こちらもご覧ください♪

カテゴリー「2012釜山&慶州」の14件の投稿

2012年4月20日 (金)

最後の晩餐 @大韓民国釜山市イビスアンバサダー西面

Photo

泣いても藁っても釜山&慶州、今回が最終章でございます。
ぼちぼち掲載していたら早くも帰国から一ヶ月以上経っておりました。

冷麺の前に最後のディナーが抜けているではないか?
そんな細かい点に気づかれた方の為にここでご説明させて頂きます。

3人様とさよならして、1人ホテル近くの西面市場↑を散策いたしました。
それが散策などという簡単なものではございませんでした。

カメラで撮ろうにも末端が写りこまないくらい長い通路が張り巡らされた
この西面市場、ただものではない規模です。
鶴橋が20個、いや30個くらいは入るのではないかというくらいの巨大な市場です。

12
43

こんなんとかあんなん・・・・同じ様な食材のお店が延々と続く市場を
歩き回っていると頭がくるくるしてきました。

市場前の農協スーパーも見学してお土産などをゲト、部屋に荷物を置いて
長い長いコテコテの洋服屋などが並ぶ地下商店街を歩いて西面のロッテ
百貨店まで行き化粧品などをゲト。

7時頃ホテルに戻り 「あー疲れたsweat01」 とベッドに寝ころんだのが間違いでした。
はっと目が覚めると・・・・夜の11時を過ぎていました。

ホテルの周りに関する情報もなく、そしてなんだか身体がすごくだるい。
もうお店を探してご飯を食べる気力が残っておりませんでした。

で・・・・・・・・・・・・・

Photo_4

悲しいかな最後の晩餐はホテル一階にあるファミマでお湯を入れてもらった
「キスミョン」と相成りました。

美味しいと評判のラーメンなのですが、全く味がわからない?

実は出発前から風邪気味だったのですが、最後の夜に熱が出始め夜中
1人でかなりウンウンいたしました。

熱でボワーっとしていたのでホテルの写真がありません。
モーテルの倍くらいのお値段でしたが部屋は半分の広さしかありませんでした。

次の朝はシャワーを浴びて気力でチャガルチまで行き豚足をゲト。
帰りの飛行機は関空にランディングしたのが分からないくらい薬で爆睡。

めったにお願いしない「迎えに来て」コールもしてしまいましたsweat01
最後にフィーバーしてしまうという予想外の展開はありましたが、楽しい旅行でした。

韓国文化研究会の皆さん、ご一緒させて頂きありがとうございました。

Photo_2

帰国後、新長田の「明洞」さんで6人集まり賑やかな報告会をいたしました。

Photo_3

最後の〆はこちらの名物、「焼きキムパ」

良い子はまねしないでね。

何回行ってもまた行きたくなる韓国、次はいつかしらん。

END

2012年4月17日 (火)

ホンソチョッパル @大韓民国釜山市 中区 富平洞1街 36-11

Photo_18

小雨降る~ 南浦(ナンポ)の町に 女が1人~ 

あなた あなた 恋しい~ ホンソチョッパル~ ル~ルルル~

演歌調で歌って頂けたでしょうか?

チャガルチ駅から少し歩いたところにある豚足通り。
今回〆の買い物はこちら 「ホンソチョッパル」さんで。

Photo_19

豚足は大中小とありました。中(W30000)をお願いしました。

真面目そーなお兄さんが丁寧に切って用意してくれます。
比較的この辺りでは新しいお店だそうです。

クミョンは持ち帰りでしたが勿論こちらで頂くことも出来ます。

Photo_20

芸術作品のように並べられたチョッパル。

何か薬草のようないい香りがしました、あっさりとした美味しい豚足でした。

Photo_21

結構なお値段、と思ったら薬味やお野菜まで一緒に入っていました。

ビールか焼酎さえ用意したらすぐ豚足パーティーが開けます。

左のトラジ(桔梗の根)のキムチが最高にうまかったbell

Photo_24

PIFF広場を見下ろすカフェでぼんやりとしばし休憩いたしました。

ここのアメリケーノは比較的濃いお味でした。

この大きな袋を持って駅に向かっているとホットク屋台のおばさんから
「ホンソチョッパル!」と大きな声をかけられました。

クミョンは振り返りにやっと笑み返し・・・・これが釜山最後の思い出となりました。

Photo_23

クミョンは新交通システムにお目にかかったらまず利用してみる鉄女です。

街中から空港へはタクシーかバスしかなかった釜山に新しく
「金海軽電鉄」が昨年9月、隣の金海市まで開通。

地下鉄2号線沙上駅に隣接した駅から乗ることが出来ます。
自動販売機からはコイン型の切符?が現れました。

使ってみた感想・・・・ずばり西面近辺からだとリムジンバスに乗る方が無難です。
階段には遭遇しませんでしたが地下鉄を降りて軽電鉄のホームまで長い
エスカレーターを乗り継ぎ、空港駅に着いてからもかなり荷物をごろごろさせる必要がありました。

時間的にも地下鉄を待つ時間とか新交通は昼間15分間隔くらいだったりで
乗り継ぎが悪いとバスとあまり変わりません。
リムジンバスの通らないところや地下鉄2・3号線近辺から空港に向かう時は便利かもしれません。

地下鉄西面駅→地下鉄沙上駅 約15分
軽電鉄沙上駅→空港駅 約6分

飛行機に乗ってしまうと本当にあっという間に倭国に到着です。
ソウルより間近に感じる釜山、また訪れたい町の1つになりました。

END

2012年4月14日 (土)

元山麺屋 @大韓民国釜山市中区昌善洞1街37

Photo_2

帰国日の1人ランチは釜山で一番有名な冷麺屋さんをチョイスしてみました。

1953年朝鮮戦争休戦の年から創業 「元山麺屋」 さん。

冷麺の発祥は現在の北朝鮮、辛いビビム冷麺は平壌、水冷麺↑は咸興(ハムフン)が有名です。

Photo_3

W8000(約600円)は前払い。

座るとヤカンに入ったユクス、ピリ辛の暖かいスープが運ばれてきました。
これがとってもじわーっと心に染み渡る美味しいお味でございました。

全州でヤカンマッコリを頂いた時もそうでしたが、回りの席はボコボコに
なったヤカンで外国人にはきれいなヤカンが配られました。
ボコボコの方が風情があって良いのにdash

Photo_4

いきなり頭上からぬーっと鋏が現れて少しびびりました。
スタッフが麺を切ってくれます。美味しかったって?

それがもう最高でした。美味しすぎてしばし唸りました。

ここまでどうやってキンキンに冷やせるのだろう?
麺と具とスープのハーモニーに一発でやられてしましました。

Photo_5

これは体感して頂かなくてはわかりません。
倭国では決して味わえない韓国冷麺の美味しさ。

デパチカでもいいので韓国に行かれたら是非冷麺はお試しくださいませ。

Photo_6

チャガルチ駅から行った方が近いかな?南浦駅からでも同じくらいかな?

光復路のNIKE奥にあります。

Photo_7

マンドゥ(餃子みたいなの)も美味しそうでした。

赤い料理で疲れた胃にスーと馴染む冷麺、お買い物がてらに良いお店です。

この日はあいにく小雨模様。
最後に必須な物を買いに向かいます。それはこの近所の豚足通り・・・・

END

大きなニュースが続きテレビに釘付け、おまけにユイチャンが貸してくれてる
ドラマがむっちゃ面白く・・・・♂が不在というのにブログアップがままなりません。

2012年4月12日 (木)

元祖ハルメナッチ @大韓民国釜山市釜山鎮区 凡川洞 837-43

Photo

もう釜山の情報は終了したのね、って安心したそこのあなた、甘いです。

まだまだ食べる韓国文化研究会4人。これを食わいで帰れますかいthunder

「元祖 ハルメナッチ」日本語で言うと「元祖 婆ちゃんの手長たこ」

Photo_2

西面から地下鉄に乗り「凡一駅」で降りてすぐです。

この周辺は卸売市場や現代百貨店もあり、探求の余地有りな場所だ。

Photo_4

1階も2階も満席で3階に通されました。

この雑然とした雰囲気に期待が高まります。

Photo_5

男子スタッフがまぜませしてくれました。

ソウルではものすごく辛いナッチポックム(炒め物)として料理されますが
ここ釜山では美味しいスープたっぷりの鍋状態で登場です。

Photo_7

釜山発祥の焼酎C-1。倭国で許可されない物が(多分サッカリン系?)
入っているので倭国でお目にかかることはありません。

少し薬っぽい味なのでクミョンはチャミスルの方が好きです。

Photo_8

出来上がりました~scissors まっ赤っかで辛そうですがそんなに辛くありません。

美味しいです。地元の人で満員なのがわかります。

ここ、釜山に来たら絶対攻撃するべしsign03

Photo_9

全員パチパチパーマなおば様達。

怖いのでモザ入れときました。

Photo_10

ナッチ(手長たこ)とご飯で1人前W6500、約500円くらいでしょうか。

ナッチ+海老も同額。コプチャン入りでもW7000、マンセーマンセーマンマンセーsweat01

お腹が一杯で最後におうどんやラーメンを投入出来なかったのが非情に残念。

ほぼ100%予定の食事を攻略完了で心置きなく空港に向かう3人様。

えへへ・・・・クミョンこの後1人で1泊残留いたしました。

その様子はまた後日coldsweats01

END

怖いのは北から飛んでくる衛星だけと思っていましたが、
京都で事故(事件?) まだ詳細は不明ですが怖いですね。

♂は先ほど上海へ出張に向かいました、帰りは15日。
もしかしたら衛星とランデブー? 今回は中国系の飛行機に乗るので
安心だと言い放ってでかけました。

 

2012年4月 5日 (木)

Angel-in-us Coffee @大韓民国釜山市釜山洞

Photo_11

朝食後はお口直しに西面路に面したカフェでまったりいたしました。

Angel-in-us Coffee、エンジェリノスコピと読むそうです。

すごく凝った女子好みなインテリアの店内、全国に350店舗以上あり
ドラマのロケにもよく使われるカフェだそうな。

Photo_12

つい10分ほど前「もう満腹だわ~」とか言いながらこんなモン食ってるしsweat01

韓国はおしゃれなカフェでも気絶するほどなんでもデカイcoldsweats01

Photo_13

生キーゥイジュースがとっても美味しかったです~chick

カフェのお値段はかなりお高めな設定です、これで約400円ほどいたしました。
朝食の満腹テジックッパが450円ですから贅沢品といえますね。

こちらのお店では使用しているカップ類の販売もしています。
このガラスのカップがかわいかったのですが品切れでゲトできず残念。

素朴なお食事と今流のカフェ、ごちゃ混ぜでOKなのが韓国の魅力。

お天気にも恵まれた3日間、チェックアウト後は最後のお買い物です。

END

昨日4月4日 神戸市中央区生田神社の桜です。

P1040123

まだ少し寒い神戸ですが嵐にもめげず元気いっぱいな桜でした。

満開までにはあともう少し、今週末は各地賑わうことでしょう。

2012年4月 4日 (水)

松亭3代クッパ @大韓民国釜山鎮区 釜田洞 255-15

Photo_2

3日目の朝食は釜山名物 テジクッパ を頂きました。

西面には数軒テジクッパのお店が並んだ通りがあります。
1946年から続くこちら 「松亭3代クッパ」 さんを選びました。

Photo_3

韓国で60年以上続いているお店というのは相当な老舗と言えます。

戦後の混乱期や朝鮮戦争で釜山まで命からがら逃れて来た人々の
お腹をいったいどれだけ満たしたことでしょう。感動することしばし。

Photo_4

盛り付けは入り口付近でダイナミックに行われておりました。

煮えたぎるスープの中に手を突っ込むsign01 軍手+ビニール手袋ですが
熱くないのか聞いてみると・・・・・「熱いわよ、そりゃsweat01」とのお答え。

Photo_5 Photo_7

ご飯係りのアジュマ、メガネフレームが渋い。
出来上がったようです、入り口は素朴ですが中は広くて2階にお座敷も有り。

Photo_8

韮などをぶち込んで自分好みのお味に仕立てて頂くのが韓国流。

W6000(約450円)くらいだったと思います。

ご飯とスープが別のタロクッパ、スンデ入り、などチョイスもありました。

Photo_9

柔らかい豚肉がたっぷり入っています。

勿体無いお話ですがクミョンお腹一杯になって残してしまいました。

Photo_10

お味調整用にキムチ、アミの塩辛などなど、素麺をスープに投入したら
またこれも美味しい。薄味の豚肉は醤油たれに付けて頂くとまた美味しい。

ただ、倭国の料理の様に出汁が効いてるなぁというお味ではないので
物足りなく感じる方もあるかも。その点はご了承の上お試しあれcat

24時間営業です。けどこんなボリューミーなご飯が朝食とは・・・・・
この国とは喧嘩しても勝ち目は無いなぁと思ってしまいました。

残り時間の少なくなってきた3人様、時間と胃との戦いはまだ続きます。

END

昨日の春の嵐は物凄かったですね。ここに住んで16年ですがこれまでの
どの台風よりも風と雨が強烈でした。

隣とのパーテーションの壁がどっかに飛んでいき今お隣さんとこんにちは
状態です。ベランダに置いてあった動いたことのない大きな陶器の鉢が
割れてしまいました。

気象庁の説明では成り立ちが違うのでこれは低気圧であって台風ではないと。
「焼きそば」と「そば焼き」は違います、と言うのと同じように思いますが。
皆さんのお家は大丈夫でしたか?

2012年4月 3日 (火)

機張テゲハウス @大韓民国 釜山の東 機張郡

Photo

今回絶対行くlovelyって心に誓っていた釜山市東側にある機張市場sign03

慶州観光の帰路、近くで降ろして頂いて突入です。

機張(キジャン)はなんたって蟹が美味しく安く食べられることで有名。

居並ぶ蟹屋さんの中から[釜山旅]の任様もご家族で利用されるという 

「テゲハウス」(日本語で蟹家coldsweats01) に決定。

Photo_3

「全部生きてるわよ~、死んでないわよ~」 とか言いながらグリグリって
豪快に棒を突っ込んで容赦なく蟹に留めをさすモーレツ系お姉さんsweat01

市場は前長100mあるかないかですが両側に蟹のお店がびっしり並んで
います。

蟹の大きさによって値段のランクが3段階ありました。

4

4人で中ランクのズワイを2匹、もれなく小ぶりな赤ズワイが2匹オマケに付いてきます。

ロブスターとかも泳いでいましたが、今回はこれで我慢しといたるわdash

蟹は番号が書かれた蒸器にその場で放り込まれ、奥の食堂で頂きます。

Photo_5 Photo_6

蟹はお姉さん達に手際よく切って貰えるので楽チンで頂けます。

ビニールをかけたテーブルで、何故だか最初から置いてあったサイダー。
緑のバスケットは蟹の殻入れです。観光シーズンでもない平日ですが
かなりのお客さんで賑わっていました。倭人は私達だけでした。

Photo_10

蟹の蒸し上がりを待つこと20分強、ビールを飲みながらオカズを楽しみます。

金柑が美味しい、キャベツのチョコチュジャン和えも美味しい、小さな巻貝
は中身を吸い込んで出します。初体験の食べ物でした。

Photo_8

来たぁ~ 蟹来たぁ~ impact

これ以後は皆様無言でございます。
新鮮なのでするっと殻からはずれます。

美味しいです。遠路はるばる飛行機に乗ってきた甲斐がありました。

Photo_9

今回の蟹の大きさはこんくらい、日本の観光地で買ったら・・・・・

飲み物も全て込みで1人2800円ほど、大満足の蟹ディナーでございました。

機張は釜山市内からかなり東へ離れていますが、西面近くの釜田駅から
機張駅まで電車で来ることもできますよ。

センタムシティー(海雲台近く)からタクシーで約20分W11000程でした。

Photo_11

帰りにテゲハウスの女社長さんとお会いすることが出来ました。
このお店はすべて頼もしい女性が仕切っておりました。

今回了承を得た方以外はモザしましたが、なんか画像の芸術性sweat01が損なわれる
というか臨場感がなくなると言うか、クミョン的には本当はしたくないのですが。

お食事前に市場を散策した様子を少しご紹介。

小さな市場でしたがとっても内容豊富な市場でした。
持って帰れない物が多いのが悲しい。 うにうにうに~cat

Photo_12

乾燥した状態で売られているお味噌。

Photo_13

野菜を売るアジュマ達も沢山頑張っていらっしゃいました。

韓国の市場に来ると働く女性のたくましさに心打たれます。

我々もまだまだ頑張らねばsign01 日本も負けてらんねーbell 

Photo_17

女子学生の放課後の楽しみ、天ぷら&粉食のお店もありました。

トッポッキは1人前W2000(約150円)、髪の毛を染めてる子なんていません。

Photo_18

Photo_20

ちょっとローカルな雰囲気も楽しめる機張、お勧めスポットです。

短期間ですが内容満載の釜山&慶州の旅。

さてお次の朝は・・・・・・

END

2012年3月29日 (木)

メットゥルスンドゥプ @慶尚北道慶州市北軍洞

Photo_3

慶州でのお食事はサンパ(葉っぱで包むお食事)かスンドゥブチゲが定番のようです。
今回のお昼はこちら 「メットゥルスンドゥプ」 さんで手作り豆腐チゲを頂きました。

メットゥルとは碾き臼、海老やアサリに茸類、内容物も豊富で程よい辛さの
美味しいチゲでございました

Photo_4

シーズンには行列が出来るお店だそうです。
この日も結構賑わっておりました。

「皇南メットゥルスンドゥプ」という似た名前のお店もあるようです。
元々慶州には名物料理は無く、どこで頂いても同じという節もあり・・・

Photo_5

こちらはオカズの種類が多くて美味しかったです。

ムッ、さんま、海苔にキムチ。生玉子はチゲに入れてかき混ぜます。

1人W8000、昨晩のサムギョプサルディナーよりお高いですsweat01

Photo_6

終盤はこの様に斜めに置くと食べやすい、韓国の知恵snail

Photo_7

金色の額縁がやけに目立つイ・ミョンバク大統領のサインです。

慶州は韓国の京都みたいな場所だからいろんな人が来訪するのでしょう。

Photo_8

単一メニューでこれだけお客さんが入ったらめっちゃ儲かりまっせsign03
ご馳走様でしたcat

かけ足で見た慶州国立博物館、もう少しゆっくり見たかったです。

立派な桜並木がありました、満開の時はさぞや美しいと思われます
仏国寺庭園の紅葉が燃えるような秋もいいかもしれません。

Photo_9

今回運転&案内して下さった 任さん

「釜山たび」 http://www.busantabi.com/ の社長さんですー。

約8時間チャーターしてW200,000、4人だったのでお安くて楽ちんでした。

任さんは日本で就労経験も有り、日本語はとても堪能であらっしゃいます。

「韓国ではオバサンが3人集まるとうるさくて皿が割れるといいます」

それって私達のこと?帰りの車内は真逆に静かな熟睡タイムとなりました。

いろいろお世話になりました。また会える日までお元気でscissors

END

クミョンが初渡韓した1977年頃、任さんは3年間の兵役中だったそうです。
79年に朴正煕大統領暗殺事件が起こる微妙な時期ですね。

お互い「日本女性と韓国がこんなに親密になるなんて、世の中変わりましたね」
と感慨深くお話いたしました。

それと今は兵役も2年になり友達同士で同部屋になれたりと、以前の様な
厳しい軍隊生活とはほど遠くそれがこれからの国防にどう影響するかも
少し憂いていらっしゃいました。

2012年3月28日 (水)

屋根のない博物館 慶州

Photo

二日目は釜山を9時に出発して古都慶州に向かいました。

今回は素直な観光客目線でいっときますね。

こちらは「仏国寺(プルクッサ)」 新羅が最も栄えた頃(西暦774年)創建。

広大な敷地に大小様々な仏閣、美しい庭・・・・・・・があったはずsweat01

しかしここでも出た~加藤清正~!!

国宝とされている階段こそ残った様ですが基礎部分から上は1593年(文禄の役)
により全焼、他の建物もほぼ焼き尽くされたそうな・・・・・ごめん!!

Photo_2

ちゃあんと当時の焼け跡↑を残してありました・・・・もう一回ごめん!!

Photo_5

新羅の空気が感じられる仏国寺・・・・・・赤い服のおっ様邪魔。

Photo_4

かの有名な新羅統一に貢献した善徳女王様の御陵にも参っておきました。

死を予感した女王は自分を埋葬する場所をここと指定したそうな。

回りを一周いたしましたら女王のお声が聞こえ・・・・たりはしませんでした。

歴史ドラマ「善徳女王」をご覧の方には興味深々な場所でしょう。

Photo_6

御陵に辿りつくまではこの様な林を抜けてかなり歩く必要有でした。

昭和の乙女達にはちーと無理かもしれない。

今回時間の都合もあり極々一部のみ観光した程度でございました。

300 Photo_7

築350年越えの民家は今もお酒の醸造をしているご一家がお住いです。

「校洞法酒」 一日生産20本という貴重なお酒だそうでこの時も車で
買いに来られた男性がおられました。

飛行機搭乗時、手荷物に液体は持ちこめないので購入はあきらめました。

Photo_8

この家の主のようなニャンコがおりました。韓屋と猫って似合います。

我々がキャーキャー猫を撮影していたら 後ろの障子がいきなり開いて
ぬっとお婆さんが顔をだしました。びっくりしたぁsweat01

後でわかりましたがこのお婆さんが法酒造りの伝統を守っている
有名な永信ハルモニだったのです。サインしてもらえばよかった。

Photo_10

朝鮮王朝はかなり得意なんだけど、三国時代あたりの歴史を把握していない
クミョンにはちょっと難解な慶州。

善徳女王をしっかり見てお勉強してから再訪ありかも。
本来は1泊か2泊しないと回れない場所ですね。

さてさて、お腹がぐ~っとお昼を告げております。
次回は慶州での美味しいランチをご紹介。

END

LCCピーチ5月8日関空ー仁川就航開始でございます!!

なんと燃油サーチャージ込みで片道5280円!
そして就航記念キャンペーン価格 片道2500円!

これはゲトだ!と思い喜んだのもつかの間でございました。

6月30日までのキャンペーン価格2500円期間のフライトは一日一往復のみ。

行きは仁川着20時30分、帰りは関空着22時55分。

帰りバスも電車も乗れません、空港近くで一泊余儀なくされるわけで・・・・
7月からは一日3便就航、熟女は7月まで待ちましょう。

http://www.flypeach.com/Portals/1/pdf/schedule01_i_j.pdf

2012年3月27日 (火)

済州家 @大韓民国釜山市釜山鎮区釜田洞

Photo

2日目の朝ご飯は倭人観光客御用達にこちら「済州家」さんで鮑粥です。

鮑のメッカ済州島から空輸されてくる鮑を使用だそうな。
うにスープ定食なんてのも魅力だけど、ベタに鮑粥を攻めてみました。

だけれど残念ながら普通なお味でございました。
5年前に済州島の「ユビン」や「珊瑚あわび」の味を知ってしまっている
半韓のユイチャンとクミョンには特に驚きゼロでございました。

あああああsign03 あの済州島の鮑sign03 絶対もう一度食べに行きたいsign03
ここの鮑粥で済州島ラブが増幅してしまいました。

Photo_2

手前のテーブル席で頂きました。韓国には掘りごたつの風習はないですが
足が辛くなったら片方の足を立てて座ってもお行儀的に無作法とはならない
のでチャングム風に優雅に片膝立てて食べましょう。

Photo_4

西面のロッテホテル裏、駐車場の入り口向かいあたりです。
泊まったモーテルからもすぐ、便利な場所ですね。

南浦駅近くに本店があるようです。南浦といえば・・・・
ロッテ百貨店でこげな噴水ショーがありました。

1

2

休憩がてら、4人でおとなしく前に座って眺めました。

毎時00分に開催、ずっと上を見ていたら首が痛くなりました。

ロッテ系って派手な設えが好きですね。
写すのを忘れましたが西面のロッテ百貨店地下にあるトレビの泉みたいな
噴水と石膏像には笑ろたsweat01 ロッテホテルのベルボーイの制服もみものです。

朝食後車で1時間ほど離れた慶州へ観光に出かけました。
日本から予約しておいた観光タクシーでモーテル前を9時に出発。

新羅王国の首都、善徳女王の活躍した慶州へGOGO

END

全く関係ないんだけどさー、フジ系列で唐沢君とオ・ジホ出演の日中韓
合作のドラマありますよね?関西では見られないの?

奇想天外なストーリーで??だけど、オ・ジホ様見たいdash