こちらもご覧ください♪

« 好運 @尼崎市 潮江1丁目20 | トップページ | 大邱の中心を歩く① 長編です »

2014年12月 7日 (日)

パンゲストハウス(판 게스트하우스) @大邱広域市中区西門路1街10-10

P1120210

大邱での2泊目はこちら↑ 「パンゲストハウス」 戦前日本が朝鮮半島を占領統治していたころ、ここ大邱も数万人の日本人が普通に暮らしていました。大邱はその時代から残る建物を現在リノベーションしてカフェなどとして再利用する試みが進んでいます。こちらのゲストハウスも元日本人陶器商のお宅を再利用して去年8月から営業されています。

P1120197

日本家屋が両側にあり、それを繋ぐように1950年代に建てられた韓屋。この韓屋部分の個室をシロチャンと1人1部屋づつ宿泊。個室は全部で4部屋ほど。

P1120193

趣きのある漆喰と木の見える天井。個室は大き目の6畳くらいでしょうか。お布団もそんなに薄くなくて、翌朝腰が痛いこともありませんでした。この頃の気温は夜3度くらいでした。ほんのり温くなったオンドルの床が気持ちいいです。やっぱ東洋人のDNAを持つ我々は床に座ると疲れが取れますね。

P1120196

バスルームは共同でした。バスタブはありません。冬はちょっと寒いかな・・・・・アメニティ類は無しです。石鹸や歯磨きチューブはありましたが持参の物を使いました。

P1120205

中庭に出た横にある調理スペース。薪で炊く昔からの鍋もあります。一通りの調理もできるようになっています。

P1120207

朝食付き、朝は各自でトーストや玉子を焼いて頂けるようです。

P1120201

中庭を挟んでイタリアンレストラも併設されています。利用はしませんでしたがパスタランチも提供していました。週末の夜はジャズの生演奏もあるとか。

P1120203

日本家屋を忍んで??タタミルームもあります。おされーにリノベーションされてますね。けどこういうのが進み過ぎて本来の日本式家屋の姿が全く大邱から消えてしまうのも少し悲しい。

いや・・・・日本式家屋なんて全部なくなった方が・・・・そんな風にもちらっと思う。日本人としてかなり複雑な思いがあります。

P1120199

古い家具がインテリアとして使われていました。これって日本人が残したもの?合板しか目にしない昨今、とても贅沢な家具に思えます。

泊まった夜も遅くまで飲んでるお客さんがいらっしゃる様子が向かいから伺えました。もう寝ましょうとしたとき居間部分の電気の消し方がわからず、素顔+パジャマ姿でうろうろしていると向かいから男性が小走りにやって来て「あっちにスイッチがあるよ!」とガラス越しに教えて下さいました。

きゃ!!飲んでるところから右往左往しているパジャマのクミョンが丸見えだったのです。超恥ずかしい!!お泊りの時はお気を付けくださいね。

こちら宿泊費は個室ですと普通のゲストハウスよりかなりお高く6700円ほどになります。

P1120208

↑8~6人一室で2段ベッド使用のドミトリータイプなら1人2800円くらいとお安いです。けれどこちらは韓屋式オンドルではないです。帰りに少し拝見しましたがとてもきれいでした。

Photo

↑こちらの女性社長さん。穏やかで素敵な方でした。実はこの夜我々二人以外にあと1人個室でお泊りの日本人女性がいらっしゃいました。北海道の方で社会学を研究されているとか。韓国の古い家屋のリノベーション企画を現地の研究者と共に進めていらっしゃいます。10年前から年に数回大邱を訪れていらっしゃるそうです。

彼女に通訳をして頂き女社長さんとお話することができました。前日は名古屋大学の方々がお泊りだったとか。未知の方とお知り合いになれるのもゲストハウスの楽しいところです。

そうそう、この日の朝なんとなくクリスタル(まだ言うか?)なクリスタルホテルをチェックアウト後、すぐ近くのお店で朝食を頂きました。

P1120189

なんとなくチェーン店?店名・・・・わからず(汗)

P1120184

で、2回目のスンデに挑戦!!ふ~む、美味しいけど前日の釜山の方が好きかな。だいぶわかってきたぞ、スンデワールド。w6000のスンデクッパ、お肉もたくさん入っておりました。

P1120179

きれいなお店です。奥に座敷もあって夜は宴会も可能。

P1120174

シロチャンもパクパク食べてくれて良かった~!!

P1120176

右上のゆで豚白ご飯定食が気になる、昼ならこれも良さげ。

マンドゥの説明に黄色い紙が貼ってある、国内産の前は何が書いてあったのでしょう。この夏に韓国中を騒がせたソウルの明洞餃子事件、真相は不明だそうですが原材料に神経が尖る今日この頃の韓国です。

END

« 好運 @尼崎市 潮江1丁目20 | トップページ | 大邱の中心を歩く① 長編です »

コメント

ホテルとゲストハウスに1泊ずつと、果敢にチャレンジするくみょんさん。
大邱を楽しんでいらっしゃるのがよくわかりますよ。
古い家屋のリノベを企画なさっているというその研究者の方に、
私もお目にかかりたかったわ。

うはは。レストランの中庭をはさんで建ってるゲストハウスでうろうろする女子2人。
ここは3月に見学に行ったので、その状況が容易に目に浮かびます~爆笑!
そしてこちらで、社会学研究されている方にお会いになったんですね。
確かにこちらのレストランのリノベは斬新で素敵ですもんね~。
あ~、このレストランでワイン飲んでジャズ聴いて、酔っぱらったら隣のゲストハウスで寝る!
これ最高です~。あっ電気の位置は事前チェックで!笑

ビョンさん

前回の見学に間に合わなかったので、ええい、泊まっちゃえ
で、友人にも韓屋初体験してもらいました。
きれいですが、ちょっとお高いかな。
北海道の方、よく利用してるそうなのでまた社長さんにきいてみて下さい。
旦那さんはおいといて、研究に没頭してるみたい。
誰かと一緒やん(* ̄∇ ̄*)

へんりーちゃん

恥かきぶりがわかるでしょ、飲んでる人達もみんなこっち見てたねん!
古式なスイッチでわからんかった。あそこで飲んだらはってでも部屋に
帰れるね。でもシャワーのとこ寒い、あそこで間違って寝たら
死ぬよ、あとトイレで寝るのはあの人でしたね( ・ε・)
ソウルの寒さ楽しんできて下さいね♪

パンゲストハウスでご一緒した者です。くみょんさんとシロチャンさんとお会いできて、とても楽しい時間を過ごすことができました。素敵な出会いに感謝です。そして、いろいろとごちそうさまでした!またお会いできますことを。ここにもちょくちょく遊びに来ますね☆

リエ様

わぁ~!!!!ご覧頂いていたのですね。うれしはずかし!!
ありがとうございます。あの夜は通訳して頂いて、社長さんとお話し
することができました。リエさんがいらっしゃらないと有り得ない時間
でした。有意義な研究をしていらっしゃいますね。これからも日本と
韓国の社会、文化の為にご尽力なさってくださいませ。
また是非大邱でお会いしたいです!!
拙い食べブログですが遊びにきて下さいね。(^◇^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 好運 @尼崎市 潮江1丁目20 | トップページ | 大邱の中心を歩く① 長編です »