんや犬さんを保護しているARKがブースを出していたのでカレンダーをゲトしました。

能勢の森の中にあるARK、広い敷地にノーリードで自由に生活する動物たち。寄付のみで成り立っている施設です。少しでも協力をと思いました。

新之助がお星様に帰って行った後ここを訪問してみようかな。

アニマルレフュジ関西 ARK

END

2014年10月16日 (木)

うろん江口 @大阪市中央区上本町西3-3-25

P1110280

大阪に詳しくないのでこれから町ごとに探訪する機会も設けたいとおもい、この日は谷町6丁目界隈をぶらついてみました。だいぶ前の出来事ですがご覧くださいね。

地下鉄谷町6丁目から歩いてすぐの空堀商店街、ここもまた地域密着型の昭和な商店街ですね。その横道、古くからある煉瓦重ねの階段下にたたずむおうどん屋さん。某雑誌で見てから来てみたかったのでお昼ご飯に決定。

「うろん江口」さん、うどん ではなく うろん 。

P1110266

古民家を内部改造して利用されているようです。奥に長い和モダンな心地いい空間、各所の置物やテーブルの趣味が良いです。いろいろぐるぐる見回す。1時半くらいだったのでクミョンの他は女性客がお二人のみ。静か。

P1110262

落ち着いた雰囲気の女性がそっとこのメニューをテーブルに。
後でわかりましたが厨房で麺を作っている息子さんとお二人で運営。

P1110263

↑お昼はこの中から。シンプルすぎて逆に悩む。

P1110274

席の前、階段下が食器棚になっていました。
おうちで使ってみたいような器が沢山揃っています。

P1110270

まつこと20分弱、きれいなお膳で「うろん」登場。今回はざるうどんにいたしました。お汁を入れる器には金継ぎが施されています、アンティークだと推察いたしまする。

P1110273

エッジの立った光り輝く麺。しっかりした噛みごたえ、丁寧に作っているのがわかります。大阪は腰抜けうどんの本場ですが四国色を出さずに豪麺で勝負している貴重なお店ですね。

P1110275

ふと下を見ると金魚が泳いでおりました。蟹さんもいるし。

こちらは夜に和食で日本酒そして〆にうどん、が表の顔のようです。

P1110277

2時前には完売してしまうようです。お昼は早めにお越しください。

この辺り空襲による被災から免れた所なので古い佇まいのお家も多く残っています。よき時代の大阪がビルの谷間に残っていました。

P1110294

P1110295

今にも消えてしまいそうな景色をみることができる貴重な界隈です。
空堀商店街をブラブラするのも楽しかったです。

P1110290

町歩きの途中で見つけたカフェ。入口は・・・・開けっ放し。
お!!隣はミシュラン☆のお蕎麦屋さんです。この日は定休日なり。

P1110282

それがそれが中々素敵なお店でした。「cafe nest」 さん。

前の公園から聞こえる子供の声、秋の午後の乾いた空気がきもちいい。

P1110286

うどんランチの後30分経たずにこんなの食べちゃいました。

カロリー消化しなきゃ。ずずずずーーーんと本町駅まで歩きました。
少しづつですが大阪の地図が頭に入ってきました。

次はどこの町を歩こうかな。

END

2014年10月14日 (火)

野草韓定食 ヌイジョ @ソウル特別市 鍾路区 仁寺洞14キル 27

P1110123


帰国前最後のお食事はへんりーちゃんと仁寺洞の脇道にある韓定食のお店 「ヌイジョ」 さんで頂きました。ヌイジョは農業の神様の娘さんのお名前だそうな。趣きのある韓屋を使用した造りです。

P1110127


門から入った小さなお庭にも韓国らしさが漂います。

P1110129


前日の夕方、Yuiさんが予約する為ご一緒して下さいました。こちらの女社長さんとも懇意になさっているようで、一室だけあるテーブル席の個室が用意されておりました。

P1110141

へんりーちゃん、今回はいっぱいおつき合い頂きありがとうございました。

お蔭で一人旅でも全然寂しくなかったじぇい、で乾杯!!

あ、ビールで最初の一品 「山野草のサラダ」 が隠れてしまっとる・・・・

P1110140


「根菜包み」 ツルニンジンなどを薄切りのジャガイモで包みます。

P1110143


こちらは化学調味料は一切使用せず、野草でつくったエキスを基本の味付けに使うので野菜独自のお味が楽しめる体にやさしいお料理です。一度にテーブルに並ぶのではなく一皿一皿お店の方が運んでくださいます。


P1110144


「季節の野菜を焼いたチジミ」 お上品でございます。

B級グルメに飽きたときなど・・・・・よろしいのではなかろかね?

今回は一人38500wのコースにしましたが、他に27500wとランチのみ18000wの定食もあるようです。18000wのコースは一人でもOKみたいです。


P1110146


「エゴマのスープ」 濃厚なエゴマの滋味が楽しめました。

見た目よりお味は淡泊。真鍮の容器と良く合います。


P1110149


「真蛸炒め」 これが驚くほど柔らかく美味しい一品でした。

ビールが進むくん、辛さもそんなに強くありません(個人差がありますが)


P1110156


「野草エキスで煮た豚」 添えられた漬物系と一緒に頬張ると美味。

使用の陶器も素敵なものが使われています。


P1110164


「韓国風牛肉焼き」 メニューに書かれた内容でお伝えしていますが牛肉?って感じですよね。薄切り肉に衣をまとわせて炒めたものです。お肉もあくまで上品に。

マッコリも頂きましたが普通のマッコリでした。


P1110166


「薬草メロー蒸し」 これもメニューからは想像できない一品でした。メロは銀むつ?でしょうか。少し漢方のような香りがしました。

ここまででかなりお腹はいっぱいになってきましたが・・・・・・油断大敵!!

P1110170

最後の〆は野菜たっぷりのテンジャンチゲと各種おかずがどーんと登場。

P1110182

ご飯にオカズを乗せて野草ピビンパにして頂きます。

P1110174

そして別に蓮の葉ご飯も登場・・・・・満腹すぎ!!

でも重くもたれるお料理は皆無なのでほぼ完食いたしました。

品数も多くゆっくり楽しみたい時は最低でも2時間はみてお越し下さい。

地下鉄安国駅6番出口から行ったほうがわかりやすいと思います。


P1110189

この日別室で行われていた1歳のお誕生を祝うお席。

このお祝いはトルジャンチというのだそうな、盛大に行うことが多くこのご家族もプロのカメラマンと助手を手配して撮影、親族の方が集まって大変賑やかでした。お母さんが見えなくなって号泣寸前のこの子、これからどんな人生を歩むのでしょう。

END

































2014年10月12日 (日)

神仙ソルロンタン@ソウル特別市鍾路区仁寺洞152

P1110038


神仙ソルロンタン(シンソンソルロンタン)、なんで今さらってくらい有名なお店なんですが最近ソウルに行くたび泊まるホテルのすぐ近く、仁寺洞キルに2012年支店が出現したそうなので朝ご飯に選んでみました。お店もまだ新しくてきれい。



P1110027


朝8時の仁寺洞は↑こんな感じ、でも昼間は道路が見えないくらい人でいっぱいになります。昔は骨董品のお店が多く趣きがありましたが今は完全観光化されています。シンソンソルロンタンは24時間営業の支店が多いのですが仁寺洞店は朝8時から夜11時の営業だそうです。


P1110042

ソルロンタンを朝食に食べる人が多いので開店の8時過ぎで店内すでに満席近くうまっておりました。テーブルに備え付けられたキムチの容器、最初はスタッフが切り分けてくれます。白菜キムチも大根のカクテキも美味しい!!ここのキムチはとてもマイルドで倭人の口にもやさしいお味。ソルロンタンもキムチも持ち帰り可能です。

P1110031


注文は普通のソルロンタン7000wにしましたが豆腐ソルロンタン、マンドゥ入りソルロンタン、などなどお肌プルプルになるトガニタン(牛の膝軟骨のスープ)もあるではないかい!知らないということは恐ろしい。けどここでの朝食となるとやっぱソルロンタンかな。

多分7,8年ぶりにこちらのソルロンタンを頂きましたが、さすが1980年からチェーン展開を始め繁盛しているお店は侮れません、美味しいです。お肉もほろっと柔らかく朝から食べても胸焼けゼロ。

P1110047


同じ仁寺洞キルにある珍しい英語表記ではないスターバックス。

P1110046


この後荷物の整理をするので↑は部屋に持ち帰りテレビの韓国ドラマ(当たり前やん!)を見ながら頂きました。今回もお宿は近くのセンターマークホテルでした。コンパクトで掃除も行き届きお気に入りなんですが相変わらず廊下の話し声やドアを閉める音が深夜に響き1回切れました。どこの国のヤカラかがわからなかったので「うるさい!」と叫んだらすぐ静かになりました。日本語は「おもてなし」同様「うるさい」も通じるようです。良いホテルでも宿泊するお客さんのマナーが悪いと困りますね。

P1110052


ホテルのチェックアウトを済ませて約束の時間まで仁寺洞を散策しました。

もう目新しいこともないなーと思っていたら↑こんなオサレビルが出現していました。名前は「マル」 仁寺洞の表通りから少し奥まったところに建っています。

P1110061


つい最近オープンしたばかりでした、今回チェックできてラッキー。

この時点で10時くらいだったのですがまだ準備途中のお店が多く・・・・・・・

P1110070


4階くらいまで上がったり下がったりして開店前のお店を散策。内部もオサレーな設計になっています。近くに古くからある「サムシギル」という大型施設がありますがそこよりぐっと大人な場所です。

P1110075


↑このお店めっちゃ気になったけど入店できず。

次回のお楽しみにとっときました。

P1110057


プラントショップの奥はカフェになってました。良い感じ。床には木のチップみたいな物が敷き詰められて・・・お掃除大変でしょうね。入りたかったけど近寄ると「まだ!」って言われたのでまた今度。

P1110066


3階だったかかな?素敵なディスプレイだったので覗いていたらオーナーさんが到着、ご覧下さいとドアを開けてくださいました。NYの有名なデザイン学校を卒業された方がオリジナル製品のみを展示販売、かわいいピアスがあったのでゲトしました。30000w位からお買い物できます。

P1110080_2


ゆっくり見ていたら2,3時間はかかりそう。

P1110079


似顔絵のお店もありました。さ、通りの方も散策してみましょう。

P1110084


今回のソウル旅で目についたもの1位がこれ、ピンクのシャツのお兄さんが手にしている「セルカ棒」と呼ばれる物体。最初何もってるねん!って思っていましたら、これ自撮り用の伸縮自在棒でした。結構持ってる人が多いんです。

P1110088


ほれ、この自転車の兄さん(多分中はおっ様)も撮ってる撮ってる。先端の部分にスマホを取り付けてタイマーを使うか別売りのリモコンを買うかして撮ります。手にもって撮ると自分達の顔くらいしか写らないけどこれを使うと背景も入る自然な記念写真が(寂しく1人でも)撮れます。日本でも流行・・・・・するかどうかは不明です。

さてさて最後のランチ時間が近づいてきました。
Yuiさんご推薦の韓定食のお店へ向かいます。

END

2014年10月10日 (金)

LA LANTERNA di Genova @大阪市北区中崎3-2-8

P1110342


梅田から歩いて15分、昭和が香る中崎町。コテサン+タマちゃん+シロチャン+クミョンの4人でイタリアンディナー。ずっと前~から訪問したかった 「ラ・ランテルナ・ディ・ジェノヴァ」 さん。空手に魅せられて日本にやってきたシルビアさんが運営のお店です。


P1110303


中崎町って路地が入り組んでいて何回来ても方向音痴なクミョンは迷ってしまいます。外観はちょっと簡易住宅(汗)風。昼間に見ると少し引く方もおられるかも。でも美味しい物が頂けると聞くとそんなのお構いなし。


P1110313


店内も古民家をセルフで改築した感じです。決してエレガントな空間ではありませんがシルビアさんのマンマ伝来の家庭料理を頂くには最適な空間です。この日は予約のお客さんで満席でした。

P1110317


ここはシェアして頂くのがベストなお店です。まず前菜、4人なので大盛りにして頂きました。フレッシュポルチーニ茸、小エビのフリットミスト、ワカサギ、ポレンタとフォンティーナチーズ。盛りっとワイルド、お味もワイルド。美味しいです。


P1110318


もちろんイタリアンワインと共に。一番奥のお席に通されました。シルビアさん1人で厨房を切り盛り、フロアの女子もこの時は1人なので混み合う場合は少しお料理の間が空きます。話が尽きない4人は食べるしゃべるで超忙しい。


P1110321


「自家製カボチャのニョッキ、ゴルゴンゾーラと胡桃のソース」

これ甘口のクミョンはとっても美味しかったです~!!ワインも進くん!!


P1110323


「広島県産ムール貝 カラスミとミニトマトのソース」

こんなでっかいムール貝お目にかかったことございません。


P1110331


実はめっちゃ熱かったのですが大きさをお分かり頂きたく。コテサンが手のひらに乗せて撮影協力して下さいました。あつつつつつ・・・・ありがとうさん!!クミョンはちょっとムール君が苦手なのでカラスミが美味しいパスタを沢山頂きました。


P1110333


「ジェノヴァ地方で有名なパスタ、トロフィエをフレッシュポルチーニ茸のソースで」

これも美味しかったです!!今までどこで食べたイタリアンとも違うざっくりとした中にも美味があるお料理でした。


P1110338


やはりこれは頂いておかないと 「パスタジェノヴェーゼ」

シルビアさんのご出身地ではポテトを加えるそうで、かなり食べ応えのあるジェノベーゼでした。こちらのお店の味付けは全体的に少し塩が強めです。


P1110343


炭水化物祭りの後は〆に 「鳥取産和牛のタリアータ 無花果添え」

お腹いっぱいになりました。ふと見るとワインが回ったコテサンが別世界に飛んで行ってます。これから先の記憶は飛んでいるそうです。


P1110348


デザートの盛り合わせを最後に頂きました。真ん中のかわいいのはトマトのアイスクリーム、他のも食べたことのない珍しい内容でした。今回の内容で@5800円、イタリアの家庭料理を堪能いたしました。

(飛んでるコテサンは無意識にオレンジの皮を完食したはりました)


P1110302


店名は「ジェノバの灯台」 大阪の中崎町にいながらジェノバで飲み食べしているようなお店です。ここお勧めです!!ランチは土日のみ、2000円弱からあるようです。昭和な町に潜む隠れ家。ご馳走様でした。


END


P1110351

↑こんな高い財布を持ってる人がいました。あっぱれ!!




























2014年10月 8日 (水)

コチャンチプ @ソウル特別市鍾路区敦義洞

P1100984


Garellyのお仕事を終えられたYuiさんとご一緒にサムギョプサルディナー!!

仁寺洞から怪しい雰囲気の脇道を歩いて行くとそこはソウルの庶民派御用達のエリア。観光地のすぐ隣にあるとは思えないこの庶民感!!


P1110003


通るのがままならないくらいに盛り上がった店舗、同じようなお店が何軒も、どこからどこまでが同じ店か区別がつかない。曲がりくねった路地にびっしりとお店が並びます。


P1110006


↑ここってもしかして元駐車場?

お外で食べたら美味しいのは万国共通。


P1100970


↑鍾路ハルモニカルククス、ここも食べてみたいなぁ。ええ雰囲気。

P1100968


連れて行って貰ったお店は化粧室完備でしたが、そうでない場合はこちらでどうぞ。

Yuiさんは日本から来た人をこの路地に連れて行き驚く反応を愉しむのだとか。今回の「コチャンチプ」の若社長さんとYuiさんはもう顔なじみ。


P1110001


この日は週末で大忙し、横へ立への大活躍でございました。

でも笑みは欠かさない、感じの良い方でした!!

P1100978 


店内満員、奥に一席辛うじて空いておりました。

この辺りはすべて練炭使用ですね。近くによると顔が燃えそうになります。

P1100990


ビールを飲みながら、焦げない内に食べるのは忙しい。

白いのはコラーゲンの塊、皮です。お肌のために沢山頂きました。

P1100976


焼く所が真ん中にある丸いテーブルは小さいのでオカズは無しでした。焼いたお肉は葉っぱに包んで、醤油?に漬けた玉葱と一緒に食べても美味しい。

P1100996


「私は歌手です」と自作?のCDを流しながら店内に乱入してきたオモローな方。何も言わずにCDを渡されて10000wです・・・いらん!!返却しても文句なしでまた別のテーブルへ。Yuiさんによるとこの歌手さん、毎日のようにこの辺りを流してらっしゃるらしいです。お店の方は無視。いろんな商売がまかり通る韓国。

P1100999


変な(失礼)歌手さんよりクミョンは壁のポスターに釘ずけ!!

ヒョンヒョンヒョン・・・・・ヒョン・ビン!! かわいい!!

こんな「彼」  はおこがましいので  「息子」  が 欲しい。

デザートは仁寺洞キルに戻り、ここに来たかったんです!!「ソルビン」↓


P1110024


でかい・・・2人で仲良く頂きました。ブルーベリーのソルビン(雪氷)

ここ、実は次の日も行っちゃいました。


Yuiさん、今回はばたばたな訪韓で時間が短くすみません。面白いお店でした。次の日のランチまでお手配頂きありがとうございました。次の機会も面白いお店よろしくです。

END

2014年10月 7日 (火)

Gallery 結 @ソウル市鍾路区安国洞

P1100938


在韓のお友達Yuiさんが運営の 「Gallery 結」 さん。

やっと訪問することが出来ました!! 地下鉄安国駅1番出口から北へ300mほど歩くと左側にこの入口が見つかります。この辺りは駅の南側にある仁寺洞の喧騒からは離れ静かで文化的なお店や女学校、元大統領の私邸、などが点在する素敵なエリアです。

Yuiさんは在韓10年以上の日本人ですがメドゥプという朝鮮半島に古くから伝わる伝統工芸の先生をなさっておられます。組み紐の一種ですが日本のとは違いは器具を使わず指に絡めて造る技法です。

P1100952


中に入ると想像以上に広い空間が広がっていました。メドゥプ、ポジャギ、刺繍、陶磁器など厳選された物が並んでいました。販売もされています。

P1100940


メドゥプと天然石を合わせたアクセサリーが素敵。

こんなのが似合う落ち着いた女になりたい・・・・一生無理か(泣)

P1100946


アンティークの家具も味がありますね。メドゥプと合います。

(後日Yuiさんからのご指摘で、↑は旦那様の韓紙で作る家具の作品とわかりました。旦那様もプロ並みの腕前でございますね。またじっくり拝見したいです!!)

P1100939


体験教室も開催されております。

今回2泊3日だった為に時間がなくなり出来ませんでした。ごめんなさい。

P1100950


教室用の個室が2か所、材料もとても素敵。

手仕事が苦手なクミョンですが興味深々!!

P1100944


↑このポジャギの作品、素敵でした。

P1100948


かわいい針山、昔はお嫁入りの前に作ったそうです。

昔の女性はきっといろんな思いを一針一針に込めてお手製のものを作っていたのでしょう。現在でもお嫁入りの時に婚家の女性が集まって嫁入り布団を作る風習が残っているようです。

P1100949


今回は↑こちらの オ・ジュヨンさん作のお皿をゲトいたしました。これHPで見てから欲しくて、願いが叶い最後の1枚がクミョンを待っていてくれました。

最近はメドゥプやポジャギに興味を持たれ、日本の教室に通ったり韓国に行ったりする方が増えたようです。こちらのお店はそんな方にぴったりです。三清洞の散策も兼ねてお越しください。素敵な「自分へのお土産」が見つかりますよ。

詳しい行きかたなどはHP↓をご覧ください。

Gallery 結

END

2014年10月 6日 (月)

アンジョリーノ 金曜ワイン会 @神戸市灘区烏帽子町2丁目3-15

P1110234


六甲にあるチーズ専門店 「アンジョリーノ」 さん主催の金曜ワイン会、K女史+シロチャン+クミョンの3人で攻撃です。クミョンは2回目の参加です。

ソウル旅レポの途中でだいぶ時間が経ってしまいました。
ご一緒したお二人、ごめんなさーい!!

P1110238


今回は少し参加者が少ないです。8人くらいだったかな?

グラスワインが白2種赤2種、合計4杯がチーズやお料理に合わせて登場。

P1110241


前回は最初に前菜風なものが登場しましたが今回はいきなりチーズです。

巨峰、無花果、熟柿など季節のフルーツと一緒に。


P1110248


2皿目・・・・もまたチーズ盛り合わせでした。

チーズとワインの会なのでアリかな?そして普段味わえないような珍しいチーズを各種味わえるのはこの会ならではです。

ジャムや濃いハチミツ、ドライフルーツなどが添えられていました。


P1110251


メインのお料理はシェフの説明がありました・・・・が今はもう記憶になし。

あっさりとした鶏の一品でした。


P1110255


〆はチーズがどっちゃりと絡まった太目のパスタ。

始まる時は「私ワインとチーズは大好きなのよね」って言ってたメンバーがギブアップするくらいチーズまみれでした。サラダかスープみたいな逃げ場が欲しかったです。

あーもう半年くらい会いたくないわ!と思うほどチーズを堪能いたしました。

美味しいんだけどね、自分はアジア人だなって再確認しましたdown

以上の内容で5500円、お料理らしいお料理が少なかったかも。

今回お1人で参加してらしたこちら↓と同席になりました。


P1110259


もちご本人の許可を得てのアップです。始めてお会いしたとは思えないほど盛り上がったので2次会もお誘いして近所の「ボッカ」さんへ。

北海道から上京され建築学科をご卒業後外資系のハイエンドな家具会社に入社、ヨーロッパ各地で勤務。その後帰国され現在は某大手のポートアイランド店でお勤めだそうです。

グローバルに活躍なさったからでしょう、日本人離れした考えをお持ちです。


P1110261


まだまだ食べる女子4人、このあと東へ西へと解散いたしました。

アンジョリーノさんの金曜会は数か月に一回?不定期に行われるようです。

最近ランチの内容がリニュールされたそうです。1280円から2500円

まずはランチで体験が良いかもしれません。


END

2014年10月 4日 (土)

ノンシルガ @ソウル特別市 永登浦区 堂山洞6街237-42

P1100917


刑務所を無事出所したへんりーちゃん+あっちゃん+クミョンの3人。

お昼ご飯はあっちゃん選定のこちら 「ノンシルガ」 さんへ。

地下鉄堂山駅のすぐ近く、この辺りは同じソウルでも庶民的な雰囲気が漂っています。休日だったので大流行中(最近ずっと?)の山登りルックを着こんだ中年男女が沢山見うけられました。


P1100922


お昼時だったのでほぼ満席、飾り気ゼロのザ・韓国なええ感じの店内。


P1100919


左↑の「特大カルビタン」 9000wに狙いを定める3人。

お肉屋さんが経営しているようで牛肉中心の美味しそうなメニューがいっぱい。
韓牛の焼肉も200g25000wからあるようです、ハムフン冷麺も気になる。


P1100927


だーーん!!来たぁー!!

このてんこ盛りの生モヤシは!! ワイルド過ぎて言葉が出ない!!


P1100928


スタッフのお兄さんはめっちゃ親切、初体験の我々に食べ方を伝授。

「こうやって骨を持ってぐるっとモヤシを肉の下に入れるんだよ」

一瞬で沈むモヤシ、これは驚きのシステム!!


P1100929


完成図、確かに骨付きカルビ超でかいし豪快、食べるのも豪快に3人は女を忘れてむしゃぶりつきました。味付けはいたってマイルド。辛いのが好きな人は自分でタデギなどで調節できます。

これは昼Bが進みますね。このメニューだけが韓牛と違う様ですが美味しかったのでお構いなしでございます。


P1100921


入口左ではお肉の販売をしてました。

撮影いいですか~と許可を得ながら近づくと。


P1100924


いかつい感じのお兄さんが親切に冷蔵ケースのガラスを開けてくれて撮影しやすくしてくれました。なんて親切なんだ韓国人!!これで一皿おいくらくらいなんでしょうね。ええ感じの脂の乗りです。BBQしたら美味しいだろうな!!


P1100930


登山同様最近は中高年の間で自転車ブームが巻き起こっているらしい。

店内にがががーーと入ってきた競輪選手のようないで立ちの5,6人、メットを脱ぐと全員中年のおじ様だったのでちょっと笑えた。でも乗ってる自転車は結構高級?健康志向がもりもりの韓国の一面を垣間見ました。

結論、このお店良い!!次回はお肉を焼いてみたいですね。

あっちゃんのお店選びは渋いですなー、またよろしく。
(今回お店の名前も住所もよくわからず、あっちゃんに教えてもらいました)

堂山駅でお別れしてそれぞれの目的地へ。


P1100933


クミョンは高速ターミナル駅にあるプチプラ服のメッカGOTOMALLに向かいました。

↑韓国のエスカレーターって長ぁ!故障して突然止まったら怖いだろうな。

GOTOMALは2時間ほど滞在しました。長さ800m店舗数600、無い物はないと言われるくらい規模のでかい地下商店街。最近リニューアルされて見やすくなったとはいえ初めてのクミョンは買い物に必死でカメラに手が行かずお洋服屋さんの画像ゼロ。


P1100936


戦い終わってほっと一息。円安でもありオバサンにはめちゃくちゃ欲しい服がいっぱい、というわけではありませんが楽しい所です。2時間で半分しか見られませんでした。次回のソウル旅でも必須の場所と宣言させて頂きます。

2泊3日のソウル旅まだまだ続きます(爆)


END

2014年10月 2日 (木)

西大門刑務所歴史館 @ソウル市 西大門区 峴底洞101

P1100846


今回のソウル旅、こちらを訪問するのも目的の1つでした。

ヘンリーちゃん、あっちゃん、と3人で朝9時半に現地集合しました。

地下鉄3号線独立門駅にある西大門独立公園、仁寺洞近くの安国駅から2つ目の駅なので観光客でも行こうと思えばすぐ行けるところ・・・・けれど日本人は行くのを躊躇する方も多いところ。

今回のレポをお届けする前に、少しお断りしておきます。クミョンはかなり長い間生きている間に左に寄り右に寄り、そして伴侶には中国人を選びました。それ故に今日本にいて日本人としてなんの疑問もなく生きてこられた方には少し心に波が立つ様な書き方もあるかと思いますが個人の意見としてご了承して頂きたいと思います。

現在クミョンは「君は何人か?」と問われたら「はい、アジア人です」と答える、そんなスタンスに立っています。過去は大いに反省し同じ過ちは繰り返さない、どこに住んでいようと共に繁栄していくそんなアジア人になりたいと思っています。

前置きはこれくらいにして、きれいに整備された公園は平和そのもの。右方向に歩いていくと西大門刑務所歴史館が現れます。


P1100857


日帝(今の日本政府と区別するため日帝と表現します)は当時朝鮮半島を統治していた朝鮮王朝が脆弱になっている機を捉え金銭を貸し付けるなどしてその影響を大きくし、半島全土を掌握する併合条約を1910年大日本帝国と大韓帝国の間で威圧的に調印させました。

それ以後終戦までの間、日帝からの独立を勝ち取る為の反対運動が各地に起こり、命がけの闘争の末に捕えられた多くの運動家達が収監されたのがこの西大門刑務所です。大韓民国成立後も独裁政権の時代こちらに反政府運動家が多く収監されました。

今回画像が多いのでお時間ある時にどうぞ。


P1100862


模型を見ると大規模な刑務所であったことがわかります。

現在も一部そのままの状態を保って内部を見学することができました。


P1100865


全国に日帝による刑務所は多くあったようです。↑は大邱の刑務所。


P1100867


当時使用していたゴム靴。日本語の訳はほとんどありません。日本語の案内ガイドは事前に予約すれば受けることができたようです。小学生の団体が真剣な顔でボランティアらしきお年寄りから説明を聞いていました。

自国の歴史を知ることは大事ですが未来にまで引きずって欲しくない、日本を嫌いになる機会になってしまわないか?と思ってしまいました。


P1100877


当時は囚人というと動物的な扱いを受けるのは「当たり前」だったのかもしれませんね。特に独立運動家に対する扱いは過酷なものであったのでしょう。日本国内でも反体制、特に共産主義的な思想と疑いをかけられると憲兵などに捕まり日本人でも同様の扱いを受けたと読んだことがあります。


P1100873


囚人が移動するときなどに被せられる物です、これは日本では古くから使われ2.26事件の将校達もこれを被せられた写真が残っています。特別に朝鮮の人達専用というものではないと思います。

P1100879


韓国のジャンヌダルクと言われる 「柳寛順」(ユ・グァンスン)

1902年現在の天安市に生まれる、両親は1919年の三・一独立運動に参加して死亡。16歳から独立運動に加わり収監されてからも大規模獄中デモなどを強行。1920年残酷な拷問により18歳で死亡したとされています。


P1100884


↑実際のお写真。肝の据わった顔をされております。独立烈士と言われ生まれ故郷の天安市には独立記念烈士祠堂がありロータリーには彼女の銅像が立っています。

彼女の死の真相には諸説あり記録がない部分はかなり推定もあるようです。


P1100880


大きな部屋には犠牲になった人たちの写真が、いったい何人なのだろう。「痛かったでしょう、苦しかったでしょう・・・・」切々と訴える女性のアナウンスが流れます。


P1100882


あどけない少女や子供にしか見えない男の子の写真も多く、見ていて苦しくなる部屋でした。この憎悪が今でも韓国が日本を思う時に残っているのだと、容易くは消えないものであることを理解できる展示でした。

今の日本人には理解できないかもしれません。しかし維新後大きな曲がり角を曲がってしまった日本(NHKのアン花より)、最近そんな曲がり角が見え隠れしているような気がします。こんな蛮行をまた繰り返すほど日本はアホでないことを祈ります。


これ以後深刻な画像が続きます、ご覧になりたくない方はここで止めてください。


P1100894


官舎は長い建物になっていて2階を歩く看守から見やすいような設計になっています。食事は下の小窓から、異常が発生した時に知らせる為の棒がありました。当時囚人同士声は届いたであろうかと思われます、励ましあったのではないでしょうか?

P1100887


拷問の様子をリアルに表す展示が数点ありました。もっと残酷な展示が数多くあったようですが2010年の歴史館のリニューアルに伴い段々少なくなったそうです。


P1100888


↑内側にするどい杭が出ています、これに囚人を入れて箱をゆさゆさ動かすようです。死亡してしまう可能性も大きい拷問です。拷問室はすべて地下にありました。


P1100890


↑背丈に合わせて作られたロッカーのようなこれは長時間立たせたまま放置するものだと思われます。入ってみましたが圧迫感はかなりのものでした。


P1100889


女子は女子房のような特別に小さな部屋に押し込まれたようです。
こちらを見る眼差しに目を背けたくなる様なものすごくリアルな展示でした。


P1100906


↑死刑は敷地の奥に建てられた小さな建物で行われていたようです。この画像では見えにくいですが黒いカーテンの所に吊り輪が下がっています。沢山の運動家がここで散っていきました。

P1100911


↑死刑を執行した後、人知れず屍はこちらの秘密に作られた門から外に出されたようです。奥行のあるトンネルです、中には入れませんが40mほどあるそうです。


P1100914


是非みなさん行ってみてください、とは書きません。けれど我々の祖先が何をしてきたのか?つい70年ほど前に何がこの地であったのか?実際に見て触れてみることの出来る貴重な場所です。今は平和そうに見える日本、これを維持するにはどうすれば良いのか?真剣に考える時期が来ている今日この頃。昔を見て今を思うきっかけになって頂ければと思います。


P1100901


↑当時の調理場がミュージアムショップになっていました。その前に置かれていたご飯を炊く釜。大きさをお分かり頂きたく、あっちゃんにモデルさんをお願いしました、ご協力ありがとう。3人でここを訪れたこと、クミョン絶対忘れない。

END


番外画像。内部に歴代韓国の大事件を紹介する展示もありました。
街中で行われていたこんな検査???

P1100895


ミニスカートが大流行した頃がありましたね(遠い目)
膝上何センチまでOKだったのでしょう?











































2014年10月 1日 (水)

ミジョンククス 0410 @ソウル 仁寺洞

P1100842


今回は2泊なので当たり前ですが朝ごはんは2回、貴重だ。なのに寝坊をしてしまい近所で済ませることに、ホテルからすぐの仁寺洞キルを歩いていて見つけたこちらに入ってみました。

「0410 ククス」 正式名はミジョンククスらしい。0410は何の意味かわかりませんでした。チェーン展開しているようです。ククスは麺のことです。韓国はククスのお店が3歩あるけばあるくらい多いですがクミョン今まで旨いと思ったお店があまりなく、今回も期待薄で入りました。


P1100840


朝8時半だけど店内満席。ここは日本の牛丼屋さんみたいに先にチケットを買うお店の様です。それを知らず席に座っちゃったら、隣のオジ様がお食事中にも関わらず販売機のとこまで誘導してお手伝いしてくれました。なんて親切なんだ韓国人!!「ここにお金入れてね~」「おつりはここだよ~」て、思わず子供になるクミョン。


P1100839


Dumprings Noodle 「マンドゥククス」 4000W

かなり大き目の洗面器、いや器に入って登場。ここは全てカル(カルは刀)ククスではなくただのククスと表示されているので手打ち麺ではないですね。4000wだもんね。現在のレートでは約420円、ああこれも2年前なら300円ほどだったのだ。嫌円安!!

それがそれが・・・・美味しい、意外と美味しかったのです!!!
スープにちゃんと風味がある、麺もいける、餃子とワンタンのハーフみたいなマンドゥがまたプリッとしてて旨い。4000wでこのお味、お腹いっぱいになって朝からしゃーわせ。

人口調味料は使用されているかも・・だけどクミョン味の素で育った世代なんで文句なし。クミョンが食べ始めたのを確認して「旨いだろ?」と言いたげににこっと微笑んで隣のオジ様は帰って行かれました。まるで夕陽のガンマンの様に。

他に辛めのビビンククス、ミョルチククス(アンチョビヌードルと表記されてて笑)、コングクス、お握りなどもあり。ここお勧めです。朝ごはんに迷ったらどうぞ。


P1100831


前の晩遅く地下鉄の駅にて、へんりーちゃんがこれを教えてくれました。

プラットホームと電車との間隔が9cmということらしい。


P1100832


横に行くと今度は8cm・・・・細かい、ホーム上にずーっと書いてあったみたいです。繊細で有名な日本でも「ホームと電車との間があいているのでご注意下さい」と放送がある程度ですよね?誰が8cmと9cmの違いを意識するかはわかりませんが、大雑把なようで細かくそしてまた乱暴なようで穏やかな韓国。

クミョンを魅了して止まないのもそんなところかもしれません。

END

次は地震の可能性大ですね、備えよう日本!!


















« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »