こちらもご覧ください♪

« ピピネラキッチン @大阪市北区中崎3-2-10 | トップページ | 高城庵 @鹿児島県南九州市知覧郡6329 »

2015年3月 3日 (火)

知覧へ 

P1140150

へんりーちゃんとクミョンが今回九州を来訪するきっかけとなった知覧。

2日目の午後鹿児島市内から34km、1時間ほどバスに乗りまず武家屋敷が並ぶエリアに到着です。薩摩の小京都と言われる武家屋敷群、整然とならぶ敷地、本州の江戸屋敷には見られない頑丈な石垣。独得の形式美を感じました。


P1140152

重厚な門構えのお屋敷です、「佐多」姓と「平山」姓のお屋敷が多かったです。一門が揃ってこの付近にお住まいだったのでしょう。空襲がなければ鹿児島市内にもきっとこの様なお屋敷がたくさん建ち並んでいたことでしょう。お屋敷と枯山水のお庭は国の名勝に指定されています。


P1140135

この時点で(2月18日)もうはや庭園の梅が満開、あたり一面に芳香を漂わせていました。関西の梅より香りが高いような。寒くて風の強い日でしたが春を感じる一瞬でした。

実際にお住まいのお屋敷も多く、一部は拝観不可でした。


P1140148

同じ地域内の二つ型茅葺民家は使われていた当時そのままな雰囲気で残されていました。


P1140149

このお写真はモザイクかけなくてOKですよね?

少し前まで旧家にいくと飾ってあることの多かった御真影。久々に拝見。


P1140145

知覧というとお茶が有名です。小さな売店があったので入ってみました。


P1140142

試飲をさせて頂き日本茶が大好きな♂へのお土産を購入いたしました。

お茶を含みながらふと考えました、この地から空へと旅経って行った少年達も知覧茶を楽しみながら最後の時を待ったのではないかと。

武家屋敷の後お昼を頂き 「知覧特攻平和会館」 へ向かいました。


P1140186

忘れてはいけない先の大戦が残した悲しい出来事、特攻隊。今を生きる私達には常軌を逸したこの作戦もその当時の日本がおかれた状況を思うと最後に残された方法とされ得たのでしょう。

知覧基地を含む各地の基地から飛び立った戦闘員の総数は1086名。最年少は17歳になったばかり、特攻が実行される沖縄までの飛行時間は約2時間。どんな気持ちで1人空の上で過ごしたのか。記念館の内部は撮影禁止でした。遺書、絶筆、軍服、今も静かに私達に戦争の悲惨さを語り掛けてきます。


P1140181

外に出てから一枚写させて頂きました。鹿児島湾に沈んでいた零戦、墜落の衝撃か胴体から真っ二つに裂けています。操縦席は想像よりかなり狭く圧迫感があります。これ以外に展示されている物は映画撮影の為に精巧に作られたレプリカです。


P1140182

特攻隊員が最後の数日を過ごした兵舎、閉館時間を過ぎたので内部は拝見できませんでした。この辺りも米軍の空襲にあい当時を伝えるものは数少ないようです。


Photo

こちらの会館から少し離れたところにまだ拝見すべき所が沢山あったようです、時間的におせおせだった今回、また時間をゆっくりとって参りましょう。



P1140179

こんなことは二度と繰り返してはいけない、国家あっての国民ではなく国民あっての国家。そうはわかっていても油断するとずるずる戦争への道を歩んでしまいそうな最近の日本。


P1140183

鎮魂の森を見上げると上空で大きく風が舞いました。暮れかかる知覧を後にへんりーちゃんと2人でバスに乗り鹿児島市内に戻りました。


P1140187

次回は知覧武家屋敷で頂いた美味しいお昼ご飯をご覧頂きます。

END

« ピピネラキッチン @大阪市北区中崎3-2-10 | トップページ | 高城庵 @鹿児島県南九州市知覧郡6329 »

コメント

こんにちは。御無沙汰をしております。

鹿児島は知覧。ここ行ってみたいと思っていますのでレポート興味深く拝見させて頂きました。

知覧特攻平和会館は一度は行かなければならぬと思っています。
表面上はお国のためと言いつつ、本心はどんな気持ちで出撃していったのでしょうか?それを考えると心が痛み、締め付けられます。

人の悪口を叫ぶ事しか出来ない、お金ボケしている永田町の方々に是非とも自費で詣でて頂きたいものです。。。。。

ナウリ様

コメントありがとうございます。いつも出張ご苦労さんです(爆)
知覧はもう何十年も前から行ってみたかった所、今回訪れることが
できて本当に良かったです。
想像していたより鹿児島でも果ての果てな所、こんなところまでお国の為
と言いながら連れてこられたまだうら若い少年達。
現在の日本の若者と同じDNAを持っているのでしょうか?本当に日本は
戦後骨抜きのなさけない国になってしまいました。
私達はバスで移動しましたが(ビールを飲むため)鹿児島はレンタカーで
廻った方がスムーズに移動できると思います。是非どうぞ!!

私が訪ねた10月は、抜けるような青空でじりじりと焼けつくような日差しに、
同じ日本でも南国は10月でも暑いのね~と思いましたが、今回はあいにくの
寒い天気の中の散策だったんですね。
朝ドラ「マッサン」で、今まさに出征する若者と彼を思うマッサンの娘の姿を
放送しているところです。
どんな事情があっても、国に人の命を奪う権利なんてありません。
ドンドン右寄りに傾いている現政権には大変憤りを感じております。

記念館は、特攻隊として命を懸けた青年たちの最後の言葉がたくさん残っていて、とても感慨深いものがありました。
「お国の為」と彼らは無駄な死をしたのではないです。
そう思っては彼らがかわいそうだと思いました。
若き彼らの時代の事実が今日の戦争への考えに大きな影響を与える貴重な出来事として私たち現代人の心にとても響きます。
そういう意味でも何事も歴史に無駄は無いのだ。と思いました。
これが今のぬくぬく育った世襲政治家の耳に入るといいのですが。

ビョン様
だいぶ昔のお話ですが祖父のお知り合いに特攻で息子さんを亡くされた
方がいらして、いろいろお話をお伺いしたことがありました。
広島の部隊から特攻基地に移動前お家に一泊だけ帰ってらしたそうです。
その時は一言も「これで最後」とは言わず普通に過ごして行かれたとか。
でも家族は全員これが最後とわかったそうです、でも誰も涙は見せなかったと。
マッサンは見てないのですが、行くものも残るものも大変辛い時代であったことと
思います。これからはせめてアジアの国同士は仲良くしていけないものでしょうか。
過去の反省と共に未来志向の考え方も大事だと思います。

へんりーちゃん
寒かったけれど人が少なくて静かに廻ることが出来て良かったです。
記念館の中に人がいっぱいって状態さけたかったし。
あの時はへんりーちゃんも私も涙が出なかったですよね、私は今の日本の
現状を思うと怒りとか憤りのみを大きく感じてしまいました。
最近、戦争とか紛争とかいきなり間近に迫ってきました。だのに日本の普通の
人の間では戦争を直視しようという傾向が薄れているように思えてなりません。
第二次世界大戦でこれだけの(戦闘員も一般市民も)犠牲を払った末の平和です。
このままアメリカの飼い犬的な状態で萎えた日本になっていっていいのでしょうか?
広島、知覧、長崎とみてきてこれからのこの国を憂います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知覧へ :

« ピピネラキッチン @大阪市北区中崎3-2-10 | トップページ | 高城庵 @鹿児島県南九州市知覧郡6329 »