こちらもご覧ください♪

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

宝塚温泉 ホテル若水 @宝塚市湯本町9−25

P1130658

先月城崎温泉まで行ったのにあまりの混み様に温泉は利用せず・・・・

リベンジに1人やってきたのはAMAからJRでたった20分の宝塚温泉。

「ホテル若水」で日帰り温泉+お食事のパック3500円があると知り利用してみました。ここが入口?と思い入って行きましたがホテルの正式な玄関は別のとこに立派なのがありました(汗)


P1130653_2



この辺りはその昔温泉街と歌劇場でたいそう賑わった場所、温泉旅館が百軒を超すほどあったそうですが今はこのホテル若水(茶色の建物)が残るのみ。周辺はマンションが沢山建っています。


P1130662

館内はいつ改装されたか知りませんが、とっても綺麗でした。このラウンジを見るとどこか遠くの温泉旅館に来たように錯覚してしまいます。ロビーラウンジ「すみれ」、コーヒーが600円・・・・利用は控えました(逃)


P1130664

温泉はお食事の前か後を選ぶことができたので食事前11時半から利用しました。8階、エレベーターを降りると温泉の入口です。靴はこちらで脱いで(ブーツを入れる所は少ない)左手の婦人浴場に向かいます。


P1130668

おおお!!どなたもいらっしゃいません、1人貸し切り状態です。

お掃除も行き届きピカピカ、こりゃ良いわぁ~裸で1人感動。


P1130670

お化粧ブースもかなりあり、アメニティー類も何から何まで揃っています。

BBクリームまでありました。手抜きなし、これも感動したぁ!!


P1130672

で、肝心の温泉はというと、大きな浴槽と露天風呂があるのみ。サウナとか岩盤浴とかは無いのでスパ銭みたいなのを期待してきたら駄目ですね。

貸し切り状態だったので裸で撮影(爆) こちらもお掃除は手抜きなし。

あれ?なにかプカプカ浮かんでますね・・・・・


P1130679

お湯に浸かってサッカーを楽しみました。

P1130671

ただの木の玉じゃなかった、ご神木を足で蹴ってしまったようです。

ヒノキね、どうりで湯船に良い香りが充満してました。


P1130674

露天風呂は小さいですがこれに入らないとここに来た意味がありません、というのは源泉はこの露天風呂のみ。ゆっくり2回利用しました。体の芯からじゅわーっと温まります。これぞ温泉。さすが開湯700年の温泉だけあります。


P1130683

ゆっくり温泉を利用してもまだ1時半からのお食事の時間には少し余裕がありました。8階の窓辺から武庫川沿いに宝塚歌劇場が見えました。その向こうに建つマンションの一室を見学に行ったことがあります。もしかしたらこの辺りの住民だったかも。


P1130684

クミョンが着替える頃にはお食事を先に取られた方達が20人ほどどやどやと温泉に入って来られました。お腹は空きますがお食事前の温泉をお勧めします。

そして出ると入口には英語の案内が・・・・ここ宝塚にも外人さんが押し寄せる時代が到来したようです。お泊りでないと駄目ですが毎週月曜と土曜の4時から露天風呂にバラの花が浮かべられるみたい、ヒョン・ビンと来てみたい(妄想)

P1130660

お食事は2階の「山茶花」さんで、和食を頂きました。


P1130689

温泉がついて3500円あまり期待はせず来たのですが、なかなか丁寧で美味しいお料理でございました。これはお勧めです。フロアの女性はきっちりと和装、お若い方でしたがサービスを心得た接待の出来る方でこれまた感動。


P1130693

大阪や神戸だとこのお値段でこの内容は食べられないと思われます。この時は前日に予約が取れましたが時期的に混み合うこともありそうです。早めにご予約がベターです。


P1130696

今回は+300円で12月1月限定のかにすき小鍋付きの「紅御膳」を頂きました。献立は1ヶ月ごとにお弁当の内容が変わり、3ヶ月ごとに器も内容も全て変わるとのことでした。まだ温泉が効いてぽかぽかしています。二階堂の吉四六(きっちょむ)をロックで頂きました。

蟹は・・・・・冷凍でございました。300円だもんね、文句は言うまい。


P1130702

揚げ物も揚げたて 「胡麻豆腐のあられ揚げ」


P1130709_2

椀物は玉子のしんじょうと湯葉、だったかな?

これだけが少し及第点に及ばず、普通でした。


P1130706

ご飯と共に登場したかつお味噌が美味しかったです。

大人数さんを扱うお食事処としては器も品のいいものが使われています。


P1130711


お菓子も3種、お茶も最初の梅茶、食中の緑茶、こちらのほうじ茶と3種きちんと替えられました。あらまぁ、ご近所にこんな素敵な場所があったとは!春頃に再訪決定!!

↓お部屋で寛げる日帰りプランとかいろいろあるみたい、チェックしてみてね。

ホテル若水HP

END

2015年1月29日 (木)

細うどん 黒門さかえ @大阪市北区堂島1丁目4−8

P1130441

心もお財布も寂しいのでお昼は北新地でおうどんを食べてみました。 

「細うどん 黒門さかえ」 創業50年を超える老舗のうどん屋さんだそうです。

入口は雑居ビルの奥の方、カウンターのみ古民家風のインテリアです。


P1130450

お昼時でしたがお客はクミョンも入れて女性のぼっち客が3人だけ。

時間が止まったみたいな店内、厨房では女性2人が淡々とお仕事中。

B定食にしてみました。


P1130446

小皿に3種のおかず+お漬物。 ザ・定食という景色でございます。

元は黒門市場で営業されていたそうです、黒門市場と言えば今外人だらけですごい事になっているようですね。一度恐い物見たさでまた行ってみましょう。

P1130445

なるほど、細いです。素麺とうどんの中間くらいの細さです。

おうどんもお出汁も普通に美味しい、けどこの揚げがダメ駄目でした。

油切してないのか?苦い!!基本のきつねうどんが駄目なお店って?


P1130447

おうどんの細さに合わせて唐辛子も細かく挽いた物が使われていました。

ダメ駄目の揚げは+100円でした。

これで1030円は高すぎ~開発~(遠い目)


P1130456

いつも足早に通り過ぎていたので、この建物が何かわかっていませんでした。

堂島薬師堂、れっきとした神社?でした。お百度石と書かれた導まであります。

ここでお百度踏んだら目立つでしょうね。

薬膳教室のオヤツをご紹介。


P1130513

ビーツと栗の入ったチョコレートケーキ

最近チョコレートが見直されていますね、抗酸化物質のカカオポリフェノールが含まれている為、動脈硬化を防ぐ=癌予防。ストレスから解放する力もあるみたいですね。

で、先日カカオ80%の板チョコを買ってみました。食べた・・・・無茶苦い。およそチョコレートという概念からはほど遠いお味で、放置プレーされています。でも高かったのでお薬だと思って毎日少しづつ食べることにいたしましょう。

急に真冬に逆戻り、気虚に陥らない様に温かくしてお過ごしください。

END

2015年1月26日 (月)

ねぎ焼やまもと @大阪市福島区堂島クロスウォーク

P1130644

今年はまだお好み焼を食べてないなぁと、1人JR新福島駅からこちらに向かいました。十三発祥の老舗 「やまもと」 さんです。梅田にもある人気店ですが神戸人だったクミョンは初攻撃でございます。

堂島クロスウォークはこじゃれたお店が集まってます、よってこのお店もお好み焼き屋さんとしてはかなり美しい店内でございました。休日のお昼時、テーブル席は満席近く賑わう店内。

P1130636

ぼっち客は必然的にカウンターになります、店名にも暖簾にも大きく「ねぎ焼」とあるので魔法にかかったように「スジのねぎ焼」を何も考えず注文してしまいました。

しばらくすると目の前にそのねぎ焼きが!!

P1130634

で・・・・・でかい、直径25cmくらいはあるかな。

しかしここでスタッフが驚きの発言を!!

「レモン醤油で味がついていますのでそのままどうそ」

レモン?醤油?レモン?醤油?   ひつこいけど レモン?醤油?

なんでや~!!お好みいうたらソースやんけー!!っと激しく困惑。

10秒ほど考える、そうか、ねぎ焼きって普通は醤油で食べるもんやった。

P1130637


しかたなく食べ進む、ふむふむ、あっさりとしてこれはこれでイケルわ。

しかしソースべっちょりのお好み焼を食べたいという欲求は全く満たされなかった。また日を改めてどこかでリベンジをすることにして心を落ち着かせる。それと始めから紅ショウガが入っているのもクミョンは駄目だった。神戸のお好み焼き屋だとほとんどの店が事前に客側に尋ねるか、はなから置いていない。大阪は紅ショウガの天ぷらがあるくらいだからこれも良しなんだろうか。

P1130641

生絞りレモンチューハイ、ビールも良いけどチューハイ&お好みも相性良し。

この図はチューハイを示したいのではなく、ぼんやりと写り込んだ奥の方、ネームカードには「山本」とありました。ということは・・・・・・

P1130633

お店のシンボル3本の葱、これは山本3シスターズを表現しています。

ここで焼いていらっしゃるのがそのお1人。長女か次女か3女かは?

因みに焼いてる鉄板回りの撮影は不可でした。これでもか!と言うほどの量の葱が生地に乗せられひっくり返してからテコで押さえつけると見る見る薄くなりました。どこにあの大量のねぎは消えたのだ?

出来上がりに刷毛で醤油をうっすらと塗りレモンが絞られて完成です。ねぎ焼きとチューハイで約1680円(クレジット不可)ええ商売してはります。

P1130645

食後はすっかり馴染んだ堂島川沿いをお散歩。世界ではいろんな事が起こっていますが今こうしておられることに感謝。イアホンから聞こえるダイアナロスの歌に思いを馳せながら歩き続けました。

Reach out and touch
Somebody's hand
Make this world a better place
if you can

気分を変えて、ちょこっと薬膳話し

葱 言わずとしれた身体を温める食材。帰経は肺と胃、効能は解表、補陽、散寒、健脾。 適応は風寒感冒、寒気、冷え。血栓の予防をする薬と言って良いほどの有効成分を含みます。

葱の他にもある散寒(体を温め風邪を除く効果)の効果がある食物
黒砂糖、エシャロット、しそ、生姜、平茸、みょうが、よもぎ、日本酒、焼酎、花椒、胡椒、唐辛子、八角

旧暦ではまだまだ冬本番です(今年の春節は来月19日)ちょっと温かいといってご油断なさるべからず。気温の差が目まぐるしく変わるこの頃、こんな時にがくっと抵抗力が低くなり風邪菌が襲ってきます。意識的に体を温めるお食事を摂り、服装で上手に体温を調節してこの季節を乗り切りましょう。

END

2015年1月24日 (土)

たかま @大阪市北区天神橋7-12-14

P1130613

何の画像から始めるか悩みましたがこの美しいお蕎麦で!!

最近お蕎麦に目覚められたイグラオンマさん、神戸からお越しなので下手な所にお連れできません、前回目から鱗の美味しさだったこちら 天六から北へ少し歩いた 「たかま」 さんをチョイスいたしました。

彼女は蕎麦の味を十分に楽しめる田舎、クミョンは殻を一枚削った白い方を頂きました。美しく細いお蕎麦!やっぱりこちらは間違いなしの美味しさでした。


P1130615

前回は鴨汁蕎麦にしたので今回はこちらの1番人気の天ぷらで。海老2匹、生麩、etc。からっと揚がった天ぷらを楽しみながら美味しいお蕎麦、天国です。今日は太ってもええ・・・・。


P1130616

↑ふきのとお 噛むと春の香りが口のなかに広がります。

寒くて風の強い日でした、春が待ち遠しいですね。


P1130608_2

前回は1人だったので涙をのんだ出し巻玉子もいっときました。

湯気がほわ~っと、出来立て!!お箸で挟みにくいほどの柔らかさ。


P1130610

辛し大根をつけて、玉子と出汁の絶妙なコラボにうっとり。そうそう・・・・

これからは「巨人 白鵬 玉子焼き」と言わねばならないようになりましたね。


P1130617

蕎麦湯もものすごく濃くて美味しい。

店内は10人ほど座れる大きなテーブルと4人かけのテーブルが1つ。

人気店なので混み合います、もう少し落ち着いて食べられるとうれしいな。


P1130618

お帰りになったので、前にお座りのご夫婦が飲んでおられた冷酒のセットを。

日本酒が進みそうなアテもいろいろあります。夜の営業は現在ありません。

平日の開店直後に入店しましたがすでに8割ほど席はうまっていました。11時45分までの到着は予約ができるそうです。近所にあれば週に一回は通ってしまいそうなお店です。また電車に乗って、必再訪!!


P1130622_2

イグラオンマさんを繁盛亭さん辺りへご案内。


P1130625

天満宮さんで、イグラオンマさんは末吉でした。

良いのよ、1月は末吉で。今年は上り調子だって証拠ですよ。


P1130628

天神橋筋商店街の6丁目から1丁目まで通しで歩き、また6丁目まで戻りました。大阪臭い商店街を堪能、前回と同じくかわいいケーキ屋さん 「アトリエ アルション」 でイートイン。今ではお安い300円台のチーズケーキ、美味しいです。

なんだか心落ち着かない今の日本、70年続く尊い平和をいちびった人の先導で壊したくありません。穏やかなこんな日々がいつまでも続くと考えられないようになってきました。

あ、記事と関係ない事書いちゃいました。見逃してくれい!!

END

2015年1月22日 (木)

割烹 道下 @神戸市中央区中山手通2丁目12−12

P1130558

11月以来2回目、神戸北野の 「割烹 道下」 さんでお昼を頂きました。

前回は個室でしたが今回はカウンターで頂きました。


P1130553

今年お初、北野の帝王の妻まーりんさんとご一緒です~!!

まずはビールと焼酎のお湯割りで乾杯(今回は掟を守りました)

この日お昼は我々のみ、貸し切り状態でございました。


P1130555

スタートは 「富田林の海老芋」


P1130561

「茶ぶりなまこのみぞれかけ、鯖寿司、川津海老」

前回とほぼ同じルックスに内容・・・・あれ?


P1130565

伝助穴子、三重のさより さよりは橙で。前回も伝助穴子でした。

お料理の出てくるペースが早すぎて慌てて食べている感じでした。

説明も早口で・・・・・助手の方、もう少し円やかな応対はないものかな?と。


P1130567

美しいお椀、食べている間も随時食洗器を使って洗っておられました。

まさか?このお椀は手洗いですよね?食事中、目の前で食洗器を何回も

使われると雰囲気台無しです、客は二人だけです。後でまとめてどうぞ。


P1130570

もう一度伝助穴子が登場、同じ具材を続けて使うのは如何なものかと?

お出汁もクミョンには少々薄めに感じられました。


P1130573

焼き物も前回と全く同じ内容で同じ黄瀬戸の器・・・・・


P1130575

水菜と数の子

ここは夜にこないといけないお店なのかしらん?


P1130581

加賀の蓮根とか他揚げ物いろいろ・・・・

お腹は一杯になってきました。


P1130588

豚バラの粕汁と炊き込みご飯。

2回目だからでしょうか?驚きのない内容でした。

初回がよろしかっただけに残念です。

ご主人はきっとこれから神戸の和食を背負って行かれる方になるでしょう。

それだけにちょっと辛口になってしまいました。

京都の名店 桜田さんが閉店されるというショッキングな情報を知りました。経済的な理由ではないようですがお店の継承というのは本当に難しいものなのでしょう。次世代の日本料理の行く末は如何に。歌舞伎同様、若手の力量にかかっています。

そうそう、こんな催しが行われるそうです。


P1130592_2

美味しいと評判のドイツワインらしいです。和食とのコラボ!!面白そうです。

残念ながらクミョンは参加できない日程です。あと数席空きがあるとか。

興味のある方はどうぞ。

END

2015年1月20日 (火)

オステリア・オ・ジラソーレ @芦屋市宮塚町15-6

P1130552

昨年4月に同じ芦屋内からお引越しをされた 南イタリア料理の 「オステリア・オ・ジラソーレ」 さん。今年お初にご対面のK女史とランチしてみました。この辺り、メツゲライクスダさんを皮切りに楽しいお店が続々と登場しています。入るとデリのコーナーもありお持ち帰りや簡単なワンプレーとランチ(1300円)も提供されているようです。

P1130545

奥の方に入ると客席が、イタリアの隠れ家レストランで食べているような(行ったことないけど)雰囲気です。満席近かったので撮影は無理でした。前のお店より倍ほど広く感じます。


P1130520_2

先ずはスパークリングカクテルでおされーに乾杯いたしました。

今年も楽しく美味しいお食事を頂きましょうね。ぷひぷひ~!

2900円のランチコースを頂きました。


P1130523

印象的なお皿ですねー、明石の蛸に牡蠣


P1130527

烏賊のルチャーナ風煮込み、ポルペットネート(イタリアのミートローフ)


P1130529

ポルペットネートの下にもお料理が! かなりボリューミーな内容。

平均年齢80歳越えの8人グループが元気にお食事なさっています。

負けてたまるものか!!


P1130531

フリッタティーナ?だったかな。軽い揚げ物。

でもお腹はここらで9割ほどいっぱい。

3900円のコースにしなくて良かった・・・


P1130533

白インゲンの煮込みスープ 冬にぴったり。


P1130536

そしてお腹パンパンの所にリコッタチーズたっぷりのパスタが登場!


P1130539_2

デザートもしっかり、アラカン熟女にはちょっと量的にきつい内容でしたが、美味しかったです。ただ「ここに席つくるかな?」みたいな隅の席たったのが残念。JR、阪神芦屋から徒歩圏内、美味しいパン屋さんも近くにありです。


P1130550

明るいシェフにもいろいろお話を伺いました、ありがとうございまーす。

次は手抜き用の持ち帰りをゲトしちゃおうかな。

お昼少し前に買いに行かれた方が品数は多そうです。

END

2015年1月19日 (月)

かき金再攻撃 @阪神尼崎駅前(ここも兵庫県)

P1130480

今期2回目の 「かき金」 さんで女子4人の牡蠣祭を開催いたしました!!

メンバーはコテサン、たまちゃん、そしてなんとへんりーちゃんが特別出演。

3人さんは初対面でしたが「美味しい物はボーダーレス」一瞬でみな仲良しに。

おっとその前にへんりーちゃんをすぐ近くの商店街散策へお誘いしました。


P1130459

思わず撮りたくなる素材満載の商店街、ばちばち撮影中のヘンリーちゃん。


P1130463

そそられるお店も多々ありますがこの後の牡蠣を思って全て我慢!!


P1130465

最近オープンした?韓国食材屋さんでちょろっとお買い物。

ここええですやん!けど我々二人なんでここまで来て韓国食材なんやろ?

ま、それはそうと、かき金に小走りで向かいました。


P1130469

ささささ~まずはビールで乾杯ですぅ~~!!

前回のブログで取り敢えずビールは今年やめますって書いた舌の根が乾かない内に、もうビールから始まりビールに終わってしまいました。きゃー、嘘つきクミョンやってもた!


P1130481

11月にアップしてるし 「またかい!」 って声がしそうなので前回と重なる画像は出来るだけ避けました。↑バター焼き、これがかなりいけたんだわ!目の前で小さな土鍋で香ばしく蒸し焼きにします。


P1130485

こんがり焦げ目がついてバターの香りがほわーん、お替りしちゃいました!!

このお店では事前に個数を申し出ないと食べられない「殻焼き」よりこっちの方をお勧めします。最近牡蠣小屋とかワイルドに焼き牡蠣をガツンと食べられるお店が増えてますからそっちへどうぞ。

なぜだかクミョンのカメラと店のライトの相性が悪く前回同様色が悪いです。


P1130470

今回は牡蠣奉行のたまちゃんのご指導の下、最高の楽しみ方ができました。

お勧めの牡蠣酢、牡蠣の塩辛。ビールが進み過ぎて困る君。


P1130478

今までコースで注文していましたが、こちらは絶対的にアラカルトが良いと思います。コースだとお鍋で満腹になった後に現れる牡蠣フライ、今回は出てくる順番も調整できるので最初の方で登場してもらいました。すると前回なかった感動が!!むっちゃ美味しいです。ポン酢で、ソースで、お味を変えて楽しみました。


P1130497

もちろん名物の牡蠣鍋は文句なしで美味しい。牡蠣身だけ追加注文しました。

ここて牡蠣奉行による「正しい牡蠣鍋の食べかた」を伝授して頂きました。


P1130494

まず最初は炊き過ぎに注意して牡蠣や野菜をそのまま普通に食べる、そして後半は生卵を溶いてそれにつけてすき焼きの様にして食べる。そうすると味噌味でしつこくなってきた味が融和され、なおかつ2種類の味も楽しめる。

なるほど!!これはマストアイテムだ、牡蠣鍋に生卵。


P1130506

そして2番目のマストアイテム、これも絶対はずせないと鍋奉行。

〆のうどん投入です。お汁を継ぎ足して味噌味で頂くうどんが美味。

はい、皆さん、旦那様の存在は忘れても生卵とうどん投入は忘れずに。


P1130508

そうそう、牡蠣飯もいっときました。お茶椀2杯分が一人前。

満腹だったので4人で分けましたが調度いい量でした。


カキフライと牡蠣飯はお持ち帰りもできますよ。


P1130510

↑こんなレシート初めてみました、「割勘」 の金額が!!

結構ビール呑んだわりにお安い、2階にはお座敷もあり、団体も可能です。


P1130457

阪神尼崎駅から1分、牡蠣がお好きな方はぜひどうぞ。

ただ、かなり前の予約が必要と思われます。今期の終了は3月頃です。

住所

兵庫県尼崎市神田北通1-6-3

交通手段

尼崎駅(阪神)から181m

営業時間

16:00~22:00

日曜営業

定休日

10月~3月迄営業/第1第3月曜日・12/16・年末年始

予算(ユーザーより)

[夜]¥5,000~¥5,999[昼]¥5,000~¥5,999

まだまだ寒い冬の夜、お鍋で乗り切りましょう!!

END

2015年1月17日 (土)

和菓子な午後

P1130409

フレンチの「ad hoc」さんでお食事の後、シロチャンが美味しい和菓子屋さんを教えてくれました。「出入橋きんつば屋」

創業は昭和5年(1930年)というからかれこれ85年!!当時の製法そのままで作る金つばだそうで、餡子が駄目なクミョンですが2個だけ買っちまいました。一個100円。


P1130423

一口サイズ、小さな金つばは甘味が少なくて食べやすい。

後ろに写っている物体は持ち帰り用の善哉とお餅。♂へのお土産です。

休日でないとゆっくり食べられないので冷凍庫にぶち込みました。


P1130408

店内でイートインもできるようです。

有名店のようですね。お客さんが次々やってきます。

金つばを見ると亡くなった父が好物だったことを思い出します。

食後のウォーキング、北新地に向かいます。またまた老舗の和菓子屋さん。

「いなば播七」 ここも天明元年(1781年)創業というからかなりの老舗です。

大阪最初の餅屋さんだそうです。


P1130414

店内にある古い写真を眺めながらお菓子を頂くこともできるみたいです。

おはぎのことを「大はぎ」と書いてあります、その中でもこれは・・・・・


P1130412

ジャンボ大はぎ・・・・・ウェディングケーキの代わりに如何でしょうか?

こちらでは花びら餅と白玉安納芋をゲト。↓持ち帰り頂きました。


P1130425_2

お正月のお菓子、花びら餅。

牛蒡と白ミそ餡、この組み合わせを考えた人は天才だと思います。

和菓子を敬遠することが多いのですがこれは美味しい!!


P1130428

まったりとした安納芋を白玉に絡めて頂きます。

ここの白玉美味しい!!夏は氷の提供もあるようです。


P1130417

おまけにこの日は帰宅前の休憩も梅田阪急地下の 「たねや」 さんで。

餡子の甘さって気持ちをすーっと落ち着けてくれますね。

薬膳の性味表で見てみると・・・・

小豆 帰経は心と小腸、効能は利水 清熱 解毒、適応は胸水 腹水 下半身のむくみ かゆみを伴う発疹

甘味類でも黒砂糖と水飴は身体を温めてくれますが白砂糖は身体を冷やしてしまうようです。お善哉を作る時はきび砂糖やてんさい糖、三温糖など色の付いたお砂糖を使う方が良さそうですね。

そして70種類以上のミネラルを含む天然塩を隠し味に、和菓子ってなかなか考えられた物だと今回気づかされました。

END

2015年1月15日 (木)

ad hoc @大阪市福島区福島1丁目1−48

P1130403

トゥールモンドというミシュラン☆を持つお店を去年きっぱり閉店、堂島のほたるまちで店名も変更して 「ad hoc」(アドック)として新たなコンセプトでオープンされた高山シェフ。

今年最初の本格ランチ、こちらも真剣にお店を選定いたしました。

それが最高!!今年はついてる、私達。


P1130346

すっきりしたデザインですが主張も感じられる素敵な店内、天井が高くゆったりとテーブルが配置されているので落ち着きます。ご一緒したのはシロチャン、今年も一杯美味しいもの食べましょうね!とまずはワインで乾杯。


P1130351

シロチャンは今年も重めの赤で。


P1130353

クミョン、白一辺倒でしたが今年から赤にも挑戦!

軽めをお願いすると信州小布施のワインがきました。

お料理を邪魔することのない、すっきりと美味しいお味でした。


P1130358

最初のお料理・・・全体像がめっちゃ写しにくい。


P1130363

小さな器は河豚の白子のアイスクリーム!!不思議で美味しい!!


P1130359_2

黒いボールも河豚のお料理。冬と言えばフレンチも河豚~。


P1130361

最初から素敵な盛り付けにうっとり、お味もうふふ・・・・。

この時点でもう今回の勝利を確信。


P1130365

パンも美味しかったです、バターもたっぷり添えられています。

どこのパンかお伺いするのを失念。


P1130366

↑ 2品めは 「高麗雉 鬼北町のオマージュ」 と名付けられたお料理。


P1130369

鶉の目玉焼きの下は栄養価の高いスーパーフード「キヌア」

広島県鬼北町からの雉肉をまとっています。


P1130367

黒トリュフのハート型がかわいい、レモン味のジェルと。

こんなお料理を作り出すシェフ、頭の中のレシピは数知れないものと。


P1130370

↑ 「蕪のヴルーテ」 美味しい濃厚なスープの中には鱈の白子。

きれいです~、女子心をくすぐられるお料理が続きます。


P1130378_2

お魚のメインはサワラ、添えられたチジミキャベツも美味しい。

お皿の選別もシンプルで抜群ですね。


P1130380

こんなカトラリーが登場したということは・・・・・


P1130385

お肉のメインは本州鹿と季節の野菜

ライトな焼き加減でしたが美味しく完食。

山の神海の神からの贈り物を感謝しながら頂きました。


P1130387

〆のデザートへ。まず登場はトゥルトフロマージュ。

始めて見るフランス菓子です。中には山羊のチーズ。焦げが香ばしい。


P1130392

イチゴを春菊のソースで。

綺麗な一品、美人になれそうな?デザートでした。


P1130393

小菓子、マシュマロとカヌレ。

全皿文句なし!!感動の2時間でした。ワインもどこぞの東京系のお店の様にびっくりするようなお値段ではなく、予想よりもかなりリーズナブルなお値段でした。ここお勧めです。連休明けの寒い平日でほぼ満席でございました。早めの予約がベターと思われます。

阪神福島駅、JR東西線福島駅から徒歩5分、季節を変えてまた。

HPも素敵

END

2015年1月12日 (月)

かにカニ日帰りエクスプレス してきました! 

P1130290

いきなり♂の重い腰が上がり、蟹を食べようとJR企画の 「かにカニ日帰りエクスプレス」 で竹野に行ってきました。竹野は城崎から山陰本線に乗り換えて西へ一駅行ったところです。到着すると予約した宿の送迎バスが待機してくれていました。

P1130316

申し込んだのが5日前、連休中でもありお食事処を選ぶ余裕はありませんでした。城崎は全滅、竹野の 「よどや」 さんにしました。民宿なので全く建物とかに期待はなかったのですが内部はきれいに改装され予想を良い意味で裏切られました。


P1130300_2

少し料金アップになりますが個室のコースにしました。ちょっとした旅館のような入口、お掃除も行き届いていました。個室は落ち着きます、選んで正解でした。


P1130298

8畳のお部屋、食後ごろーんと休憩もできました。


P1130303

じゃーん、お食事の始まり始まり~!!

個室のコースはお造りの舟盛りもプラスされる内容でした。これが特筆に美味しかった。甘海老がでかくて甘い。せこ蟹は1人半身でしたがこんなもん食ってる暇ないわ!!って感じで食べ進む。


P1130307

お造りは醤油に漬けず、蟹ミソをまとわせて食べました、最高に美味!!

やっぱ山陰は魚が旨い、これを食べられただけでも来たかいがありました。


P1130305

蟹鍋の蟹も十分用意されていました。お料理全部で1人1.5杯はあったかと。

蟹大好きな二人ですが最後の方は苦しくなるくらいでした。


P1130308

お造りの蟹も甘いこと!!1人2本でした。これ10本くらい食べたい!!


P1130310

焼蟹、調理した状態でやってきました。

これがちょっと生っぽくて残念。炭火で香ばしく焼いて欲しかった・・・・


P1130313

関心したのはこのセットの品々、お鍋の出汁、ポン酢、ガスのスペア、予備のお絞り、入用な物が全部最初から揃っていました。客は途中でスタッフを呼ぶ手間が省け、店側も手がかからない。あ、焼酎のお替りで3回呼びましたけどね(汗)


P1130311

鍋が始まるあたりから人間蟹工船と化し、撮影はとん挫・・・・・

食った食ったの2時間。暖房も消して窓も開け放して食べ続けました。

蟹は量的には堪能しましたが、質的には2年前に利用した香住の「松屋」さんの蟹の方が数段上でした。今回はJR往復と蟹料理で16000円。お得感はありました。


P1130301

帰りの城崎と比べるとかなりお得なお土産物もありました。

買えば良かったと後悔、あ!お風呂のチェックを忘れました~!


P1130318

実は♂の第一目的は雪景色の撮影でした・・・・・が、生憎雪は積もっておらずお正月の大雪が泥まみれになり残っているのみ。この↑竹野駅前の雪山が今回最大の雪景色でした。


P1130320

竹野駅構内、のどかに石油ストーブで暖を取りながら電車を待ちます。

山陰本線は単線なので本数がとても少ないです。


P1130322

演歌が似合いそうな雰囲気の中電車が到着、10分ほど乗ると城崎温泉駅です。


P1130334

城崎の温泉街でも蟹はたくさん販売されていました。

さっき鱈腹(蟹腹)食ってきたばかりで買う気にはならず。


P1130325

お土産屋さんでも欲しいものは見つからず・・・・・


P1130335

店頭で何杯も試飲させて頂けた店でポン酒をゲト!

頑張ってる小さな蔵だそうです、美味しいよ~ん。


P1130337

お店で計り売りもしていました。

香住鶴など有名処は阪神間でも販売されています。

そうそう、城崎といえばお正月に大火事がありました・・・・・


P1130327

いきなり現れた現場、実際はテレビで見た感じよりも酷い惨状でした。

古い木造の建物が多い地区なので奥の方まで全焼しています。

この火事のニュースを聞いたとき一番に危惧したのがこちらの旅館のこと。


P1130330

志賀直哉が「城崎にて」を執筆する機縁となった歴史ある旅館三木屋さん。

現場からは離れた場所だったので無事でした。国の有形文化遺産です。

最近内部は改装されたそうで、一度泊まりに利用したいものです。


P1130341

特急こうのとり、復路は旧型車両でした。昭和レトロなエエ顔してはりますね。

しかしこの電車が曲者でした、AMAまでの2時間20分車内は蒸し風呂の様な暑さ!!お化粧室でヒートテックの上下を脱いでもまだムンムン。温泉で温まった直後や蟹を買って帰る人、クミョンの様にお酒を持ち帰る人も多いです。JRさん、もうちょっと気配りお願いします。往路の新型車両は温度管理も適切で女性用の化粧室はとても美しかったので次回からは車種のチェックもして行くことにいたしましょう。

え?温泉はどうしたって?実は城崎の外湯、どこもかしこも「現在満員の状態です」の札が出ていたのでご遠慮もうしあげました。だって芋の子洗いみたいなお風呂嫌いだもーん、近くの温泉で近々リベンジをすることにいたします。

かにカニ日帰りエクスプレス、3月21日の利用分まで。お食事処を選定されたい方、土日に行かれる方はかなり早めの予約をお勧めします。タグ付きの蟹を食べるコースもありますよ。

かにカニ日帰りエクスプレス


END

2015年1月 9日 (金)

CHEER,'S @阪急梅田本店 4F

P1130261

ちょっと野暮用で梅田ランチ。 阪急梅田本店4Fのカフェがリニューアルしたらしい、それも去年伺ってなかなか美味しかった福島のイタリアン 「ラ・ルッチェラ」 のシェフが監修の「贅沢ビュッフェランチ」が始まったとか!!こりゃ行かないとね。

11時半頃に到着も満席・・・・・なんでや??さすが阪急梅田・・・・・

じゃなかった、こんな期間限定フェア↓が爆発しているらしい!!

P1130279

何じゃろ?MAXBRENNERって?

店内に案内されるとそれを食べてる女子の多い事!!

NYの人気チョコレート屋さん、東京では長蛇の列だそうな。日本では現在東京のお店とここでしか味わえないらしい。


P1130265

メインを選んで前菜、サラダ、パン、スープを選べるビュッフェでした。お値段1380円にしては並んだビュッフェのお料理はなかなか豊富。レモネードやコーヒーなど飲み物も含まれていました。

ただ、パスタのメインを選ぶとものすごく量が少なそう・・・・


P1130268


ビュッフェのサラダや前菜もなかなか美味しい!!メインに選んだサーモン&エッグベネフィクトもレモン味が効いてて美味しい!!百貨店の中のお食事としたら上出来、さすがルッチョラの鈴木シェフ。


でね、pppppp。皆さんが美味しそうに食べてるのでチョコレートチャンクスピザとやらを誘惑に負けて注文してしまった。


P1130271

もちーっとした薄いピザ生地?の上にチョコレート味のどろっとしな物体、その上に小さなマシュマロが並んでいるという代物。生温かい。お寿司を乗せる時の台みたいなのに乗って登場。見た感じはすごくかわいい、が。

全くあかんかった!!甘すぎて死ぬかと思った。

これを食べる為になんで何時間も並ぶねん????まったく理解不能。

帰宅してテレビ見ていたら、なんとここが紹介されていて「甘すぎず美味しい!!人気なのがわかりますね!!」って皆さん仰っていたので、クミョンの味覚が変だってことでご了承くださいね。

去年はパンケーキにかなり翻弄され沢山食べてしまったので今年はハヤリモンに惑わされまいと誓いながら、のっけから引っかかってしまった。大変アホです。


P1130275

ヴァレンタインまでの期間限定で提供されているみたいです。毎年大盛況のチョコレートフェアにも出店されるそうな、そこではこのチョコレートチャンクピザも持ち帰り可能だそうです。

トートバッグやカップが可愛いけれどこの時点でもう完売?

そんなこんなでお正月が終わったと思ったら即ヴァレンタインに模様替え。

戦後70年、ギブミーチョコレートはまだまだ続きます。

END

2015年1月 8日 (木)

島ぬ風 @大阪梅田阪急3番街 B2

P1130256_2

阪急3番街でお食事って何年ぶりざんしょ?もしかしたら数十年ぶり?

なかなか夫婦で旅行に行けない環境、行ったつもりで沖縄料理を頂きました。

「島ぬ風」 入口に並ぶサンプルがちょっと気になるけど入ってみた・・・・


P1130233


カウンターに通される、沖縄ソングの流れる店内。満席の店内、元気いっぱいのスタッフ。ええ感じですやん。ずらっと並ぶ沖縄各地の焼酎に泡盛。


P1130238

残波を頂きました、香りの際立つ美味しい泡盛ですね。

このお店のお決まり、ちっちゃいビールのフィギアをスタッフが持ってきて「乾杯~」すると厨房からも乾杯~!!と声がかかります。よくわかんないけど盛り上げる演出みたいです。


P1130241

まず沖縄珍種6種盛り合わせ、ミミガの酢味噌あえに島らっきょうetc

これで990円、お酒も一杯550円くらいから。


P1130244

スクガラス、食べる時なんだか可哀想になるんですよね。

でも美味しいから頂きまぁす。ちょっと塩からい、お酒が進くん。


P1130243

沖縄素材の天ぷら盛り合わせ 紅芋、ゴーヤ、モズク、島らっきょ

沖縄の塩につけて、美味しく揚がってました。ここなかなか美味しいやん!!


P1130246

♂とクミョンといえば豚足ですね、焼テビチ。

現地で食べた時はもっと焼きが強かったような。


P1130248

沖縄風生春巻き 甘目のゴマダレに付けて。

う~ん、どこが沖縄だったのかわからず。


P1130253

〆は野菜たっぷりの沖縄そば。 時々ソーキそばとか本土で食べると「あれ?」な時がありますがここはスープがとっても美味しい、大満足~!!

一瞬梅田にいることを忘れてしまう・・・とまでは言いませんが充分沖縄してました。日本料理のようで中華料理のようでもある沖縄料理。我々にはぴったりでした。


P1130254

久米島ってフランスなんですか?

泡盛3杯づつ飲んだだけなのに、かなり出来上がりました。


P1130259

しまのかぜ、ではありませぬ。シマヌカジと呼びましょう。

ランチもあるみたい、梅田で沖縄が恋しくなったらここ良いかも。

そうそう、今回の薬膳はゴーヤ。「苦瓜」で食物性味表に乗ってます。

夏野菜なので体熱を取り冷やす作用が大、帰経は心脾胃、効能は 解暑 明目(めいもく 視力を高める) 解毒、 適応 暑気あたり 発熱 下痢 目の疲れ

薬膳の基本は季節の産物を食べる事。やっぱり夏野菜は夏に食べるのがよさそうですね。今の季節に頂く時は身体を暖める食材と一緒に食べましょう。例えば犬の肉、は無理なら鶏肉や羊肉と炒めましょう。

今回出てきたゴーヤはどこで栽培された物でしょう?太陽をいっぱい浴びた大きなゴーヤはVCが一杯!!葉酸、Ca、Mg、などなど有効成分もたっぷり。来る夏にはどかんと頂きましょう!!

え?苦いから嫌い?それは残念・・・・・・

END

2015年1月 6日 (火)

本家かつめし亭 @神戸市三宮センタープラザB1

P1130213_2

2014年ギリギリの日、予約しておいたお節を取りに神戸に向かいました。時間も押していてさらっとサンプラザの地下で見つけた胡蝶蘭に誘われて・・・・・・

加古川名物 「本家かつめし亭」 山陽電車浜の宮駅から歩いて15分(遠!)に本店があるらしい、って書いても浜の宮ってどこ?AMAから電車で2時間。三宮に来て食べるのが正解でしょう。オープンは去年11月末だそうです。


P1130207

そもそもカツメシって何って方もいるのかな?一昔前からかなり全国区になりましたよね?薄めに敷かれたご飯の上にこれまた薄めのトンカツが載せられデミグラソースがどばっとかけられてる、これがカツメシです・・・ってその名前のままやん。

何故だか神戸のずーっと西に位置する加古川の地方食として伝承されてきたカツメシ。かなり前に現地で頂いた時は美味しかったなぁ、今回はいかに?

まず味の決め手はデミグラソース。鶏ベースとある、だからかあっさり系。洋食のデミグラを想像して口に入れるとちょっと物足りなさがあるかも。そしてメインのカツ、兵庫県産黒毛和牛A4~5級(FBには熊本産となってるぞ?)とホームページにあります。でもこれだけ薄くしちゃうと何が何だか!!肉食った感じゼロ!!

下のご飯は兵庫県産ひのひかりだそうな、女子に調度の量でした。


P1130206_2

カウンターが8席、テーブル席4席ほど。厨房は男子お二人。味噌汁は機械に素の入った袋を突っ込んで出てくるシステム、小さな小皿が3皿付くけどこれも全部ビニール袋から出してました。事前にいくつも並んでます。揚げてる状況は目視できず油の状態は不明。

う・・・む、頭に描いていた思い出のカツメシとはちょっと違うかった。


P1130205

でね、ここ一番安い並みでも1000円。この地下環境だと結構なお値段だと思うのですよね。1000円もするのに入口の自動販売機で食券を買うシステム、ちょっとテンション下がったわ。「極かつめし1700円」にすべきだったのか?いやここは君子危うきに近寄らずで普通で良かったんだきっと。

真向いは人気のカツ丼吉兵衛さん、健闘を祈る!!

で、カツメシだけでは余りに物足らない今日のアップ内容。

初笑い、いっときましょか!!


Img_20150102_221310

チェッカーズ?25年前の浅草にて。

END

 

2015年1月 5日 (月)

割烹 戎家 @芦屋市前田町4-13

Img_20141214_124535_2

なんとなく鰻がクミョンを呼んでいる。そんなある日JR芦屋駅から南へ、2号線沿いにとぼとぼ西へ5分ほど歩いたところにある 「割烹 戎家」 を攻撃してみました。 

Img_20141214_131510

芦屋で鰻といえばこちらだそうです。お店の外まで鰻を焼く良い香りが漂っています。横に専用駐車場が2台、近くにコインパーキングもありました。

Img_20141214_124145

かなり前だそうですが「となりの人間国宝」にも出たみたいです。日曜の昼時、店内家族連れのお客さんで満席でした。しばし待たされて入店。寿司ねたケースのあるカウンターとテーブル席4席、2階もあるようです。


Img_20141214_124545

どうしてここに来たかったかというと、クミョンの好きな一度蒸してから焼く関東風の蒲焼だからです。ふんわりとソフトな焼き加減でございました。欲を言えばもう少しタレが欲しかった。お吸い物もきちんと肝入りでした。


Img_20141214_124118

鰻とお寿司の2枚看板なので少し不安でしたが、回りのお客さんを見るとお寿司を頼んでいらっしゃる the Ashiya 的なファミリーも多く、きっとお寿司も美味しいのでしょう。立地を考えるとリーズナボーな価格だと思います。

Photo



これって少し前のランチなんです。いつもだと何の断りもなくさらっと投稿しちゃうのですがすでに「去年」なんですよね。罪悪感があるわ(汗) 


Img_20141214_112950

こんな画像↑載せたらもっと去年感ばりばりですが・・・・この日は薬膳教室がありました。お正月でランチに行けない間薬膳のお話をアップしようと実は目論んでいたのですが毎日テレビ見たりネット見たりしてたらあっと言う間に終わってしまいました。

罪滅ぼしというか、今回頂いた鰻の薬膳的効能を調べてみました。鰻ってまさか日本人だけが食べてるって思ってないですよね?中国でも韓国でも知られた食材です。

「鰻」 帰経は肝脾腎(漢方でいう脾は西洋医学の脾臓とは違うらしい) 効能は補気,補血、補腎、養肝、活血、強筋骨 適応はめまい、疲れ、手足のしびれ、関節痛 作用は視力回復、体力回復。

鰻は土用の頃にと思われがちですが、年末年始なにかと忙しく暴飲暴食を続けた今、上記の効能を思うと真冬の今食べるのも有りだなあと。中医学で一番大事といわれる肝、そして父母からの力を受けつぐ腎、両方に効くありがたい食物です。

身体を温めるという点では穴子の方が上で同じような効能があります。また穴子は動脈硬化や高血圧予防なんて力もあるようです。

まだまだ寒い日が続きます、美味しくて体に良い薬膳で冬に負けない体を作りましょう。

END

 

2015年1月 1日 (木)

2015年 明けました!!

P1130220

明けましておめでとうございます

今年もあっちで食べたりこっちで食べたりの相変わらずではございますが

どうぞよろしくお願い申し上げます

↑ 神戸の元町駅近くにある 「わさびと魚」 さんのお節をゲトしてみました。

容器のふたに小さな獅子舞の飾りが付いていました。お正月らしいですね。


P1130215

2人用の一段です。 豪華さはないですがお味は美味しかったです。

皆さんはどんな年越しをなさいましたか?

うちはお鍋を食べながら紅白を流し見、行く年来る年は暗~いので・・・・・


P1130223

23時50分頃から東急ジルベスターコンサートにチャンネルを合してみました。

年が変わる調度その時に演奏していた曲をぴたっと終えるコンサートです。

↑年明け20秒前


P1130226

↑ちょっと分かり難いですが年が明けた瞬間です。

きっちり00時にシベリウスのフィンランディアの演奏が終わりました、大成功!!

20回目でオーケストラとバレエの共演など豪華な内容でした。

5日までこんな感じでジミ~なお正月を過ごします。

世間の皆様が仕事始めの頃までブログもしばしお正月休みさせて頂きます。

END

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »