こちらもご覧ください♪

カテゴリー「旅行・地域」の127件の投稿

2015年3月13日 (金)

篠山 町歩き編

P1140594

タマちゃん、シロチャン、クミョン3人の篠山ミニトリップ、画像が多くて別に町歩き編も作ってみました。AMAも同じ兵庫県ですがなんだかすごく遠くにいる感じがしました。

どこもかしこも猪だらけ、メインストリートもぼたん鍋のお店が並びます。大きな猪の看板、絶対落ちてこないって保障はあるのかしらん?真下にはいかず。


P1140661_2

お食事を頂いた「近又」さんの向かいにある猪肉を扱うお店 「鳥芳」 さん。近又さんも猪肉はこちらから入れてらっしゃるとか。お買い求めの方も多いです。


P1140598

入口のケースのお肉にはお値段がありません。中に入ってみましょう。


P1140654

特選で100g1520円とありますが見せて頂くと食べたお肉とだいぶ違います。近又さんで出されるものはそれ以上の別あしらえの物だとか。お願いするとOKなのかも。やさしいタマちゃんはご両親のお土産にゲトされていました。


P1140658

ぼたん鍋用のお味噌も販売していました。

こちらのお店は創業明治24年だそうです。猪の時期は3月で終了です。


P1140664

猪の詰まったお腹をこなすため篠山城跡に向かいました。1609年というから関ヶ原の戦いから間もなく、徳川家康の命により豊臣家に睨みを効かせる為に築城されたのだそうな。天守閣は当初から造られず、比較的規模の小さいお城です。


P1140671

明治時代になり廃藩置県がなされたとき城の大部分は取り壊され今は部屋跡の説明板があるのみ。御不断之御間って何だったのでしょう?誰かおせーて!!


P1140668

その時残されたのは大書院のみ。けれど現存する大書院↑は昭和になってから火災で焼失、篠山市民の寄付により平成12年に再建されたものだそうです。


P1140683

お城見学の後は少し歩いて河原町妻入り商家群と言われる地域へ。

篠山城築城と共に栄えた白壁の商家が並んでいました。


P1140673

現在も居住しておられるお家もありました。大きなお家です。




P1140676

タマちゃんの情報でこのパン屋さんへ 「白殻五粉」 しろからごふん、お城から5分で着きます。この↓パンが人気らしいのですが・・・・


P1140680_2

食パンの生地で作ったパンだそうです、がすでに完売。

予約分しか残っておらず他のパンも少ししか残っておりませんでした。

購入希望の方は予約して行くか早めにお越しくださいね。


P1140690_2

この商人町は最近若い方中心のリノベーションが進んでいます。


P1140700

雑貨屋さん 「ハクトヤ」


P1140696

靴を脱いで入っていくお店です。篠山とは関係ない雑貨も多かったですね。


P1140705

この日オープンのパン屋さん↑に遭遇。


P1140704

かわいいサイズのパンが並んでいました。あれ、サワードゥのパンがあると思ったらアメリカ人らしき男性が。奥さまがこの付近の方のようです。


P1140714

少しまた歩いたところで黒大豆を扱う大きなお店に遭遇。


P1140710

店内にはご先祖様がお輿入れの時に使ったという輿が天井にsign03


P1140687



今回はぼたん鍋が目的だったので町歩きは短時間でした。

秋には「ササヤママルシェ」も開催されます。またゆっくり歩いてみたいなぁ。


P1140718_2


バスを待つ間に 「黒豆ソフトクリーム」 香ばしいお豆の味です。


Kiiay_ybsdyd6cn1426233046_142623313


JR篠山口駅へ向かう時に渡る橋を飾る猪さん、激写成功しましたbell

最初から最後まで猪三昧できる篠山、楽しいですよ。

END

2015年1月12日 (月)

かにカニ日帰りエクスプレス してきました! 

P1130290

いきなり♂の重い腰が上がり、蟹を食べようとJR企画の 「かにカニ日帰りエクスプレス」 で竹野に行ってきました。竹野は城崎から山陰本線に乗り換えて西へ一駅行ったところです。到着すると予約した宿の送迎バスが待機してくれていました。

P1130316

申し込んだのが5日前、連休中でもありお食事処を選ぶ余裕はありませんでした。城崎は全滅、竹野の 「よどや」 さんにしました。民宿なので全く建物とかに期待はなかったのですが内部はきれいに改装され予想を良い意味で裏切られました。


P1130300_2

少し料金アップになりますが個室のコースにしました。ちょっとした旅館のような入口、お掃除も行き届いていました。個室は落ち着きます、選んで正解でした。


P1130298

8畳のお部屋、食後ごろーんと休憩もできました。


P1130303

じゃーん、お食事の始まり始まり~!!

個室のコースはお造りの舟盛りもプラスされる内容でした。これが特筆に美味しかった。甘海老がでかくて甘い。せこ蟹は1人半身でしたがこんなもん食ってる暇ないわ!!って感じで食べ進む。


P1130307

お造りは醤油に漬けず、蟹ミソをまとわせて食べました、最高に美味!!

やっぱ山陰は魚が旨い、これを食べられただけでも来たかいがありました。


P1130305

蟹鍋の蟹も十分用意されていました。お料理全部で1人1.5杯はあったかと。

蟹大好きな二人ですが最後の方は苦しくなるくらいでした。


P1130308

お造りの蟹も甘いこと!!1人2本でした。これ10本くらい食べたい!!


P1130310

焼蟹、調理した状態でやってきました。

これがちょっと生っぽくて残念。炭火で香ばしく焼いて欲しかった・・・・


P1130313

関心したのはこのセットの品々、お鍋の出汁、ポン酢、ガスのスペア、予備のお絞り、入用な物が全部最初から揃っていました。客は途中でスタッフを呼ぶ手間が省け、店側も手がかからない。あ、焼酎のお替りで3回呼びましたけどね(汗)


P1130311

鍋が始まるあたりから人間蟹工船と化し、撮影はとん挫・・・・・

食った食ったの2時間。暖房も消して窓も開け放して食べ続けました。

蟹は量的には堪能しましたが、質的には2年前に利用した香住の「松屋」さんの蟹の方が数段上でした。今回はJR往復と蟹料理で16000円。お得感はありました。


P1130301

帰りの城崎と比べるとかなりお得なお土産物もありました。

買えば良かったと後悔、あ!お風呂のチェックを忘れました~!


P1130318

実は♂の第一目的は雪景色の撮影でした・・・・・が、生憎雪は積もっておらずお正月の大雪が泥まみれになり残っているのみ。この↑竹野駅前の雪山が今回最大の雪景色でした。


P1130320

竹野駅構内、のどかに石油ストーブで暖を取りながら電車を待ちます。

山陰本線は単線なので本数がとても少ないです。


P1130322

演歌が似合いそうな雰囲気の中電車が到着、10分ほど乗ると城崎温泉駅です。


P1130334

城崎の温泉街でも蟹はたくさん販売されていました。

さっき鱈腹(蟹腹)食ってきたばかりで買う気にはならず。


P1130325

お土産屋さんでも欲しいものは見つからず・・・・・


P1130335

店頭で何杯も試飲させて頂けた店でポン酒をゲト!

頑張ってる小さな蔵だそうです、美味しいよ~ん。


P1130337

お店で計り売りもしていました。

香住鶴など有名処は阪神間でも販売されています。

そうそう、城崎といえばお正月に大火事がありました・・・・・


P1130327

いきなり現れた現場、実際はテレビで見た感じよりも酷い惨状でした。

古い木造の建物が多い地区なので奥の方まで全焼しています。

この火事のニュースを聞いたとき一番に危惧したのがこちらの旅館のこと。


P1130330

志賀直哉が「城崎にて」を執筆する機縁となった歴史ある旅館三木屋さん。

現場からは離れた場所だったので無事でした。国の有形文化遺産です。

最近内部は改装されたそうで、一度泊まりに利用したいものです。


P1130341

特急こうのとり、復路は旧型車両でした。昭和レトロなエエ顔してはりますね。

しかしこの電車が曲者でした、AMAまでの2時間20分車内は蒸し風呂の様な暑さ!!お化粧室でヒートテックの上下を脱いでもまだムンムン。温泉で温まった直後や蟹を買って帰る人、クミョンの様にお酒を持ち帰る人も多いです。JRさん、もうちょっと気配りお願いします。往路の新型車両は温度管理も適切で女性用の化粧室はとても美しかったので次回からは車種のチェックもして行くことにいたしましょう。

え?温泉はどうしたって?実は城崎の外湯、どこもかしこも「現在満員の状態です」の札が出ていたのでご遠慮もうしあげました。だって芋の子洗いみたいなお風呂嫌いだもーん、近くの温泉で近々リベンジをすることにいたします。

かにカニ日帰りエクスプレス、3月21日の利用分まで。お食事処を選定されたい方、土日に行かれる方はかなり早めの予約をお勧めします。タグ付きの蟹を食べるコースもありますよ。

かにカニ日帰りエクスプレス


END

2014年12月15日 (月)

梅田でモグラ呑み4時間 with へんりーちゃん

P1120514

へんりーちゃんとの梅田彷徨い旅、この日はあまりお天気が良くなくてモグラ呑みに徹しました。4時間地下で過ごせるってやっぱ梅田って便利。あ、夜じゃなく昼ね(汗)

集合したのはこのお店 「牛たん たん助」 駅前第2ビル地下2F

P1120508

まずは久々の再会に乾杯!! かわいい迷彩柄がお似合いです。

ビールの泡立ちが微妙・・・・ということは??


P1120504

ここは迷わず牛タンですよね、10円値引?されてる厚切り牛タン定食で。

P1120509

来たぁ!!って書きたいところですが・・・

正直でごめんなさい、あんましやった。

華のOL様時代、この辺りで何年もぶりぶり言わしてたヘンリーちゃんにお店を選んで頂くべきでした。美味しいお店を教えて貰ったのでまた攻撃してこちらでアップしますね。

そんなヘンリーちゃんが特種な喫茶店に連れていってくれました。

P1120532

第一ビル創業当時からある 「マヅラ」 さん。

1970年からって万博の年じゃないですか!!


P1120527

おおお!!アストロメカニクールな空間(なんのこっちゃ?)が広がるかなり大きな喫茶店です。当時からインテリアは変わっていないらしいです。


P1120529

↑前身はこのビルが建つ近くにあった名曲喫茶マヅラだそうです。

店の前に停まる車がなんともええ味出しとりますね。

当時大阪駅前は再開発が始まりまず建ったのが今の第一ビルだそうな。


P1120518

その渋いインテリアにも驚かされましたがここで一番の驚きは「生きる化石」と言われる御年95歳のオーナー様です。店の入口に立ち大きな声で(顔は恐い)「いらっしゃい!!○○名さんご案内!!」と今もお元気に現役です。この方を見に行くだけでも値打ちがあります。

でここの超時代的なこのシステム、多分ここでしか許されないでしょうなシステム。客は座る席を自由に選ぶことができません。空いてるからと2人で4人席に座ろうものなら300円徴収されます。

パソコン使用は赤字で使用不可が明記されてます。スマホは良いのか?と思わずちゃちゃを入れたくなりますね。ジョニーウォーカー水割りでさえ350円なのです。このルールは守りましょう。


P1120524

2人は大人しく2人席に座り食後のサンドウィッチ(汗) を分け分け。

250円のコーヒーは少し酸味がきつい昭和のキッチャテンな味。

振り塩の中の固まりを防ぐ米粒にも注目して欲しい。このミルクピッチャー、高校の頃パクッてカバンにぶら下げるのが流行ったなぁ(時効で遠い目)あの頃はこの手のキッチャテンが街中にいっぱいありました。

P1120517

お1人様の場合左の円形巨大ソファーに強制的に座らされます。昭和な喫茶店なので全席喫煙OK、我々には辛いので滞在時間は短かったですがあの頃に戻ったような面白い体験でした。

P1120531

オープン当時の雰囲気。なんか万博のパヴィリオンを彷彿とさせますね。

クミョン達は運よくお会いできましたがオーナーさんは少し現れてはすぐに休憩されるようです。大阪市認定の「生きた建築ミュージアム」に指定されています。


地下街をワラワラ歩きながら向かった先は・・・・・


P1120536

富国生命ビル地下 「酒場 やまと」 店内はほぼ満席でしたが二人の女神を招くように(汗)珍しく並ばず入れました。

2回目の乾杯、ヘンリーちゃんは黒生、クミョンは前から気になってた赤生。何かと思ったらトマトジュースとビールが混ぜてありました。健康的です、クミョンは気に入ったぞ!!


P1120538

お造り3種盛りなどをつつき・・・・・


P1120540

名物の明石焼きもいっときました。神戸出身のクミョンはどうもこれを明石焼きと呼べません。神戸では誰も「明石焼食べよか」とは言いません。単にたこ焼きと呼びます。枌に入ったソースをつけて食べるあれは外道やと心得る。

P1120541

傾斜のついた器に乗っての登場はかなり本格的ですね。

美味しかったですよ。


P1120544_2

ポテサラも、この普通なルックスが美味しいのだ。ここはメニューも多く老若男女を惹きつけるのがよくわかるお店です。これから年末にかけて長蛇の列が出来る事でしょう。


P1120547

向こうのリーマンさんが見つめる中、2回目の乾杯(へんりーちゃんは3杯目のハイボール←書くなって?) カウンターのみ、椅子が小さくてお尻が痛い。お隣さんとも近くてあまり落ち着けません、とか言いながらかなり滞在。注文書きに入店時間が記載されてるから2時間の時間制限があるのかも。狙い目は平日のお昼すぎです。

へんりーちゃん来年もおつき合いどうぞよろしく。韓国旅もまたご一緒したいなぁ。もちろん大阪から関西一円、いわしまくりましょうね!!

END

関西以外の方へご説明  いわす→歩いたり食べたりして楽しむの意味 例えば「今日は難波いわしたろかい!」 ニュアンス伝わりましたでしょうか?

2014年10月29日 (水)

大阪くらしの今昔館 @大阪市北区天神橋6丁目4-20

P1110576

天神橋筋6丁目の駅からすぐ 大阪くらしの今昔館 を見学してみました。

住まいの情報センターの8階入り口で600円の入場料をお支払。

展望階からは9階の江戸時代の町を泥棒目線で眺めることができます。

P1110572

火の見櫓などもほぼ実物大に造られていています。

人間国宝米朝師匠の音声ガイドを聞きながら下の「なにわの町」をぶらり歩き。

江戸では板張り屋根の家も多かった時代、大阪はほぼ瓦だったそうです。

P1110570

100円、けれど9階部分のみ数か所だけの説明で少し物足りなかったです。

P1110569

あ! ここもセルカ棒の使用禁止ですね・・・・一脚って書いてある。

でもここって・・・・

P1110582

この人たちも・・・・・

P1110580

この人たちも・・・・みーんな外国人。

着物体験が200円で出来ると有名なスポットになっているそうな。

P1110593

この子達はきっと日本人だろう・・・と思って安心したら・・・

お姉ちゃんが弟に「パリワー!」(早くおいで!) 韓国人やった(汗)

P1110592

犬もニセモンやし・・・・ここってミラクルやわ!!

もしかしたら日本人はクミョンと案内のおじ様だけ?

P1110590

貸家の札は大阪では斜めに張ったそうです。

昔の長屋の一部屋は本当に小さい、これこそウサギ小屋だわ。

炊事場やお手洗いは共同、きっとみんな仲良しだったんだろうな。

P1110595

大きな商家のお手水、木製の男子用が珍しい。

P1110605

8階は近代の大阪、いきなり手抜きか?全部模型。

外国人の方は興味なさげでスルーしてる人が多いからガラーンとしてます。

P1110599

600円も払ったのでじっくり見てみる。

↑明治時代の本町筋。

P1110602

大阪新世界ルナパーク、初代通天閣は今と趣が違いますね。絶叫マシーンや温泉プール、サウナもあったそうな。ニューヨークのコニーアイランドにあったルナパークを模して造られたとか。第二次世界大戦中、火災にあったこの通天閣、その機材は軍事利用されたそうです。今から60年近く前1956年今の2代目通天閣が生まれました。

P1110608

空襲の被害が大きかった大阪の町、戦後は住宅事情が悪く使わなくなった木炭バスを利用して今で言う仮設住宅として使用したそうです。中央に炊事場や洗濯場、トイレなどがあり家賃も安いことから昭和26年頃まで使われていたそうです。

昔懐かしい展示もありました。

P1110600

こんな家具調テレビあったなぁ~遠い目。

うちのは扉があって見ない時は閉めていた記憶が、まるで仏壇。がちゃがちゃと回すチャンネルの感覚は今でも覚えています。

ノスタルジーに浸りながら今昔館を後にしました。

外はいきなりコテコテの天神橋筋商店街が広がります。

P1110610

消費税なし、なのに税込で倒産品?よーわからん!!

P1110565

天七でみかけた看板、下品なダシってどんなんやろ?

P1110563

↑裏側。出た!けつねうどん!!

よく歩きました、タイムアップで天満の駅から環状線に乗りAMAへ。

次はどの町を攻撃しようかな。

END

2014年8月 4日 (月)

みなとこうべ海上花火大会 @モザイク The Oyster Bar

P1100163


北野の帝王の妻まーりんさんのご提案で神戸の花火を楽しく鑑賞いたしました。

今回は花火撮影に集中せず雰囲気を満喫~の為、花火の画像はこの程度で。
やっぱ花火は直接見るのが一番です。


P1100117

モザイクに今年春オープンの 「The Oyster Bar」 6時に受け付け開始、着席した時はまだ↑のように明るい状態。けど・・・・JR尼崎から5時頃新快速に乗った時点で車内満員。神戸駅からここまでがまたものすごい人人人で、普段なら10分もあれば到着するのに改札口からお店まで1時間くらいかかりました。


P1100120


あまり期待はしていなかったのですが、ビュッフェスタイルのお食事もまぁまぁ美味しい。夏なので牡蠣のお料理が少なかったのがちと残念。

P1100119


ラザニア、パスタ、牡蠣フライ、などなど。

花火が始まるまでの1時間ほど・・・・・食べなきゃ!!


P1100122


かなり飲んじまいました。けど飲み過ぎ注意、店外にしかない化粧室は浴衣女子が長くかかるので満員、しかも暑くてパニック状態。


P1100129


↑こんな感じでゆったりと花火の始まりを待ちました。 

回りを見渡すとほとんどがカップル・・・・アラカンのオバハン2人は我々のみ。
それがどうした!!なんか文句あっか?


P1100138


とは言うものの若いということは美しいということ。

近頃の浴衣は・・・・とか文句を言うのは年をとった証拠ですねthink


P1100144


花火が始まると皆さん大歓声、ゆっくりお食事しながら目の前に広がる大きな花火。ここを選んでくれたまーりんさんに感謝です。この日は雨模様だったのですが始まる頃には止みました。バルコニーも涼しく海からの風が気持ちいい。


P1100168


下を見るとものすごい人、クミョンあの状態はもう無理。


P1100173


花火の終わり頃デザートも登場、撮影したりしてたら長蛇の列が・・・・
食べ損ねました。


諭吉一枚でしたが大満足!!お値打ちありだと思います。
来年は皆さんとここで集結いたしましょうか?

楽しい夜でした。また来年も元気で花火を見られますように。

END







2014年7月17日 (木)

ハワイアンフェア2014 @うめだ阪急9F祝祭広場

Photo

ウメハンで始まったハワイアンフェア2014、長いこと行けてないけどハワイ大好きなクミョン初日攻撃してきました。ん?・・・・会場は祝祭広場だけ?なんかショボイ。お客さんも少なくて拍子抜け。けど電車乗って来たんだからぐるっと回ってみました。

Photo_2

ハッピーケーキ、試食させて頂くと・・・・甘い。スィーツ系に弱いクミョンには拷問です。そう言えば大昔おみやげに頂いて食べられずに捨てた覚えが。

Photo_3


ワークショップもあったんですが、人形造りとか石鹸にハワイ柄貼り付けたりとか、全く興味なしで完全スルー。アクセサリーのお店に少し人だかりがありました。
有名なマツモトシェイブアイスが出店していましたが、やっぱハワイで食べたいよねって思ってこれまたスルー。

Photo_4

けど記念に何か買いましょう 「Mango Days」 のマンゴクロワッサンドーナツを一個だけゲトして持ち帰りオヤツに頂きました。ほほお・・・なかなか美味しいです。でも美味しくなかったら怒ります。だってこれ一個で400円するんですもん。

このお店のマンゴカフェは人気だそうでアラモアナショッピングセンターから徒歩10分くらいなとこにあるらしい、って当分行けないからどーでもいいけどね!と拗ねてみる。

Photo_5


先日体重が目標値にかなり近づきほっと気を許してハワイアンフェアの後、第3ビルB2の「ぶどう亭」さんで↑こんなもんがっつり食ってしまいました。

ハンバーグとエビフライのセット1010円也。スープとご飯お替りOK。隣の男子はご飯3杯食べてました。美味しかったのですが敷いてあるモヤしから水分が出てデミグラソースが薄まってしまいハンバーグの味を駄目にしていました。エビフライはぶっといのが2本で満足。

食った食った・・・・と体重計に乗ると・・・・・

岩盤浴も何もかもが一夜の夢となっていました。
皆さん、熱いからと油断めさるな、夏も太るのです。


END


2014年7月14日 (月)

京都妙心寺退蔵院 蓮見の会

Photo

こてさん、たまちゃん、クミョンの3人で楽しみにしていた京都妙心寺の蓮見の会に参加してきました。生憎のお天気でしたが蓮にはこれくらいの曇り空が似合います。残念ながら会場の退蔵院さんの蓮は今年成長不良とかでまだ咲いておりませんでした。上の蓮は後で訪問した蓮の寺として人気の法金剛院さんの蓮の花です。

今回かなり長いくなると思います、お時間のない方は2回3回にわけてご覧くださいwink

Photo_2

京都駅で嵯峨野線に乗り換え花園駅から北へ5分ほど。妙心寺さんは初めての訪問でした。普通に一つのお寺が境内にある・・・・そう想像していたのですが全く誓いました。臨済宗大本山妙心寺というのが正式なお名前。なんと敷地は10万坪、甲子園球場8個分の広さだそうです。南門から北門へ縦断するだけで10分はかかります。

Photo_3

その広い敷地の中に塔頭と言われるお寺さんが46もあるのです。1300年代禅宗に深く影響を受けた花園法皇がご自分の居所を禅寺に改められたそうです。

Photo_4

1つ1つのお寺の大きいこと、そして美しい。内部を見学できるのはその中で3か所だけというのが寂しいですね。8月には精霊のお迎えお見送りが行われます。説明の方に先導された見学もあるようです。次回はお寺をゆっくり見て回りたいですね。

Photo_5

その塔頭の一つ 「退蔵院」 さんで今回の蓮見の会は開催されました。11時45分の集合、お集まりは30人ほどでしょうか。こちらの退蔵院も建立は600年前というから歴史のあるお寺さんです。今回は普段入ることのできない方丈(本堂)でお坊様からお話も伺うことが出来ました。

Photo_6

方丈の前に広がる「元信の庭」室町時代に活躍した狩野元信が作庭。画家が庭を造るのは目面しいということ。石の色で自然を現し1年中変わらぬ「不変の美」を現しています。江戸時代宮本武蔵もここに滞在して自問を繰り返したということです。

Photo_7

ちょっと分かり難いのですが、この絵があるのでナマズ寺としても有名だそうで。漁師がひょうたんを手にナマズを獲ろうとしている図です。こちらにあるのは模写で本体は博物館所蔵・・・だったらガラスはつけないでって思いました。この図は禅問答「この小さいひょうたんでどうやってナマズを捕るか」からきています。

Photo_8

絵には高僧31人の回答が書いてありますが、解読不可。最近は使いませんが何を考えているかわからない人のことを「ひょうたんなまず」と言ったりしたとか、皆さんならどうやってひょうたんでなまずを獲りますか?クミョンはナマズを餌でおびき出し水面に来た時を狙ってひょうたんで一撃を食らわします。これ反則?

Photo_9

神妙にお話を聞くこてさん&たまちゃん。けれどこの時3人のお腹はgugu~ないておりナマズどころではございませんでした。そうです、クミョンが食べ物なしで京都まで来るわけはありません。

Photo_10

「蓮見の会」我々のメインイベントは妙心寺の前にある有名な精進料理のお店 「阿じろ」 さんの蓮づくしのお料理です。このお店前から行きたいリストに入っていたので今回は濡れ手に泡泡~でございました。

ごま豆腐、ほおずきの中は蓮根とコーンのかき揚げ、蒲焼に似せた焼き湯葉などなど。

Photo_11

食前酒は蓮の茎で頂きます。少しお酒が青~いお味になります。

最後まで吸おうとすると呼吸困難になるのでご注意。

Photo_12

頂いたのは広いお座敷、赤いお膳が並ぶ景色は圧巻です。

阿じろの会長さんのご挨拶もありました。皆さん静かにご会食。

Photo_13

お吸い物 大原木湯葉、じゅんさい、蛇の目瓜、柚子。

この精進料理の赤い器、ぽってりして重みも程よく素敵ですね。

Photo_14

丸茄子田楽 我慢ならない3人、ここらでビールをお願いいたしました。

ああああ!!お凌ぎの素麺を撮るの忘れたじゃーーーん!!

Photo_15

蓮の花びらが器になっておりました。

Photo_18

お茶、というものは用意されておらず最後の方に焼きおにぎりを入れて焦げの風味を付けたお湯が出現。お寺でお坊様が食後、器にお湯を入れてたくあんで拭う所作からきているということ。3人は焼きおにぎりの行方が気になりました。

Photo_16

〆は蓮の葉包み 汁物は赤だしに蓮餅

Photo_17

中には可愛らしい蓮根ごはん。調度よい量です。

水物は西瓜でした。ミシュラン☆の精進料理、ご馳走さまでした。

Photo_19

店名の「阿じろ」はこの編み笠のことを示すそうです。

退蔵院の入口にかけてありました。実際托鉢の時に使用されているのかも。

Photo_21

最初に書きましたがこちらでは蓮を鑑賞できず睡蓮と蛙さんの声を楽しみ、歩いて10分の法金剛院さんへ案内されました。こちらも蓮で有名な御寺だそうです。

Photo_20

このお寺の歴史はなんと平安時代から、鳥羽上皇の中宮であった美貌の待賢門院様が平安時代の末期に復興。彼女を慕った西行が叶わぬ恋を歌った歌が残されているというロマンチックなお寺です。

Photo_23

水滴をみて宝石の様と思うクミョンはまだ得の積み方が足りない様です。

Photo_22

蓮の花が開くと中心に現れるこれが蜂の巣に似ていることから最初は「はちす」と呼ばれていたのがだんだん「はす」と呼ばれる様になったとか。泥の中から咲き美しい花を咲かせるこの花を仏教では尊い花としています。

蓮は来月初めまで楽しめるようです。

END

1か月続いたワールドカップが終わりました。決勝も生で観戦、ただいま放心状態でございます。ドイツ万歳、ポルトガルから4点とったあなたはやはり強かった。交代する36歳のクローゼに思わず涙が出ました。ワールドカップで彼を見ることはもうないでしょう。そして彼の替わりにピッチに入った22歳のゲッツェが延長後半で決勝のゴール。魔法の様な朝でした。

2014年6月 3日 (火)

木津卸売市場 @大阪市浪速区敷津東2-2-8

Photo

難波駅からも歩いて行けるような街中にその卸売市場はありました。「木津卸売市場」 毎月第2と最終土曜に朝市が開催されます。K女史と二人で初攻撃してみました、一番近い駅の御堂筋線大黒町駅から向かいました。最近改装されたようで予想外にきれいな入口。

Photo_2

市場は一から七までの通りに分かれています。冷房完備で楽ちん。この日到着は10時半くらいでした、一般人向けの朝市は9時から開催しています。野菜、果物、豆腐類、魚、肉、ほぼ市場と聞いて連想するものは全て揃っています。

Photo_3

くわがたも売っています。お値段は納得価格のものもあればJA産直の方がお安い物もありで二人で思考しながらまずは一巡いたしました。

Photo_4

ランチは予定していたこちら「川上のうなぎ」さんで。残念ながら店内は撮影不許可でしたsweat01 三河から直送された養殖鰻らしいですがタレが甘目の関西人好みで美味しかったです。一匹乗ってる特上まむしでも2600円。今回は一番小さなまむし丼1600円を頂きました。うな玉丼とやらが気になる、再訪ありです。持ち帰りも一匹2300円ほどとお安いです。

Photo_5

市場を再攻撃です。もう少し早く来るべきでした。今回は軽く視察です。お肉やさんお勧めのg@600円のロース美味しかったです。ぶっといアスパラ一本110円もゲト。

Photo_6

スーパーでは見かけないお魚もいらっしゃいました。美味しいのでしょうか?クミョンに言われたくないでしょうが不細工ですね。

Photo_7

すぐ近くの中華学校のお母さん達が焼きビーフンなどを販売。また近くの有名な和菓子屋さんも朝市の日はこちらで販売しているようです。

Photo_8

事前申し込みが必要ですが「せりツアー」も行われていました。定員になりしだい締切ですので興味のある方は市場のHPをチェックしてみてください。6月は14日と28日ですね。9時から先着100名様に粗品の配布もあるみたい。次はもっと早く行~こうっとgood

Photo_9

観光客?と思ったら違うかったsweat01 餃子屋さんのお婿さん(左)だそうで、チラシ配り中でした。イケメンだったけど惜しい、巨人のユニフォームじゃなきゃヤダcoldsweats01

Photo_10

市場の前にODAという和製コストコ風の大きなスーパーがありました。業務スーパーに似た品揃えと価格です。

Photo_11

一袋4kgのマカロニ・・・・。市場の裏手に新しくできた飲食店エリアがあるのを帰り際に発見、早朝から夜まで楽しめそうです。木津市場再訪必須でございます。

Photo_12

一息入れて次の攻撃目標に移動です。市場内の喫茶店「カイノコーヒー」さん、1日中モーニングしてはりますsweat01 人気のサンドイッチモーニングセット600円、お値段以上の丁寧に作られた美味しいサンドイッチでした。トーストモーニングは350円。コーヒー単品は250円という昭和なお値段。

Photo_13

梅田阪急で開催中だった四国瀬戸内元気物産展で愛媛のお店の太刀魚巻焼をゲト。四国は美味しい物が沢山あるみたい。この日はものすごい人出で諦めたお店有り。後日再攻撃いたしました。

Photo_14

〆は富国生命ビル地下2Fの居酒屋「やまと」さん。いつも長蛇の列が出来ているお店ですが偶然10人くらいしか並んでおらずラッキー。梅田駅から約5分、フランス人建築家ドミニク・ペロー氏設計の素敵なビルで居酒屋気分を十分楽しめる貴重なお店です。

Photo_15

活八町をカツハッチョウと読んでしまいました。K女史静かに「ハマチよ・・・」。お客は年齢性別いろいろ、お昼の12時から梅田でべろべろになりましょう。6時間の大阪ツアーは焼酎ハイボールでお開きとなりました。大阪は本当にいろんな顔がありますね。

END

2014年5月29日 (木)

韓方コスメ&韓方カフェ ハヌルホス @神戸市中央区下山手通4-7-12

Photo

大邱で観光課の丸山さんからお土産にパックを頂いて使ってみてから

その韓方~な香りに魅せられちゃった 「ハヌルホス」 さん。

日本でただ一つの公式代理店が神戸にあるんですsign03

場所は元町駅から北へ鯉川筋を上がって最初の信号を左へ曲がった辺り。

ハヌルは空 ホスは湖 添加物を一切排除した自然志向の会社です。

女性の韓方研究家(現社長)が自らの体験を基に開発した商品を扱っています。

H

化粧品はほぼ全ライン揃っているようです。

お茶の販売も力をいれていらっしゃいます。

じっくり拝見させて頂きました、わからない所はスタッフが丁寧に

教えてくださいました。人気のクレンジングパウダーもありましたよ。

Photo_3

カフェのスペースで葛根茶を頂きました。器もいいですね。

小さなお菓子付き。窓の外を眺めながらしばしまったり。

大邱に行ってから薬膳とか韓方にかなり惹かれています。

Photo_4

スタッフの女性と大邱話しで盛り上がりました。

葛根を見せて頂く。

Photo_5

パックは顔用と小さなのがもう一枚同封されています。首用だそうです。

韓方の香りが駄目な方はあかんかも、クミョンは大好きなのでりピしました。

香りに癒されるし、翌日の肌の調子が良くなる(個人の感想)と思います。

Photo_6

旅行用にもなる小さい器のシャンプーをお試しに購入してみました。

中に韓方の材料がそのまま入っています。これも韓方の良い香り。

このシャンプー、今までに無くすごく爽快sign03と思ったら薄荷が入っています。

少しで泡立つし洗い上がりもさっぱり。これからの季節にバッチグかもbell

次は普通の大きさのを買う予定です。

通販でもゲトできます、神戸の方は是非直営店に足を運んでみてねcat

ハヌルホスHP

そうそう、先日 「ブルージャスミン」 観てきました。

ケイト・ブランシェットの演技が光る良い映画でした。

けど、見終わった後の空気はかなり重かった

人生前向きにって言うけど、それってそんなに簡単じゃないのよね。

END

2014年3月25日 (火)

第86回選抜高校野球 @西宮市甲子園球場

Photo

増税前に高校野球行っときました、目的は昼Bという腹黒いクミョンです。

大会4日目第三試合、智弁和歌山vs高知明徳義塾

高校野球が飯より好きなTちゃんに連れてきてもらいました。

選抜は凍えるくらい寒い日もありますがこの日は初夏の様なお天気でした。

外野席は無料なんですよimpact これほどお得な無料はありません(断言)

Photo_2

さあ、試合開始ですsign03 クミョンのコンデジではこれが最大の望遠画像。

テレビ持ってこなきゃ選手の顔は全くみえませんsweat01

近畿と四国の対戦なので満員なくらいの観客です。

Photo_3

テレビでよく見るこの応援に興奮してもーたわsun

わざわざ行くか~って方、野球は実際に見るとまったく迫力違います。

特に甲子園は一種独特な雰囲気があり、Tちゃんが魅せられるのもわかります。

Photo_5

花見弁当ならぬ球見弁当。

太陽の下で食べるランチは最高ざます。

Photo_12

梅田阪神でゲトしたレバカツ、これがビールにめっちゃ合うんですsign03

Photo_6

Tちゃんが待っていた黒ビールの売り子さんhappy01

可愛い女の子が多いですね、この子達とのやり取りも楽しいです。

膝にはサポーター、重い装置を付けての階段の上がり下り、

オバハンには到底真似できません、え?するなって?

Photo_7

待ちに待った黒ビールでTちゃんご満悦。

スーツ姿のリーマンさんも見かけました、休憩時間に野球観戦?

けどビールは一杯650円もしくさるんです・・・・レストラン並みですsweat01

Photo_9

明徳義塾は伝統的な応援ですね。

結果は再試合目前の延長15回、ピッチャーの暴投で終わるという

なんとも言えない試合でございました。

(クミョンは時間切れで12回で退場いたしましたsweat01

Photo_10

今年は高校野球が始まって90周年。 

この歴史館もまたゆっくり拝見してみたいです。

なんかまた・・・・お弁当食べに来てしまいそうな予感が。

Photo_11

そしてこのプリプリのお尻・・・・生き血を吸いたくなりません?

END

より以前の記事一覧