こちらもご覧ください♪

カテゴリー「2014 4月の大邱」の18件の投稿

2014年5月16日 (金)

2014 大邱の春⑱ 西門市場独り歩き後編

Photo_12

泣いても笑っても2014春の大邱、最終投稿となりました。

大邱は韓国で一番小麦粉の消費量が多い街だそうです。

それだけ麺類を食べる人が多いってことですね、西門市場内にも

沢山の麺屋台を見かけることが出来ました。皆さんお昼前からがっつりsun

今回Yuckyさんのブログで紹介されていたククス屋さんに行くべく

歩き回りましたが、どーしても見つからず・・・・・・

Photo_14

通りすがりのおじ様にお尋ねすると、「知ってる知ってる、ついていらっしゃい」

と、どんどん歩いて行かれました。待ってえ~coldsweats01

Photo_15

すると・・・・・がぁんsign03 見つからんはずじゃわcrying お休みでした。

シャッターの中に股を広げて座るという椅子が積み上げられておりました。

銀行(銀杏?)食堂、次は絶対責めるぜsign03

Photo_16

「ククスを食べたいなら他の店に連れてってあげる」とこちらを紹介して

下さいました。小さな路地をはいっていったとこの「ソンア食堂さん」。

Photo_17

このおじ様とはこちらでお別れ、ご親切にありがとうございました。

小さなお店ですね、お昼少し前だったのでお客はクミョン一人でした。

Photo_18

どうして小さなお店なのにアジュマが4人もいるのだろう?と思っていたら?

次々かかってくる電話、配達に大わらわ、出前の方が多いのです。

Photo_19

麺は入口でこねこね、完全手打ち麺ですねsign03

しばしお点前拝見させて頂きました。

Photo_20

このキムチが旨かったsign03 何気に置かれたロールペーパーが渋い。

さすがに青唐辛子を齧る勇気はありませんでした。

Photo_22

じゃーん、待つことしばしでカルククス登場。

あっさりとしたスープと麺が良くあいます。薬味が馴染んでいくと

終盤にかなり辛くなってきました。麺がたっぷりでお腹いっぱいになります。

Photo_23

倭国で求められるコシというものは期待できませんが、美味しいです。

しかし食べても食べても減らず・・・・少し残しました。ごめんなさい。

これで3500wは驚きのお値段ですね。

Photo_24

どなたかのサインが貼ってありましたが、誰でしょね?

Photo_25

それと↑これって何に使うものですか?

そんなこんなで東大邱駅から金海空港直行のバスに乗る時間が

迫ってまいりました。一度行くとはまります、大邱heart04

まだまだ食べきれなかった物がどっちゃり、再訪ありですねsign03

そして最後になりましたが大邱支庁観光課の丸山さん&皆様、

今回のリア友ツアーを組んでくださったビョン様、素敵な笑顔を沢山

下さった大邱の皆様、どうもありがとうございました。

END

大邱に興味を持たれた方は↓をご覧下さい。

大邱市の観光案内はこちらのサイトへ

2014年5月15日 (木)

2014 大邱の春⑰  西門市場独り歩き前編

Photo

もうちょっと引きずりますよ、大邱。最終日金海空港に戻る前の数時間

韓国でも有数の巨大市場 「西門市場」 を単独で探検してみることにいたしました。

でかい、想像していたより数倍でかい。

生きていく上の何から何まで揃いそうです。↑は韓国の国民服 登山ルックを売ってる店。

Photo_2

登山ルックを見ていたらリュックが欲しくなりこの社長さんのお店でゲト。

しきりに真っピンクで派手派手なのを勧められましたが地味目なのを選びました。

「なんでや?この方がかわいいのに・・・・」と、社長不服そうでした。ごめんね。

Photo_3

すごく明るいこちらの社長さん、漢方いや韓方製品のお店でした。

参鶏湯のセットをゲト。大邱ってなんてみんな笑顔なんだろうsun

写真を写すと皆さん驚くほど良いお顔で写るのです。

Photo_4

鶴橋で見かける山下バッグも吊り下がっておりました。

ま、これは止めときましょshock

Photo_5

いったいどこを歩いているか検討つかないほど広い。今回3時間ほど

回りましたが多分半分も回れていないと思います。

歩き疲れました、小さなカフェをビル内の地下で見つけたので休憩。

Photo_6

物腰のソフトな男子が運営されておりました。ここはチェーン店でしょうか?

ラテ、とっても美味しかったです。

Photo_7

もしかして全州で食べた美味しいトウモロコシ?って色めき立ちましたが

バター(マーガリン?)をべちょーって付けているようなのでパス。

Photo_8

おお、ここでもアナ雪は人気のようですね。

Photo_9

イチゴの季節到来です。時間があればカフェでイチゴメニューを

食べたかったなぁ。甘い香りが漂っておりました。

Photo_10

晩御飯用にこのお店でキムパをゲト。

立派な冷蔵庫ですね、トッポキも美味しそうでした。

Photo_11

本当に何から何まで揃います。↑はお葬式用の靴や服。

この隣でお菓子売ってたり、その混在ぶりが魅力なんです。

広い広い西門市場での帰国前、最後のお食事を次回に。

END

2014年5月11日 (日)

2014春の大邱⑯ ディープな夜の七星市場

Photo_13

上品な蓮根料理で大人しくモーテルに帰る面々ではありませんでした。

最終打ち上げはこちら七星市場の「ハムナムプルコギ食堂」さんで。

地元密着型の超ディープな市場の中、閉店間際で炭火も落としかけて

いましたがギリギリセーフで頂くことが出来ました。

Photo_14

店の外で炭火でファイアーsign03 狭い路地が火事になっても知らんでファイアーsign03

このお店はすべて年齢高めな女子で構成されておりました。

クミョンもバイト可能だ。迫力のママさんの画像がないのが残念です。

Photo_15

6人無事で最終日を迎えられて良かった、乾杯sun

2人は次の日帰国、4人はこれからも旅が続きます(元気すぎ~)

Photo

Hiteにリッチなエクストラなんかがあるの知らなんだscissors

豚の炭火プルコギが焼きあがったようです。

Photo_2

どーんと来たもんねsweat01 これ晩御飯から1時間経ってない内に食べる

夜食です。。。。この2日よく歩いたので神様も多めに見て下さるでしょう。

Photo_3

お味噌やアミの塩辛、好きなものを葉っぱに包んでパクッとなimpact

こりゃ~ビール友でございます。さすがに沢山は食べられませんでしたが

雰囲気は十分楽しむことかできました。

Photo_4

ビョンさんが以前ここに来た時の様子をブログにアップしていて

それに写るご自分をご覧になりご満悦のスタッフ女子。

数百人、もしくは数千人の日本人が見てますよ~happy01

Photo_5

我々は6人だったので2階に通されましたが1階はこんなおじ様が集う

楽しいお店でした。「シャジンOK?イントネッOK?」と承認済みのはずsweat01

大邱って本当にこうした普通の交流がごく自然にできてしまう町でした。

食と共にこれもソウルなど観光客に対してスレてしまった町とは大きく

違う大邱の素敵なポイントだと思います。

短い間でしたが少しでも日本人の事を身近に親しく感じて頂きたいと

韓国に来た時は心の隅で思いながら過ごすことにしています。

国と国はなんやかやあるらしいけれど、同じお米を食べるアジア人同士

理解できると信じています。

END

2014年5月10日 (土)

2014春の大邱⑮ 笑談亭で蓮根料理

Photo

ビョンさん主催のカラフル大邱ツアーもとうとう最後の夜となりました。

大邱支庁の観光税課にお勤めの丸山さんのお勧めで大邱の名産品

蓮根のコースが堪能できるという 「笑談亭」 にやって参りました。

街の中心地からタクシーで20分くらい、閑静な住宅街にありました。

Photo_2

入ると香辛料(薬材?)の棚がsign03 圧倒される数でございました。

こちらの社長さんは韓国伝統料理研究家だそうな。

人工的なものは一切使用せず、ウェルビーンなお料理が楽しめるお店です。

健康志向なお店は倭国より韓国の方が絶対多いです(きっぱり)

Photo_3

おおおsign03 最後の晩餐に相応しい素敵なお部屋です。

けど基本的に韓国って掘りごたつ席はないのよね。

立膝OKな文化だから座はくずせますけど。

 

Photo_4

丸ちゃんがお願いして下さってランチのコース15000wを夜に特別に

オーダーできました。蓮根をいろいろ工夫して調理したお料理が並びます。

日本の精進料理にも通じたところがあります。

Photo_5 

盛り付けは上品でお味も体によさげな薄味の物が多かったです。

こちらでも特別辛いものは出てきません。

Photo_6

蓮根の水分で漬けたという白菜のキムチが美味でした。

これお土産にして持って帰りたかったです。

Photo_7

普通はドングリの粉で作りますがこれは蓮根のムッでした。

分けるトンクが薄紫のプラスティック製なのがちーと残念。

Photo_8

柿?と蓮根のドレッシングが美味しかったサラダ。

こんなお料理を毎日頂けたら体重も減るだろうな・・・・・

Photo_9

デザート系のお味でした。自然な甘みがうれしいです。

お酒も進む君でお腹もいっぱい・・・・けどまだ〆のお料理がありました。

Photo_10

ご飯用のオカズが新しく並びました。

これもどれも美味しいよー、タッパーあったらなぁcoldsweats01

Photo_11

蓮の葉ご飯が登場です。

勿体無いけど完食ならずsign03 添えられたチャングッチャン(納豆汁)が

また美味sun 韓国は焼肉とピビンパって思ってる方、目から鱗ですよsweat01

これで15000wはコスパ良すぎ、夜も25000wくらいからコースが

あるようです。大邱に来たらタクシー飛ばしてGOしてみてね。

Photo_12

スタッフ女子のかわいいユニフォーム、きれいなお嬢さんでした。

大邱の食って奥が深いです。初めて訪れたにも関わらずこれだけ

堪能できたのはビョンさんのリサーチのおかげです。

食べ専にはうれしい旅でした。本当にありがとうございましたcat

そして大邱支庁観光税課のみなさん、丸ちゃんどうもありがとうございました。

大邱ファンになりました、まだまだ食べてみたいお料理がたくさんsign03

是非またお邪魔させて頂きたいです。

大邱市の観光案内はこちらのサイトへ

END

2014年5月 9日 (金)

2014春の大邱⑭ 清道のワイントンネル

Photo

東大邱駅からまったりと走るムグンファ号に乗って大邱から南東にある

「清道」というところに降り立ちました。ここは柿の名産地らしい。

Photo_2

ほらね、バス停も柿だし。休日だったので観光客が多いです。

お目当ては皆さん同じ・・・・・

Photo_4

おお、何やらトンネルの入り口らしきものが見えてきました。

Photo_3

戦前作られた古いトンネルが地元特産の柿から作ったワインの

貯蔵場所になっていました。年間を通じて温度と湿度が一定だから

適しているのだそうです。

Photo_5

かなりじめーっとした空気が漂います。

カップルが目立ちます、デートに何か都合がいい点があるのでしょうか?

Photo_7

天井までワインで覆いつくせれたトンネル内。

ここを一躍人気スポットにしたのは2008年韓国で放映されたドラマ

「テロワール」、このトンネルが撮影に使われたらしいです。

日本でも放送されてましたがクミョン途中退場したわsweat01

今も韓国のワインブームは続いているのでしょうか?

Photo_8

おおお!!グラスで柿ワインが楽しめるようです。

ここらでクミョンお疲れさん、関取、いや席取り係りを申し出てどっかり

座りこんで皆さんをお待ちいたしました。

Photo_9

それにしてもカップルが多い、まだ言うか・・・・

プサン方面からも車で来てるのかな?家族連れも多いです。

皆さん飲んだ後運転しちゃだめよーcoldsweats01

Photo_10

待望のお味みタイムでございます。う~ん、色が柿色できれいね。

飲みやすいですね、少し甘目かな。トンネルの中ってなぜかロマンチック。

カップルで来たいわ、まだ言うか・・・・・

Photo_11

この半生の柿が妙に美味しかったのです。

買って帰れば良かったと激しく後悔いたしました。

秋には柿狩りも楽しめるらしいです。その頃訪問された方は是非ゲトしてね。

Photo_12

清道駅からはタクシーでの往復だったのですが・・・・・

この迫力の女性ドライバー、飛ばす飛ばすimpact

普通の公道を時速120~140は出してましたね、それも片手運転。

かなり手に汗握る経験でした。生きて帰れたよかったsweat01

(とっても気さくなお姉さんでございましたよ)

また再びムグンファ号で東大邱駅に向かいます。

ビョンさんの大邱ツアー最後の晩餐へ。

ワイントンネルを紹介したきれいなページがありました→こちら

大邱市の観光案内はこちらのサイトへ

END

2014年5月 8日 (木)

2014 大邱の春⑬ ランチは漢方しゃぶしゃぶ

Photo_7

晩御飯じゃないですよ~お昼ご飯ですよ~

今回のビョンさんリア友の面々は良く食べ良く呑み、豪快でしたsign03

慶大病院向かいの菊花庭園さんで漢方きのこしゃぶしゃぶ定食です。

これでなんと一人15000wsign03 むっちゃコスパよろしいやんsign03

キノコ×キノコのマジックで美味しさ倍増です。胡麻の葉も入ってるわ。

Photo_8

夜は相当のお値段のお店らしいです。エントランスも内装もおされー。

↑お昼から大宴会が繰り広げられた現場です。

Photo_9

さすがに韓牛ではありませんでしたが1人120gのシャブ肉sign03

肉系のクミョンうれしすぎて食べ過ぎたかも・・同鍋の方、ごめんなさい。

Photo_10

ドングリの粉からつくるムッ、本国で頂くと美味しいです。

これってダイエット食になりますね。けど他にいっぱい食べたら

案の定太りますね、今回体重が2kgほど増えて帰国いたしました。

Photo_11

お餅の入った巾着も美味しかったわ、昼Bも進む君です。

けど大邱ってお料理が赤くない、辛さも程よくて日本人にはぴったんこ。

ビョンさんのお店の選択チェゴーcat

Photo_12

ポップンチャ(木苺のお酒)もゴクリと、甘いこれは甘すぎるわsweat01

ソーダ割りとかにしたら良いかも。

Photo_13

鍋にお決まりの麺投入sign03 お腹いっぱいでもするっと食べちゃいました。

漢方のスープが良い味、大邱は漢方の町だと再確認するランチでした。

Photo_14

〆は「もう食べられへんわー」と言いながらも完食したおじや。

出来たら1時間くらいお昼寝したいくらいでしたが・・・・・

ダメダメ、これからの予定が差し迫っておりました。

ムグンファ号に乗って清道というところまで移動します。

END

2014年5月 7日 (水)

2014 大邱の春⑫ 日本語文化解説士さんとコルモクツアー

Photo

三日目の朝ごはんはモーテル近くの「名家ガーデン」さんで、

ビョンさんがお願いして早めにお店を開けて下さいました。

日本の韓国料理店でもお仕事されていたシェフのチゲ、美味しかった。

どれも5000w、朝から赤い料理で元気を頂きました。

Photo_2

この日は生憎の雨模様、地下鉄で慶大病院駅まで移動し日本語文化解説士の

イ・ウォンソプ女史と合流。ここからじっくり4時間コルモク(路地)や大邱に残る

文化遺産見学のツアーに出発です。まずは三徳洞あたり、ここは日本統治下の

日本人家屋がまだ多く残る所。

この壁の装飾は近年なされた物と思われます。

Photo_3

韓国は壁画が好きだなぁ。この辺りはほぼ全域日本家屋だった様ですが

近年取り壊しが盛んに行われているようです。日本人が引き上げてから

70年近く老朽化も進んでいるのでしょう。

お断りしておきますがクミョンのブログでクミョンが書くことは個人の見解である

事をご了承の上お読みくださいませ。

Photo_5

↑この家屋も永らく使用されず朽ちてしまっています。

解説士の方は独学らしいですが驚くほど完璧に日本語をマスターしておられます。

今回彼女のお話で統治下の韓国がどの様であったか、実際の姿に迫ることが

できました。皆さんは当時日本人がどのくらい半島に移住していたと

想像されるでしょうか?この大邱だけでも驚きの数字なのです。

当時大邱の人口は3万数千人、その三分の一が日本人だったそうです。

まだ茅葺屋根が多かった町に自分たちが住み良い様にインフラを改良。

Photo_6

朝鮮王朝時代に街を囲んでいた外壁を全部取り除き市街部を拡張、

町名はすべて日本式に変え裁判所や刑務所、師範学校に始まり医科大学、

民間は銀行、百貨店、旅館、カフェ、日本文化?をすべて導入。

↑の様な立派な病院も建設。

煉瓦造りの重厚な建物です、内部を見学させて頂くことができました。

Photo_7 

1928年創立というから昭和3年ですね。大正のモダニズムを感じさせる

素敵な館内です。当時この階段を上り下りした人々の姿が見えるようです。

Photo_8

階段を上った奥は近年作られた病棟に繋がっていました。

「日本人がいろいろ建設して近代化に貢献したのでは?」という人が

いますがこちらの方はそう思うでしょうか?

Photo_9

病院の前に建つ立派な国立慶北大学医学部、こちらも当時の建物です。

すばらしいデザインに目をみはりました。上海にも似たような建築物が

多く残っています。こちらの建物の案内板には「日本により建設された」

とは明記されておりませんでした。

上海でも同様の気持ちになるのですが、占領した者には占領された

者の気持ちを理解することは出来ない、実際直面した世代ではないの

ですがそう思わざるを得ないところはあります。理解したところで通り過ぎた

歴史は変わりようがないのです。

我々に出来ることは二度と過ちを犯さないようにすることだけです。

Photo_11

韓国には仏教寺院も多くありますが、教会も同等くらい多く見かけることが

できます。大邱にも大きな教会がありました。

Photo_12

現在窮地に立っておられるパク・クネ大統領のご両親が結婚式を挙げた

桂山聖堂、親子3人で住んでおられた跡地(現在はパン屋さん)もありました。

日本統治下、お父上は大邱の師範学校を卒業されておられる秀才です。

第二次世界大戦時大邱には歩兵80連隊が編成され現地から多くの若者が

招集され(日本人として)激戦地であるニューギニア方面に送られました。

数千人の内、故郷に戻ることが出来たのは百人ほどだったそうです。

Photo

教会内部のステンドグラスには韓服を着た牧師さんのお姿が。

初期の布教に貢献した人々、キリスト教弾圧で殉教した方々だそうです。

韓国はその立地により太古の昔から他国との争いにさらされて今日に

至っています。朝鮮戦争から数十年、今日も南北の問題は残ります。

Photo_3

百年以上前布教の目的で韓国に移り住んだ宣教師達の家が残るエリアにも

行きました。医療の先進技術を携え布教に励んだようです。当時虐げられた

生活を余儀なくされていた庶民たちはその教えに感動し入信していったとか。

Photo_4

百年前の子供たち

この年代の方々が一番ご苦労されているのではないでしょうか?

李氏朝鮮王朝崩壊→日本による併合→終戦による解放→直後の朝鮮戦争

その後も韓国経済は永らく低迷し過酷な人生を歩まれたことと思います。

解説士のイ女史は50代の方でしたが小学校の頃一番嫌だったのは朝

学校へ行く前に水汲みの仕事をさせられたこと、だそうです。

日本は敗戦国であるのにアメリカのアジア政策の配下でエコノミックアニマルと

揶揄されながらも高度成長を遂げました。

そのことをイ女史に言うと静かに 「みなそれぞれの運命ですがら」とおっしゃいました。

今回の旅で一番心に残る言葉となりました。

Photo_5

1919年ソウルで始まった独立運動は南部の大邱まで広がりました。

独立を叫び民衆が駆け降りたこの階段は3.1独立階段と呼ばれています。

しかしこの運動が日本の半島支配政策をより強化にする引き金ともなりました。

ここで素朴な疑問が頭をよぎりませんか?明治時代韓国と日本は直接

戦争をしていないのにどうして併合まで至ったか?

そんな方はネットで少し検索してみては如何でしょう?

そこから今日までを考えると中国や韓国が今の日本政府の行動に過敏に

なるのも少し理解できるかもです。

・・・・・・・と今回はお堅い内容になってしまいまたが次回からはまた普通の

内容に戻りたいと思います。ご精読ありがとうございました。

大邱はシティーバスツアーもあるようです→こちら

END

 

2014年5月 1日 (木)

2014 春の大邱⑪ 韓屋でマッコリ「パボジュマク」

Photo_7

この日の充実した予定を無事終了し打ち上げはこちらcat

「パボジュマク」でマッコリを楽しみました。

Photo_8

韓屋造りの店舗。雰囲気良いですね。

中はほぼ満席状態で大変盛り上がっておりました。

Photo_9

タロクッパ~八公山~古墳群~コスプレ~ナマズと

盛り沢山な一日でした。明日も楽しむぜsign03 マッコリで乾杯sign03

Photo_10

マッコリも本場に行くといろんな種類に遭遇いたします。

どれも「生」マッコリなので爽やかな飲み口です。

日本で飲んで「甘ったるいから嫌い~」って人もこちらで

飲むとファンになる事が多いのです。

Photo_11

このお店はセルフで薬缶に注ぎます。

この薬缶と器で飲むとあ~韓国に来たな~って感じます。

皆さんマッコリには詳しくていろいろ勉強になりました。

Photo_12

生マッコリの賞味期限はたったの2週間なんですよsign03

ずーっと店先に置いてある様なマッコリは生じゃないので注意sweat01

Photo_13

「薬缶に入れる前はこうして良く混ぜてね~sign03

お店の女子がボトルを持ってブルンブルン振り回してくれました。

Photo_15

マッコリといえばやっぱジョンでしょう。

お野菜のジョン、揚げたてで美味しかったですbell

マッコリは3000w~4000wとお安いですがこの手の

お店はお料理が若干お高くなります。

Photo_16

これも韓国の飲みシーンには欠かせないケランマリ(卵焼き)

ビョンさんが前回こちらのクーポンをゲトされていたので

お得に利用できちゃいました。

何から何までありがとうさんです~lovely

Photo_17

お店の理事さんがお見送りしてくださいました。

ゆっくり落ち着いて飲める良いお店でした。

梅田に支店を出してください、絶対行きますgood

大邱市の観光案内はこちらのサイトへ

END

2014年4月30日 (水)

2014 春の大邱⑩ @不老洞古墳群→なまず

Photo

韓服のコスプレ大会終了後、バスで不老洞古墳群へ向かいました。

入口案内所のお姉さんが地図を指しながら説明、丸山さんが

訳してくださいました。(でないと何言ってるか全くわからんしsweat01

Photo_2

ポコポコとそこかしこにある土饅頭・・・・・・

3~5世紀の郷士の墓もあれば、かなり最近の墓もあるそうです。

K

柵とかはないので自由に散策したり登ったりできちゃいます。

ご満悦で手を振るナウリ。それを写す特撮班2人。

Photo_3

古墳の上でお食事を始めちゃってる人々もいたり・・・・・

罰が当たらなければいいですが。

Photo_4

この辺りは桃を栽培している畑が多かったです。

満開の時期で見事な景観でした。

P1070866

数日後にあの悲惨な船の事故が起こるとは。

この時は思いもよらず韓国を旅していました。

Photo_5

古墳見学後、ディナーに向かったお店で人生初体験。

Photo_6

ナマズ食っちまいましたsign03 

ですが想像していた様なグロさはありません、泥臭くもなく

鱸みたいな食感。あっさりしています。

濃い一日はこれで終わりません、最後の〆へもう一軒。

大邱市の観光案内はこちらのサイトへ

END

2014年4月27日 (日)

2014 春の大邱⑨ 屯山洞オッゴルマウル

Photo_2

時代劇でお馴染みのイ・サンの頃に王様を補佐する役職を務めた

両班(貴族)一族の宗家を中心とした村、オッゴルマウルにやって

参りました。1600年代に建造された大邱市域では最も古い家屋

だそうな。6人揃ってこちらで韓服&茶道を体験しました。

Photo_3

韓国は何十回と来ている皆さんもこの時ばかりははしゃぐはしゃぐ。

コスプレ大会の始まりです。髪飾りもセットして頂けます。

Photo_11

ソウルの街中でも体験できますが、本物の両班のお屋敷で装うと

たちまち朝鮮時代にタイムスリップしたような気分になります。

クミョンも実は韓服を着るのは今回が初めてなのですが怖いほど

似合わんかったわcoldsweats01 もう二度と着ることはないでしょう。

Photo_4

黒一点のO氏、とってもお似合いです。

この時からナウリ(両班の旦那様)とお呼びすることになりました。

Photo_5

ナウリとチュンジャ、美しいツーショットでございます。

チマチョゴリもやはり背の高いスレンダーな方が似合います。

Photo_10

ドラマの一場面のようでしょ?

モデル代はビール3本でお願いします。

Photo_12

韓国式のお点前体験もありました。

Photo_13

日頃とは違うお淑やかな雰囲気の中、お茶を頂きました。

Photo_14

お菓子には近くに咲く桃の花が添えられていました。

山里に残る両班のお宅を満喫し次の目的地に向かいました。

大邱市の観光案内はこちらのサイトへ

END