こちらもご覧ください♪

« 鹿児島の夜 3軒目+4軒目 | トップページ | さよなら鹿児島 また来るぜ!! »

2015年3月 9日 (月)

名勝 仙嶽園 @ 鹿児島市吉野町9700-1

P1140291

鹿児島での3日目、朝早くからへんりーちゃんと向かった先は 「仙嶽園」

江戸時代、薩摩藩の当主島津家の別邸だったところです。その頃の優雅なお庭を見学しながら薩摩藩の歴史や産物にも出会えます。NHKの篤姫の撮影に使われた場所も何か所かありました。


P1140283

薩摩藩と言えば明治維新前からいち早く富国強兵を目指し、盛んに武器や造船などが行われていたようです。この動きが後の江戸幕府を終焉に導く第一歩のなったように思えます。

↑は鉄製150ポンド砲、これを制作する鉄を溶かす炉の跡も残されています。


P1140287

勇ましい大砲より薩摩大根に注目する二人、想像以上にでかいです。

お味の程はいかがなものなのでしょう?


P1140285

広いお庭をきれいに保つのは大変ですね、

鹿児島市内でも見かけた克灰袋収集所。


P1140286

へんりーちゃんが食べたかった世界一小さいみかん「桜島小みかん」

店舗などでは時期ではないので見当たりませんでしたがこちらで生っているところを見ることができました。12月~1月が採集期らしいです。火山灰が降り積もる桜島でも育つ品種だそうです。


P1140295

↑「猫神」をお祀りする神社が一画にありました。朝鮮出兵の時島津藩は猫さんを7匹従軍させていったそうな、その内2匹が生き残り薩摩に戻ってきたそうです。その猫さんをお祀りしています。猫好き二人の影も記念に。

どうして猫を連れて行ったかというと・・・・・


P1140297

猫の目を時計のかわりにしたのだそうな

舟の中とか、臭~い猫うんちの処理で大変だったろうに・・・・・


P1140305_2

仙嶽園の見学は1000円(ちーと高いような気がする)+600円で女性の解説でお殿様が居住なさった御殿を拝見できるミニツアーにも参加してみました。ここを最後に使われた島津のお殿様は昭和天皇の奥さま、香淳皇后の御祖父様であらっしゃいます。

現皇室と関係のある場所だからか?お抹茶とお菓子を頂いたこのお部屋以外は撮影不可でした。


P1140302

えへへへ・・・・隠し撮りしちゃいました。ヨイ子は真似しないでね。

書院造りにテーブルとは、かなりチャンポンな生活をなさっていたようです。


P1140307

釘隠しも各所で違う素敵なデザイン。使われている木材も屋久杉など今ではお目にかかれない様な贅沢な造りの御殿でした。

全く違うお話だけどねー、香淳皇后さんと朝ドラで有名になった白蓮さんは美智子皇后様が民間から選ばれようとするときスクラム組んで猛烈に反対なさったらしいです。白蓮さんって自由恋愛の旗手みたいに描かれてたけど、結局は階級社会を貴ぶ古いタイプの女性だったのね。


P1140299

ここにどうして別邸を建てたか、それは桜島を借景に鹿児島湾を池に見立てて壮大な景色を楽しむ為だったそうな・・・・・が当日はもやっていて薄っらとしか桜島が見えず、大変残念でございました。


P1140312

薩摩といえば切子細工、敷地内にあるギャラリーを見学してみました。


P1140317

数百万の物もさらっと置かれていました。

目の正月をさせて頂きました。

P1140319

手に取ってもOKでした。記念に1つ、と思いましたがまた鹿児島に来られるくらいのお値段だったので今回は放置。


P1140324_2

2色切子の断面、作るにはかなりの熟練が必要と思われます。


P1140316

こちらにも中華の団体さんが押し寄せるのでしょうか?

財布の紐が固い日本人は置いとかれ、春節仕様の展示が沢山ありました。


P1140329

最後に尚古集成館で鹿児島の歴史展示物をさらっと鑑賞して・・・・・


Ycnmqlc65lanieb1425769121_142576917

この日も過密スケジュール、早々とシティビューバスに乗り込み市内へ戻ります。


P1140337

乗ったバスの運転手さん、なんとなく西郷さんに似てた


P1140339

最後の最後に桜島が少し姿を現せてくれました。バスの車窓より。

ありがとう、また来る日まで大爆発しないで元気でね

これから二人は留めのランチに向かいました。まだ続くか鹿児島

END

« 鹿児島の夜 3軒目+4軒目 | トップページ | さよなら鹿児島 また来るぜ!! »

コメント

ついこないだ、噴火ニュースを見ました。
日頃から頻繁に噴火しているようですが、行ってる時に灰降りに合わなくて良かったですね。
切子って、お高いんですね。綺麗だし、作るの大変そうだし…広報紙のお年玉プレゼントの賞品で人気だったというのも納得しました(*^^*)
明治維新・幕末の世界・大活躍の薩摩藩…、日本史や大河ドラマでしか感じることがなかったですが、実際に目にされてるのを見せていただいたら、なんかいいですね。ここでもタイムスリップ気分に(*^^*)
前の卵焼きの件ですが、実は私、卵が苦手でほとんど卵料理を食べないのですが、その中でも、甘い卵焼きが特に苦手です。でも、甘いのって関東だけだったとは知りませんでした( ̄O ̄;)

コン様
噴火があるとフェリーも出なかっただろうし、曇っていたけれど
島にも上陸出来てお姿も拝見できたので良しとせねばですね。
明治維新の頃って学校でお勉強するときあまり萌えるところではない
ですが本で読んだりこうして実地を体験すると近代だけに迫ってくる
ものがあり理解しやすいですね。
えええ!玉子も苦手なんだ・・・でもケーキは食べるわよね?
甘い玉子焼き、こちらでは売ってるのもあまり見かけません。時々
お弁当に甘いのが入ってたりしたら残します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名勝 仙嶽園 @ 鹿児島市吉野町9700-1:

« 鹿児島の夜 3軒目+4軒目 | トップページ | さよなら鹿児島 また来るぜ!! »