こちらもご覧ください♪

カテゴリー「洋食」の26件の投稿

2014年10月23日 (木)

ちょっと過激な水曜日 @大阪市北区~住之江

Img_20141015_115512

先週の水曜日、シロチャンとまず向かったのは水曜のランチ限定でカレーを提供している北新地の 「榊原」 さん。へんりーちゃんに教えて貰ってから攻撃態勢に入っておりました。

Img_20141015_115444

2階に上がると金庫みたいな入口が。夜の本格営業はステーキハウスです。

店内は小さ目、カウンターとテーブル数席。カウンターで頂きました。

フロアのおじ様がご主人?楽しいトークで上質な接待はベテランの味。

Img_20141015_114008

ビーフカレーか野菜カレーを選べビーフ↑を指定。辛さも選べます。少し辛いのにしましたがマイルドでした。お肉もかなりどっちゃりと入っています。今回はタブレット撮りで粗々画像になりごめんなさい。

Img_20141015_114016

添えられる、というかメインみたいな薬味がこのお店すごいんです!!

塩辛とカレーって生まれて初めて一緒に口に入れました、不思議なハーモニー。カレーは洋食系のやさしくて美味しいカレーです。水曜の北新地ランチに良いですね。でも開店と同時にお客さんが溢れます。並ぶのを覚悟でお越しください。

Img_20141015_155820

そして食後、30分ほど電車で移動して住之江のこちら↑ インドアサバイバルゲームフィールド 「大阪住之江 BB GUN」 へ。2回目のシロちゃんに連れて行ってもらいました。BBは長いこと打ってないなー・・・もちろん実弾も(爆)

Img_20141015_130735

入口で登録を済ませ初めての場合1時間ほどのレクチャーを受けます。休憩室などでは銃のマガジン(弾を入れる物)はガン本体から外す、フルフェイスヘルメットを必ず装着、などなど細かな注意事項がありました。

連射できるGUNもレンタルできます、最初なので簡単な小さなピストルをチョイス。慣れないので何かと手間取り、ゲームを始めるまでに時間がかかっちゃいました。

Img_20141015_130833

平日の昼間なので来客は多くありませんでした、がクミョン達以外は全て自前のお衣裳?もちろんGUNも自前。こういう方々は何オタクって言うのでしょう?見た感じは普通の優しい殿方ばかりでしたが内に秘めた部分は萌え~ってとこでしょうか?

Img_20141015_144806

↑このおじ様なんて総額いくら?ってくらい・・・・。凝る人は凝る世界。フィールドは2部屋に分かれており1階はオフィスを模した小さな空間で撃ち合います。2階は本格的に敷地面積全部を使い2層に分かれた暗い倉庫みたいな雰囲気の上級者向け。シロチャンとクミョンは可愛く1階でタイマンの激戦を繰り広げました。というか、ちょろちょろ撃ってる女子は男子たちに避けられたようで他の方は2階で遊んでいらっしゃいました。

Img_20141015_144538

BBの玉は馬鹿にできません、当たるとかなり痛いんです。薄着の場合は迷彩服の上下を無料でレンタルできます。シロチャンに上だけ着てモデルさんしてもらいました。友達たくさんで来てグループで楽しむのが一番楽しいかも。初回はストレス発散とまではいかずドキドキ体験だけで終わっちゃいました。

Img_20141015_140824

こんなとこ来てるからってある種の人って思わないでね(爆)

でもBBはやっぱりオモチャですね。アメリカで自衛用にと本物のGUNと実弾を寝室の引き出しに入れていた時がありました。使うことはなかったけど(あったら怖い)あの重く冷たい触感とは全く違います。

この平和な国には徴兵制度というものがありません。スマホは扱えても銃を手にしたことの無い男子がきっと90%以上?そう思うと何かあった時にどうなるのか不安です。まずその何かが起こらない様に猫のくせに虎の真似はしないことですね。

けど・・・・中には、本当に中には、BBから発展して実弾をぶっ放したいって思う輩も出ないとは限らないと思います。そういう人がイスラム国とかに・・・とか思うとちょっと怖い所でもあります。

勇猛果敢な女子は行ってみるべし。料金体系はHPで↓

「サバイバルゲームフィールド 大阪住之江 BB GUN」

END

2014年1月14日 (火)

神戸ビフテキ亭 @神戸市中央区中山手通2-13-12

Photo

3連休出不精の♂は放置してシロチャンと神戸の北野でランチいたしました。

ハンター坂の「神戸ビフテキ亭」 11時オープンの15分前すでに20人以上が
並んでいます!! 辛うじて一巡目カウンターの席をゲトできました。

お肉屋さん直営、ランチタイムは千円でお肉のセットが頂けるそうなlovely

Photo_2

シロチャン選定の「熟成黒毛和牛網焼き150g」

店内はかなり広くてゆったりお食事できます、元お寿司屋さんだった
場所をそのまま利用で期間限定?だそうです。

このセットに飲み物も付きます、グラスワイン、ビール、ウイスキーまで
選択できます。これはうれしいサービスでした。

Photo_4

いろんな部位の切り落とし?って感じ。肉質は柔らかい。

厨房で男子お二人が真剣に火を通しているところが見えます。

スタッフの装いはレストラン風だけどお客は全員千円ランチ目当てcoldsweats01

Photo_5

クミョン選定 「スライス大判焼き150g」

う・・・・ん、選定ミスしたか・・・100g400円くらいの肉焼いたみたいな。

ご飯かパン、豚汁かオニオンスープ、が選べてお替り自由。
この豚汁が中身豊富で美味しかったです。

Photo_6

そうそう、サラダが最初に登場でした。

↑シロチャンはローストビーフ(300円)追加、美味しそうbell

Photo_7

↑追加無しのクミョンのサラダ、寂しかったsweat01

ハンバーグが魅力的でしたが調理に25分かかると・・・・・
限定25食と書いてありますが誰もオーダーしてそうにありません。

外で20分待ってまた席で25分待つ人おらんよねcoldsweats01

Photo_8

オプションでいろいろサイドメニューが選べます。それも安価sign03

上はミニミンチカツ200円。下はエビフライ300円(海老ちっちゃい)

食べている間も外ではどんどん待ちの列が出来ています。

確かにお安いです、特別ものすごく美味しいお肉(なわけないよね)
ではありませんがお店の誠意も感じられる内容です。

近くの名だたるフレンチのお店はシーンと静まりかえっています。
千円ランチはこの行列、デフレ脱却をしたとは言い難い風景でした。

END

話しはそれますが・・・・・

Photo_9

韓国ドラマを見ていたら何気に写ったこの物体にわろた・・・・

ダイニングキッチンの片隅に飾られて?いる「焼きそば」「こんにゃくパスタ」

これはいったい? インスタントも日本製を使うお金持ちぶりを表現?

韓国ドラマって時々ものすごく不思議sweat01 だけど見ちゃうのだcoldsweats01

2013年10月18日 (金)

ロウリーズ・ザ・プライムリブ大阪 @大阪梅田ハービスエント

Photo_13

全州→梅田、ドタマ切り替えてねtyphoon

北野の帝王の妻マーリンさんとハービスプラザエント5階にある
「ローリーズプライムリブ大阪」でアメリカンなランチです。

ゴージャスな面構えざますsign03

世界で10店舗展開のこちらは1938年ロサンゼルスで創業の老舗です。
国内はこちらと東京、アジアでは香港シンガポール台湾上海にあるみたーいcat

Photo_14

レセプションから続くバーカウンター、天井が高いアメリカンアールヌーボーな内装です。

土日は現在でも予約が取れにくいお店だそうです。

Photo_15

運良くサービスアイランドの横でお食事できました。

こちらはプライムリブの全メニュー+ブフェ形式で楽しめるお店です。

サラダ中心のブフェ、内容豊富で選ぶのにワラワラいたしましたbell

Photo_16

お子様連れとかがいないので静かに過ごせるのが宜しいわ。

オリーブオイルやワインビネガーの種類も豊富・・・・・

けどあまり食べ過ぎるとメインのプライムリブにたどり着くころに満腹に
なってしまいます。

Photo_17

とは言うものの・・・・・山盛り取ってもーたdash

この時点では再度チャレンジする予定でした。

Photo

でっかいワゴンでプライムリブ登場ですsign03

焼き方を選択してロンゲ(死語か?)の男子に目の前で切り分けて頂きます。

Photo_18

「The Osaka Cut」3500円にいたしました。

どっちゃり添えられたクリームドスピナッチ、マッシュポテト、クリームドコーンcoldsweats02

これで130gでしたっけ?ランチカット65g2800円もありますのでブフェを
堪能したい方はランチカットでOKかもしれません。時間制限は無しです。
食後の飲み物が付いています。

「いや、私はもっと食える」って方はまだ上があるのでご安心ください。

プライムリブは骨付き肉をじっくりローストしたアメリカンタイプのローストビーフだそうな。
肉質は思ったより上質で美味しく頂きました。ブフェも豊富なのでお値段以上です。

Photo_19

後で登場したヨークシャープディング。

「ソースに湿してどうぞ」と言われました、美味しい?良くわからない一品でした。

プディングと言う名前ですがふんわりとしたパンですね、これは。

Photo_21

デザートも魅力的な物体が多数並んでいます。

お腹いっぱいでしたが見逃すことはできませんsweat01

Photo_22

チョコファウンテンではしゃぐ50カラットスーパー越えの2人・・・・・

Photo_23

大人な店内で贅沢な時間が過ごせる良いお店です。

梅田の中心からハービスエントまで少し歩くのが難点ですが
お勧めです。

次回は再び全州へ。

END

グランフロントの南館地下、シティーベーカリーのパン売り場レジで現在
「Trick or Treat」と言うと小さなお菓子がもらえるよ。

子供さんだけじゃなく、クミョンみたいなおばさんでももらえますvirgo

2013年9月20日 (金)

北新地 福多亭 @大阪市北区曽根崎新地1丁目11-19

Photo

シロチャンと北新地ランチです。美味しいステーキのお店 「福多亭」 さん。

夜のステーキは 「誰か私を接待してくださーいsign03」 なお店なので滅多なことでは
足を踏み入れることは出来ません。こんなお店も見学できるのが北新地ランチの
うれしいところです。

Photo_2

カウンター7,8席と奥にテーブル席2席の想像より小さなお店でした。

パンの前に2人陣取りました。左端のロールパンは夜のパンらしいですがじーっと
見つめていたら よろしければどうぞと・・・・よっぽど欲しそうな顔してたんだクミョンsweat01

Photo_3

お昼のメニューは2本立て 「シェフ入魂の“近江牛漆黒カレー”ランチ」1200円と

「こだわり“自家製挽き和牛ハンバーグ”ランチ」1500円

まず有機野菜のサラダ登場、ドレッシングがあっさりと美味しいsun

Photo_4

小さなスープは牛骨スープ、滋味あふれるスープです。

見た感じよりあっさりとしたお味。

Photo_5

カレーには小さなカレーパンが付きます。

ほほぉ、パン屋さんのカレーパンとは別物の美味しいカレーパンでございました。

Photo_6

シロチャンのお見事なハンバーグ。添え野菜も手抜きなし。

噛みしめると美味しいお肉の味がダイレクトに味わえる、ステーキ屋のハンバーグ。

次回はこれを食べましょうscissors

Photo_7

カレーを美味しく写すのって至難の業なんです、今回も黒い海みたいになっちゃいました。

スパイシーなブラック系、10切れは見え隠れする煮込まれたバラ肉がトロケル美味しさ。

浅いお皿なので冷めやすいのでさっと食べるのがベターと思われます。

Photo_8

食後の飲み物でしばしまったり。スタッフのサービスもフレンドリー且つ礼儀正しく上等。

お昼は予約不可です。カレーは10食限定。オープンは11時半、少し前の到着時にはすでに2組お待ちでした。

夜に窯焼きのステーキを食べたいな。もう一回無駄吠えしとこか・・・・・・

「誰か私を接待してくださいーいsign03

END

 

2013年9月18日 (水)

御堂筋ロッジ @大阪市中央区南船場4丁目

Photo

コテさんにご一緒頂いて2年前にオープンのこちら 「御堂筋ロッジ」 さんでランチです。

地下鉄心斎橋の駅から地上へ3分、御堂筋沿いのビル地階にあります。

その名の通り山小屋風な入口でございます。

Photo_2

店内も趣あるアルプス?風。 かなり席数はありますがお昼は満席状態でございました。

今回は予約ができるということで「小皿洋食ランチ」3200円のコースを頂きました。

Photo_3

こちらのお店の本店は長堀にある「洋食勝井」さん。あちらも美味しいお店でした。

コースには「能勢の山水」というお水とドリンク(ビールやワインも可能)1杯付きでした。

2人は迷わず 「ビール下さい」、けど回りを見渡すと飲んでるのは私らだけでしたsweat01

Photo_5

始めの一皿「秋刀魚のカルパッチョ」 二人で分けわけです。

なーんや、こんな小さいんだ・・・・・って安心したのが間違いでした。

Photo_6

お料理は一品づつゆっくり運ばれてきます。「3種オードブルの盛り合わせ」

これは一人づつ別皿。シラサ海老、サーモン、モモ肉のコールドビーフ。

Photo_7

「具たくさんの野菜サラダ」 2人でわけわけですがかなりの量でした。

これは後の方に出して欲しかったような一品。

Photo_8

「カボチャの冷製フープ」

まだ昼間は30度くらいある大阪、冷たいスープがうれしいです。

Photo_9

今日のヒットはこれでした。 「玉子サンド」 1人1切れがこの場合良いのだ。

昭和のお母さんが作ってくれた味そのものです。おかあさーんsun

Photo_10

「いろんな種類のキノコのソテー」

2人でわけわけ、なーんてこと無いお料理ですが美味しい味付けでした。

この辺りで満腹に近い雰囲気が漂う、がこれが中間点で後半戦へ。sweat01

Photo_11

「帆立フライとカニクリームコロッケ」 2人で分けわけです。

美味しいタルタルソースをかけて頂きます。洋食屋さんの本領発揮ですね。

Photo_12

そして最後のメイン 「黒毛和牛ロースの塩焼き」 これは1人1皿です。

柔らかく美味しいお肉でした。そして次はメニューに 「赤盆」とあります、何でしょう。

Photo_13

赤いお盆に豚汁とご飯にお漬物が登場しました。

ご飯が美味し過ぎでお替りしちゃいました。天高くクミョン肥ゆる秋sign03

Photo_14

〆は牛乳のジェラートとハーブティー。全部で10品登場いたしました。

約2時間半、食べてしゃべってお腹いっぱいsun さすがの2人もぜいぜいぜい・・・・・

小皿のコースも楽しかったですがランチなら普通の洋食メニューでもいいかもsign03

Photo_15

食後は心斎橋大丸で開催中の岩合光昭さんの写真展「ねこ歩き」を鑑賞。

猫が大好きでないと撮れない写真ばかりです。ものすごく癒されました。

コテさん、チケットどうもありがとうございましたheart04

END

 

2013年8月 2日 (金)

ブルース・リーとビフカツカレー @大阪市中央区心斎橋→道頓堀

Photo_2

たぶん現在日本の中で一番地獄の釜に近い場所、道頓堀でランチです。

名物かに道楽の大きな蟹も茹ってしまいそうな外気温34度。日本人台湾人アメリカ人人人人・・・・・

そんなもん店なんか探してられますかいsign03 老舗のはり重さんに駆け込みました。

ビフカツカレー900円。マイルドな家庭味のカレー、ルーの中にも炊き込まれた

お肉が見え隠れ、ビフカツのお肉は薄目なれど美味しいfuji

Photo_3

創業100年越えの「はり重さん」、BGM無し飾り気無し、トイレは和式・・・・・

ま、不要なサービスはイランテヘランアルゼンチンsweat01 

このムードのままあと100年このドロドロの道頓堀で継続よろしくお願いします。

Photo_5

後ろのお客様のビーフワン700円が気になって、しらっと見てやろうと首を回したら

筋を違えてしまいました・・・・・後の映画が終了するまで痛かったわdash

美味しそうな牛丼?状態の一品でした。

Photo_6

映画まで少し時間があったのでリニューアルされた角座広場を見に行きました。

「俺の・・・」間の抜けたネーミングやなぁ、なんて思ってはいけないの?

テンコ盛りの人でございました。秋風が吹くころに再訪してみたいです。

Photo_7

今回観た映画は 「李小龍 マイブラザー」

ブルース・リー1973年32歳で死亡、没後40年を記念して作られた映画だそうです。

実弟ロバート・リーが思い出の中に実在する兄を描いています、1940年代~50年代までの

香港が忠実に再現されたシックなセットが見もの、特に家庭内の設えは現在中国では

全く見る事のできないオールドチャイナの素晴らしい佇まい。

勝手にブルース・リー様は貧しいお家の出身と想像しておりましたが実は

父親は名優、母親は名家のお嬢様、かなりなお金持ち環境でお育ちなのですね。

彼がある事情からアメリカに単身渡るまでなのであの有名な無駄吠え「あちょーーー」を

期待して見に行ったら駄目な映画です。

シネマート心斎橋で現在上演中、気になる方はどうぞ。

END

ゴルァASOsign03 顔が不細工なだけでも許せんのにいらんこと言うなボケsign03

あ~ら、エックスキューズマイマウスcoldsweats01

2013年3月13日 (水)

サンセール @神戸市中央区元町通1-3-7

Photo

映画鑑賞の前にOZW真理ちゃんと軽くステーキいっときました。

サーロインステーキざます。オンザ鉄板でジュージュー言ってるざます。

南京町で30年続く洋食屋 「サンセール」 さん。昌園さんの2階です。

Photo_2

こちら・・・・なんと、今どき840円でステーキが頂ける奇特なお店なんです。

それも11時~20時ってことは営業時間内ずっと840円なわけっすheart04

ステーキ以外にもいろいろ、12時になるとリーマン男子やOL様で満席です。

Photo_3

あれ?ちょっとだけ?なスープはご愛嬌な内容でございました。

上品な感じのご夫婦で運営、クミョンがこの付近でキッチャテンをさせて

頂いていた頃からお顔は存知上げております。

Photo_5

チャイナタウンらしく中国語のメニューも備えてありました。

2分熱がレアみたいですね、ランチのステーキは焼き方の指定は出来ません。

Photo_6

840円だとうれしいステーキでした。ポン酢が添えられています。

こんなステーキを頂いた後に見た映画は・・・・・

Jirou_2

「二郎は鮨の夢をみる」 アメリカ人が制作した映画です。

言わずと知れた東京は有楽町の 「すきやばし次郎」

多分生まれ変わっても食べに行くことはないので見ておこうかなと。

だってここ・・・・メニューはお任せのみ、20貫ほどで31500円。

平均滞在時間30分、しゃべる間もなく次々出てくるお寿司を食べて31500円。

美味しくなかったら死刑ですよね。

この小野二郎爺、おん年87歳、伝説の人物になることは間違いありません。

そして乱獲による最近の魚資源の過激な減少。

是非にと思われる方はお早めにお越しになった方がよろしいかと思われます。

END

↑のポスターはアメリカ向けです、内容はもっとシックで淡々とドキュメンタリー風に

次郎の紹介がなされていきます。興味のある人のみにお勧めいたします。

2013年3月 2日 (土)

グリル一平 新開地店 @神戸市兵庫区新開地2-5-5

Photo

懐かしい幼少時の思い出が一杯詰まった「グリル一平」さん、勿論頂くのは

名物スパゲティ・イタリアン、今1050円もするんですね、当時のお値段は

親のみぞ知るですが土曜のお昼など毎週のように出前でランチしていました。

その頃と同じ味かは小学校3年生のクミョンに聞かないとわかりません。

創業50年以上の洋食屋さんです、スパゲティはメニューで「麺類」に分類されていますcoldsweats01

Photo_2

この日は湊川神社で「楠公さんの手作り市」が開催される日(毎月1日)でした。

雨が降り始めそうな微妙な空気の中、ちらっと見に行ってみました。

旗が裏返ってますね、ご了承ください。

Photo_3

久々に来たのですが出店数が少し多くなっています。

けど京都などの市に比べると規模は小っちゃいです、遠方から来ることはないかも。

Photo_4

一際目立つ看板のドーナツ屋さん、かわいい豆乳ドーナツの販売です。

クミョンがお財布を開ける気分になったのはこのお店だけでした。

Photo_5

ガラケーと比べてドーナツのサイズがわかりますでしょうか?

ここの市、もう少し内容が面白いお店が増えるといいのになbell

引っ越しのS社さんが見積もりにやってきました。

A社よりかなりイケメンで清潔そうなかわいい男子でした。

引っ越し業者を顔で決めてしまいそうです、クミョンのこの癖はきっと死ぬまで治りません。

END

2012年8月23日 (木)

ニューミュンヘン神戸大使館 @神戸市中央区三宮町2丁目5-18

Photo

神戸でビールと言えばここ、通称「ミュンヘン」 ビザの発給業務はしていませんが大使館です。

韓国文化研究会、K女史ユイチャン宋チャンクミョンの4人で昼Bしてみました。

なんとここ、客席は6階まであり総数430席sign03 

余裕で空席有りよねってランチタイムに入店したら禁煙席は15分くらい待たされました。

Photo_2 

店内で地ビールを醸造しているんです。美味しくないわけがありません。

入り口横で点検中の作業を見ながら席が空くのを待ちました。

タンクは地下にもあり他の支店にも供給されているようです。

Photo_3 

来たぁsun 「神戸大使館ビール」中ジョッキ650円bell

美味しいですsign03 喉元をすーっと通るすっきりしたビールです。

店内はドイツ風(行ったことないけど)  3階の客席は90%昼B目当ての女子、

それもかなり高年齢の女子で大盛り上がり。皆テンション高いぞ、負けるもんかcoldsweats01

ここの名物料理も取り混ぜていろいろオーダーしてみました。

Photo_4Photo_5Photo_6Photo_7

う~ん、ここの鶏の唐揚げこんなんだったっけ?950円、味落ちたよ~sweat01

ポテトとソーセージも少ない、これで800円crying 生ハムが美味しかったけど1200円、妥当な味。

Photo_8Photo_9Photo_10Photo_11

トッポッキと牛肉の炒め物1100円なんかに反応してしまった、ばかばかばか。

スーパーで売ってる即席トッポッキやんかこれdash

ぺらんぺらんのピザ890円もした・・・・・絶句happy02

オムライス800円が一番まともな味だったような。鰻入りめはり鮨980円は夏の限定メニュー。

文句たらたらの割には沢山食べました。ミュンヘン様よ、ビールと見合うお食事メニューを求むtyphoon

けど比べていたのは・・・・・ここの四半世紀以上前の味かも。

Photo_12 

我々がこんな↑だった頃の味よね。

ぷっぷぷぷぷぷ・・・・鶏も変われば女も変わる。

END

2012年2月 9日 (木)

グリル一平三宮店 @神戸市中央区琴ノ緒町5-5-26サンハイツ三宮1F

Photo

寒の戻りで三ノ宮は雪が舞い散っておりました。

こんな日はしっかりランチを頂きましょうとクミョンママ、チトミさん、クミョン
の3人でJR三ノ宮駅北にある 「グリル一平」 さんに向かいました。

クリームコロッケ 洋食屋さんの腕の見せ所メニューでございますね。
美味しいです。ふっくらとまろやかなお味です。

Photo_2

ハヤシライス

大きなお肉がごろごろ入っております。

クミョン達は小さい頃からこちらの本店の味に親しんでおりました。
その頃商売を営んでいた親達は忙しく、毎週土曜は学校から帰ると出前でお昼ご飯が常でした。

高度成長時代の恩恵を大いに受けたクミョンの時代はビフカツ。
10歳下のチトミさんの時代はこのハヤシライスが定番だったそうな。

Photo_3

一平というと思い出すのがこのポタージュスープの味です。

おじい様の味より少し塩気が多いかしらん・・・・けど美味しいわ。

Photo_5 Photo_11

Photo_12

Bセットはポタージュスープ、エビフライ、ミニオムレツ、ビーフシチュー。
一平のオールスターメニューが楽しめます。

以上3人で合計4600円、大満足なランチでした。

お隣のOL様は鉄板スパゲティを美味しそうにお召し上がりでございました。
日替わりランチは800円、リーマンの皆様にも大人気、店内超満員。

50年前の懐かしい味が継承されていくことに言いようのない感慨を覚えます。
祖父も父も、彼らが心血を注いだあの店ももうないのだなぁと、なんだか
メランコリーなクミョンにさせてくれるお店でもありますなぁ。

END