こちらもご覧ください♪

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月29日 (土)

大邱の中心地を歩く ①

P1120015

紅葉の秋真っ盛りの大邱、ランチの後大邱市観光解説士のイ・ゥオンソプさんに解説して頂きながら中心地を巡りました。本来は市の設定したツアーに参加しなくてはいけない所ご無理していただきました。ありがとうございます。クミョンよりお若いので親しみも込めてこれからはウォンちゃんとお呼びさせて頂きます。

ウォンちゃんの日本語は驚く程上級、もしかしたらクミョンんちの♂よりお上手かも。ヤクチョン食堂のあるジンコルモクにどうしてお金持ちの住まいが多かったか、ウォンちゃんが教えて下さいました。近くの表通りに家を構えると偉い人が通る度に挨拶の為頭を下げなくてはならず、それを嫌った金持ち達が裏通りに家を構えるようになったとか。

P1120010

今は中に入るとこは出来ませんが戦前からある小児科病院跡。大邱で初めての2階建て住居だそうです。韓国ではオンドルで暖を取るのが基本なので昔は2階建ては想定外。煙突もある立派な洋館にも見えます。もしかしたらセントラルヒーティングだったのかも。セコムしてますね。

P1120017

薬令市のあった通りは今も両側に韓方の素材や韓方薬を処方するお店が並び通るだけでその香りに癒されます。薬膳のお勉強をし始めたのでしっかり見て歩きたかったのですがハングル表記で何が何やら・・・・ウォンちゃんにその都度お伺いしながら散策。

P1120019

こちらで売られているものは韓国産がほとんど、山に囲まれた大邱は韓方の材料になる草木を採集しやすく、また雨が少ない土地なので草木を乾燥させるのに適しているという理由で朝鮮王朝の昔から最大の韓方薬剤市場として賑わったそうです。

P1120022

これ↑はすぐ何かわかりました。ゴーヤです。薬効を調べようと薬膳教室のテキストを見ましたが表記されていません。次の教室のとき先生に聞いてみましょう。

P1120052

いたる所で売っていた↑、何かと思ったら韓方の毛生え薬だそうな。何から抽出してつくるのか聞いてくればよかった。日本で販売しようかしら。


P1120030

そして大邱一番の繁華街、東城路(トンソンノ)へ。楽しみにしていたハヌルホスを訪れました。ハヌルホスは大邱の郊外、八公山近くに本社をもつ大邱発祥の韓方抽出液を使用したコスメブランドです。シャンプーや石鹸がお気に入りで日本でも毎日その香りに癒されています。

↑ウォンちゃん、この日はブラックで統一した装い。素敵ですね。

P1120043

カフェも備えたハヌルホス、大きな瞳が印象的なスタッフの女子、かわいい!

大邱は美人の産地としても有名なんですよ。ソン・イェジン風の自然美人が多くミスコリアも大邱出身者が多いとか。そんな土地で始まったハヌルホス。使うとあなたも美人になる・・・・と思いますよ。

P1120036

2階で石鹸やシャンプーを作る体験が出来るのですが・・・・生憎この日は香港からのお客様に占領されておりました。皆さんすごく楽しそう。了承を得て掲載。終了まで1時間くらいかかるとかで我われはお買い物だけいたしました。

P1120032

お!大好きなフェイスパックがSALEになってる・・・近づいてそのパッケージにあんぐり。こんなところにも主張が。もうどっちでもええやん!!って叫びたくなりました。

KTXに乗っている時、車両内のモニターに「この島は我々のもの・・・」みたいなプロモーションビデオが流れびっくりしました。あれは止めてもらいたい。貴国を楽しく旅行しようとしている日本人も乗っているのだから。

ま、むちゅかしい話しはあっちゃ置いといて。

P1120044

ハヌルホスでお買い物をすると飲み物のサービスがあります!!

飲みながら東城路をぶらぶら、表通り裏通り、大邱の明洞と言われるだけあります。いっぱいお店があって1日では足りないです。次の日も歩きましたが、2日でも足りない!楽しい街です。

え! これ↓何? 持ち帰りカフェにこんなもんが!!

P1120047

中から・・・・・・

P1120050

かわいい女子登場。韓国はカフェが本当に多い。いろんなお店が大手に負けまいと研究?どんどん進化しています。こちらの店名は「タルジャコピ」、甘い女子のコーヒーってとこかしら?

まだまだ続くウォンちゃんと3人の楽しい町歩き、後半は次回へ。

END

2014年11月28日 (金)

ヤクジョン食堂 @大邱市中区南1洞132

P1120008_2

前回の大邱旅で食べ損ねてからずーーーーっと訪れたかったこちら↑「ヤクジョン(薬膳)食堂」 念願かなって今回ランチを頂きました。

ジンコルモク(長い路地)と呼ばれる昔お金持ちのお家が並んでいた小道にそのお店はありました。雰囲気の良い佇まい。

P1120002

中庭を囲んで家屋のある典型的な韓屋。12時過ぎに入店、すでにかなりのお客様で賑わっておりました。大邱市役所観光文化課で活躍中の丸山雅子さん(丸ちゃん)が前もって連絡して下さっていたので席は確保されていていました。ありがたや。

P1110975

客室にあった大きな韓方箪笥、韓方を扱うところではよく漢字を目にします。今は新聞も本も全てハングル表記ですが70年代くらいまでは漢字も使用していたように記憶します。少しだけでも漢字を使って下さったら中国、韓国、日本と理解しやすい関係になるのに。

P1110990

身体にやさしいヤクジョン定食。食べるのに興奮してあまり画像が残っていません。焼き魚がクミョン史上最高に美味しかったです。ピリ辛のスープも良いお味。大邱通の方々が絶賛される理由がわかりました。

P1110984

石窯で炊かれた熱々の雑穀ご飯は海鞘(ホヤ)と海苔の器に移して、石窯が熱い内にお茶を注いで香ばしいオコゲを後ほど頂きます。

P1110995_2

↑まぜまぜして「海鞘ピビンパ」誕生。実は北海道で頂いた時の海臭さで海鞘は敬遠していたのですが、恐る恐る食べてみると・・・・むっちゃ美味しい!!香りはほんのりと漂うのみでまったりとした良いお味。シロチャンは苦手そうなのでお裾分けして貰いたっぷり頂きました。

スンデに続きまた苦手だった物が大好きに変わりました、これって幸せ。

P1110997

お客さんがいなくなったテーブルでなにやら撮影が始まりました。雑誌に掲載されるようです。そうそう、このお店チャン・グンソク君主演の「ラブレイン」とやらいうドラマの撮影にも使われたそうです。


P1110999

日本語も流暢な社長さん、素敵な韓服で自ら配膳もされています。年明けに新潟の温泉へご旅行の予定があるとか。新潟も大邱と同様寒いので暖かくしてお越しください。

P1120004_2

大邱市の文化解説士をなさっているイ・ウォンソプさん(ウォンちゃん)約束時間ぴったりに迎えに来て下さいました。ここからウォンちゃんの説明を聞きながらジンコルモクから大邱のショッピングゾーン東城路を歩きます。その様子は次回に。

END

2014年11月27日 (木)

大邱クリスタルホテル @大邱市達西区頭流1洞1196-1

P1110969

大邱での一泊目は↑クリスタルホテル 

1級ホテルだそうで、外観は普通のビジネスホテルってとこです。

けど入口左に 「クラブ ホバッ」  夜に到着した時はネオンギラギラでした。

P1110968

ホテル前の駐車場に沢山↑こんな車が停まっていました。上記「クラブホバッ」の宣伝カーでした。ホバッはカボチャです。この「クラブ南瓜」って滅茶苦茶ダサいネーミング理解不可能!「今日はクラブ南瓜で飲もうか」って笑。これで大邱の街を走り回って宣伝するらしい。「行く~」ってお客さんを乗せたりもするかは??です。

そこらへんから段々このホテル、心配になってきました。

P1120103

この日も1人一部屋、一泊約7800円。部屋の広さは充分あります。リニューアルしたと書いてありましたが床のカーペットは染みだらけ、窓枠もぼろいし、壁紙だけ張り替えた?ここってホテル?

P1120104_3


トイレとシャワーのエリアはリニューアルされていました。同じ料金ですがクミョンの部屋↑はバスタブなし、シロチャンの部屋はバスタブありでしたが古いまま。

最初に入った部屋はブィーンって機械音がドレッサーの中から響くので部屋替えしてもらったんです。それで部屋タイプが違ったのかも。


P1120105


タオルもアメニティー類も全部トイレの上にある棚に仕舞われていたので見つけにくかった。シャワーのお湯も出が悪かったです。3000円近く安かった前泊の釜山のモーテルの方が良かったような。

極め付けはフロント女子。「予約してあるんですが」ってつたなーい韓国語で言うと「日本語が話せます。日本語で話していいです」って。あまり正式に日本語をお勉強していない方が時々敬語の使い方が変だったりする典型。「いいです」はないやろ?ソウルのレストランでもひどい人がいましたがそれと同類。そして服装、まるでそこらの普通の格好。だらーんとセーターを着てどろーんと対応。予約書を見せても始め部屋はないと・・・え?普通ホテルのフロントって立って接客しますよね?PC見るたびに椅子に座る。

大邱は見どころもいっぱいあり素敵な町なのですがホテルがまだまだですね。え?大金出してもっとええホテル泊まれって?それも一理ありますね。

ソウルで泊まるラマダ系とかアベンツリー系が出来てくれたらうれしいです。同じくらいのお値段でもっとホテルらしい対応が期待できます。

P1110971

悪いとこばっかり挙げて申し訳なかったので良かったとこも。ホテルはこの「パンコゲ」駅3番出口から10秒という近さ。地下鉄利用には大変便利です。3番出口にはエスカレーターもあります。でもこれ2号線の駅だからKTXで東大邱駅に着いて地下鉄で来る場合半月堂駅で1号線から乗り換える必要があります。

西門市場へは頑張れば歩いて行けるし一番賑やかな半月堂駅には2駅です。このパンコゲってどういう意味ですか?昔ここでパンが焦げる事件でもあったのでしょうか?

P1110964

そうそう、釜山⇔大邱は韓国の新幹線KTXを利用しました。今回座った普通車は各車両の真ん中のみ対面席があります。椅子は回転できないので半分はずっと進行方向を背にして座ることになるみたいですね。座席は飛行機の席とあまり変わらないくらい狭いです。昔のムグンファ号なんかの方が断然広くて寛げそう。もちろん速度はKTXが早いです。大邱からソウルへも1時間40分くらいで行けます。

P1110967

今回日本からネットで予約しました。席は選べません、ですのでソウル釜山間など2時間以上乗る時は2000円ほど高くなりますが一等車を利用した方が席は方向を変えられるし2-1配列になるのでかなり楽でしょう。

一等車でソウル釜山の約2時間半を乗ってもw74600(約8000円)普通車でw53300(約5700円)、韓国は交通費が安いのでうれしい。今回の釜山~大邱は46分乗車、普通車でw14400(約1540円)

日本語でチケットが購入できます。


KRの駅のチケット売り場窓口で発券します。↑には出力してと書いてあったのでプリントアウトしましたがパスポートと予約番号だけでも発券してもらえます。自動販売機も利用できるようです。席を指定したい場合は窓口で直接買いましょう。季節や曜日によって混み合うことも考えられるのでお早目に。

END

2014年11月25日 (火)

かき金 @尼崎市神田北通1-6-3

P1120408

尼崎に引っ越ししてから冬の楽しみといえばこちら かき料理専門「かき金」 さんで牡蠣を満喫できること。10月末から3月まで数か月間だけの営業です。

11月が誕生月のK女史と♂の誕生祭を兼ねて3人で楽しみました。

去年事前に予約せず食べることが出来なかった焼き牡蠣、↑2人前です。美味し過ぎる。もちろん席の予約はかなり前からしないと確保できません。

P1120395

ここは一人前の量が半端ないので今回コースは2人前でお願いしました。

突き出しは甘エビとイクラ、かき酢。(画像は一人前)

P1120393

土手鍋ではなく汁に秘伝の味噌を溶いて頂きます。

このお味噌がこちらのミソなんです。

P1120399

↑で2人前、お野菜もたっぷりです。

お店の方から牡蠣はよく火を通してお食べください、と念を押されました。
この手のお店で怖いのは食中毒・・・・生ガキの提供はありません。

P1120425

どーんと牡蠣フライ登場、一人前5個ですね。

なんとなく去年の方が牡蠣が大きかったような・・・気のせいか?

P1120419

調子に乗って牡蠣身を別に注文したらこんないっぱい来た・・・・・

3人ともお腹いっぱいで最後の方は苦痛なくらいの牡蠣責めでした。

P1120427

そこへ牡蠣飯が攻めてきました。

少しづつ頂いた後は包んで頂きました。

お土産もできて大満足、やっぱ牡蠣を食べるならここですねー!!

年が明けたら今回食べなかったバター焼きとかをアラカルトで、ご一緒希望の方どんどん申し込んでくださいね。場所は阪神尼崎駅前ですけど。

P1120429

去年より値上げでしょうか?紙を貼るとばればれなのにねー・・・・

年末はそろそろ予約困難になると思います。お早目に!!

P1120388

↑近くの商店街にて

おしゃれな阪神尼崎のクリスマス、皆さんどうぞお越しください。

END

2014年11月24日 (月)

店名そのまま MEGA MART 見学  @釜山市東莱区忠烈大路197

P1110909

食事後ウォーキングも兼ねて釜山発祥の巨大マート、MEGA MART を見学してみました。その名の通りMEGAです。コストコよりでかいかも。場所は東莱駅から徒歩で行ける範囲、MEGAな駐車場も完備しています。

そして営業時間はなんと朝8時から夜中の3時まで、以前は24時間営業だったようです。コンビニならまだしもこんなMEGAな店にしては太っ腹な営業時間です。

P1110899

家具から衣料品、あらゆる雑貨、化粧品にもちろん生鮮食品・・・・・ありとあらゆるものが揃っています。釜山に住みたくなっちゃいました!!

P1110900

▲ 日本ではみかけないプラボトル入りのビール。めちゃでかい。一升ビール?

P1110901

▲ 釜山の焼酎 CI これ好き、だけどデカすぎて持ち帰り不可。枕にできそう。

P1110904

▲ おつまみも揃ってます・・・・が、どうやって食べるのしょう?

水につけて戻したら泳ぎだしそうで怖い。

P1110906

大根は日本のより太くてたくましい。 

これならスーツケースに入りますよ(逃)

P1110913

休憩タイムは釜山でも大邱でもよく目にした 「EDIYA COFFEE」 

東莱駅近くのこのお店は小さなビルでした、客席は2階と3階にあります。

P1110915

韓国って世界一カフェの数が多いかもしれない?・・・・てくらいカフェが乱立していますが経営状態はどうなんでしょう?心配してしまいます。で、値段は他のお食事とかに比べると結構高いですよね。

P1110911

東莱駅周辺も食べるところ満載!!お、ソルビンもあったんだ。。。。

P1110925

地下鉄を数駅乗って釜山大学周辺を散策。

大学正門前に数軒並ぶカラフルなトースト屋さん。

P1110923

「三段トースト」が有名と情報を得ていたのですが・・・・食事後すぐだった為食べる気が起こらず断念。日曜日でした、平日の方が学生さんが多くてにぎにぎしてるのかも。

P1110916

駅前から大学までの脇道には小さなお店がいっぱい、迷路の様に並んでいます。▲この組み合わせ全部下さいって言いたくなる様なナイスコーデ!!けど男子用やった。

P1110919

一瞬購入を考えたかわゆいスニーカー▲

ここらの商品もソウルの東大門からの大量輸入品?

P1110930

面白そうなお店がいっぱい、釜山大学辺りもお腹を空かせて来ないと駄目ですね。次の温泉駅周辺も気になる。釜山も見たいとこ行きたいとこ、ミッション山積みです。行くとまた行きたいところが増える、不思議な国韓国、翌朝は魅惑の街、大邱へ移動です。

END

続きを読む "店名そのまま MEGA MART 見学  @釜山市東莱区忠烈大路197" »

2014年11月23日 (日)

チャントン カルグクシ テ コンパッ  @大韓民国釜山市

P1110872

韓国旅の達人のお1人、お友達でもあるあっちゃんから貴重な情報を頂き、クミョンもピーンと来たので初日の夜はこちらトンネ駅から徒歩7,8分の 「チャントン カルグクシ テ コンパッ」 という長い店名のお店でランチ兼ディナーを頂きました。

駅前の繁華街を真っ直ぐ歩き途中メガマートのある角に来たら右へ、数軒飲食店の並ぶ脇道にあるので少し分かり難いですが発見!!

P1110875

田舎の民家風、趣きのある入口を入り奥に行くと左に入口があります。

情報サイトからの垂れ流しですが、ククシは手打ち麺 コンパッは直訳すると豆畑。何故に豆畑なのかというと、こちらの名物料理▼から来ているものかと思われます。

P1110884

デザートみたいですが違います。ざらっと砕いた豆の感触が残るくらい濃い豆乳スープの中にいろんな果物、柿や木の実類、トマトもいましたね。ええええ?と思われるでしょうがのど越しが良く美人になれそうな美味しい一品でしたよ。辛いお料理で口の中が火事になってもこれで消せるし。

P1110877

二人だったんで「トゥリドゥリセット」w19000にいたしました。「WOW」セットw39000は3,4人用でこのお店のメニューをほぼ網羅できるそうです。脱線しますが日本語の「色とりどり」とか言う時のトリドリってここから来てるのかもしれませんね。

P1110878

ここに来るまでに予約をしておこうと釜山駅でふらっと歩いていた休暇中の兵隊さんに声をかけて電話してもらうと「席が沢山あるから予約はいらないわよ」ってお返事でした。到着は4時頃と中途半端な時間だったからかその通りでした。この兵隊少年、ものすごく親切で助かりました。その様子を見ていた別の方が「私の主人は日本人なので何かお困りがあれば・・・」とご主人のところまで連れていってくださったり。なんて親切なんだ韓国人!!

P1110887


話しはお料理に戻り、どどどどーーーとテーブルに運ばれてきました。お皿もそれぞれ凝っていてエエ感じ。取り分けたコンパッの左はエゴマのたれ、少し遅れてきた▼お料理のソースです。

P1110896

「ユッチョン」薄い牛肉に玉子の衣をつけて焼いたもの。あっさりとして美味しかったです。左の辛そうな野菜は辛そう、じゃなくてかなり辛かった。

P1110888

ご飯にナクチポックン(手長タコのピリ辛炒め)と海苔、エゴマの葉、目玉焼が乗っています。よく混ぜて頂きます。釜山らしいお料理、美味しいです。

P1110889

「シンソン(神仙)チャプチェ」 18種類以上の漢方食材を使用しているとか。食べるといろんなお味が口に広がる美味しいチャプチェでした漢方の香りは気になりませんでした。

P1110891

このお店の看板料理の1つ 「カルグクシ(カルグクス)」 すこし茶色い麺ですがアマドコロの根を感想させた薬剤オッチュを混ぜ込んであるからだそうです。勿論店内で手打ちです。このスープがなんとも美味しい。

アマドコロ▼ネットから拝借画像

Amadokoro


P1110895

以上5品を二人でシェアしてw19000、うれしい価格です。円安とは言えまだまだ韓国のお食事は割安感があります。両替した時のレートが930、ということはw19000=約2040円。

このお店良かったですよ。近くのメガマートでお土産も物色できます。

전통 칼국시 対 콩밥 東莱店
釜山市東莱区明倫洞450-4
(051) 553-3321
地図→http://map.konest.com/dloc/498713/289914/12?pop=0"></iframe

お食事中にスタッフの女性が「えええ!!亡くなったの!!」とテレビを見て叫びました。韓国を代表する名女優さんがこの日の午前中に亡くなられました。韓国ドラマファンなら一度は目にしたことのある方です。

130320177137416306085_imagesca93a1m

キム・ジャオクさん。享年63歳。お姫様のような雰囲気の方でした。

「屋根部屋の猫」「私の名前はキムサムスン」「コーヒープリンス1号店」「がんばれクムスン」 どれだけ彼女の演ずる女性に癒されたことか。

とても残念です。ご冥福をお祈りします。

時を同じくして日本を代表する大俳優、高倉健さんの悲報もネットで知りました。

END

2014年11月22日 (土)

釜山スペシャルモーテル 

P1110941

今回は釜山にまず1泊、大邱に2泊の旅程でした。ご一緒したシロチャンに韓国のモーテル初体験をしてもらおうど釜山駅近くのこちらを予約しました。「スペシャル モーテル」

夜の方がネオンギラギラで絵面的に良かったかな。何がスペシャルなのかはわかりませんでしたが快適なモーテルでしたよ。場所はKTX、地下鉄、釜山駅から徒歩10分くらい。同じ通りにはモーテルが何軒か並んでいます。

P1110931

クミョンの部屋はデラックスツインでダブルとシングルのベッド。

一泊約5800円。シロチャンはデラックスダブルで5000円ほど。広さは同じでベッドの数だけが違うかった。部屋の広さは充分、空間はダンスが踊れるくらいありました。部屋の鍵と電気が連動するシステム。普通のビジネスホテルと同じです。インスタントのコーヒーにお茶、使わなかったですが(汗)ラブホっぽいアメニティも一揃えあります。タオルもフェイスタオル大が4枚。無料のミネラルウォーターも2本冷蔵庫にありました。

昭和な香りはしますがお掃除は行き届いていました。

P1110934

何故だか無駄に広かったトイレ。紙は取りやすい位置、これ大事。

お風呂とトイレが別なので複数でお泊りした場合も便利ですよね。

P1110935_2

建物は古そうですがお風呂部分は新しかったです。ゆったり入れる大きな湯船で泡ブクブクを楽しみました。写っていないですが洗面台が右奥にあります。左はスモッグガラス張り、お部屋からシルエットは丸見えになるでしょう。

P1110937

けど家具の配置がちょっと笑えた。ソファと化粧台の間が狭すぎて鏡の前に座れんやん・・・。夜中によっこいしょっと配置換えしました(汗)それとドライヤーが壊れてて動かず。初冬なのにまだ置いてあった扇風機で乾かしました(笑)

難点といえばそのくらいかな、フロントのオバちゃんもオジちゃんもにこやかでエエ感じ。KRの線路に近いからうるさいかもって思ってましたが北側の部屋だったので静かでした。南側の部屋だともしかしたら列車の音が聞こえるかもです。

P1110939

部屋に入れるのは4時からでした。それまで荷物はフロントで預かって貰えます。連泊の場合、日中荷物を部屋に置けるかどうかは?円安の今日この頃、モーテルの価格はありがたいです。釜山駅からKTXに乗るときはまたここを利用しようかな。その理由がもう一つ。

P1110952

お友達ができました!!駅に行くまでの道にあるお店のスタッフ。片言の韓国語での会話でしたが「また来るときは電話してね!」って優しい方でした。

そのお店はこちら↓

P1110943

「チャンスチョン」 とお読みするのでしょうか?スンデクッパ、テジクッパのお店。前の夜に発見、24時間営業。もっと駅に近いモーテルもありましたがスペシャルモーテルまで来ないとこのお店には会えませんでした。運命の出会いです(爆)

本格的にお食事したい場合は駅の北側に広がる中華街やその他沢山お店が並んでいます。両替所もそのあたりに数軒ありました。その辺りは釜山港が近いから?ロシア人が多かったです。

P1110949

w6500~とそんなにお安いことはないですが美味しかったんです!!

良く炊きこまれたスープが朝の体に染みわたりました。

P1110944

夜はスンデと茹で豚で酒盛りも可能ですね。

ネジャンクッパってなんでしょうか?それと・・・・

(ビョンさんよりご返答あり ネジャン=内臓)

P1110945

オカズ類はこちらでお替り自由なようですが、上は何て書いてあるんですか?

残したら罰金w1000ってことでしょうか?←ビョンさんより、正解でした。

ククス(素麺みたいな麺)を入れてねーって言われてたのに忘れちゃった残念!!

P1110955

そしてクミョン齢○○歳で遂にスンデデビューを果たしました。

今まではそのグロいお姿に食べず嫌いだったのですが韓国旅行の達人たちが皆さんスンデラバーなんですよね。で、意を決して食べてみたら・・・・旨いやん!!めっちゃいけるやんか!!目から鱗でした。良し、今まで食べなかった分これから韓国に来るたび毎朝食ってやる。待ってろよスンデ!!

朝からスンデで元気もりもり、KTXで大邱に向かいました、おっとその前に釜山のディナーレポを次回お届けいたします。

END

2014年11月14日 (金)

北新地 たくみ @大阪市北区曽根崎新地1-6-27 ニュー八千代会館 3F

P1110832

シロチャンと北新地ランチ、最初にばらしちゃいますが今回大ヒットでした!!

全店制覇したわけではありませんが今までの北新地ランチで最強かも!!

興奮して店名の紹介忘れてるし、 「北新地 たくみ」 さん。


P1110813

ビルの3階、入ると美しい意匠のカウンターが、奥に小さな個室もあるようです。

男子がてきぱきと気持ちの良い接客、これでなくっちゃ北新地ランチは。

夜はしっかり割烹です、昼間は若手3人で運営みたい。


P1110808

現在ランチは上記の2品でした。ランチはクチコミでどんどん広がり今では予約なしでは難しい様子です。もうすぐ雑誌にランチが紹介されるとかで、ますます予約困難店になるかもです。早めにどちらを食べるか決めて電話を入れて行きましょう。


P1110814

天然まぐろレアかつ御膳 1600円 にいたしました。

まず小鉢などが登場、おおお!!雑感ゼロ、丁寧なお料理です。どれも美味しい。赤だしが叫ぶほど美味しくて驚きました。ご飯は小さな土鍋で客ごとに丁寧に炊いているようです。

P1110818

この丁寧なお料理がランチの小鉢で出てくるってすごくないですか?!

菊花の浮かぶ葛湯に大根の炊いたん、秋ですね~sun


P1110812

横の方の天然まぐろ変わり漬け丼、これも美味しそうなりぃ~!!

カウンターは我々以外はすべてこの丼でした。ご飯の量を選べるみたい。


P1110820

レアかつ御膳はお造りも楽しめるハーフ(値段変わらず)でお願いしました。鯛のお造りでした。きれいな盛り付け、新鮮な鯛でした。ここきっと夜も良いお仕事してくれますよ。


P1110824


待つことしばし、出ましたレアかつ!!ハーフで調度いい量でした。

中心はお造り状態、絶妙の揚げ加減。美味しいです!!


P1110821

レアかつは3種のお味で楽しめます。

手作りタルタルソース、塩、手作りデミグラソース・・・だったかな。


P1110828

「お試しください」とちりめん山椒がサービスで登場。


P1110830

〆のデザート、黒ゴマのアイスクリーム。こちらも美味!

ここ良いお店です。是非どうぞ 行く人はクリック→ ☆ 


P1110836

いろんなお店が手替え品替え待ち受ける北新地のランチタイム。

カレーライスに餃子を乗せるか?クミョンは別々に食べたいな・・・・・・

P1110840_2


カフェを求めて南下、目指すダイビルのお店はアイドルタイムで時間切れ、諦める。ダイビルって歴史を感じますねー。ビルに上階から郵便物が落ちてくる仕組みの私設郵便函。箱じゃなくて函。投函するから函と書くのかな。


P1110848

ウォーキングをしながら大阪駅に戻って来ました。

グランフロント 「エノテカ」 さんで昼泡、シロチャンは大好きな赤。

P1110855

ランチの時はお得にグラスワインが楽しめます。ランチのL.O.は2時半。
2人で海老カツサンドをシェア。よく考えたらこの日はカツ責めじゃん。

さすがワイン専門店、頂いたカヴァめっちゃ美味しかったです。

P1110859

「3時を回りました、お得なシャンパーニュのセットが始まりました」というソムリエ女子の言葉にまんまと引っかかり(爆)もう一杯いっときました。

期せずしてスペインとフランスの泡を呑み比べできました。

え?カフェに行くんと違うんかいって?大人のカフェは甘くないのさ。

END

2014年11月12日 (水)

エキ ポンテヴェッキオ @大阪市北区梅田LUCUA10F

P1110790

大阪駅からすぐのLUCUA10階レストランフロアのピッツェリア 「エキ ポンテヴェッキオ」 さん、すぐ行けそうで行けなくて初めての攻撃はこの日誕生日を迎えた♂と。

神戸の老舗イタリアン「ドンナロイア」からスタートされた山根氏、今では大阪イタリアンの巨匠です。こちらは現在4店舗あるポンテヴェッキオの中でも一番カジュアルなお店です。
駅ビルの中で本格薪窯で焼くピッツァ、街中のビル内で薪窯はちょっと驚きですよね。

P1110755

店内は60人以上座れます、想像以上に大きい。隣の席とちょっと近いかな、落ち着いてお食事・・・・には向かないですね。平日ですが超満員。わいわいがやがや・・・・


P1110767

めったに二人揃っての外食はありません。珍しいこんな日は泡で。


P1110771

「有機ルッコラのシーザーサラダ」サラダがまず出てきちゃいました、テーブルが狭いので仕方がないですがピッツアの口直しのつもりが前菜になっちゃいました。

これハーフで500円・・・・ここお値段めっちゃ安い、なんでもファミレス並みですよ。グラスワインも泡も500円!!


P1110775

来ました、ナポリで認定されたピッツァ。

P1110777

確かいろんなトマトのなんとかピッツァ、あっさりして美味しかったです。2種類食べたかったのでスモールにしました。ランチはレギュラーサイズだそうです。レギュラーだと女性1人だと結構でかいと思われます。

P1110779

もう一枚は秋のなんとか・・・ピッツァ。胡桃に銀杏、ユリ根に乾燥無花果。クリームソースも美味しくてこの夜一番美味しかったです。


P1110781

パスタもいっときました。「アーリオ オーリオ エ ペペロンチーノ」

50gか100g、パスタの量が選べるシステム。100gにしましたが麺大好きな♂はもっと食べたかったみたいです。これも美味しかったです。お安いけどさすがポンテの血を引くお店だけはあります。

お値段の割には美味しい、混んでることを除けば大満足なお店でした。誕生日なんだからもっと高い店行けばって?お黙り!そこのあなた!


P1110799

同じLUCUA内の本屋さん「三省堂」から望む大阪駅。

♂がこの本屋さんはすごく良い店名だと、三省堂の三省ですが孔子曰く「人は一日三つ自らの行いを反省しなくてはいけない」から来ているそうです。知らんかった。

そして11月11日、日本ではポッキーの日ですが中国では独身男性の日だそうです。なんとなくわかるような。関西も寒くなってきました、皆さん、風邪に注意でお過ごしください。

END





























2014年11月10日 (月)

Bar RAFFINATO @芦屋市大原町9-1 ラポルテ東館1F

Img_20141109_122748_2

芦屋駅近くでK女史とさらっとランチ 「Bar RAFFINAT」 こちらは親王塚町の本店より気軽に使えるお店のようです。モーニングまであります! パスタかラザーニャの選べる1800円のランチを選びました。

まずサラダと小さなミネストローネスープ、フォッカッチャ。どれも普通。

店内は狭くテーブル数も少なめ、道路から見えるお席は背の高いBarっぽい席が設けられカフェ使い、ちょい呑みにも良い感じ。

Img_20141109_124738_2

K女史のパスタ。普通に美味しかったようです。

ここグランフロントにジェラートのお店を出してますね。

高いから一回行ったあとは行ってませんが。

Img_20141109_124751_4

クミョンは久々に脳を使ってお腹が減っていたのでラザーニャ。

これも普通に美味しかったです。

Img_20141109_131812_2

パンナコッタのデザート。

Img_20141109_132347_2

飲み物も付いてこのお値段は芦屋にしたらリーズナボーかな。

最初から期待せずに来たのでなんの意見もなし(爆)

芦屋とはいえこの辺りで一番賑わっているのはお安い天ぷら定食で有名な「まきの」、普通の人も住んでるのね、ここ。


Img_20141109_110923_2

薬膳教室でのオヤツタイムに使用 「姫柚子のハチミツ漬け」↑

薬膳中級インストラクターコースが始まりました。

テキストも初級の時と違いぶっとい、辞書みたいな食物性味表なんてのも渡され本格的な薬膳のお勉強は中級からのようです。

黄帝内経、傷寒雑病論、神農本草経、千金要方、本草網目、弁証論治、・・・・目がくらむ漢字のオンパレード。初回からついて行けるかどうか不安が走る授業でした。「ユンケル黄帝液」の「黄帝」は紀元前2500年ほどの中国を統治した帝で中国最古の医学書を学者に編纂させた偉大なお方のお名前だそうな、ってことが今回頭に入ったただ1つのことだった(笑)。

「神農」さんという皇帝は一日百種類の植物を食べ70回も中毒しながら120歳まで生きたとか、ちょっと眉唾なお話もあり。この方がある日葉っぱに溜まった露を飲むと気分が爽快になり消化も良くなった、これが緑茶の始まりだそうです。

何はともあれ3千年超えの時間と数えきれない人体実験の結果が現代の中医営養学(中医では栄養ではなく営養と表記します)なのですから感謝の気持ちを持ちながら頑張ってお勉強してみます。

ばたばたで「薬膳のお話し」カテへの投稿が書けていませんがまたいつか!!

END

 

2014年11月 8日 (土)

飛び猫からこの世の果てへwithへんりーちゃん

Img_20141107_112320

猫専門の写真展「ねこ専」開催の情報をゲトしたのでヘンリーちゃんと訪ねてみました。御堂筋線動物公園前から徒歩10分くらいのギャラリー1616さん、昭和な雰囲気のお家をリノベーションしたレンタルスペースで五十嵐健太さん達の猫作品を鑑賞。

Img_20141107_112241

この「飛び猫」猫好きにはたまらない!!萌え~!!五十嵐さんの代表作品、瀬戸内海の小島で撮影した猫たちの真剣な「飛び眼差し」にまた萌え~!!

猫専門写真展の詳細はこちらで

30分ほど猫を堪能した後、折角だから近所の「おもしろい所」を散策してみましょうとヘンリーちゃんが町歩きを提案してくれました。

Img_20141107_122409

ギャラリー1616からすぐ新世界市場にまず潜入してみる。

入口からこの調子。でもこれで驚いていてはいけない。

Img_20141107_122648

おおお!!ここは以前テレビで紹介されていた電通企画のポスター展の市場だ!!一枚づつ見ながら、笑いながら見て歩く。

キャッチフレーズは「買わんでええから見に来てや」売れんぞ、それは。


Img_20141108_092542

なんかエロい↑

山王市場の方にどんどん歩いていってみる。

Img_20141107_125544

へんりーちゃんがランチにと選んでくれてたお店↑が閉まってた。

この入口からして名店であることは間違いなく、とっても残念。

Img_20141107_125039

あ、おしっこ臭い!と思い脇道をみると何やら売っている・・・・・。

これ以上は近寄れず詳細は不明。

Img_20141107_125959

営業している様子のない店が続く。

ここは平成から切り離された世界が残る町。

Img_20141107_130335_2

時々こんな元気な店もあって安心する。曲線を描く角、これは相当古い建物。この辺りも空襲からは免れた地域だそうな。

Img_20141107_135924

↑この話、あまりに婉曲的だけれど身に染みる。

イソップ童話は残酷らしいけどこれもそれにあたる。

 

Img_20141107_134342

かなり歩き回りお昼はとっくに過ぎてしまった。なんか見た感じ良さげなお食事処 「セロン」 さんからこの日の食べ歩き一発目スタート。

思いっきり場違いな二人、最初ちょっとだけ浮いた・・・・けど座ったらこっちの勝ち。ええ感じの明るい女性お二人で運営。

Img_20141107_131337

吊るしてあるメニューを外して見せてくれた。我々以外は常連風の男子4,5人。大半は食べてるより飲んでる感じ。かなりお酒の回った隣のおっ様から「阪神ファンか?」と行き成り質問される。きっと彼は彼なりに話のきっかけを探していたのだろう。ここはさらっと「今年は残念でしたね」とかわしておく。鳥谷がなんやかや言っていたが無視してへんりーちゃんと2人の世界に戻る。

Img_20141107_131936

じゃーん、なかなか豪華ではないか!!きずしもいけるぞ、お味噌汁も美味しい。アテまでついて大瓶一本とで1500円。ひとり@750円で一発目の昼Bは大満足。名残惜しい店だが目星をつけておいた2軒目に移動する。

Img_20141107_124500

駅から南へ渡る信号のところにあるここ↑気になる佇まい。これは始め通った時の画像なのだがこの時座っていた若い男子の不安と恐怖の入り混じったような表情に不可思議な物を二人とも感じたのだが・・・・・

Img_20141107_140735

のれんを潜って入ると、ものすごい店だぞここ・・・・・危険な物を感じるも後には引けず。
かなり高齢の女性がお1人で運営、今どき50円?!伺うと開業は終戦後間もない昭和21年、昭和29年にこちらに嫁がれてからここでお商売をしてらっしゃるそうな。この界隈では最も古い店だとか。推定80歳超え。

ホルモンを刺してある串を見て欲しい。何百回使いまわしされているのだろう。そしてこの肉は何日ここにこの状態で置いてあるのだろう。ホコリというよりアカみたいなものがへばりついている。これは危ない、避けよう。串カツをお願いすると何も聞かず6本来た。

Img_20141107_141208

こ・・・これは!真黒な串カツ・・・・でもここで事故発生!!ビールを入れようとしたら底にどろっとしたものが溜まっている・・・「すんません、これ何?洗ってもらえますか」とお願いすると後ろを向いて何にやら洗ったような洗わなかったような・・・戻ってきたこっぷの汚れはそのまんま!!

Img_20141107_141025

しかたなくへんりーちゃんのかわいいハンカチを犠牲にして拭くと・・・・何やこれ?だだ茶黒~いもんが取れてきた。うううう、ここで泣いては女がすたる。決死の覚悟でそのコップにビールを注ぎ真黒な串カツを頬張る。


Img_20141107_141110

10305414_1529783033927052_625711163

鍋の油ををうまく写せず残念なのだが、多分油替えは盆と正月だけ?もしかしたら正月だけ?みたいに真黒な油。まるでコールタール。小指の先ほどの牛肉(女性いわく「私は豚や鶏はよーさわらん!)に衣を纏わせて・・・・・何回も言うけど決死の覚悟で2本食った。退店後振り返ると残した一本は鍋の横に戻されていた。次の人が食うのだろうか?韓国でいろんなゲテモノを食べた経験の有る二人でもこれはすごかった!!恐れ入った!!

Img_20141108_092019

で、驚くべきことは「隣の人間国宝」の認定証が貼ってあったこと!!

円さんもこの黒い串カツを食べたのだろうか?この後幸いにも二人の体調に異変はなかったが不安は残った。パチンコ屋さんできれいなお化粧室をこそっと拝借した後通天閣方面に戻る。

Img_20141107_143314

ここは完全に観光地化されている。これはこれで楽しくて良い。

あっさりした物であの黒い串カツを忘れたい二人、周辺を歩いて探すと「うどん」の文字が目に入る。この時には「うどん」にもいろいろあるとは想像できず。

Img_20141107_151212

入るとカウンターのみの店内に先客1人。

?沖縄料理なのか?ここは・・・・・

Img_20141107_145524

大きな鍋で煮込み中のホルモン、他にうどんの種類がないので「ホルモンうどん」と「煮込みホルモン」を注文。あっさりした物を、との当初の考えはどこかに消えた?

Img_20141108_094307

一升瓶の「トンボブドウ酒」??カウンターの女性は「有名な東京のワイン」と言うが聞いたことないぞ。少し調べたら大正時代創業の「ハチワイン」なるところのワインだとか。

Img_20141107_145208

とうとうしゅ?強?弱?興味深々で弱をお願いする。

Img_20141107_145320

養命酒みたいな薬用酒。その昔一世を風靡したことがあるらしい。

Img_20141107_145557

煮込みホルモン&陶々酒の図。

養命酒より薄い、昔の風邪薬みたいな味。

Img_20141107_145340

↑ホルモンうどん、つゆはあの鍋の液体が投入された様子。

みたほど味は濃くなく。美味しいか?とか聞かないで(泣)

今井のきつねうどんが食べたーい!!

これでこの辺りの食べ歩き3発は終了した。とっても貴重な経験だった。

Img_20141107_151500

見学を終えた感想、この界隈は変わらずこのままでいて欲しいと思う。大阪が全部グランフロントやハルカスみたいになったら味気ないでー!!いろんな物がごっちゃ混ぜなんが大阪のええとこやおまへんか?でもきっと近い将来開発の手は伸びるものと思われ、そうなる前に体験してみたい人は行くべし!!(あの串カツは推奨いたしません)

Img_20141107_135338_2

そしてここを見学したことも記しておこう。

「飛田新地」 クミョンのブログを読んで頂いている各氏はこんなところには行ったことがない、聞いたこともない、???と思うので一応ご紹介を。大正時代ここには200件を超える遊郭があったそうな。1956年の風営法改定によりいわゆる赤線は姿を消したことになっているが、「旅館」「料亭」としてその後登録、やってることは・・・・、なお店が今も数十店舗あるようだ。絶対撮影不可だっので↑が限界画像。ネットで飛田 画像 で検索したらみられるけど。左の建物は大正ロマンっぽい造りで素敵。普通のお家の玄関を開け放したようになっており、そこにやり手のおばちゃんと一緒に「女の子」が座って正面を向いている。

一昔前なら親に売られたり恐い男に騙されたりした女性が泣く泣く働くところを想像するがこちらを向いて座っている女の子たちはグラビアアイドルみたいに化粧をし、かわいい服を着て天真爛漫な笑みを浮かべていた。恥ずかしいとかゼロ。そうか、ここは我々みたいな普通の女が歩くところではないんだ、そう思うとこちらが恥ずかしくなり一往復して風俗街の探検終了。

貴重な一日をご一緒していただき、へんりーちゃんありがとう。

END


2014年11月 6日 (木)

マダム・マロリーと魔法のスパイス 見てきました。

Img_20141104_132123

予告編を見た時良さそうだったので梅田シネ・リーブルで↑見てきました。

監督さんはギルバート・グレイプ」「「ショコラ」などのラッセ・ハルストラム。これは期待大!!しかしスピルバーグが絡んでいる・・・一抹の不安を感じながら映画は始まりました。ネタバレも少々ありなので見に行く人は読まないでね。

やっぱ予感的中。インドのムンバイで紛争の末故郷を追われるようにロンドンに脱出する一家。ロンドンでは「ここの野菜はまずい」という(これってイギリス怒らないのか?)理由でフランスへ。南フランスの村の中で車が故障。ここまでは理解出来るのですが・・・・

その様子を見ていたお目めの大きなフランス娘が異民族丸出しの大男が3人もいる家族に声をかけ家に招き入れて食事をふるまう。今の世の中こんな危険を冒すかしら?ここらへんから????が始まりストーリーはどんどん下手なメルヘン童話化。

インド料理とフランス料理の対決か?と思って見ていたのにインドレストランの次男まっさん、じゃなくハッサンはマダム・マロリー率いるフランス料理店に引き抜かれてインド料理とはさようなら。「星がきらきら?それがどうした?」とか言っていたのに、息子がその万年ミシュラン☆の店を☆☆へするとバカ騒ぎする父親・・・・

英語圏の人間用に変にフランス語を英語で解説する台詞があったり、ストーリーもなんのひねりもなく。最後までこんな調子でクミョンは好きな映画ではありませんでした。でもそこのあなたは好きかもね。

Img_20141104_132350

スカイビル前ではもう早ノッポなクリスマスツリー制作開始!!

毎年この時期に行われる・・・・・

Img_20141104_132605

↑これですね!!今月14日から始まりますよ。

寒い夜にグリューワイン(香辛料入りホットワイン)を飲むと美味しいのだ。

Img_20141104_133619

映画とタイアップしていたグランフロントの「カンテグランデ」でランチを。

チケットの半券を提示すると100円お安くなり1000円で。

Img_20141104_134004

出てきたカレーが冷たかったので温めなおしてもらいました、爆!!

お味は超普通、通行人を眺めながらしばしぼんやり。

そうそう、映画の中にもちらっと出てきましたがフランスの国家ラ・マルセイエーズの歌詞って、我々が描くフランスのイメージからはほど遠い内容なのご存じでした?我らの子と妻の 喉を掻き切る!とか貴様らとの戦いの準備は 整っているぞ!なんて歌詞を小学校の児童も歌うのかしらね?軍歌だったから仕方がないのかもですが、マカロンやシャネルのお国には似つかわしくないように思うんですが。

東洋の小国から、えらいお節介すんまへん。

END

 

2014年11月 5日 (水)

いろいろ外しましたが・・・・・

P1110711

K女史と22000歩大阪を歩き回った連休の中日。

まず谷町9丁目、目指したお蕎麦屋さんをやっと見つけたら臨時休業。

しゃーないか・・・・とこの日のメインイベントに向かう二人。

荒天が予想され屋内で行われることになった四天王寺ワッソ会場へ。

P1110710

整理券配布開始の1時間以上前なのにすでに100人以上並んでるし。

この時点で列に加わったら飲まず食わずで3時半。

折角だけれど諦めて来年こそはと誓う。

P1110712

この辺りってお寺も多いけどラブホも多いなぁ、奇抜な装いが目立つ。

P1110716_2

ものすごく渋い、昭和を感じる看板。洗車?してくれるのか?してる間に?

外国人観光客のリピーターの中には宿泊費を浮かすためラブホを使う人が増えているらしい。そんな彼らのために「大阪ラブホマップ」なんてのを大阪市が発刊、するわけはないだろう。

P1110717

そして突然!!鶴橋のお寿司屋さんへ移動し寿司ランチ。

P1110721

P1110723

いろいろ食べた・・・・え?まさかの超普通。

ここ、めっちゃオキニなお店だったのに。愕然とする二人。

ショック、悲し過ぎる。

P1110726

気分を変えようとコリアンタウンの方へ移動。

土日のみ営業の「300円冷麺」を食べて口直し。キムチも食べ放題。

道端でパイプ椅子、食べてる後ろは通行人がいっぱい。

P1110727

なんやなんや?この人だかりは!!

P1110732

この場で施術してくれるらしい、少し怖かったけどしてみることに。

P1110731

付けてもらってるK女史を激写。

もちろん二人とも「ダイエットのツボにお願いします!!」

女性は右耳にすると効くそうな。

先が丸い針なので刺すというより少し刺激を加える程度。

施術中の痛み、K女史は少し感じたみたい、クミョンは無痛だった。

P1110729

600円のは使い捨て、800円?だったかは後日針の交換が可能。

2週間くらい持つらしい、食べる前少し押さえると効くとか。

P1110752

クミョンが付けてるとこ↑ (白髪に見えるが光線の加減である)

結構目立つ、知らない人が見たらなんて痛そうなピアスって思うだろう。

P1110734

命懸けのキムチを買ったりして。1kg350円は安い。

P1110739

お決まりの「茶母」でお茶タイム。

パッピンス甘すぎ。

P1110746

そして突然!!♂も合流し3人で梅田グランフロント北館でビール。

おっとその前にオープン間もない茶屋町の巨大ユニクロに行ってみた。

極暖ヒートテックが気になったが入館前に大行列、45分待ちとかで諦める。

P1110742

よく歩いた日のビールは旨い!!

P1110747

P1110750

意外にもここで食べたのがこの日で一番美味しかった。

耳針ジュエリー?効かないのか?どっと普通に食欲出た。

悪戦苦闘四苦八苦な一日だったので記憶に残しておこうと思う。

END

2014年11月 3日 (月)

市川海老蔵が紡ぐ「和の世界」 Japan Theater 鑑賞してきました。

P1110699

この日の京都はこちらがメインだったのでまず登場して頂きます。

楽しみにしていたJapanTheater、単独攻撃してみました。

日本の伝統芸能を海老蔵と同世代の次期担い手がそれぞれの分野の芸を披露する、面白い企画の2時間でございました。日頃見ることもない津軽三味線や仕舞、落語などを一度に体験できたのは貴重でした。

そうそう、この日は海老蔵がタクシーにお尻をひかれた次の日だったので心配しました。最初の挨拶で舞台に現れたとき苦笑いで会場をしばし見回しお客さんのクスクス笑いがあり事件の余韻を匂わせましたが・・・そのことについてお話はありませんでした。

P1110701

平家物語の朗読も迫力がありました、それまでは素顔だったのですが〆の舞踊の始まり、幕がぱっと開き歌舞伎のいで立ちで海老蔵が現れた時は客席全員ため息に包まれるほどの男ぶり。やっぱ海老蔵は普通の人間違うわ、って思う一瞬です。

けど海老蔵、最近のハードスケジュールでお顔が少し疲れてました。今月半ばこのJapanTheaterを引っ提げてシンガポール公演がありますが大丈夫でしょうか・・・・・。

注目は部屋子の福太郎君(2001年生まれ13歳)、若手の市川寅男(おとら)君と藤娘を二人で踊りましたが御上手でした。かむろ役(花魁のお使い)で海老蔵と絡むところの「あ~い~」がめっちゃ可愛くて大受け。一般家庭出身ですがこれから成長して海老蔵の舞台を盛り上げてくれることでしょう。


P1110706

館内で販売されていたエビセン、横になぜだかタコセンも売ってた。

公演前のランチは洋食でもと南座から歩いて10分ほどのこちらへ。

P1110664

祇園の「よねむら」が監修したとかの「ラ・クーオ」さん。数年前よねむらでは???な体験をしたので今回もちょっと不安に思いながら入店。開店前に待っていると上の階からカーブスを利用後の汗だくオバちゃんが5,6人暖簾をくぐって出てきたのが雰囲気を盛り下げましたdown

P1110697

2階の入口付近、気候の良い時はこちらでもお食事できるみたいですね。

P1110666

すっきりとしたデザインで素敵、祇園のよねむらもあの頃にしたら斬新だった。ここもその系統だと感じる店内。12時にはほぼ満席になりました。紅葉前の平日だからか予約なしでも入れる状況でした。お客様の年齢層は結構高い。

P1110671

お猿さんが壁面で遊んでいました。開店して一年ほどなのできれいな店内です。フロアのスタッフは男子が率先して頑張っておられ好感が持てました。

P1110672_2


この後海老蔵だったので自粛してこちら酵素ジュースとやらを。

あまり甘くないとの説明でしたが結構甘かったぞ!!

P1110676

前菜が5種、メインが2種類選べる2500円のランチを選択。

洋食と和食を融合させたフュージョン料理だそうです。普通に美味しい。


P1110678

カボチャのポタージュ、超普通。


P1110682

メインがどかんと来たぁ!!趣味の良いお皿。

天使のエビフライにビーフシチューグラタン。

が・・・・・・普通以下やった(汗)グラタンの衣の部分はナイフでも切るのが困難なくらい固くて。まだ未熟な方が作っているのかしらん?ごめんなさい。半分以上残しました。


P1110689

ちりめんご飯かカレーが選べたのでカレーにしてみました。

香辛料をストライクに感じるカレーでした。普通。

P1110695

デザートと飲み物も付いてこのお値段なのでコスパはよろしいかと。

ランチはちょっと外しましたが海老蔵を堪能できた京都の半日でした。

今年の海老蔵はこれが見納めです。来年も楽しみな公演が控えています。

END

2014年11月 2日 (日)

KOHSAMUIbyCHEDI LUANG ハービスENT @大阪市北区梅田2-2-22 ハービスPLAZA ENT 3F

P1110660

シロチャンとハービスENTでタイ料理のビュッフェランチ。

「チェディルアン 平日限定リゾートビュッフェ」 1421円也ぃ~!!


P1110636

大阪で現在3店舗を展開しているチェディリアン、北浜の本店とこちらは同じタイ北部チェンマイのお料理。淀屋橋店はタイ東北部イサーン料理だそうです。

こちらのコンセプトはリゾート、「KOH SAMUI」(サムイ島)と名付けられています。
CHEDIはタイ語で大きな、LUANGは塔を意味するそうです。


P1110625

時間制限90分、店内撮影もそこそこにお料理を選びます。

カレーやタイ米、お粥、各種お料理のコーナー。

P1110634

タイのホテルで食べたお粥を思い出す味でした。

中華との融合でもありますが添える香辛料が全く違います。

P1110626

こちらはサラダ系のお料理、この中の1つが激辛でした。

でも全般的に倭人に合わせた?マイルドなお味。

P1110633

揚げた米にソースを添えて。お料理は次々新しい種類が登場。

全部で何種類あったか数えられないくらいでした。

P1110641

勿論この夏一世風靡したマッサンカレー↑もありましたよ。


P1110629

デザートも沢山種類がありました。

ホットなお国のデザートですが温かいのもあるのです。

P1110622

↑画像を撮るも食べるのを忘れた一品!!無念・・・・

P1110644

塔のオブジェ回りにもお料理が次々現れます。

P1110640

今回ワインを頂きましたが、ドリンクバーが400円ほどで利用できるのでそちらの方がお値打ちだったかも。何回お皿を変えたか忘れましたが二人ともかなり食べました。

P1110656

デザートもどれお美味しい!!容器も素敵だし手抜きなし!!

P1110647

きれいな店内です。テーブルもお隣とゆとりがありゆったりとしています。
お料理も美味しいしお値段もお手頃。ここ、めっちゃお勧めです。

↑中村君のサービスがまた上等でした。(来月からマネージャーに昇格とか)
どこぞのマンゴなんとかよりこちらの方がクミョンは好き。また絶対きます!!

日曜は9時からモーニンングビュッフェもしてるみたい、土日もお昼のブッフェがありますが少し平日よりお高いかな。それでも駅近くでこのお値段はお値打ちだと思います。難点はランチタイムの予約が出来ないこと。この日は平日でしたが12時近くになるとほぼ満席になりました。11時半に行くとまだ空いていたので早めの攻撃がよろしいかと思います。

P1110650

こんな景色を眺めながら気持ちいいランチビュッフェでした。

行かれる方は各種クーポンでお得になるみたい。

END

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »