こちらもご覧ください♪

カテゴリー「赤い料理 Korean」の125件の投稿

2015年3月12日 (木)

鶴橋で打ち上げ

Img_20150302_140135


だいぶ前の出来事ですが、へんりーちゃんと九州旅行の打ち上げを鶴橋で開催した時の内容をアップさせて頂きます。へんりーちゃんのブログでもう見たし!って方もそう言わずご覧下さいませ。

テレビでも紹介されたこちらのお店↑ 「楊」(ヤン) さん。



Img_20150302_131908

コリアン100%かと思った鶴橋商店街の中で孤高に戦う(汗)台湾系のママが切り盛り。なかなかの美人さんだわ。日本に来られて25年とか日本語はペラペラです。



Img_20150302_131437


こちらの一押しはチャジャンメンsign03 メニュー内容は韓国系中華ですね。


Img_20150302_133441


左 クミョンの普通のチャジャンメン。右はへんりーちゃんの辛チャジャンメン。麺はうどんぽい感じ。たれは美味しかったです~sun ヘンリーちゃんのもお味見させて頂きましたが辛いsign03 一口で退散。ヘンリーちゃんは平気のさっさで完食。


Img_20150302_132703


皮から手作りの水餃子も頂きました。普通に美味しかったです。

タンスユ(酢豚)も食べたかったです、1人でもOKな良いお店みっけcat


Img_20150302_140209


↑この通りにあります。メインの通りではないので迷うかも。

頑張って探して下さいねsweat01

ではお買い物かな?って歩きだしたらへんりーちゃんったら・・・・・

「さ、次なに食べます?」 あへ~happy02食べた後に食べるのよ私達。



Img_20150302_140933


で、向かった先はへんりーちゃんのお家、と言うのは大嘘です。↑これ店に見えます?普通の家ですよね。先ほどのチャジャンメンの記憶が吹き飛んでしまうくらいインパクトの強かったこちらのお店 「カナアン」 衝撃のあまり入口の写真撮り忘れてるしsweat01


Img_20150302_141151_1


お邪魔しまーす、と思わず言いながら入店。フレンドリーなママさんが対応してくれました。壁にメニューがあるので辛うじて店舗であることを認識できます。キムチチーゲ、チゲではなくチーゲなのが泣かせる。スジェビまである。結構内容濃いですやん。


Img_20150302_144226_1


テンジャンチーゲにいたしました。さすがに2人で一人前です。

本場韓国の味噌使用でとっても良い香り。

オカズ類も丁寧に作られていて美味しいです。ここ気に入ったscissors


Img_20150302_143645



海鮮チジミ下さぁ~い・・・・・でかっsign03 クミョンの顔よりでかいsign03


Img_20150302_143729



ビール下さぁ~い。「うちはビールないのよ、外で買ってきて・・・・あ、お父さんのがあるからこれ飲んでええよ。値段はなんぼやろ?適当で~」

え?????

びっくらこいたsign03 店にも驚いたけどこの韓国風アバウト感に開口sign03

なんとこのお店、酒類持ち込みでした。これってうれしいシステムですよね。

この後気づくと店内には(家のなかには)我々2人のみ、何にも言わずにママさん外出。全く家呑み状態で寛げました。ママさん20分以上過ぎてからお戻りになりました。どうやらお買い物に出てらしたみたい。私達って信用されたのね、きっと。


Img_20150302_141254


↑鍋を囲んで宴会も可能、無理ない定員は多分10人くらいかな?




Img_20150302_160009


入口にある自転車には玉葱とミカンの皮が干してありました。

ママさんの作品でした。玉葱の皮には食べるところの30倍も血をさらさらにする「ケルセチン」が含まれています。アンチエイジング、癌予防にええそうな。ほうじ茶パックと一緒につくれば呑みやすいみたいです。




Img_20150302_160135

お酒は買って来てください。って書いてありました。


Img_20150302_162831



カナアンでゆっくりし過ぎてこの後すぐにクミョンはタイムアウト。

へんりーちゃんの手にははしっかり家呑み様の焼酎がbell

九州も楽しかったけど鶴橋も韓国も楽しいよね。またどこかでご一緒にnote

END

2014年12月15日 (月)

梅田でモグラ呑み4時間 with へんりーちゃん

P1120514

へんりーちゃんとの梅田彷徨い旅、この日はあまりお天気が良くなくてモグラ呑みに徹しました。4時間地下で過ごせるってやっぱ梅田って便利。あ、夜じゃなく昼ね(汗)

集合したのはこのお店 「牛たん たん助」 駅前第2ビル地下2F

P1120508

まずは久々の再会に乾杯!! かわいい迷彩柄がお似合いです。

ビールの泡立ちが微妙・・・・ということは??


P1120504

ここは迷わず牛タンですよね、10円値引?されてる厚切り牛タン定食で。

P1120509

来たぁ!!って書きたいところですが・・・

正直でごめんなさい、あんましやった。

華のOL様時代、この辺りで何年もぶりぶり言わしてたヘンリーちゃんにお店を選んで頂くべきでした。美味しいお店を教えて貰ったのでまた攻撃してこちらでアップしますね。

そんなヘンリーちゃんが特種な喫茶店に連れていってくれました。

P1120532

第一ビル創業当時からある 「マヅラ」 さん。

1970年からって万博の年じゃないですか!!


P1120527

おおお!!アストロメカニクールな空間(なんのこっちゃ?)が広がるかなり大きな喫茶店です。当時からインテリアは変わっていないらしいです。


P1120529

↑前身はこのビルが建つ近くにあった名曲喫茶マヅラだそうです。

店の前に停まる車がなんともええ味出しとりますね。

当時大阪駅前は再開発が始まりまず建ったのが今の第一ビルだそうな。


P1120518

その渋いインテリアにも驚かされましたがここで一番の驚きは「生きる化石」と言われる御年95歳のオーナー様です。店の入口に立ち大きな声で(顔は恐い)「いらっしゃい!!○○名さんご案内!!」と今もお元気に現役です。この方を見に行くだけでも値打ちがあります。

でここの超時代的なこのシステム、多分ここでしか許されないでしょうなシステム。客は座る席を自由に選ぶことができません。空いてるからと2人で4人席に座ろうものなら300円徴収されます。

パソコン使用は赤字で使用不可が明記されてます。スマホは良いのか?と思わずちゃちゃを入れたくなりますね。ジョニーウォーカー水割りでさえ350円なのです。このルールは守りましょう。


P1120524

2人は大人しく2人席に座り食後のサンドウィッチ(汗) を分け分け。

250円のコーヒーは少し酸味がきつい昭和のキッチャテンな味。

振り塩の中の固まりを防ぐ米粒にも注目して欲しい。このミルクピッチャー、高校の頃パクッてカバンにぶら下げるのが流行ったなぁ(時効で遠い目)あの頃はこの手のキッチャテンが街中にいっぱいありました。

P1120517

お1人様の場合左の円形巨大ソファーに強制的に座らされます。昭和な喫茶店なので全席喫煙OK、我々には辛いので滞在時間は短かったですがあの頃に戻ったような面白い体験でした。

P1120531

オープン当時の雰囲気。なんか万博のパヴィリオンを彷彿とさせますね。

クミョン達は運よくお会いできましたがオーナーさんは少し現れてはすぐに休憩されるようです。大阪市認定の「生きた建築ミュージアム」に指定されています。


地下街をワラワラ歩きながら向かった先は・・・・・


P1120536

富国生命ビル地下 「酒場 やまと」 店内はほぼ満席でしたが二人の女神を招くように(汗)珍しく並ばず入れました。

2回目の乾杯、ヘンリーちゃんは黒生、クミョンは前から気になってた赤生。何かと思ったらトマトジュースとビールが混ぜてありました。健康的です、クミョンは気に入ったぞ!!


P1120538

お造り3種盛りなどをつつき・・・・・


P1120540

名物の明石焼きもいっときました。神戸出身のクミョンはどうもこれを明石焼きと呼べません。神戸では誰も「明石焼食べよか」とは言いません。単にたこ焼きと呼びます。枌に入ったソースをつけて食べるあれは外道やと心得る。

P1120541

傾斜のついた器に乗っての登場はかなり本格的ですね。

美味しかったですよ。


P1120544_2

ポテサラも、この普通なルックスが美味しいのだ。ここはメニューも多く老若男女を惹きつけるのがよくわかるお店です。これから年末にかけて長蛇の列が出来る事でしょう。


P1120547

向こうのリーマンさんが見つめる中、2回目の乾杯(へんりーちゃんは3杯目のハイボール←書くなって?) カウンターのみ、椅子が小さくてお尻が痛い。お隣さんとも近くてあまり落ち着けません、とか言いながらかなり滞在。注文書きに入店時間が記載されてるから2時間の時間制限があるのかも。狙い目は平日のお昼すぎです。

へんりーちゃん来年もおつき合いどうぞよろしく。韓国旅もまたご一緒したいなぁ。もちろん大阪から関西一円、いわしまくりましょうね!!

END

関西以外の方へご説明  いわす→歩いたり食べたりして楽しむの意味 例えば「今日は難波いわしたろかい!」 ニュアンス伝わりましたでしょうか?

2014年10月25日 (土)

キュウロク @大阪市福島区福島3-8-20

P1110473

♂の居ぬまに女子会、ヘンリーちゃんのブログで美味しそうだった福島の 「キュウロク」 さんで開催してみることにいたしました。メンバーはK女史、シロチャン、ルーシー・Tちゃん、クミョンの4人でございます。

P1110474

カムジャタンを中心にサムギョプサルなど韓国料理を堪能させてくれるお店のようです。長屋をリノベーション?みたいな店舗です。HPを見るとサムギョプサルとカムジャタンのどちらも食べられる2350円「どっちもコース」というのがありました。我々はこれにチジミとトントロなどなどが加わりお得そうな「もっとどっちもコース」2860円にしてみました。

P1110479

キムチの盛り合わせ、マイルドで倭人好みのお味でした。誰やサイダー飲んどるのは!!サイダー見たらあの歌を思い出してしまうねん!「仁川湾がサイダになってもコップがなければ飲めません~」あ、ナムルの盛り合わせも出ました。

Bで乾杯の後、サムギョプサルから始まります。

P1110484

厚切り三段バラ肉、ぶあつ!!

P1110488_2

スタッフの女子がお肉のカット→並べる→焼く、全部してくれるので我々は食べるだけで楽ちん。お野菜も新鮮なの使ってますね。この鉄板で焼くとまた美味しいのだわ。

P1110489_2

Tちゃんが包む様子を提示してくれたのにぶれた、すまん!!

P1110492

ニラチジミ登場、これがパリッとしてて美味しかったわ!!

P1110493

チジミとくるとマッコリよね、雰囲気でいっときました。趣きのある薬缶が登場、これはもう昭和を通り越して戦中みたいな感じですね。マッコリは普通の甘ったる系だったのでクミョンはあまり進まず。

P1110495

来た!!カムジャタン。すでにお腹9分目くらいまで詰まっていましたが弱音は吐けません。どんどん行きましょう。 予め煮てあるジャガイモが投入されております。

P1110498

ぐつぐつ煮えてきました、スタッフのGOを合図にスタート!!背骨肉は1人2つでした。辛さはマイルドで美味しい。もう少しジャガイモは煮えてる方が好きかも。

P1110504

お鍋の最後はラーメン投入、これが美味しいスープを吸ってまた旨い!!

P1110505_2

〆のデザートはアイスクリームと小さなホットク!!

飲み物とで1人3500円くらいでした。予想以上にお腹満タンでこの後カフェに寄る気力もなく4人は帰路に。おそるべし「キュウロク」おそるべし福島エリア。

人気のお店の様です、行く前は予約必須です。メニューは事前にしっかりお勉強して出かけましょう。2階は普通の座敷になるので足の辛い方は一階のテーブル席を指定してね。

カムジャタン専門 キュロク

END

2014年9月24日 (水)

オウォレポリパッ @ソウル特別市 鍾路区 仁寺洞キル 36

P1100728

2泊3日のショートステイでソウルに行ってきました。

え~また韓国ってそこのあなた! だって簡単に行けて面白いんだも~ん。

到着が遅くホテルにチェックインした時点で2時、近場でそれも1人でとなるとお店は限られます。前もって調べておいたこちらに直行いたしました。

「オウォレポリパッ」 今は9月だけど店名は「5月には麦飯」、地下鉄3号線安国駅から仁寺洞キルに入りサムシギルの並び、それよりもう少し南に歩いた地下にあります。

P1100719


地下ですが陽光が入るので明るく、陶器が並んだきれいな店内。

クミョン以外は一組だけ、スタッフのお食事タイムでした。

韓国って堂々と店員さんがお客さんの隣でお食事するんですよね。もう慣れてしまいましたが日本だと有り得ない状況だと思います。


P1100722


店名がポリパッ(麦ごはん)なので「麦飯定食」 7500W にしてみました。

使用されている食材は国内産の旬の野菜、調味料は無添加の自家製だそうです。器が陶器だと良かったかも。

野菜に麦飯とごま油、コチュジャンを加え混ぜるのですが野菜が元気なんで混ぜにくい。お腹が空いていたのでかなり焦りました。

スタッフのご飯を横目で見ると私のよりオカズの種類が多い・・・・・・・
なんでや!!!


P1100724


オカズは超普通でしたが自家製のテンジャンを使ったチゲが美味しい、この香りはスーパーに売ってるテンジャンでは出ない独得のものです。

その上に写っている唐辛子の醤油漬けを無防備に噛んだら口の中が死にました。

P1100718


いろいろ定食も揃っているようです。


P1100726


入口に続く階段の芝生? 韓国も数年前からウェルビーンなお食事が主流になっています・・・・がまだまだ「こんなん食べてもいいの~?」みたいな油ギッシュなお食事も人気です。

今回も短気で、乱雑で、それでいて繊細なとこもある韓国のいろんな顔を見ることができました。近くて不思議なワンダーランド・・・・・だけどね。。。。。

アベチャンがイチビッたお蔭で為替最悪、1万円両替しても95000wですよ!!数年前は150000wくらいあったのに。今回ものすごく実感してしまいました。

でも老い先短いので、したいことしなきゃ・・・・この後江南に移動。

P1100733


今回の旅の目的の1つ、三成駅からすぐのエステへ。

気持ち良かった3時間の様子は次回で。

END





2014年7月12日 (土)

韓国料理 あんじゅ @神戸市長田区松野通り1-2-1 地下鉄ビル B1F

Photo

神戸在住の頃お世話になった韓国料理&韓国語の講師 李玉順(イ・オクスン)先生が妹さんとお店をオープンされたと伺い、イグラオンマさんと攻撃してみました。

JR新長田駅北、りそな銀行の地下「れんが横丁」にあります。地下鉄新長田駅からそのまま行けるようです。駅から1分なのですがこんなエリアがあるのは知りませんでした。コリアンな入口がかわいい、ポジャギなどのインテリアに使われているものは全て韓国で揃えられたそうです。

Photo_2

テーブル席が7,8席、厨房を囲んだカウンター席も多く1人で来てもOKなお店です。調理は先生の妹さんが担当。お昼のランチを頂いてみましょう。

Photo_3

ランチタイムはアラカルトの注文は不可だそうです。

この他に冷麺、ホルモン小鍋の提供もありました。結構種類が多いですね。

Photo_4

クミョンはテンジャンスープ定食850円にしてみました。おかず4品付き。スープは韓国のお味噌と日本のお味噌が混じったような風味。全体的に倭人向けのマイルドなお味です。クミョンはもう少し辛味があった方が良かったかな。

Photo_5

イグラオンマさんはホルモンスープ定食950円。

ぐつぐつ煮えたぎっております。

Photo_6

ホルモンはハチノス1種、たっぷり入っておりました。3種類くらいのホルモンを混ぜて頂きたかったですね。基本は塩味なのでタデギを入れて辛さは調節できました。ご飯のお替わり自由、食後のコーヒーは100円。夜のメニューはとっても豊富です。店名の「あんじゅ」はおつまみの意味だそうです。居酒屋使いもできそうなので次回は夜に伺ってみたいです。

Photo_8

李玉順先生に初めてお会いしたのはかれこれ10年前、今も先生はこのお店の運営や各教室の講師と飛び回っておられます。お忙し過ぎて少しお疲れ?合間を見て日韓の事などいろいろお話しいたしました。韓流ブーム以前の在日の方々が経験された様々な事象は今の日本人も知るべきことが多いと思います。

この後イグラオンマさんのお車に乗っけて頂き懐かしの東山商店街へ。

Photo_9

こんな風景や・・・・・・・・・・

Photo_10

こんなものまで・・・・・・

クミョンが神戸を離れても変わらずにあることが嬉しかったです。

けど最近この辺りにもある変化が、前をどう見てもこの辺りの人間ではない白人の若い4,5人が歩いています。大きなカメラでワイワイ言いながら撮影していたのは・・・・

Photo_11

お盆仕様のお飾りでした。ヨーロッパのお言葉で話されていた彼らには大変ファンタスティックだったことでしょう。お店の方は叱ることもなくニコニコと様子を見ておられました。東山商店街もワールドワイドなプレイスにチェンジでございます。

ちょっと長文になりますがこの日AMAへもどる新快速の中での出来事を記したいと思います。台風一過で30度を超える中,JR三宮駅のプラットホームで待っていると前にもう明日にでも生まれそうなお腹を抱えた妊婦さんが並んでおりました。

入ってきた新快速はかなり席が埋まっており妊婦さんが車内に入る頃には席がなくなっておりました。優待席は30代くらいのサラリーマンが陣取り他の席には若い方も多く見られましたがだーれも、だーれも妊婦さんに席を譲ろうとしません。

彼女の横で立つことになったので厚顔を誇るクミョン、周りに聞こえるような声で「大変でしょ、席ないわね・・・」と言ってみたけど誰も、だーれも席を立とうとしません。芦屋に着いた時も空いた席にはすっと他の方が座られ、クミョンもう怒髪天を指し爆発寸前で前に座るイヤホンを耳にして見て観ぬふりを続ける女子の髪をわしづかみにし立たせようとしたその寸前・・・・・

少し前に座っていたアジア系の婦人がこちらに移動して来られあっちに座りなさいと。なんと言うことでしょう。日本人がこれだけ乗っているのに席を譲ってくれたのは外国の方でした。どうなってるんだ日本?ワールドカップ会場のゴミは拾うけどこんな基本的な譲り合いができんとは。

席を譲ってくれた方は台湾からお越しの観光客でした。仲良し友達3人でピーチに乗って来られたとか。AMAに着くまで楽しくお話しいたしました。なんだか急に台湾に行ってみたくなりました。皆さん世界は日本を見ています。誇れる様な国にするにはどうしたらいいのか?もう一回よーく考えたほうが良さそうなこの頃です。

END

2014年6月30日 (月)

어젯밤엔(オヂェパメン) @大阪市生野区桃谷3-9-4

Photo

シロチャンとさらっと鶴橋&桃谷ツアーに行ってきました。ランチに選んだのはこちら 「オジェパメン」 お昼少し前だったのですんなり入店出来ました。しかしその直後、あっと言う間に店内満員。女子率99%。クミョンは去年の2月に続き2回目の訪問です。

Photo_2

後ろ姿でもわかる?かな?スタッフは全員元気な韓国男子。

Photo_3

こちらは問答無用でサムギョプサルのセット一本勝負です。

2000円は夜のお値段、ランチは1300円です。

Photo_4

お肉以外↑はお替り自由です。チャプチェの右上のヤンニョムが美味しいわ。写ってないですが胡麻の葉は言うと持ってきて貰えます。

Photo_5

↑こちらがお肉2人前です。サムギョプサル2枚、とんトロ、モクチャン、ハラミの4種。

お肉の追加は別料金になります。オカズも食べたりするのでこの量でOKでした。

Photo_6

こちらは男子がヤキヤキしてくれる楽ちんシステム。油が下に流れるこのスグレ物の鉄板も3900円で販売しています。上手く油が切れて食後も胃にもたれないです(太るのは太るから注意)。程よく焼けたところで火を止めてくれます。

Photo_7

シロチャーン、逃げてもだめだめ、あなたのエプロンが写したいのさ。ぴちぴち油が跳ねるのでエプロンは必須です。座る椅子の中に持ち物は収納しましょうね。外にも席がありますがこれからの季節はエアコンがそこまで届かないので暑いだろうな・・・・・

Photo_8

豚肉なんか家で食べたらいいやん・・・・って方は1回ここへ来てみてください。サムギョプサルは雰囲気で頂くものとわかるでしょう。葉っぱに包んで食べるので野菜も同時にがっつり頂けます。薬膳でも豚肉は夏に良いとされています。

Photo_9

ミニ冷麺、というか素ーメンは200円とかわいいお値段。〆に良いです。

Photo_10

我々が〆に選んだのは↑焼き飯~virgo 男子が慣れた手つきで焼き上げてくれます。大量の擦りおろし大蒜が投入されたので後で予定がある方は要注意。真っ赤なヤンニョムもかなり入りましたが見かけほど辛くありません。

Photo_11

焼きめし出来上がりの図↑

わかりますでしょうか?大量の海苔で隠れてしまいましたが下の焼き飯はハート型なんです。結構な量ですが300円、海苔をよく混ぜて頂きます、美味しい!!これ絶対食べて下さいね。最後通告です。太っても知りません。あーおいちかった~お腹いっぱいですぅ。この後はいつものお買い物コースをぶらぶら。

P1090719_2

ドライキムチ・・・・そんな邪道なもん知りません。 今回は湿度も高く激暑、水キムチやお寿司を買ったのでショートコースで帰宅いたしました。月一くらいで来てますが毎回なにか新しい発見があるのが魅力です。

END

2014年5月30日 (金)

但馬牛焼肉 扇矢 @神戸市灘区六甲町1丁目4-15

Photo

誕生日の前夜祭は♂と一緒に六甲道へ。クミョンが大好きなお肉屋さん

(その割に買いに行けてないが) 「扇矢」 さん直営の焼肉屋さんです。

1階のカウンター席で頂きました。オトナな焼肉のスタートです。

Photo_2

まず生からいっときました。保健所の許可済で提供のユッケ様sign03

旨ぁ~sun これ毎日食べてもいいくらい旨ぁ~sunsunsun

肉は敵みたいな言い方をする♂ですが一口食べて顔色が変わりました。

Photo_4

ホルモン系の代表選手、てっちゃんてっちゃんカネてっちゃん。

写す前に一部が網の上に乗っちゃいました。

なんて美人なてっちゃんなんだlovely ホルモンが駄目な人もOKだと思う。

今まで食ってきたてっちゃんはいったい何だったんだ?

そして真打登場・・・・・

Photo_5

前回は女子5人だったので5種盛だったと思うけど、今回は3種盛。

イチボさん、ヒレさん、マルシンさん、お久しぶりです。

美味しいかって?美味しいに決まってますやんsign03

♂がどうして5種盛にしなかったと文句タレタレ、あんた肉嫌いちゃうんかいrun

Photo_6

泡醤油なるものが添えられていました。

焼いたお肉にそっと乗せて口の中へ・・・絶品でございました。

特にヒレ、美味しかったです。1人で全~部食べたかったcoldsweats01

Photo_7

もう少しいっときました。赤身で肩ロース?だったかな。

これも美味しかったわ、今回はこれくらいにと思ったら♂が・・・・

Photo_8

生タン食べるって・・・・焼いた後に生食べるか普通?

塩だけで十分美味しい、ここのお肉って食べても全く胃にもたれないのです。

良いお肉を使用している証拠ですね。

Photo_9

〆にクッパ

韓国料理系もいろいろ挑戦されておられます。

カレーとか冷やしうどんなどサイドメニューも豊富です。

Photo_10

「韓国風卵かけご飯」

美味しいヤンニョム?をかけて頂きます。

扇矢さん初体験の♂は一発で落ちました、帰ってからも「次また行こう」と

普段にない気に入り様が不気味です。また夫婦でお邪魔します、よろしくbell

END

2014年5月13日 (火)

ヨンイネ @大阪市東成区鶴橋商店街内

Photo_15

あ、注意注意、韓国レポ違いますよsign03 

大阪のソウル、鶴橋桃谷をルーシー・Tちゃんと散策です。

ラッキョウのキムチが美味しいのだsign03

おっとその前に、鶴橋到着してすぐ商店街でランチを頂きました。

Photo_16

このお店最近出現? 冒険心で攻撃してみました。

「ヨンイネ」は経営者?のお名前だそうです。

Photo_17

アットホームな雰囲気の小さな店内。1階に3席、2階もありました。

オンニがお二人で頑張ってらっしゃいました。

Photo_18

Tちゃんはユッケジャン定食(1000円) 大きな器にぐつぐつとsign03

難なく召し上がっておられました、そんなに辛くなかったみたい。

Photo_19

クミョンはおとなしく豆腐チゲ定食(1000円)

こちらも辛さは倭人向きでございました。美味しかったです。

けどどうして鍋の大きさがこうも違うんだろう?

Photo_20

パンチャン(オカズ)も4種。キムチも美味しい。

ここ、なかなかいけますやんsign03 トッポギは別に注文いたしました。

Photo_21

オール300円でサイドメニューが選べるうれしいシステムcat

トッポギとチャプチェをお願いしました。

Photo_22

チャプチェも美味しかったです、2品別に頼んで定食も華やかにcat

あれ?横の黄色い液体はなんでしょね?

Photo_23

チゲの最後、この様に斜めに置くと最後までスープをすくい易いよね。

駅近で便利に使えそうなお店です。場所は・・・・複雑な地形ゆえ説明不可。

Photo_24

桃谷に移動して晩御飯のオカズやキムチをゲト。

日差しの強い日でした。レモネードが旨いscissors

ソウルの仁寺洞でおなじみの「トンパン(ウ○コ)パン」まで出現。

どんどん韓国化が進むこの界隈。

来月からパスポートが必要となります・・・・・・は、嘘です。

Photo_25

またキムチサンドかよ?とか言いながら豚キムチサンドが

微妙に気になっております。また近いうちに食べてみましょう。

Photo_26

〆はやっぱり鶴橋の「茶母さん」に舞い戻ってお茶タイム。

Tちゃんは韓国風ぜんざい。餡子が駄目なクミョンは見つめるのみ。

Photo_27

クミョンはまたしてもミニじゃない「ミニ餅パフェ」

たっぷりお餅が入って旨いんだわこれ・・・・・sweat01

Tちゃん、また年末にタッパーもって行こうね(謎)

そういえば冷蔵庫のキムチが切れました、近々行かねばsun

END

2014年3月 1日 (土)

韓国文化研究会集結

Photo

およそ1年ぶりに韓国文化研究会のメンバーが集結しました。

ユイチャン、宋ちゃん、イグラオンマちゃん、クミョン。そして

特別ゲストでK女史の5人。去年と同じ神戸生田神社近くの

「韓辛デリ」さんでランチです。

Photo_2

サムギョプサル1980円食べ放題・・・・・なんですが・・・・

こちらはスタッフが責任をもって焼いてくれるシステムなので

お任せしてしまったのが間違いだったのか?

丸焦げになるまで放置され分厚い方のお肉は食べられてものでは

ありませんでした。薄い方を追加しましたが・・・・・

う。。。。。。ん、ここってもっと楽しくなかったか?

どうりで昼時なのにお客さんはちらほらしかなく。

Photo_3

ブッフェも寂しい内容だなぁ。ご飯系やスープ系がないので物足りない。

お料理も韓食に関してはツワモノな我々が満足できるものではなく。

Photo_4

「サムギョプサルの美味しい食べ方はご存じですか?」

って聞かれて、「いいえ」って言うと詳しく説明してくれました(汗)

Photo_5

なんで今更・・・・と思いながら聞きました。

サムジャンもなんだか既製品ぽい味なんですが、違うかな?

お店の選定間違えました、ごめんちゃい。

Photo_6

真横にある目新しいカフェに入室。

「CAFE LILLE」 さん。去年の春にオープンだそう。

入口が奥まってるから気づきませんでした。

Photo_7

これを見てあれっと思った方が多いかも。

かの有名なデンマークチーズケーキでんがな!!

懐かしい、数十年ぶりに食べました。

ここは元町の「観音屋」さんの系列店だそうです。

店内のどこにも観音屋とは書いてありません。

あの骨董臭いイメージからの脱却を図ったか?

ランチはコケましたが久々に皆さんと盛り上がることが出来た

楽しい時間でした。またご一緒いたしましょうね。

END

2014年2月28日 (金)

海南亭 @大阪市天王寺区小橋町3-15

Photo

キムチがきれたので鶴橋に向かいました。

センセェのオット様が新年会で利用されたとかの「海南亭」でランチ。

2大巨頭と言われるこちらと明月館が並んでいたので驚く。

鶴橋と上本町の中間、坂の上にあるから上本町なんだろうか?

Photo_2

1階のテーブル席で頂きました。予想外に狭い店内。

宴会だと2階以上になるのかな?お昼時は満席でした。

「上選6種味比べ1470円」 キムチ類がちょい寂しかねーか?

Photo_5

小食?なので少しづつ頂けるのは嬉しいな。

1500円以内なのでコスパはよろしいかと思います。

男子だと少し物足りない量だと思うけどオバハンの胃には調度良し。

Photo_9

食後のコーヒーは2階に取りに行くシステム、めんどくさ!!

杏仁豆腐みたいなデザート付き。さ、御幸森商店街までウォーキング。

Photo_7

安田商店さんでキムチともやしをゲト。

根切り豆もやし300円、スーパーに売ってる10袋分はあるかな。

どっさりナムルにして、お鍋に入れて、スープにして、連日モヤシ祭り。

お店のオバちゃんは「黒い袋に入ってるから当分腐らへん」と

おっしゃいましたが、3分の2使った時点でkusatakusata。

Photo_8

定番のチェックポイントを観察し終わった後いつもの「茶母」さんで

梅茶を頂きました。甘~い、甘すぎる!!

両手に一杯の買い物を下げてAMAに凱旋いたしました。

またご一緒いたしましょう。

END

より以前の記事一覧