こちらもご覧ください♪

« ヤクジョン食堂 @大邱市中区南1洞132 | トップページ | ウォンちゃんとの町歩き 後半 »

2014年11月29日 (土)

大邱の中心地を歩く ①

P1120015

紅葉の秋真っ盛りの大邱、ランチの後大邱市観光解説士のイ・ゥオンソプさんに解説して頂きながら中心地を巡りました。本来は市の設定したツアーに参加しなくてはいけない所ご無理していただきました。ありがとうございます。クミョンよりお若いので親しみも込めてこれからはウォンちゃんとお呼びさせて頂きます。

ウォンちゃんの日本語は驚く程上級、もしかしたらクミョンんちの♂よりお上手かも。ヤクチョン食堂のあるジンコルモクにどうしてお金持ちの住まいが多かったか、ウォンちゃんが教えて下さいました。近くの表通りに家を構えると偉い人が通る度に挨拶の為頭を下げなくてはならず、それを嫌った金持ち達が裏通りに家を構えるようになったとか。

P1120010

今は中に入るとこは出来ませんが戦前からある小児科病院跡。大邱で初めての2階建て住居だそうです。韓国ではオンドルで暖を取るのが基本なので昔は2階建ては想定外。煙突もある立派な洋館にも見えます。もしかしたらセントラルヒーティングだったのかも。セコムしてますね。

P1120017

薬令市のあった通りは今も両側に韓方の素材や韓方薬を処方するお店が並び通るだけでその香りに癒されます。薬膳のお勉強をし始めたのでしっかり見て歩きたかったのですがハングル表記で何が何やら・・・・ウォンちゃんにその都度お伺いしながら散策。

P1120019

こちらで売られているものは韓国産がほとんど、山に囲まれた大邱は韓方の材料になる草木を採集しやすく、また雨が少ない土地なので草木を乾燥させるのに適しているという理由で朝鮮王朝の昔から最大の韓方薬剤市場として賑わったそうです。

P1120022

これ↑はすぐ何かわかりました。ゴーヤです。薬効を調べようと薬膳教室のテキストを見ましたが表記されていません。次の教室のとき先生に聞いてみましょう。

P1120052

いたる所で売っていた↑、何かと思ったら韓方の毛生え薬だそうな。何から抽出してつくるのか聞いてくればよかった。日本で販売しようかしら。


P1120030

そして大邱一番の繁華街、東城路(トンソンノ)へ。楽しみにしていたハヌルホスを訪れました。ハヌルホスは大邱の郊外、八公山近くに本社をもつ大邱発祥の韓方抽出液を使用したコスメブランドです。シャンプーや石鹸がお気に入りで日本でも毎日その香りに癒されています。

↑ウォンちゃん、この日はブラックで統一した装い。素敵ですね。

P1120043

カフェも備えたハヌルホス、大きな瞳が印象的なスタッフの女子、かわいい!

大邱は美人の産地としても有名なんですよ。ソン・イェジン風の自然美人が多くミスコリアも大邱出身者が多いとか。そんな土地で始まったハヌルホス。使うとあなたも美人になる・・・・と思いますよ。

P1120036

2階で石鹸やシャンプーを作る体験が出来るのですが・・・・生憎この日は香港からのお客様に占領されておりました。皆さんすごく楽しそう。了承を得て掲載。終了まで1時間くらいかかるとかで我われはお買い物だけいたしました。

P1120032

お!大好きなフェイスパックがSALEになってる・・・近づいてそのパッケージにあんぐり。こんなところにも主張が。もうどっちでもええやん!!って叫びたくなりました。

KTXに乗っている時、車両内のモニターに「この島は我々のもの・・・」みたいなプロモーションビデオが流れびっくりしました。あれは止めてもらいたい。貴国を楽しく旅行しようとしている日本人も乗っているのだから。

ま、むちゅかしい話しはあっちゃ置いといて。

P1120044

ハヌルホスでお買い物をすると飲み物のサービスがあります!!

飲みながら東城路をぶらぶら、表通り裏通り、大邱の明洞と言われるだけあります。いっぱいお店があって1日では足りないです。次の日も歩きましたが、2日でも足りない!楽しい街です。

え! これ↓何? 持ち帰りカフェにこんなもんが!!

P1120047

中から・・・・・・

P1120050

かわいい女子登場。韓国はカフェが本当に多い。いろんなお店が大手に負けまいと研究?どんどん進化しています。こちらの店名は「タルジャコピ」、甘い女子のコーヒーってとこかしら?

まだまだ続くウォンちゃんと3人の楽しい町歩き、後半は次回へ。

END

« ヤクジョン食堂 @大邱市中区南1洞132 | トップページ | ウォンちゃんとの町歩き 後半 »

コメント

今回も、ウォンソプさんに案内してもらったんですね〜。
私、昨日 TV九州のDVDを観たので、この写真観ただけで声が浮かんできます(^○^)

薬令通り、4月は、雨だったし、やってないお店ばかりで、ただ歩いて通過しただけでしたが、ゆっくり見られて良かったですね。
DVDでも、紹介されていたので、雰囲気が伝わってきました。

ハヌルホスに、香港人団体が!!ビックリです。香港の人も大邱に来てるんですね!
くみょんさん、たくさん買われたんでしょうか( ̄▽ ̄)
丸山さんが教えてくれたドクトパック、そんな感じで売ってるんですね。試しに、買いました?

私が通った時は、おかっぱネエネエの頭だけが置いてありましたわ(苦笑)

コン様

今回はさらっと案内して頂きました。食べるのが、中心なもんで。
でも最初の頃まだ胃が小さいままであまり食べられなかったわ。
薬令市、次はお祭りの時に行ってみたいです。なんの草なのか
わからず困りました。もっと勉強してから行くべきでした。
トクドパック、買ってませーん。普通のを買いました。楽しかったですよ。

ビョン様

こんなのんびりした店ならまたしてみたいわ。冬でも歩きながら
飲むのかな?

ウォンソプ先生のガイドで街歩きなんて、イイなぁ〜。
お話がめっちゃ楽しくて、元気なウォンソプ先生。
こちらまで元気が出ちゃいますよね〜!笑
あの小児科院って大邱で初の2階建て家屋だったんですね〜。
あー!!アタシも釜山旅を前乗りしてご一緒したらよかったと、レポを見る度に思ってじまうーー!(T ^ T)

へんりーちゃん

お忙しいお二人に今回もお世話になってしまいました。ウォンソプさんの
日本語はわかりやすいし、ほんとにお上手です。
次の大邱でもお会いしたいわ、また一緒に行けるといいですね!
今回はニアミス、残念なりい。釜山では美味しそうなところたくさん
行かれてましたね、日にちが合えばよかったね。ほんとに!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大邱の中心地を歩く ①:

« ヤクジョン食堂 @大邱市中区南1洞132 | トップページ | ウォンちゃんとの町歩き 後半 »